カテゴリー
DigitalIllustration HEXANFT NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル OfficialZombie OpenSeaartist お笑い ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」②

NFTを絡めた実験企画ノベル、OpenSeaでは完全版を公開中(^o^)

https://opensea.io/collection/officialzombie

  オフィシャル・ゾンビ
  ーOfficial Zombieー

-さいしょのおはなしの、つづき-

 シーン……!

 しばしの沈黙の後、悲痛な表情でついにはがっくりとその肩を落とす先輩のテレビタレント、鬼沢は言葉もない。

 今やすっかり観念したかのさまで、手にしていたスポーツ紙の紙面を破れるくらいに強く握りしめるばかりだ。
 ぐしゃぐしゃになった紙面にぽたぽたと水滴らしきが落ちた。
 泣いているのか?

 それだからそのすぐそばに膝を落とす後輩芸人のぼさぼさ頭、日下部(くさかべ)はとかく落ち着いた声色でささやくように言うのだ。しかしながらそれは決して慰めなどのたぐいではなくて、むしろ冷酷な最後通告だった……!

「そうです。だから、鬼沢さんもなってくださいよ……俺とおんなじ、アンバサダーに……! オフィシャル・ゾンビ、公式アンバサダーの採用認定に今日はお伺いしました。鬼沢さんは間違いなくその資格がありますから。はい、この俺が保証します」

「公式、アンバサ、ダー……? よくわかんないよ、おれ、それに家族に何て言えば? みんなごめん、パパ、今日からゾンビになっちゃいましたって、そんなの誰も笑えないだろ? いきなり一家の主がさ? そうだよ、というか、そもそもゾンビってなんなんだよ! あとなんでお前が保証できんの??」

 絶望と困惑のない交ぜになった表情で視線をさまよわせる哀れな妻子持ちの著名人に、あいまいな笑みを浮かべる若手の独身芸人はわずかに肩をすくめる。

「ああ、まあ、いろいろと整理しないといけませんよね? 基本的に口頭での説明で、何かしらの書類にハンコとか押す必要はないから、なるだけ手短に。ここらへん法的にまだろくすっぽ整備がされてないらしいんですよ。これから収録ですもんね?」

 ともすればどこか拍子抜けするような天然じみたものの言い様だ。対して内心で複雑な感情が渦巻くのだろう。とかく苦い表情の鬼沢は恨めしげな視線で冷めきった日下部の目線を見返す。

「……うん。でもそんなのちっとも集中できないと思う。はあ、できたらいっそのことドタキャンしてやりたい気分だよ、こんなのはじめてだ。おい、お前のせいだからな? ひとのことをいたずらにゾンビ呼ばわりしてくれやがって……!」

 だが相手からの悲痛な訴えも何のそのでまるで動じることがない日下部は、抑揚のないセリフをぬけぬけと吐いてくれる。

「ものは言いようですよねぇ? ほんと、ここらへんひとによって意見がえらく分かれるし、だからこそ今時じゃ一般的で、かつ一番わかりやすくって、おまけシンプルな呼び方ってヤツに便宜上で定まったってことなんでしょうけど」

「なんでゾンビなんだよ? 他にも言い方あるだろうっ」

「ああ、確かに……えっと、憑依霊、ツキモノツキ、背後霊、あるいはあやかしとか妖怪、精霊、悪魔、邪気、悪霊、未確認生物、その他いろいろありますけど、でもやっぱり最近じゃこれが一番ポップでポピュラーなんじゃないですか? すっかり市民権を得ているっていうか、取っつきやすさにかけたらば! それにつき政府が公式に発表している、後天性・遺伝子突然変異型・異形亜人種……だなんて、そんなの誰も覚えられやしないでしょ。ちなみに新聞だとかじゃ亜人種と書いて、ゾンビってルビが振られてたりしますよね! もう一般化しちゃったんですよ。気がつきゃ広辞苑とかにも載ってたりして、ね」

「だからって……ゾンビはあんまりだろ。おれ違うし。絶対に。おれのどこが腐った死体だって言うんだよ、この身体のどこか腐っているように見えるってのか?」

 沈んださまで身をすくめる先輩を間近でぼんやり眺める後輩くんは、やがてその口元に意味深な笑みを浮かべて続ける。

「一口にゾンビって言っても、世間一般でイメージされるものとはかけ離れてたりしますよね、実際の俺たちは? 鬼沢さん、確かにどこも腐っているようには見えないけど、ほんとは身体、ところどころ痛かったりするんじゃないですか? 顔に出てるし」

「んっ、何が? どこも怪我なんてしてやしないだろ? なんだよその目? お前に何がわかるんだよっ!!」

 不機嫌なさまでそのくせ左の肩のあたりを利き手でさする鬼沢は、不安げな顔でみずからの身体をしげしげと見回したりする。
 どうにもウソはつけない性分なのらしい。
 これにしたり顔する日下部はおっとりしたさまでひょうひょうと続けるのだ。それがまたけっこうなぶっちゃけ発言だった。

「俺、見てましたから。身体中を盛大に噛みつかれてましたもんね、鬼沢さん! あれは完全な致命傷でしたよ。あの場に俺がいなかったらとっくにあの世行きでした。まあ、結果こんなことになったのは、俺の責任もちょっとはあるってもので、反省はしてます。結果取り憑かれちゃったわけですからね、見事に……!」

「??? ……は? なに言ってんの??」

 ひどく困惑したさまで身体ごとこちらに向き直る鬼沢に、臆面もなく見つめ合う日下部はテンションの低いままでのたまう。

「あの日のこと、何も覚えてないんですか? 結構ショックな出来事に見舞われて、あげく命まで失いかけたのに。身体の違和感はその後遺症みたいなもので、言わば動かぬ証拠でもあるんですよ。あなたが政府公認の認定ゾンビになったっていう?」

「その言い方やめろ! おれはまだ認めてないんだからっ!! それよりもお前、見ていたってどういうことなんだ? 記憶があいまいでぼんやりとしか思い出せないんだけど、おれはお前なんか見た覚えないぞ! いい加減なこと言うなよな、ひとをおちょくって……んっ」

 言葉を荒げると途端に表情を歪めてその場にうずくまる鬼沢だ。身体の自由がきかないのか、それきり固まってしまう。
 これを平然と見つめる後輩芸人は何食わぬ顔でそそくさと懐から取り出した何かしらを相手の眼前に突きつける。

「それじゃ収録にも差し支えるでしょう? アンバサダー、なるしかありませんね。それじゃとりあえず回復アイテム渡しておきますよ。これ、しばらく肌身離さず持っていてください。傷ついたあなたの魂魄をゆっくりと癒やしてくれますから」

「は? なに、コレ??」

 差し出されたものを反射的に受け取ってしまって困惑することしきりの芸人さんだ。みずからが手にした小ぶりな長方形の水晶石みたいなものを怪しげに見つめる。見かけ半透明のガラス片は内から緑色の光を放つ不可思議な発光体でもあった。
 一言で言えば、なんか怪しい。

「いいから持っていてください。魂魄結晶石(クリスタル)なんて一級のレアアイテムなんですからね! 回復が得意な芸人さん、もとい、知り合いの認定ゾンビ、じゃなくて公式アンバサダーのおじさんの念がたっぷりこもっているんですから。効果は絶大ですよ」

「は? だから、なに言ってんの、さっきから??」

 ちんぷんかんぷんで手元の怪しい水晶持てあます鬼沢だ。
 ぼさぼさ頭をぽりぽりと掻く日下部はちょっとめんどくさげな顔つきして言葉を濁す。

「ああ、だからその、ここから先は正式にアンバサダーに就任してもらってからですね? でないと機密事項が多すぎて説明のしようがないんですよ。その水晶は特例ですから、他人には見せないでくださいね! 魂魄顕現化ブロックチェーン錬金技術を実現応用したX・NFTなんて国家機密の最たるものなんだから」

「こんぱく、ぶろっ……? えっくす、えぬ、なんだって??」

 いよいよ目が点になるそろそろ中堅どころのベテラン漫才師に、こちらはおなじく若手の漫才師のはしくれの青年はまた別の何かしらをみずからの利き手に取り出して見せた。

「理論や技術的なところはぼくらがどうこう言っても仕方ないことですよ。どうせ理解なんてできないんだから。それでもアンバサダーになった暁には、その特典として付与されるものでもあるんです。たとえばこの俺のこの輪っかもそのひとつですから」

「え、なにそれ? てか、今どこから出したんだ、そんな大きな金属の輪っかみたいなの?? なんか見覚えあるような……」


 頭にはめるヘアバンドくらいの大きさはあるだろう金色の輪っかを手品みたいに虚空から取り出した日下部は、それを実際にみずからの頭にすっぽりとはめてみせたりした。
 その、イメージ的に中国の有名な昔話にある妖怪の主人公が頭にはめていたのと酷似したカタチと色合いには、ただちに納得顔して大きくうなずく鬼沢だ。

「あ、そっか、それって西遊記のアレじゃん! やたらに毛深いおサルの主人公が頭にはめてたヤツ!! あれって何て名前だったっけ? てか、お前ってばサルのお化けに取り憑かれてるの? すごいじゃんまさしく孫悟空じゃんっ!!」

「違いますよ。サルじゃないです。でも、ほぼおんなじことができたりするんですよ? この頭の輪っかはこの姿のままで亜人種が持つ力を顕在化させることができるんです。つまりは……」

 そうしておもむろに利き手を目の前にスッと構える日下部だ。
 はじめ怪訝にこれを見る鬼沢だが、何もないはずのその手が何かしらを持っているかの錯覚を覚える。

 そこにあたかも透明の物体みたいなものを……?

 直後、その瞳が驚きにまじまじと見開かれることになる。
 それは真昼の怪奇現象とでも呼べばいいのか?
 結構なことがみずからの身に巻き起こり、魂消る悲鳴を上げてしまう悲しきリアクション芸人だった。
 かくしてまだあたりにひとの気配は見当たらない。

                 次回に続く――

記事は随時に更新されます。

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル OpenSeaartist SF小説 ファンタジーノベル ルマニア戦記 ワードプレス 寄せキャラ

ルマニア戦記/Lumania War Record #012

#012

NFTアートはじめました!!

OpenSeaで昨今はやりのNFTのコレクションを公開、こちらのノベルの挿絵などをメインにアートコレクションとして売り出していきます! NFTアートと併せてノベルの認知向上を目指していきます(^^) 世界に発信、まだ見ぬ需要を掘り起こせ!!

 Part1

 公海上の上空を最大戦速で駆け抜けた大型の巡洋艦は、やがてその速度を落として目標のXゾーン、戦況が混乱した戦闘海域もこの最深部へと突入する。

 試験運用も兼ねた主力エンジンの回転出力を落とすと艦内にやかましく響き渡ったうなりと振動も一段落する。

 これにより無機質な電子音が鳴り響くブリッジにオペレーターの声が響くのが頭上のスピーカー越しにもそれと聞き取れる。

 みずからのアーマーのコクピットのパイロットシートに腰を据える大柄なクマ族のパイロットは目を閉じたまま耳を澄ました。

「本艦、ただいまより当該の戦闘空域に突入! 全方位索敵、高度500、エンジン出力50に低下、安定状態、周囲の状況にこれと目立った変化は見当たりません!」

「…うむ。高度そのまま、全艦第一次戦闘待機から完全臨戦状態に移行。取り舵20、微速前進、周囲の警戒を怠るな!」

「了解! 全艦に通達、本艦はただいまより戦闘状態に突入、各自の持ち場にて任務の遂行をされたし。繰り返す、本艦は戦闘モードに突入、各自、周囲の警戒を厳にせよ!!」

「全艦フル・モード! 艦長、メインデッキ、アーマー部隊、第一、第二、いずれも発進準備OKです!」

 すっかりと聞きなじんだ声の中に、会話の最後のあたりではじめて耳にするようなものが混じったが、新しく艦に乗艦した副官の犬族のものだと察するクマ族の隊長だ。

※LumniaWarRecord #012 illustration No.1 ※ OpenSeaのコレクション「LumniaWarReccord」にてNFT化。ちなみにポリゴンのブロックチェーンです(^^) イラストは随時に更新されます。

「はは、こんな声してたんだ。なんかまだ堅い感じだけど、さては緊張してるのかな? 見た目まだ若い士官さんだったもんね。それじゃこっちもまだ若い新人のパイロットくんたちは、やっぱり緊張してたりするのかな?」

 目を閉じたままに離れた別のメインデッキで待機している新人の部下たちに聞いてみる隊長だ。

 いきなりの振りにこれとはっきりした返事はなかったが、ごくりと息を飲むような気配が伝わってそれと了解する。

 余計な軽口はプレッシャーになるだけだろう。
 実戦を前に自分のことでおよそ手一杯なのだから。

 それでいいやと納得していると、頭上のスピーカーから重々しげな声が届いてくる。

「皆、聞いているな? こちらは艦長のンクスだ。第一小隊、ベアランド少尉、用意はいいか? 先行する君たちの部隊に今回の戦闘はすべて任せることになる。アーマーがまだ手薄な都合、第二小隊は艦の護衛に残しておかねばなるまいからな」

 ベテラン軍人の不景気な声色にこちらはしたり顔してうなずくクマ族だ。肩を揺らしてハッハと笑った。

「あはは! 了解。ぼくらやってることはイタチごっこかモグラたたきみたいなもんだもんね? 終わりが見えない持久戦じゃ戦力しぼっていくしかありゃしないよ。第二小隊のシーサーが我慢できたらの話だけど♡ そっか、あっちも隊員が補充されたんだっけ? まだ見てないんだけどなあ…」

 ちょっと太い首を傾げて考え込むのに、また頭上から別の声が早口にまくし立ててくる。
 これに閉じていた両目を開けてはっきりと返す隊長だ。

「ああ、少尉どの! 第三デッキの発射口、もとい、発進ゲートをオープンにします。外から丸見えになっちまうからいざって時のために注意しておいてくださいよ! あとそちらの発進シークエンスは特殊過ぎるので、後はデッキの若い班長どのに引き継ぎます! よろしいですか?」

「ん、了解! ドンと来いだよ♡ それじゃ、アイ ハブ コントロール! 新型機のお二人さんも行けるよね?」

 また左右のメインデッキ、第一と第二のカタパルトでアーマーを発進待機させている犬族たちに問いかけた。
 すると今度はどちらもしっかりとした返事が返ってくる。

「りょ、りょーかいっ!!」

「いつでも行けます! 少尉どのがぶっ飛んだらこの後に着いて行けばいいんですよね? こんなしっかりしたカタパルトははじめてだからドキドキしてますよ!!」

「ハハ! じゃあ発進のタイミングはこっちに合わせておくれよ、あとこっちのドライバーは不発もあり得るから、いざとなったら冷静に各自で判断すること! もたもたしてたら敵が来ちゃうから、先行して制空権を確保することは大事だよ?」

「了解!」

Lumania War Record #012 novel’s illustration No.2
OpenSeaのコレクション「LumaniaWarRecord」でNFT化。
こちらは通常のイーサリアム・ブロックチェーンです。
ノベルの挿絵と同時に更新していきます
。 


 新人でもこのあたりは心得ているらしい歯切れのいい返答に満足してうなずくと、耳元のあたりでまた別の若い青年の声がする。発進作業をブリッジから引き継いだクマ族のメカニックマンのものだった。

「ベアランド少尉、発進引き継ぎました! リドルですっ」

 正面のモニターに四角いワイプが浮き出て、そこに見慣れた若い細身のクマ族の顔が映し出される。
 デッキの管制塔の映像だとわかった。
 本来はブリッジの仕事をメカニックが兼任しているのだが、ちっょとしたひとだかりができているのが見てとれた。
 すぐ背後から物珍しげにでかいふとっちょのクマ族のベテランメカニックまでのぞいているのに苦笑いが出る。

「ふふっ、そんな見世物じゃないんだからさ…!」

 こちらは真顔で物々しげな物言いのメカニックが畳がけるようにまくし立てた。

「アーマーとのマッチング完了、マスドライブシステム、目標と照準を設定、コースクリア! オールグリーン、いつでも行けます!! そちらも体勢はそのままでフロートフライトシステムをプラマイゼロに、発射時のショックに備えてください! タイミングはそちらに任せますが、本格的な運用は今回がはじめてなので、出力はこちらで調整、最大時の半分の50でいきます!!」

「了解っ、てか、電磁メガバースト式のマスドライバーでアーマーをかっ飛ばすなんてぼくらがはじめてなのかね? 砲弾やミサイルだったら聞いたことあるけど! でもどうせだったら100でやってごらんよ、遠慮はいらないから?」

 軽口みたいなことを半ば本気で言ってやるに、如実にワイプの中のひとだかりにざわめきが走った。
 若い班長の顔が見る間に青ざめていく。

Lumania War Record #012 novel’s illustration No.3
OpenSeaのコレクション「LumaniaWarRecord」でNFT化。
ノベルの挿絵と同時に更新していきます
。 


「そ、そんな! 無茶言わないでください!!」

「自殺行為だろう…!」

 悲鳴を上げるリドルのそれに、画面に映らないところからベテランの艦長の声がまじる。

 座席の右側のスピーカーからもおそるおそるにした声が聞こえてきた。

「てか、そんなやっかいなやり方で出撃する必要あるんですか? 無理せず自力で飛び立ったほうがいいような?? マスドライバーって、響きからして危ない気がするんですけど」

「お、おれ、絶対に無理! 衝撃で機体ごとぺちゃんこになっちゃうもん…」

 左右からするおののいた声に苦笑いがますます濃くなる隊長だ。

「大丈夫だよ! そんなに華奢にはできてないさ、このぼくもこのランタンも! あいにくとでかくて頑丈なぶんにのろくさいから、こうやってスタートダッシュを決めないと戦略的に優位に立てないんだ。のんびり突っ立って拠点防衛してるんじゃないんだから」

「だからって無茶はしないでくださいっ、もう十分に無理はしているんですから! 出力は50で固定ですっ」

 好き勝手にはやし立てる周りのスタッフの声を押しのけてリドルが宣言する。それにもめげずにまだ食い下がるベアランドだ。

「90! いや、だったら80に負けてあげるよ♡ 機体はそっちが整備してきっちり仕上げているんだから、できなくはないだろう? でなきゃ泣く子も黙るブルースのおやっさんの愛弟子の名がすたるってもんだし!」

「師匠だったらこんな無茶絶対に反対してますよ! アーマーはおもちゃじゃないんだから!! やってること大陸間弾道ミサイルの打ち上げと一緒ですからね? 人間技じゃありゃしないっ」

「了解、だったら75で手を打つよ、今日のところは♡」

「っ!! 60で行きます! これ以上は引き下がりませんからね!!」

「毎度あり♡」

 駆け引きの末にワイプの人だかりが消えて、モニターの明かりが一段落とされる。秒読みが始まった。


「第一小隊、発進を許可する。さっさと出撃したまえっ」


ノベルは随時に更新されます。