カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル SF小説 ファンタジーノベル ルマニア戦記 ワードプレス

ルマニア戦記/Lumania War Record #008

#008

 「寄せキャラ」登場!

Part1

 大陸西岸の某地方国家の港に立ち寄った新造戦艦は、そこで別行動を取っていた仲間と合流、これを迎え入れることになる。

 無事に戦友との再会を果たすベアランドたちとウルフハウンドだが、その喜びもつかの間、喜ばしくない現実とも向き合わなければならなかった。地方の前線基地を共に旅立った僚機がいずれもこの途上で脱落、どうにか母艦へとたどり着いたのは新型機の副隊長ただひとりだけであったのだ。

 国境のギリギリを、相当に険しい道のりだったのだろう。

 半ば予想はできていたことだとクールな口ぶりで言うオオカミ族に、あまり深くは聞かないまま、内心では仲間達の無事を願うクマの小隊長だ。命があればまた巡り会うこともあるだろう。

 何はともあれ、まともなアーマーが若いメカニックのクマ族の旧型機を含めて、たった三機しかないのはいかにも致命的だ。

 パイロットも含めて早急な増強を申し出るも、あまりかんばしい顔はしてくれないスカンク族の有名ベテラン艦長である。
 このあたり、オオカミの相棒に説明するのも気が引ける隊長だ。犬族の上位種とも言うべきオオカミに取って、やはりスカンクは身近にいてほしくはない厄介な性質と習性の種族だろう。
 ブリッジクルーの犬族がしっかりと首に防毒マスクを付けていたのを今さらながらに思い出して苦笑いするベアランドだ。

 そして問題は、まだほかにもあった。

 巨大な戦艦の内部で、多種多様な種族が一同に介する社会では多種多様なあつれきやものの考え方の相違が発生する。
 軍隊のような複雑な階級制度と職種が交わる場ではなおさら。
 かくしてそれが、この翌日にははっきりとしたカタチで勃発することになる。

 強敵ひしめく激しい戦の最前線のさなか、まだ若きパイロットたちの前途は実に多難なのであった。


Part2

 巨大な空飛ぶ戦艦、空母級の船底に位置するアーマーの整備区画(デッキ)は、生まれつきに大柄なクマ族の男をもってしても、天井を見上げるのも辺りを見渡すのもホネなくらいに広大であり、そこはいつでもやかましい騒音で満たされている。

 最後尾のエンジン区画とも隣り合わせなのも手伝ってか、重たくて低い震動がひっきりなしに足下を伝わるような中を、今はそれにも負けない怒号がガンガンと響き渡っていた。
 それはまたあたりの喧噪にも伝わって異様な熱気のごときものを空気にはらませた。

 せっかくいい気持ちで寝ていたところを血相を変えた若い整備士にせき立てられて、のんびりした大股で現場に顔を出したクマのパイロットは、ちょっと困り顔でこの一角にできたひとだかりを眺める。

 ケンカがおっぱじまっているのかと思いきや、殺気立つ気配と周りの好奇心旺盛なギャラリーの顔つきや雰囲気から察するに、まだどちらも手を出すまでには至っていないらしい。

 どうせなら終わらせてくれてたらよかったのに……!

 辺りがうるさいからとそんな内心の思いをため息交じりに吐露してしまう茶色いクマの隊長さんだ。
 そんな良からぬ独り言を知ってか知らずか、この背後で慌てふためくリドルが、ベアランドの背中を無理矢理でも押して進ませる。華奢な身体つきでけなげなさまに苦笑いがより強くなる。

 正直、面倒くさかったが、チームメイトと世話になるメカニックマンのいざこざともなると隊長としてほっておく訳にはいかないものだ。またため息ついてみずから一歩を進ませた。

「あ~らら、もうはじまっちゃったのね! まったくうちのオオカミくんたら何かって言うとケンカっぱやいんだから。ぼくたちみたいなギガ・アーマーのパイロットが、自分がのっかるアーマーの整備をしてくれるメカニックマンともめたって、いいことなんて何もありゃしないのに……!」

「しょっ、少尉どのっ、早く! 相手はこの艦で一番のベテランで実力のあるメカニックどのであります!! おまけに見上げるくらいに大きなクマ族で腕力もありそうだし!?」

「はいはい。てか、この艦で一番のメカニックは現状、このぼくのランタンを任されてるきみだろ? 泣く子も黙る名メカニック、かのブルースのおやっさんの最後の愛弟子でもあるんだから♡ だったらここはきみが仲裁するのがスジってもんだよ」

「むむっ、無理であります!! ウルフハウンド少尉どのはめちゃくちゃ殺気だってるし、殺されてしまうであります!!」

「はは、かもね? うわ、ギャラリーがすごいや、どれどれ、ちょっとごめんよ、どいたどいた、さっさと通して……邪魔だな! もうっ、いいからみんなあっちに行っておいでよ! 巻き込まれたらぜったいケガするんだからさ?」

 かねてよりエースの呼び声高いオオカミのパイロットと、実質この場を取り仕切るベテランのクマのメカニックの一騎打ちだ。
 このまたとない見世物を見逃すまいとぎゅうぎゅうにひしめく有象無象たちのスクラムを、力ずくで無理矢理にでもひっぺがしてズカズカと輪の中に入り込む。

 すると衆人環視の人垣の真ん中には、元から見知った人影とつい最近に知り合った顔がお互いにひどく苦み走った表情でにらみ合っているのがわかる。
 どちらも視線を外さないが、殺人光線みたいなのがバチバチと空気中でショートしているのが目に見えるような険悪さだった。

「あ~らら、こいつはまた、えらい剣幕でにらみ合っちゃってるね! 朝っぱらから何をそんなに怒ることがあるんだか??」

「そ、それが、その……!」

 あわわと困惑する若いクマ族を振り返るに、その視線の先にあったものを見て、ただちにそれと理解する隊長さんだ。

「ああ、なるほど、そういうことね! シーサーのアーマー、ギャングだったけ? 見たところボディの一部がカスタムされちやってるけど、さてはそれで機嫌をそこねちゃったんだ♡ まあ、この先を考えたら仕方ないっちゃあ、仕方ないんだけど……!」

 いがみ合うふたりの男たち越しに見上げた、目の前の巨大なハンガーデッキに格納される、大型ロボット兵器のありさま。
 これを見るなりしきりと納得するベアランドに、その横で所在なげな若いクマのメカニックが声をひそめてまた言う。

「はい! 海上での作戦を考慮して、そちら仕様のパーツに脚部を換装、フルカスタムしたのですが、ウルフハウンド少尉どのはこれを聞いていないとご立腹で……!」

 ひどい困り顔で見上げる青年に、こちらもまだ若いクマのパイロットはひどく白けた表情でこれを見返した。

「だからって腹を立ててもね? というか、リドル、きみは聞いてなかったのかい? ぼくら新型アーマーの専属で、言えばチーフメカニックともなるきみがさ? だとしたら、そっちのほうが問題じゃないかと思うけども……」

「ああっ、それは……!」

 しどろもどろで言葉に詰まるリドルに、さてはここにも問題があるなと内心で考えあぐねるベアランドだ。
 目の前で鼻息荒くしたクマのベテラン整備士は、見た目まだ若く経験の浅いだろうこの同僚のメカニックをそもそもかろんじているような節が見られるのが、傍目にも明らかだった。
 内心で大きなため息ついて、仕方もなしに一触即発の現場に最後の一歩を踏み出す。

「はいはい! やめたやめた、おふたりさん! ギャラリーに囲まれて完全に見世物になっちゃってるじゃないか? シーサー、落ち着きなよ、何も悪いことなんてひとつもありはしないだろう? きみのその、ギャング、だったけ?? 見た感じ前よりも立派になったじゃないか♡」

「ちっ、ギャングスター、略してギャングだよ。いいや、冗談はよしてくれ! こいつのどこが立派っだて言うんだよ、大将? こんな不細工でぶっとい脚を付けられて、走るどころか歩くのだって一苦労だ! おまけにこの俺さまの了解を得ないままに、よくもこんなふざけた改造を、おい機械小僧、おまえは関わっていないんだよな?」

「あっ、はっ、はいっ、少尉どの……!」

 荒くれるオオカミににらまれて生まれつき華奢なクマ族は、とうとう身体のでかいベアランドの背中に隠れてしまう。
 やれやれと肩をすくめる隊長だ。
 そこにベテランの大柄で恰幅のいいクマが食ってかかる。
 内心のため息が尽きない隊長さんだ。

「冗談じゃない! そいつはこっちの台詞だよ。どいつもこいつもふざけやがって、まずそのギャングってのも、紛らわしいったらありゃしないや。いいかい、こいつの正式名称はハウンドだろう。我らがルマニア軍を代表するビーグルシリーズの上位機種が、なんでそんな下品な名前で呼ばれにゃならないんだ? あとぼくがやったことに間違いなんて一つもありゃしない」

「うわ、よく見たらこのぼくよりもデカいんじゃないかい、このクマさん??」


 のしかかってくるような圧迫感と鼻息の荒さにちょっとだけ引いてしまうベアランドだが、まさしく野生の熊さながらの迫力とボリューム感たっぷり! オヤジのメカニックはその見た目にはあまりそぐわない饒舌な口ぶりでここぞと嘆き節をがなり散らしてくれる。

「聞いてくれ、隊長さん、このバカ! もとい、この副隊長のパイロットどのは、アーマーで海の上を走るとか言いやがったんだぜ? よりにもよって海の上をだ! 聞いたことがない、重たくバカでかいギガ・アーマーで大波荒れ狂う海の上をドカスカ走ろうだなんて!? 無理だね! 絶対に! 賭けてもいい!!」

 真っ赤に上気した顔で牙をむくオヤジに、これとおなじクマ族のパイロットもややたじろいでしまうくらいだ。
 そのくらいに怒りと殺気に満ちあふれたメカニックマンだった。ここが戦場の最前線だというのが改めて身にしみる。
 後ろで若いメカニックがひいっと悲鳴を発するが、先が思いやられて自然と天を仰いでしまう。

「ああ、まあ、なるほどね! 言い分はわかるんだけど、じぶんの命を任せた機体を無断でいじられるのは、やっぱり気分がいいものじゃないのはわかるだろう? んん、だからほら、ここはお互い様ってことで、納めてくれないかな? だめならケンカ両成敗ってことでこのぼくがふたりをぶん殴ってもいいんだけど、それだとケガするだけ損だろう? シーサー、そんな顔しない! ほんとに殴るよ? ね、えっと、イー……、ビーガル、曹長?」

 牙をむいてうなる同僚のオオカミ族には、あっちに行ってくれとこちらも牙をむいてしっしと追い散らす隊長だ。
 渋々で踵を返す灰色オオカミは舌打ちしながらギャラリーを掻き分けみずからの機体、銀色の大型ロボットへと歩いていく。
 とどのつまりで機体の状態を確かめるべくだ。
 本心ではわかっているくせに、本当に素直じゃないなとその背中と太くて立派なしっぽを見送るベアランドだが、すぐにも残るクマのオヤジへと向き直った。

 若い隊長の仲裁で修羅場を無事にやり過ごした中年の整備工は、ちょっとどっちらけたさまであさっての方角向くと、改めて正面へと向き直る。気まずげな表情で、大きな頭をぺこっと上下させていくぶんかトーンを落とした口ぶりで言うのだった。

「ああ、ベアランド隊長、すまなかったね。年甲斐もなくついかっとなって、昔よりはだいぶ落ち着いたんだが、若くて威勢のいいやつを前にするとどうしても……! いざケンカになったら勝てやしないのはわかっているんだ。あんたには謝っておくよ。それと名乗るのはこれで二度目だけど、念のために。イージュン・ビーガルだよ。ビーガルと呼んでくれ。あとそっちの小さくなってくる若造君もね!」

「若造、ね! いろいろと楽しくなりそうだ。大丈夫なのかね?」



 





 

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル SF小説 ファンタジーノベル ルマニア戦記 ワードプレス

ルマニア戦記/Lumania War Record #007

#007

Part1

 大陸西岸の某国、ある港から極秘裏に緊急発進した一隻の大型戦艦は、今や沖合の洋上、まさしく文字通りに空の上を飛行中。

 もとい、正確にはごくゆっくりと前進しながらに空中を浮遊していた。

 それすなわち航空巡洋艦、スカイ・クルーザーとはよくも言ったものである。

 それは縦にも横にも見上げるほどに重厚な巨体が、まるで当たり前かのように、悠然と眼下の大海原を広く見渡す高さで鎮座しているのだから。

 傍で見る者からしたらば、まず異様な光景だっただろう。

 威圧するかのようなただならぬ雰囲気を全身にまとわせた、まさくし空飛ぶ巨大な船である。

 その鋼の山の頂、戦艦の艦橋(ブリッジ)では、今まさに戦闘行動中であることを知らせる、単調な低いビープ音が鳴り響く。

 そんな重苦しい雰囲気の中で、フロアの中央に配置されるひときわに目立つ大きな指揮官席の軍服姿がやがてその声を発した。

 初老のスカンク族の艦長、ンクスは指揮官席の台座に仁王立ちして、しごく落ち着き払った物の言いようだ。みずからの左手のオペレーター席、若い犬族の通信士に視線を投ずる。

「さて、ベアランド隊からの通信はまだつかないか? みな良く保たせてくれているが、肝心のアーマーがない状況では限度があるだろう。いくら最新鋭の巡洋艦とて、こうも大軍で押し寄せられては……!」

「ハッ、いまだ連絡はありません! 敵影、まだ数を増しています! どこかに母艦があるのでしょうか?」

「うむ、それも一つや二つではあるまいな。大陸湾岸から離れた沖合の洋上では逃げも隠れもできない。完全に回りを囲まれて、あちらはこちらの死角を理解した上での波状攻撃だろう。砲手長が優秀でここまで持ちこたえているが、限界は近いな……」

 厳しい表情のスカンク族の老人だ。これに若い犬族、通信士のビグル軍曹はおなじく浮かない表情でこの口元を歪める。

「はあ、いっそのことこのまま上昇して逃げてしまうというのも手ではあるのでしょうか? 第一、第二、主力エンジン共に80パーセントで安定状態、その他の補助エンジンも問題ないとのことであります! 海の上を走っているあのドンガメどもならば、最大戦速でいつでも振り切れるのではないかと?」

 半ば冗談めかして言っているのだろう軽口に、ルマニア陸軍内でも名の知れた重鎮の将校どのは真顔で返すのみだ。

「ん、戦いの要(かなめ)のアーマー隊を陸に置き去りにしてか? まだ少尉だったか、ふむ、野放図なのんびり屋のクマめ。ウワサ通りの切れ者ならどうにか追いつくと思っていたが、どうやら期待が過ぎたようだ。こちらでどうにか対処するしかあるまい……ん、どうした?」

 なおのこと浮かない表情だった通信士が何故だか突如、ひどく慌てたさまで手元のコンソールと耳元のレシーバーに意識を集中するのを、不可思議に見つめる。犬族が驚いた顔で返す言葉にはこちらも目を丸くするのだった。

「あっ、いやっ、は、はい! 艦長、少尉どのが、その、すぐに到着するとのことであります! いや、でもどうやって??」

「回線を開け! クマ族の坊主め、さてはどこにいる?」

「………っ! ……っ、……からっ、すぐにっ………ビビ!」

 頭上のモニターに不意に砂嵐が映り、そこから荒い音声が途切れ途切れに伝わってくる。この音声と通信電波の発生源を必死に探る通信士がまたすぐさま慌てふためいて振り返った。

「艦長! 味方の機体反応、洋上、この艦のはるか上空に感知しました! いわゆる成層圏、おまけに陸とはまったく逆の方角です!! こいつは一体、どんなマジックなんだ!? ベアランド機、ありえないところから出てきました!!」

「ほう、ウワサはあながち間違いではなかったのだな? ようやくの真打ち登場、随分と気を持たせてくれおって。航行士、艦の戦闘機動をひとまずこの場で停止、エンジン出力はそのままだ! 余った出力はそのまま砲手長にくれてやれ! 少尉! ああ、ベアランドくん、聞こえるな?」

「やっほー! バッチリ聞こえてるよ!! 感度良好、本日も晴天なり♡ ンクス艦長、並びにトライ・アゲインのみんな、お待たせしちゃって悪かったね? いやはや、弾道軌道で一足飛びにぶっ飛んで来る予定がさ、あいにくと空の上でもわちゃわちゃしちゃって、こんなタイミングになっちゃった!」

 砂嵐の中からニカリと屈託の無い笑みを浮かべたクマ族の青年が応じる。画像が落ち着いてしっかりとガタイのいいパイロット姿の顔面どアップが映し出された。

 その自信に満ちた表情でひょうひょうとしたそぶりをこちらは画面を見上げるスカンクの艦長はやや呆れたさまだ。

「ん? 何のことだ、いや、後で聞こう。こちらは複数の敵アーマーに囲まれて苦慮している。即座に合流、これらを撃退してもらいたいものだ。できるのだろう?」

「あはは! それはもちろん♡ てか、ここまでだいぶ無理しちゃって大気との摩擦でコクピットがサウナみたいな状態なんだけど、焼け死なない程度に最速で駆けつけるよ! フロート・ドライブ・システムで浮遊航行なんてしてたらいつまでたってもたどり着かないもんね、邪魔が入ったおかげで突入ポイントがズレたから意表を突く角度から突撃できるし! 不意打ちさながら♡」

 とかくあっけらかんとした物言いに、犬族のオペレーターが切羽詰まった調子で悲鳴を上げる。

「少尉どの! ごたくはいいですからさっさと援護に来てくださいよっ、こっちはもう一杯一杯だ! 高出力のメガフィールドもあっちこっちからひっきりなしに砲弾ぶち込まれたらさすがに音を上げちまいますって!!」

「ん、おほん、まあこちらは船体を停止してあえて敵方にこの巨体をさらしているから、その新型の威力を背後から思う存分に食らわしてやるがいい! そしてようこそ、ベアランド少尉、ここが今日からきみたちの新しいホームだ!」

「うん、はじめましてだけど、あえて〝ただいま〟って言わせてもらうよ! 後から追っかけてくるみんなの分も含めて。それじゃベアランド少尉、ただいまより戦艦『トライ・アゲイン』に着任、ただちに新型機、バンブギン改めランタンにてこの職務を全うします。あ、そっちの砲手さんたちには間違ってこのボクのこと撃ち落とさないようにって伝えておいてね♡ それではいざ、突撃!! そりゃあああああああああっっっ!!!」

 号砲一発。

 はるか空の彼方から飛来した一機の大型アーマーが流星さながら一直線の軌跡を描いて登場。大気との摩擦でオレンジのオーラを放ちながらに眼下の洋上、激しい戦いを繰り広げる戦艦へと目掛けて流れ落ちていく。

 これを機に流れは一転、若いエースパイロットが新型機と共にその存在を艦内に轟かせるデビュー戦となるのだった。

※こちらのPart2以降、キャラのデザインの変更があります♥

現行の画像にある、メカニックの若いクマ族、リドルの顔が、Part2以降、以下のものに変更されます!

 なんかビミョー(^^;) ちょっとは良くなりましたかね?

Part2

 新型機のパイロットがみずからの母艦となる新鋭戦艦との合流を果たしてから、およそ一時間後。

 大型の機体を収容する専用のアーマードックに無事、着艦。

 接戦をひっくり返す大活躍で意気揚々と新たな着任地に足を付ける大柄なクマ族のパイロットは、ひとしきり感心したさまで、ぐるりと周囲の状況を見渡す。

 無機質な金属一色の世界は味気がないが、でかい図体でも気を遣わずに済む広大なメンテナンス・スペースだ。すっかりと気の抜けたさまでのんびりとした声を上げるのだった。周囲はやかましい機械音やらかけ声やら、騒音だらけだからちょっとしたひとりごとぐらいは聞きとがめられることもないだろう。

「はっは、あの田舎の前線基地と比べたら、さすがにどれも立派な最新式の装備がそろってるよね! スタッフもうようよいて、ぼくのランタンもしっかりと専用のハンガーデッキに収まってくれたし♪ 思ったよりもでっかい戦艦だったけど、さながら大型空母ってところなのかね。ふ~む、ならこれって何体くらいアーマーを収容できるのかな?」

 お気楽に大股で闊歩していると、通路の壁際、見知った人影がぐったりとしたさまで尻を付けているのを見かける。おっ?とはじめ意外そうにそれを見るベアランドだが、途中でその人物が乗っていたアーマーらしきがすでにハンガーにあるのを見たのを思い出す。

「おっと、あれってリドルじゃないか? そういやあの子のビーグルⅣ、もうハンガーにおさまってたもんね! あれってばロートルの旧型機でこんな最新鋭の戦艦にあるわけないからリドルのヤツに決まってるし、そうかこっちが来るのに手間取った分、ほぼ同着になっちゃったんだ! にしてもなんか元気なさそうだけど、大丈夫かね?」

 ちょっと太い首をかしげながらに、目の前に座り込んでうなだれる若いクマ族に歩み寄る隊長さんだ。あっけらんかとしたさまで声を掛けてくれる。

「やあ、もう着いていたんだね、リドル? ミサイル殺法で一番乗りするはずが、まんまと先を越されちゃったよ! おまけに着いたら着いたでいきなりおしゃべりなクマ族のメカニックに捕まっちゃって、ぼくの新型アーマーのこと根掘り葉掘り聞かれちゃったし! ま、専属のメカニックはリドルなんだからテキトーに流しちゃったけど、これまでとは打って変わった最新設備にテンション上がっちゃうよね♡ あれ、なんか元気ないみたいだけど、どうかしたのかい??」

 いつも笑顔で初々しいはずの新人メカニックだ。うなだれたさまの若いクマ族にちょっと不可思議な面持ちで聞いてやると、当の若者は華奢な身体をふらふらと立ち上がらせて、見るからに生気の無い表情を向けて答えた。まだうつむき加減だった。

「……あっ、ベアランド少尉どのっ、ご無事で何よりであります……はい、自分は、自分も無事に到着したであります」

「そうか。でもあんまり無事ってカンジでもなさそうだよな? そうだ、ひとつホシが付いたんだって? 凄いじゃないか、オペレーターの犬族がめちゃくちゃ驚いてたよ、不意打ちされて危ういところを補給機担当のメカニックマンが大金星だって! きっと艦長さんも褒めてくれるんじゃないのかな。なんなら一緒にブリッジにお邪魔するかい?」

 これから着任の挨拶がてらブリッジに向かうのに誘ってやるが、下級の一兵卒にはまたとない機会をだが力なく首を振ってため息を漏らす青年だ。

「いえ、自分は気分が優れませんので、どうぞお一人で……! 中層の居住ブロックに部屋があるとのことなので、そちらにおります。少し休みたいので」

 いよいよしおれた感じの細いクマ族に、いかついクマの隊長はちょっと心配顔で相手を見下ろす。

「そうか。どうやらホシを取ったことがプレッシャーになってるみたいだけど、皮肉だよな? 普通のパイロットならそんなふうにはなりやしない。相手を撃墜する、つまりはひとを殺したことをそんなにも気に病むなんてことにはね? 戦争なんだから、仕方がないことなんだし、みんなやむにやまれずなんだから」

「はい……」

 見れば細かく身体を震わせている非正規のパイロットに、既にエースパイロットの自覚が芽生えつつある小隊長は落ち着いたおおらかなさまでまた言ってやる。

「リドル、この先もそんな時はいくらだって訪れるさ。キミがアーマーに乗っかって戦場に出ている限りは。極力そんなことにはならないようにするけど、いざって時は覚悟を決めなけりゃならないよ? でも覚えておくがいい」

「?」

「キミは何も間違ったことなんてしてやしない。むしろ正しいことをしたんだよ。運悪く敵と鉢合わせはしたけれど、そのおかげでこの艦を守ることができたんだから。だからもっと胸を張ればいいさ。誰も褒めこそすれ、責めるやつなんていやしないんだから。今はそういう世の中なんだ。悲しいかな」

 細い肩に手を当てて、せめて優しくはげましてくれる隊長だ。
 うつむき加減のメカニックマンはただ黙ってうなずいた。

 ひょっとしたら泣いていたのかもしれないそのか細い声はあいにく周りのけたたましい喧噪にかき消されて兄貴分のクマ族には聞こえなかった。

 折しも大音量の艦内放送が流れて、戦闘を終えた艦がこのまま反転、大陸の西部の港湾都市に向かう旨がアナウンスされる。
 おそらくは後から追いかけてくる副隊長のウルフハウンドたちを迎え入れるためだろうと了解して、ゆっくりとその場を後にするベアランドだった。高層エリアへのエレベーターに乗り込んで振り返った先にまだぽつんとたちすくむ細い影が見えたが、今は黙ってブリッジへのボタンを押すのだ。
 あの若いメカニックだけでない、問題はそこかしこに山積しているのだとみずからに言い聞かせながら。

 



 

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル SF小説 スピンオフ ファンタジーノベル ルマニア戦記 ワードプレス

寄せキャラ・スピンオフシリーズNo.1「翼の折れた新型機」③

新米パイロット、コルクとケンスの犬族コンビが実戦でまさかの大失態!? ベテランの関西弁シェパードはカンカンで…!!

 前回、Part2からの続きです!
 関西弁がやかましいベテランパイロットのコッバスと初対面した新人パイロットのコルクとケンス。おっかなびっくりしながらもオヤジキャラの上官どのとミーティング、徐徐に打ち解けていけたはずが、翌日の出撃において大問題がいきなり発生!?

 「翼の折れた新型機」③

〈Part3〉

 明けて、この翌日。

 上官のコッバスの言葉にもあった通り、前日に赴任してきたばかりの新人パイロットたちにも、この日の昼過ぎには早くも初の「出撃命令」が下されることとあいなった。

 ベテランのシェパードを部隊長として、そこにまだ経験の浅い新人がふたり。都合、ギガ・アーマーが三機の小隊編成だ。

 山岳部の地下資源と肥沃な耕作地帯の領有権問題でもめる隣国との紛争は、背後には二つの大陸間で覇を競う大国と大国の影が見え隠れする。旧型のアーマーが複数、国境を越えてこちらの支配地域を侵犯、これをすみやかに迎撃し撃退せよ……!

 この命令の通りに西に拓けた野原で敵を迎え撃つ。 

 あってなきがごときの国境だ。
 絶え間のないいさかいが災いして長らく人気のない緩衝地帯は荒れ野がごときありさまで、どこにも隠れるような場所がない。
 ただしこの条件はどちらも一緒であり、そんな中を昨日今日に結成したばかりの即席部隊にしては、うまい連携で戦闘をこなしていた犬族のパイロットたちだ。

 新人たちの援護の下に果敢な接近戦を挑む隊長が、一機、二機とこれを撃破! ついには劣勢になって逃げていくと思われた敵影を追撃するさなか、しかしながら敵方のトラップの地雷原にまんまと誘導されてしまい、それまでの風向きが一変してしまった。

 敵はこちらの新型機の存在もその性能も知らないのだから本来ならば作戦ミスに違いない。
 それだから部下たちが乗る、高い機動力を誇る飛行型のアーマーに地雷などは一切効かないと大笑いする隊長のコッバスの表情が、この直後にはこの上も無いような驚きにより激変。

 このすぐ側に付けていたコルクは耳をふさぎたくなるような上官の怒号に全身がすくみ上がることになる。背後のケンスは言葉もなかった。

 辛くも乗り切れたのは新型機の持ち前の性能と、上官のコッバスの経験から来る冷静な判断と適切な指示のたまものだった。
 危ういところを三人ともに生き延びることができたのだ。

 さんざんにやり合ってそろそろ日が暮れる頃に基地に無事帰還した三機のアーマー小隊だが、中のパイロットたちにはこれからまた一波乱あるのはもはや必然の流れなのだった。

  

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル SF小説 ファンタジーノベル メカニックデザイン ライブ配信アプリ ルマニア戦記

オリジナルノベルのメカキャラデザイン! 敵のロボキャラ、その①

主人公たちと敵対する勢力側のメカ、戦闘ロボのデザインをやっていきます(^^)/

 ノベルを進めているつれ、これから主人公たちが対戦するはずの相手側のキャラや敵メカがまだデザインできていないこと(!)に気が付いて、今さらながらにやっていきます(^^;)

 [データ・スペック]

#006の中盤以降から登場予定。

 海上戦対応型ギガ・アーマー
機体名称
 イルカ…標準型アーマー。両脚のホバー(マリンジェット)で高速機動。飛行能力はない。標準型の兵装装備。  

 シャチ…大型アーマー、指揮官機。標準型の兵装の他に、専用の高火力装備を備える。 

 サーペント…新型機

これまでの敵メカのデザイン

 主人公のライバルとなるキャラたちやメカのデザインです。
 フルカラー版は下記にあるリンクから(^^)/

実際にデザインしてみよう(^^)

 ギガ・アーマー「イルカ」
 海洋戦対応型アーマー。海中潜行可能。
 通常型。一般兵(パイロット)向け。

 おおよそのアタリです。

 なんか失敗気味?

アタリを元にもうちょっと描き込んでみました♪

 なんかイマイチですね(^^;)

記事は随時に更新されます♡

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル キャラクターデザイン ルマニア戦記

ルマニア戦記 #002

第一話 「実験機で初出撃!」

#002

 かつての建国からこれまで長い歴史があり、今ではそのほぼ半分を占める国有面積の広さから、一般に『ルマニア』と呼ばれる東の大陸。

 その内陸中央に王都を構える、若いパイロット達が生まれ育った巨大な王権国家からすれば、影では属州とも呼ばれる北西の辺境に位置する小国はかなりの田舎に違いなかった。

 おまけにその最前線の基地の外れも外れに位置するオンボロな予備格納庫はよそから見たらまさしく廃墟も同然だ。

 しかしながら今やもろもろの都合でこの屋上階に寝泊まりしている、すっかりよそ者扱いの士官候補生達は、更衣室を出た廊下の突き当たり、そこから壁伝いに続く長い階段をひたすらまっすぐに降りて行く。

 そうしてまた出くわした突き当たりをいつもなら右手の屋内にあるアーマーのハンガーデッキに向かうはずが、今日ばかりはこの左手、屋外へとつながるドアのノブを掴んでおもむろにこれをひねるのだ。

 ギイィッ……とさび付いたドアがきしむ音を立てて、そこから外界へと一歩踏み出せば、目の前でうっそうとしげる林の向こうに朝日が明るく昇るのが見て取れた。

 森の向こうに拓けた海岸線からかすかに吹き寄せる潮風を鼻の頭に感じて、くすぐったく思う大柄なクマ族のエースパイロットは、その場で大きく深呼吸するといつもの呑気な口ぶりする。


「んんっ……はあ、いい朝だな! いつぞやみたいなおかしな異臭騒ぎももうないし? 新型機で出撃するにはうってつけのお日柄だよ。なんだか今日はいいことありそうだ!」

「ケッ! なにを悠長なことを言ってやがるんだよ? 本来なら夜中にこっそりやってることを白昼堂々やらかそうってんだから、リスクのほうが付きものだろう! おまけにこんな快晴じゃ重要機密満載の新型をわざわざ真っ裸で敵さんにお披露目してやるようなもんだぜっ……ま、悪い気はしねえがよ? たっぷりとわからせてやれるんだ、このオレさまの腕っ節と新型機の実力を!!」

 背後に目をやるとただちに不機嫌面で見上げるオオカミの同僚の毒づきに、もう慣れっこの相棒はしたり顔してうなずく。

「はいはい! それじゃまずはご対面だよな? 長らく待ちわびた我らが愛しの新型機ちゃんたちと♡ 確か格納庫の前に集合だから、あっちに行けばいいのかな? ん、おっと、あそこにいるのって……!」

 たとえ基地の外れでも基本、敵国がある西側向きに発進路が造られるのはどの格納庫でも同じだ。

 南の裏口から出て来た都合、回れ右して大股で高い外壁沿いに進んで行くと、その先のまだ宵の暗さが残る西の空を背景にして忽然とひとりの青年が待ち構えるのがわかる。

 見知った顔でまだ表情に少なからぬ幼さが残る若者は、見るから華奢でやせっぽちでも胸を張ったきりっとした立ち姿の敬礼でみずからの上官である二人のパイロットらを出迎えた。

 きびきびとした歯切れのいい口調で朝の冷えた空気を震わせる。

「ハッ! おはようございますっ、ベアランド准尉どの、ウルフハウンド准尉どの! お待ちしておりました!! おふたりの機体はすでにどちらも準備が整っております、どうぞこちらへ……あっ」

 じぶんと同じ大型のクマ族とは言いながら、ずいぶんと頼りない見てくれの痩せた少年機械工兵を見下ろすマッチョなでかグマのパイロットだ。

 こちらへ赴任してからかれこれ半年あまり、もう慣れ親しんだ仲でもあり、とかく親しげな笑みで返す。

「いいからいいから、そんな固くなりなさんな、リドル! お迎えご苦労さん。昨日は一晩中大変だったんだろう、おやっさんと? だったらもっと楽にしてなよ、ここからはこのぼくたちが気を張る番なんだから! ……あれ、どうしたの?」

「あっ、てなんだよ? 機械小僧?? まさか何かしら気になることがあるってのか、本国から来たオレらのアーマーによ。見た目が頼りなくてもいざ機械のことにかけちゃこっちはとっくに信用してるんだ、今さらヘタな隠し事なんざ言いっこなしだぜ!」

 後ろから長い鼻面の顔を出すオオカミもやや不審げに問うのに、ちょっと慌てたそぶりの男子は改めてふたりのバイロットに対して最敬礼する。

「いえっ、失礼しました! すっかり失念しておりましたっ、申し訳ありません! 本日付けでどちらも一階級昇進されておりますので、正しくは、ベアランド少尉どの、ならびにウルフハウンド少尉どの、でありました!! 昇級、そして新型機の到着と併せてまことにおめでとうございます!」

「……え、そうだったっけ? ふ~ん、まあ別にいいよ、そんなの。あんまり気にしたことないし♡ 今のところ隊員がふたりしかいないへっぽこ部隊で、すっかりお荷物扱いされてるぼくらだもんね!」

「まあな、オレもどうでも構わねえよ、お飾りみたいな形式張った呼び名なんてな。それよか肝心のアーマーはしっかり組み上がっているんだよな?」

 気を張ったセリフをすっかり肩ですかされてしまう。

 思わず苦笑いになるメカニックはみずからも固かった身体の力を抜いて、落ち着いた年相応の口ぶりとなる。

「あははっ、はい、それはもちろん! 最終点検は親方が了解済みでありますので。どちらもすぐに起動できます。早くご覧に入れたいので、どうぞこちらへ!」

 ふたりのパイロットを視線で背後へと招いてみずからは早足で駆けっていくのに、一瞬互いの目を見合わせて建物の真正面へと向き直る新米の士官たちだ。

 荒れ放題の滑走路を大股で踏みならしては西の空をバックに、いつもなら大きく開け放たれた間口が今だけはサビだらけのシャッターで閉ざされたオンボロ格納庫と対峙する。

「う~ん、見れば見るほどオンボロだよな? こんなボロっちい格納庫にピカピカの新型のアーマーが配備されてるだなんて、まさか神様だって思いも寄らないってもんだよ」


「は、どうだかな? わりかし敵さんにも情報は筒抜けだったりすんじゃねえのか?? いつぞやの幽霊騒ぎが収まって、てっきりそれまで無人化してた対岸の前線基地の取り合いになると思いきや、あっちはそんなの目もくれずにこっちに攻め込んできてるんだろ? ろくな補給路の確保もないままによ。こっちのアーマー隊が手薄なのもいいこと、やつら少数部隊をひっきりなしに出したり引っ込めたりして、いざ基地を攻め落とすってほどでもないんだぜっ……やる気があるやらねえのやら!」

 どこかそっぽを向きながらの独り言じみたオオカミ、ウルフハウンドの物言いにちらりと視線を下ろす大柄なクマ、ベアランドは少しだけ思案顔して肩をすくめる。

「つまりはこっちの出方を見ているってのかい? なるほどね♡ わからなくはないけど、あっちにもあちらさんなりの都合があるのかも知れないよな? はっはあ、そうか、だったらなおさらワクワクしてきちゃったよ……!!」

「はっ??」

 怪訝な視線で見上げるしかめ面にまた肩をすくめる脳天気なクマは意味深な笑みを浮かべると、おまけいたずらっぽくパチリと片目をつむったりする。

 そうして視線でみずからの正面、巨大な廃屋と化した予備倉庫を示すのだった。

 若い機械整備士の背中越しに今しも大きな音を立ててシャッターが上がるのをそろって注目する。

 西の空はまだほんのりとしか明るくなかったが、屋内の照明が煌煌とたかれていたから見晴らしは良かった。

 奥に大きな人型をしたシルエットがあるのが気配としてわかるが、その手前、まずはやけに小柄な人影を見つけてそちらに目がいってしまうふたりの新米パイロットだ。

「おっ、おやっさん……! 相変わらずのしかめ面だな! あれが真顔なんだっけ? なんか怒ってるみたいに見えるけど、いやいや、内心は喜んでいるんだよな??」

「オレが知るかよ! 土台、あんなブサイクなむくれっ面じゃ判別するのはハナから無理だろ? とりあえず怒られるような筋合いはないぜ、今んとこはよ」

 すっかりどっちらけたさまで茶化すクマに、白け顔のオオカミも苦い口ぶりで返すばかりだ。

 するとそれを背中で聞いていた若い弟子のメカニックが親方にビシッと敬礼しながらも小声で返してきた。

「もちろん、怒ってません! きっと親方としても感慨がひとしおなんですよ……昨日は徹夜だったし! あと、あらかじめ言っておきますが、壊さないでくださいね? いきなり初陣で無茶とか、おふたりとも??」

 どこかこわごわとした口ぶりで視線をそろりと巡らせてくる、まだ若いながらも有能な整備士に、なおさら白けたさまのふたりのパイロットはどうにも微妙な反応で視線をあちこちにやるばかりだ。

 あんまり思わしくない空とぼけた顔つきそぶりに、付き合いまだ短いながらも相手の性格性質だとかを骨身に染みて思い知らされていたリドルと呼ばれるクマ族は、げんなりしたさまで肩を落とすのだった。

「はあっ、お願いですからね? 今のこちらの整備状況じゃ正直、小破以上の破損はもはや回復不能だと思われますから……! ちなみにそれに関しましてはうちの親方もまったくの同意見です」

「そいつはまた……! ほんと、ワクワクが止まらないよな?」

「たくっ、根性で直せよ! ん、おい、あのおやっさん、よもやこっちの声が聞こえてやがるのか? えらい勢いで睨んでやがるぜ!!」

 あいにくまだシャッターが上がりきらないから内側の全体像がどんなものだかわからない。

 しかしながらガタガタとした騒音混じりの中にもこの真ん中にでんと構えて仁王立ちした小柄な犬族のおやじだ。

 そのもういい年齢をした熟練の機械工がしゃがれた渋い声を張り上げる。

 おっかない顔つきもさることながら、見かけが小さかろうと腹から絞り出した一喝で相手を圧倒するだけの底知れぬ迫力みたいなものがあっただろう。

 この前線基地でも指折りの手練れにして、過去には大陸大海を股に掛けた数々の伝説を誇るという整備士界の巨匠の第一声は、やはり怒っているようなそれはけたたましいだみ声なのだった。

「おおい、やいこらっ、このボンクラども! シャキッとしやがれ!! おめえらが待ちに待った新鋭機のお目見えだろうがっ、そんなふぬけたツラで拝めるようなシロモノじゃありゃしねえぞ!!」

 朝っぱらから耳にキンキンと響くお叱りに思わず苦笑いのクマだ。

 隣のオオカミは小さく舌打ちしている。

「あらら、徹夜していてそのテンションはさすがに……!」

 たとえ相手が基地の最高責任者であってもみずからのとぼけたスタンスを崩すことがない天然キャラのクマ助ながら、その背後にあった巨大な人影が全貌をあらわにするにつれて有無もなくこの視線がそちらへと吸い寄せられる。

 いつもの軽口を叩きかけたはずが、思わずごくりと息ごと飲み込んでしまった。

「こいつはまた、思っていたよりもデカいな! えらい迫力とボリュームがあるように見えるけど、ちゃんと動くのかね? あとそれに……」

 三人そろって頭上を見上げて、いざ目にしたものの異様なまでの出で立ちに言葉を無くしてしまう。

 はじめの想像とは似ても似つかないくらいに既存のアーマーとはまるで別物の見てくれだ。

 左右に二体並んだ大型ロボの、特に右手に立っている物が……!

 ある程度のあらましはあらかじめに聞かされていたから、つまりはこれがじぶんの乗機なのだろうと判断するクマ、ベアランドはちょっと言葉に詰まりながらに思ったことをまんま天然で口走った。

「う~ん、なんかさ、えらくブサイクだよな? もうちょっとこう、カッコ良くは出来なかったのかね? ものすごい悪者みたいな面構えなんだけど、このぼくの新型のアーマーちゃんてば??」

 半分嘆きじみた率直な感想に、すぐ横合いから舌打ち混じりのツッコミが入った。

「ブサイクも何もてめえにそっくりだろうが! いいじゃねえか、あのくらい不気味な面構えのほうが相手に対して威嚇できるし、新開発の新型だって存分にアピールできるぜ? いいか悪いかは別としてよ」

「ははっ、はじめは従来機とおなじ犬型のヘッドだったのらしいのですが、もろもろの都合でクマ型(?)のアタマに設計し直したらしいです。もちろん実験機ですから後後においてはどうなるかわかりませんが……」

 若い整備士の取り繕うような言葉に、おまけ前からはしわがれ声がぶっちゃけた私見を投じてくれた。

※↑挿し絵は一代前のデザインの主人公です(^^;)
 この第一話は以前のデザインで、第二話以降から最新版の主役のキャラデザインがお目見え♡ こちらもヒマがあれば随時に更新予定です♪

「ふん、いっそおめえさんをモデルにしたんじゃねえのか? さほどブサイクってこともあるまいよ、ビーグルのヘッドにゃ乗り切らない機能が満載だから、あんなへちゃむくれたツラになるんだが、むしろ愛着が湧くってもんだろう!」

「んんっ……ぼくってばあんなにブサイクかい??」

「てめえのツラ鏡で見たことねえのかよ? はんっ、それよかこのオレ様のギャングはいい面構えしてるよな! 量産型のビーグルなんぞとは比べものにならないってぐらいにいかしたスタイルしてやがるぜ!!」

 肩を落とすクマにはいっそ冷たい口調で吐き捨てるオオカミの同僚だ。

 そうしてみずからが搭乗するもう一体のロボットをしげしげと見上げながら、いかにも納得したさまで言うのだった。

 するとその横合いからまた若いクマ族の整備士がやや不思議そうな顔つきでウルフハウンドに聞き返す。

「ギャング? この『ハウンド』のことでありますか?? ああはい、確かに現行の主力量産機のビーグルを元に大幅に発展改良させた機体ではありますが……」

「いいんだよ! 猟犬だなんてやぼったい名前で呼ぶにはもったいねえ機体だろ? コイツは今日から晴れてこのオレ様の相棒、その名も『ギャングスター』に決定だ!!」

「は、はあっ……」

 ちょっと戸惑った顔のメカニックに、おんなじクマ族のパイロットが苦めの笑いでウィンクする。

「ま、いいんじゃないのかい? なんかカッコいいし♡ そうか、だったらぼくは何て呼べばいいのかな、このブサイクちゃんのこと……!」

「あん、名前ならちゃんとあるだろう? その、ほれ、なんつったか??」

 小さな歩幅で歩み寄るブルドックのオヤジがいかめしいツラを傾げさせるのに、弟子の痩せっぽちがただちに補足する。

「はっ、こちらの機体の正式名は『バンブギン』であります! まあ、おそらくはこのボディの特殊な形状がいかにもそれらしいところから、なのでしょうか??」

 大柄なボディの特に前にも左右にも突きだしたそれは特徴的な土手っ腹を指しながら言葉には納得顔のでかいクマだ。

「ああ、つまりは〝カボチャのお化け〟なのかい?? なるほどね、要はパンプキンからもじったんだろうけど、確かにそんなふうに見えなくもないし! でもなんかかわいげがないなぁ……」

 やはり冴えない様で見上げていたら、いきなりハンガーの奥のあたりでやかましい警告音が鳴り出した。

 同時に黄色いライトもそこかしこで点滅し出す。

 さっさと出撃しろという本部からの通達なのだと察してそれぞれみずからの足を踏み出すパイロットたちだ。

 かくして感動のご対面はごく短い内に終わり、そこから目の回るようなスピードで出撃となる。

 ※次回に続く…! 

 トップページへ戻る↓

 Copyright ©oonukitatsuya, All rights reserved.

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル SF小説 キャラクターデザイン ファンタジーノベル ルマニア戦記

ルマニア戦記 #001

第一話 「実験機で初出撃!」

 第一話

『実験機で初出撃!』

#001

 朝も早く、まだ薄暗い、更衣室。

 人影は、ぽつり……とひとつだけ。

 シンと静まり返った中で、ひとりの男が、何とも言えない面持ちをして立ち尽くしている。

 ただ無言で、ある種の感慨にふけるかのようなさまで、みずからの更衣室のロッカーボックスと向かい合っていた。

 シャッター式の扉は開け放たれ、その中に吊される、何やらひとがたらしきカタチをした、一揃えの真新しいスーツをまじまじと見つめる……!

 真顔をした、まだ若いのだろう青年パイロットだ。

 その口の端が、かすかにニマリとほころびかけたその瞬間、この背後ではにわかにやかましい気配が巻き起こる。

 大股のドタンドタンとした足音も聞こえてきた。

↑※過去のノベル版の挿し絵です。背後の主人公の見てくれがちょっと違ってますが、なにとぞご容赦くださいm(_ _)m ヒマがあったら描き直します(^^;)

「……!」

 途端にこの鼻先が前へと突き出た大きな口元、ムっとへの字口にして殺気立つオオカミだ。

 おまけに、チッと小さく舌打ちまでして、どこかしらよそへと視線を向ける。

 まるで我関せずの態度で素知らぬそぶりだが、やがて入り口にのっそりと現れたでかい人影はそんなことまるでおかまいなし。
 この中にズカズカと入り込んでは、こちらはでかくて横に平たい大口開けて、それは陽気にのたまうのだった。

「ふっふふ~ん! お、おっはよう、シーサー! なんだい今日はずいぶんと早起きじゃないか? まあぼくもそうなんだけど、やっぱり待ち遠しいもんだよな? ようやく本国から送られて来た、ぼくらの専用実験機がお披露目されるんだからさ! おかげで昨日はなかなか寝付けなかったよ」

「……っ!」

 馴れ馴れしいこと来るなりすぐ真横に付けての挨拶にあっても、明らかに不機嫌面したオオカミ男は舌打ち混じりにそっぽを向いてくれる。

 対してお互いに隣り合わせのロッカーなのだから横に付けるのはもはや当然!

 この相棒のほとほと素っ気がない態度にももはや当たり前で、すっかり慣れきったそれはでかい図体のクマ人間だ。

 構わずに自らのロッカーを開けるとそこでテンションがなおのことぶち上がる。

「わお! これって新品のスーツじゃないか!? 本国からやって来たアーマーと一緒に支給されてたんだ? ちゃんとしたぼくらルマニア軍仕様の正規のパイロットスーツ!!」  


 また横で低い舌打ちめいたものが聞こえるのもまったく気にならないさまで、太い両腕でむんずとつかみ上げた新品の軍用スーツ、これを鼻先でしげしげと眺めては、喜々としたさまで小躍りするそれはご機嫌なクマ族の青年だった。

「あっはは、コレコレ! 地味でいかつい全身モスグリーン!! やっぱりコレじゃないと立派なルマニアの軍人さんとは言えないもんな? 正直、いつまであんなまっちろくて窮屈なテスパスーツを着させられるのかってうんざりしてたんだけど、汗臭いオンボロともめでたく今日でおさらばだよ!! もうどこにも見当たらないし? ようしそれじゃ早速試着しないと! あ、でも万一にサイズが違ってたら交換とか効くのかな??」

「……たくっ、知らねーよ! つーか、ぶくぶくと太った汗っかきなでかグマなら、何を着たって変わりゃしねーだろうが? くだらねえ文句は本国のヤツらに言いやがれっ……」

↑これまた以前の挿し絵です(^^) 次の挿し絵からきちんと描き直します♡ たぶん(^^;)

 しごく面倒くさげな言いように、ちょっとだけ苦笑いのクマ族の青年だった。顔の真ん中にでんとあぐらをかいた黒くて大きな鼻頭をことさらに膨らませる。おまけ、はいはい!とこのいかつい肩をすくめてもみせる。

 何かと神経が図太くてことさらお気楽な楽観主義者だ。

 他人から何を言われてもめげないのが生まれつきの性分であり、特技でもあった。

「あん、そんなにおデブさんでもありゃしないさ! 汗っかきなのは認めるけど? それより試着、試着っと……!!」

「うぜえなっ、てか、もうちょっと離れてやれよ! でかい図体で肘打ちなんて食らわされたらたまったもんじゃありゃしねえ! ん、良く見りゃそのスーツのサイズもふざけやがって、それって何Lなんだよ?? バケモンめっ……」

 さっさとくたびれたランニングシャツを脱ぎ捨てるなり、まだ新品で全体が固い厚地のスーツと格闘をはじめる相棒だ。これに大口開けて文句をがなるオオカミ族のパイロットも仕方なしにみずからのハンガーに吊されたスーツへと向き直る。

 通気性が絶望的に悪かった以前のテストパイロット用と見比べるに、こちらはそう悪くもないだろうと下着姿のままで着用することにする。

 その間もこのすぐ隣であくせくと悪戦苦闘しているらしいクマを横目で見やるに、あちらはパンツまで脱ぎ捨てた状態に目つきがなおのこと白けたものになるオオカミ族だった。

「あ? おいおいっ、いきなりマッパで着るのかよ? 新品のスーツが台無しになっちまうんじゃねえのか!? 換えなんてそうそう効かないんだから、もっと大事に扱えっての!」

 もはや口からキバがむき出しでクレームがすさまじい相棒に、とことん太平楽なクマさんは親しげなウィンクかまして、それはいたって余裕の口ぶりだ。

「いいんだよ♪ そんなの気にしてる場合じゃないし、そっち向きのスタッフも付いてるしさ♡ そうとも、ぼくら表向きは実験機の試験運用目的だったのが、どさくさで実戦配備に回されて今じゃもうじき正式な配属先が決定するって話じゃないか? ええっと、なんて言ったっけ? こことはまた別の大陸西岸の属州で極秘裏に開発されてるって、もっぱら噂の新造戦艦!!」

「チッ、お気楽なこったな! 組み上がったばかりの実験機でいきなり実戦なんて正気の沙汰じゃありゃしねえだろうが? ま、オレさまとしては手っ取り早くてむしろ望むところだが、スーツと違って一点物の機体は壊しちまったら目も当てられないぜ? あの機械小僧が大泣きするだろ! おまけその極秘裏に開発って巡洋艦もどこまで期待できることやら……そもそもここまで噂が流れてるってあたりで、どこらへんが極秘裏なんだよ??」

「文句が多いな! さっさと着ちゃいなよ、神経質な性格は戦場じゃいざって時の判断を鈍らせるだろ? それよりもとっととぼくらの新しいパートナーに会いに行こう! 夜中に運び込まれた機体の最終点検、おやっさんたちが夜通しやってくれたんだ。その労もねぎらってのお披露目式で、この格納庫の前に集合なんだってさ……あ、ほら、見なよ、ピッタリだ! あっはは!!」

※↑以前の挿し絵です。ここからヒマを見て描き直していきます。たぶん(^^;) 左のクマキャラの主人公を最新の令和版に描き換え(^^)/↓

※ノベルと挿し絵は随時に更新されていきます♡
 よろしければ応援と感想、できたらご友人への紹介(笑)などお願いします(^o^)

 みずからが苦労して着込んだ真新しいパイロットスーツを屈託のない笑みで示すクマに、それを何食わぬさまで一瞥(いちべつ)するオオカミは、手早く着こなしたスーツ姿でこちらも応じる。
心なしかその口元が緩んでいるようだった。

「へっ、オレだってピッタリだよ! それにいざアーマーのお披露目ったってすぐに緊急発進だ! 浮かれてやがるヒマはありゃしないぜ?」

「ああ、ま、サイレンひっきりなしに鳴ってたもんな? 今いるのは遠征から戻ってきた一番隊と補助のヤツらだけで、あとはみんな仲良くオシャカなんだっけ? ならこのぼくらが出るしかないよな♡ ちょっとワクワクしてきたよ!」

「遊びじゃねえだろ! もっとシャキっとしやがれよ!! まだ寝ぼけてるんなら先に行ってるぜ!」

「ああん、待ちなよ! ほとんにせっかちさんだな♡ そんなんで戦場突っ走って結果、迷子になっても知らないよ?」

「やかましいぜっ!!」

 いざ戦支度を整えて、我らが戦場に向かわんとするデコボコの新人パイロットコンビだった。

 かくしてこれより、それは長い戦いの歴史がはじまる……!

    ※次回に続く……


 Copyright ©oonukitatsuya, All rights reserved.