カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル キャラクターデザイン ルマニア戦記

Fun drawing! Original Novel’s Illustration #001

 オリジナルノベル、「ルマニア戦記」のノベルに挿入する挿し絵の作製課程を公開していきます(^^)/ ちなみに気ままにライブ配信アプリで生の動画配信をやらかしていたりもします(^_^;) ペリスコープとかですね♡

 はじめは超~雑なアタリからですね! こちらは以前の挿し絵のリテイクなので、元の絵を参考にしながらの描画となります♡ ちなみに元のイラストがこちら↓

 主人公のクマキャラ、ベアランドのデザインが四代目に刷新されたので、それにならって挿し絵を更新するのですが、ぶっちゃけめんどくさいですね(>_<) ガンバ♡

 はじめの雑な棒人間のアタリに、またまた雑なアタリを被せて肉付けしました! このぼんやりした人型を目安として、元の挿し絵の構図を参考にしながら新しい主人公のモデルもにらみつつ、いざ挿し絵を描いていきます(^^)

 下絵になるキャラのデザインを雑に描き込み(^^)
 ヒマがないしこればかりに時間を割いていられないので、このラフ(?)を元にして強引にペン入れを強行したいです♡

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル SF小説 キャラクターデザイン ファンタジーノベル ルマニア戦記

ルマニア戦記 #001

第一話 「実験機で初出撃!」

 第一話

『実験機で初出撃!』

#001

 朝も早く、まだ薄暗い、更衣室。

 人影は、ぽつり……とひとつだけ。

 シンと静まり返った中で、ひとりの男が何とも言えない面持ちをして立ち尽くしている。

 ただ無言で、ある種の感慨にふけるかのようにみずからの更衣室のロッカーボックスと向かい合っていた。

 シャッター式の扉は開け放たれ、その中に吊される、何やらひとがたらしきをした一揃えの真新しいスーツをまじまじと見つめる……!

 真顔のまだ若いのだろう青年パイロットだ。

 その口の端が、かすかにニマリとほころびかけたその瞬間、この背後ではにわかにやかましい気配が巻き起こる。

 大股のドタンドタンとした足音も聞こえてきた。

↑※過去のノベル版の挿し絵です。背後の主人公の見てくれがちょっと違ってますが、なにとぞご容赦くださいm(_ _)m ヒマがあったら描き直します(^^;)

「……!」

 途端に鼻先が前へと突き出た大きな口元、ムっとへの字口にして殺気立つオオカミだ。

 おまけにチッと小さく舌打ちまでして、どこかしらよそへと視線を向ける。

 まるで我関せずの態度で素知らぬそぶりだが、やがて入り口にのっそりと現れたでかい人影はそんなことまるでおかまいなしにこの中にズカズカと入り込んでは、こちらはでかくて横に平たい大口開けて陽気にのたまうのだった。

「ふっふふ~ん! お、おっはよう、シーサー! なんだい今日はずいぶんと早起きじゃないか? まあぼくもそうなんだけど、やっぱり待ち遠しいもんだよな? ようやく本国から送られて来た、ぼくらの専用実験機がお披露目されるんだからさ! おかげで昨日はなかなか寝付けなかったよ」

「……っ!」

 馴れ馴れしいことすぐ真横に付けての挨拶にあっても、明らかに不機嫌面したオオカミ男は舌打ち混じりにそっぽを向いてくれる。

 対してお互いに隣り合わせのロッカーなのだから横に付けるのはもはや当然!

 この相棒のほとほと素っ気がない態度にももはや当たり前ですっかり慣れきったそれはでかい図体のクマ人間だ。

 構わずに自らのロッカーを開けるとそこでテンションがなおのことぶち上がる。

「わお! これって新品のスーツじゃないか!? 本国からやって来たアーマーと一緒に支給されてたんだ? ちゃんとしたぼくらルマニア正規軍仕様のパイロットスーツ!!」  


 また横で低い舌打ちめいたものが聞こえるのもまったく気にならないさまで太い両腕でむんずとつかみ上げた新品の軍用スーツ、これを鼻先でしげしげと眺めては、喜々としたさまで小躍りするそれはご機嫌なクマ族の青年だった。

「あっはは、コレコレ! 地味でいかつい全身モスグリーン!! やっぱりコレじゃないと立派なルマニアの軍人さんとは言えないもんな? 正直、いつまであんなまっちろくて窮屈なテスパスーツを着させられるのかってうんざりしてたんだけど、汗臭いオンボロともめでたく今日でおさらばだよ!! もうどこにも見当たらないし? ようしそれじゃ早速試着しないと! あ、でも万一にサイズが違ってたら交換とか効くのかな??」

「……たくっ、知らねーよ! つーか、ぶくぶくと太った汗っかきなでかグマなら、何を着たって変わりゃしねーだろうが? くだらねえ文句は本国のヤツらに言いやがれっ……」

↑これまた以前の挿し絵です(^^) 次の挿し絵からきちんと描き直します♡ たぶん(^^;)

 しごく面倒くさげな言いように、ちょっとだけ苦笑いのクマ族の青年は顔の真ん中にでんとあぐらをかいた黒くて大きな鼻頭をことさらに膨らませておまけ、はいはい!とこのいかつい肩をすくめてもみせる。

 何かと神経が図太くてことさらお気楽な楽観主義者だ。

 他人から何を言われてもめげないのが生まれつきの性分であり、特技でもあった。

「そんなにおデブさんでもありゃしないさ! 汗っかきなのは認めるけど? それより試着、試着っと……!!」

「うぜえなっ、てか、もうちょっと離れてやれよ! でかい図体で肘打ちなんて食らわされたらたまったもんじゃありゃしねえ! ん、良く見りゃそのスーツのサイズもふざけやがって、それって何Lなんだよ?? バケモンめっ……」

 さっさとくたびれたランニングシャツを脱ぎ捨てるなり、新品でまだ全体が固い厚地のスーツと格闘をはじめる相棒に、大口開けて文句をがなるオオカミ族のパイロットも仕方なしにみずからのハンガーに吊されたスーツへと向き直る。

 通気性が絶望的に悪かった以前のテストパイロット用と見比べるに、こちらはそう悪くもないだろうと下着姿のままで着用することにする。

 その間も隣であくせくと悪戦苦闘しているらしいクマを横目で見やるに、あちらはパンツまで脱ぎ捨てた状態に目つきがなおのこと白けたものになるオオカミ族だった。

「おいおいっ、いきなりマッパで着るのかよ? 新品のスーツが台無しになっちまうんじゃねえのか!? 換えなんてそうそう効かないんだから、もっと大事に扱えっての!」

 もはや口からキバがむき出しでクレームがすさまじい相棒に、とことん太平楽なクマさんは親しげなウィンクかましてそれはいたって余裕の口ぶりだ。

「いいんだよ♪ そんなの気にしてる場合じゃないし、そっち向きのスタッフも付いてるしさ♡ そうとも、ぼくら表向きは実験機の試験運用目的だったのが、どさくさで実戦配備に回されて今じゃもうじき正式な配属先が決定するって話じゃないか? ええっと、なんて言ったっけ? こことはまた別の大陸西岸の属州で極秘裏に開発されてるって、もっぱら噂の新造戦艦!!」


「チッ、お気楽なこったな! 組み上がったばかりの実験機でいきなり実戦なんて正気の沙汰じゃありゃしねえだろうが? ま、オレさまとしては手っ取り早くてむしろ望むところだが、スーツと違って一点物の機体は壊しちまったら目も当てられないぜ? あの機械小僧が大泣きするだろ! おまけその極秘裏に開発って巡洋艦もどこまで期待できることやら……そもそもここまで噂が流れてるってあたりで、どこらへんが極秘裏なんだよ??」

「文句が多いな! さっさと着ちゃいなよ、神経質な性格は戦場じゃいざって時の判断を鈍らせるだろ? それよりもとっととぼくらの新しいパートナーに会いに行こう! 夜中に運び込まれた機体の最終点検、おやっさんたちが夜通しやってくれたんだ。その労もねぎらってのお披露目式で、この格納庫の前に集合なんだってさ……あ、ほら、見なよ、ピッタリだ! あっはは!!」

※↑以前の挿し絵です。ここからヒマを見て描き直していきます。たぶん(^^;) 左のクマキャラの主人公を最新の令和版に描き換え(^^)/↓

※ノベルと挿し絵は随時に更新されていきます♡
 よろしければ応援と感想、できたらご友人への紹介(笑)などお願いします(^o^)

 みずからが苦労して着込んだ真新しいパイロットスーツを屈託のない笑みで示すクマに、それを何食わぬさまで一瞥(いちべつ)するオオカミは手早く着こなしたスーツ姿でこちらも応じる。心なしかその口元が緩んでいるようだった。

「へっ、オレだってピッタリだよ! それにいざアーマーのお披露目ったってすぐに緊急発進だ! 浮かれてやがるヒマはないぜ?」

「ああ、ま、サイレンひっきりなしに鳴ってたもんな? 今いるのは遠征から戻ってきた一番隊と補助のヤツらだけで、あとはみんな仲良くオシャカなんだっけ? ならぼくらが出るしかないよな♡ ちょっとワクワクしてきたよ!」

「遊びじゃねえだろ! もっとシャキっとしやがれよ!! まだ寝ぼけてるんなら先に行ってるぜ!」

「ああん、待ちなよ! ほとんにせっかちさんだな♡ そんなんで戦場突っ走って結果、迷子になっても知らないよ?」

「やかましいぜっ!!」

 いざ戦支度を整えて、我らが戦場に向かわんとするデコボコの新人パイロットコンビだった。

 かくしてこれより長い戦いの歴史がはじまる……!

    ※次回に続く……


 Copyright ©oonukitatsuya, All rights reserved.

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record キャラクターデザイン ルマニア戦記

Character design No.1

Original novel’s main Character”BEARLAND”

 かねてからやっては挫折、またやっては中断していたオリジナルのノベルを自前のホームページ、このワードプレスで本格的に取り組むべく、オリジナルのキャラクターたちをデザインしていきます! まずは下描きの段階からですね♡
 主人公以外のメインキャラはおおよそデザインしてあるのですが、この主役のクマキャラだけはあえて令和版としてリテイクかけます(^^)/ ブサイク路線から脱却すべく(笑)

 おおよその立ち姿のイメージですね♪ ちなみに「ベアランド」という名前のとおり、クマキャラです♡ 主人公のいかついパイロットキャラなんですが、これで4回目くらいのリテイクデザインです(^^)/

 雑な棒人形にそれなりに肉付けしました♡ イメージ自体はおおよそ出来上がっているのですが、いざカタチにするのはしんどいですね(^^;)

 ちょっとずつイメージを具体化しています♡

 ラインを決めました♡ 歴代の中では一番主人公それっぽい見てくれではないでしょうか(笑)! ベタ塗りした色付きも後日公開! これまでの変遷の具合も別で公開したいです(^^)

 ベタ塗りしました! カラーリングの出来栄えとしてはそれなりに気に入ってます(^^) ブサイクばかりの歴代のクマキャラの中でもピカイチのデザイン…なのでは??
 ノベルメインのページやその他のデザイン、ノベルの本編も近日公開予定です♡ 

 ベタ塗りに陰影の加工をほどこしました! それなりに見えてきましたかね? ちなみにノベルもスタートしました!
 よろしければご覧になってください♡

 第一話↓

 解説・トップページ↓

   ©oonukitatsuya, All rights reserved.