カテゴリー
Uncategorized

ルマニア戦記/Lumania War Record #014

#014

 #014


 その時、実際の現場にはどれほどの間が流れたのか? 

 それぞれの体感としてはそれは長い沈黙の後、この海域のどこぞかに姿をくらましているものとおぼしき新型の巡洋艦の艦長、犬族のベテラン軍人の声がまたコクピット内にこだました。

「……どうした? 返事が聞こえないぞ? 聞こえたんだろ? いいから、とにかく撃っちまえよ。お前の機体のメインアームで構わないから、目の前のでかいプラントに一発見舞ってやれ!」

「ハッ……!?」

 果たして上官からのおよそ予想だにもしない命令に、部下である若い犬族のパイロットはろくな返事もできないままにひたすらに己の耳を疑っていた。

 よもや現実のことかとだ?

 これに傍で聞いていた相棒と、混乱した現場を取り仕切る若いクマ族の隊長さんも少なからず動揺して耳を澄ましてしまった。

 するとその沈黙にややもせずしてまた年配の大佐どのの、ちょっとイラッとした声色が響く。

「おい、でかグマ! おまえの部下どもは耳が聞こえないのか? 上官の命令にろくな反応ができてないだろう! このオレは至って単純な命令しか出してないぞ。目の前の敵に占拠されたプラントを攻撃しろって、ただそれだけだ。簡単だろ、あんなでかいの空からならおよそ外しようがない」

 ああ、やっぱり、そう言ってるんだ!

 本気なんだとようやく納得しながら、ずいぶんと乱暴なことをぬかしてくれるなと内心で呆れてもしまうベアランドだ。

 左右のスピーカーからはごくりと息を飲んだりひどく狼狽したりした息づかいがはっきりと伝わってくる。

 いよいよもって混乱してきた状況にひどい苦笑いの隊長は、とかく落ち着き払って右手のスピーカーに声をかけた。

「だってさ、コルク? 聞こえているよね、どうやら本気らしいから、ちゃんと返事しないと!」

 おそらくは狭いコクピットの中で息を殺して縮こまっているのだろう毛むくじゃらのワンちゃんに向けて言ってやるのに、当の本人からは切羽詰まったようなうわずった返事が返ってきた。

「はっ、はいっ! 了解っ、あ、ですが、あの、そのっ、あの! し、しかしっ……!」

 まともにろれつが回っていなかった。

 もはや完全にパニックしたコルクの慌てぶりに天井を仰いでしまうベアランドだが、見上げた先のスピーカーからはやや憤慨したオヤジの声が降ってきたのになおさら天を仰いでしまう。

「しかしもカカシもあるか! おい、こいつはれっきとした上官命令だぞ? 貴様、命令を無視しようってのか! 何も遠慮することはない、こっちの本気を見せてやるためにやつらに一発かましてやればいいだけのことだっ、それで大きく潮目は変わる」

 決まり切ったことだろうと言わんばかりにきっぱりと断言してくれる艦長どのだ。およそ有無を言わさない迫力があった。

 これに若い犬族がなおさら萎縮してしまうのがモニターの中の様子を見なくてもわかる隊長さんが仕方も無しに仲裁に入る。

「いや、しかしだね、艦長? そうは簡単に言ってくれるけど民間の施設にぼくらみたいな軍が介入、しかも弾丸を見舞うだなんてのはどうにも穏やかでない……てか、あれって実際に稼働してる大容量かつ大出力のエネルギープラントなんだよね??」

 そんなところに攻撃しようだなんておよそ正気の沙汰じゃないのはまだ若い新人の隊員でなくともそれとわかりそうなものだが、相手の百戦錬磨のベテランはまるで意に介したふうでもなくクマ族の意見をはたき落としてくれる。

「おい、誰がプラントそのものを攻撃しろだなんて言った? 撃つのはプラントの本体ではなくて、これをコントロールしている制御室、コントロールルームだ。当たり前だろう? あの海上ベースの真ん中におっ立っている高いタワーのてっぺんだよ! とにかくそいつを破壊しろ!!」

「そういうことは先に言いなよ! さっきっからさ、大事な部分がまるっきり事後説明になってるじゃないか? でも制御室を壊したりして平気なのかい?」

 苦い顔でうなるクマ族に、相手の顔の見えない犬族はそ知らぬさまでぬかしてくれる。

「平気だろ、プラントの内側にサブのコントロールルームがあって、そっちがむしろそのプラントの本丸だ。内密に海底資源をくみ上げるのもそっちでやってるんだからな。よってその表に見えてるのはお飾りみたいなもんなんだよ。ただし目立つぶんそこを叩いちまえば周りの敵にプレッシャーを掛けられるし、みんなとっとと逃げ出していくさ。文字通り、シッポを巻いてな?」

「はあ、そんなにうまいこと行くもんかね? コルク、コルク! 聞いてるかい?」

 押し黙ったままの犬族に話を振ってやるに、やはりテンパったままのコルクは苦しげな返答を返してくる。

「で、ですが、あの、あのコントロールルームには民間人のクルーがいるのではっ? そこをじぶんが撃ったりしたら……!!」

 もっともな意見だったが、内心で首を傾げる隊長さんだ。

「ああ、いや、そんなに派手にど真ん中にぶち込む必要もないんじゃないかい? ちょっと天井とか目標のやや下あたりにめがけてさ、あんまり被害が出ないくらいのを……!」

 そもそもがこんな状況だから退避してる可能性もありそうなもので、性格的な心配性が過ぎるだけとも考えられた。

 だがこれに天井のスピーカーからは、いよいよいらだった犬族のかんしゃくが降り注いでくる!

「いいから、オレは撃てって言っているんだよ! 構うことはない、躊躇してると敵さんが勢いづいてくるぞ? 早くやれよっ、おいっ、この能なしのボンクラどもがっ!!」

「ひっ、ひいっ……! おれっ、おれ! ひいいっ……」

「コルク! いいから落ち着けよ!!」

 同僚のケンスの声も響くが、あいにくと毛むくじゃらの犬族くんはまるで周りが見えていないようだ。

 困った隊長と怒った艦長の声も交差する。

「コルク! よく聞けっ、狙うんならちゃんとタワーのてっぺんだよ? そこ以外は致命打になるから! いろんな意味で!!」

「早くやれよ! おい貴様、命令違反をするつもりか!? このオレをジーロ・ザットンと知ってのことだろうな!!」

「ひいっ、じ、ジーロ・ザットン……! と、父さんっ、おれ、おれ、どうしたらっ……!!」

「……?」

 出会ったばかりではまだ少年にも見えた青年が、ついには情けのないかすれた悲鳴を漏らす。

 ちょっと怪訝に聞くベアランドだったが、天井からそれをかき消すような怒号がするのにうげっ!とうめいてしまう。

「マズイな……! 艦長、頭に血がのぼっちゃってるよ!」

 勝つためには手段を選ばない冷血漢とも噂される人物は、いざとなったら相当に手荒なこともやってのけるに違いない。

 この場が荒れるのはもはや必然だ。

 で、結果、ろくでもないことをでかい声でまくしたてる大佐どのなのであった。いわく――。

「ああ、だったらもういい! こっちでやるさ、ここまで来たらもうこそこそ隠れている必要はないからなっ、全艦戦闘態勢! 緊急浮上だ! おい、話は聞いているな、砲手長? 艦首が海面から出たらオレが言ったポイントをただちにぶち抜いてやれ!」 

 ブリッジのクルーから立て続け、おそらくは艦の砲手のセクションへ向けて声高に言い放たれた怒声にぎょっと目を見開くベアランドだ。強硬手段の強権行使はとどまるところを知らない。

「ああ、そうだよっ……は? 主砲じゃない、副砲、おまけのサブキャノンでだよ!! きれいにうわっぺりだけ吹き飛ばしてやれ!! あ、間違ってもエネルギーの貯蔵庫は撃つなよ? 目の前のクマ助どころかこっちまで巻き込まれちまうぞ!!」

「うわ、すごいこと言ってるな! コルク、ケンス、たぶん背後の海面にでかい巡洋艦が顔を出してくるから、その射線上から機体を退避させるんだ! やっこさん、かまわずぶっぱなしてくるぞ? あと一歩間違ったら大爆発が巻き起こるから、その時は全力で緊急回避だ! ぼくは、ええいっ、めんどくさいな!!」

 こちらの命令通りに二機の僚機が左右に分かれていくのをモニター越しに確認しながら、本来ならじぶんもさらに上空へと退避すべきところを、あえてモニターをぐるりと半回転させてこの真後ろへと機体の頭を巡らせる。

 巨大なエネルギープラントを背後にして臨んだ海面からは、今しもそこに大型の戦艦の甲板が急浮上するのが見て取れた。

 思った通りに遠くの東の海域から流れ着いてきた巨大な人工の漂流物、廃墟と化したはずギガフロートを真ん中からまっぷたつに割る形で、新型の巡洋艦がその姿を現すのだった。

 おまけにこの鋼の船体を現すなりにブリッジの下に据え付けられた砲塔が盛大に海水はき出しながら仰角こちらに上げてくるのに舌打ちしてしまう。

「ちっ、やる気まんまんだね! でもそんなのでプラント狙い撃ちしたら、示威行動以前に自殺行為になっちまうだろうさ? かくなる上は、仕方ない! こっちも腹をくくるしかないや、行けるよね、ランタン!!」

 左右から困惑した部下の犬族たちの声が響くが、今は一切無視して機体の制御に専念するクマ族の隊長だ。

 機体をゆっくりと上昇させて、前方に出現した戦艦の目標となっているプラントの制御タワーのてっぺんへとみずからの機体の高度を上げていく。

 さらには丁度相手の射線上にこの機体の胴体の中心が重なるポイントでぴたりと固定させた。

 ふうっと息継ぎをして、前のめりに正面のモニターをにらみつける。

「いいね、エネルギー全開でバリアを展開だ! あのおじさんの砲撃をまともに真正面で受け止めるよ!! お前なら戦艦の艦砲射撃でも十分に耐えうるところを証明しておくれよ!! ついでにお前のちからをみんなに見せつけてやれ!!」

 苦し紛れな言葉をがなってみずからを鼓舞する。

 機体のエンジンをふかすことなく無理をしてここまで出て来たからパワーは満タン! おそらくは大丈夫なのだろうが、後で聞いた若手のメカニックがなんて嘆くのか見物だった。

「さあて、面白くなってきちゃったね……!」

 自然と口元に笑みがこぼれるが、天井のスピーカーからは例の冷めたオヤジの声がする。

「おい、何のマネだ、でかグマ? それじゃあお前ごとタワーを撃ち抜くことになるが、それでいいってのか??」

「いいや、ご心配なく! しっかり受け止めてやるからさ!! そうでもしないとこの場は収まらないだろう? まったくこれも織り込み済みだったりするんじゃないだろうね?」

「ふんっ……!」

 威力が知れているアーマーの固定武装ならいざ知らず、でかい戦艦の艦砲射撃だなんてものを食らったら軍事要塞でもない民間仕様のプラントごときはひとたまりもない。

 てっぺんをぶち抜くついでに崩落したタワーの一部がこの真下の貯蔵施設を直撃、結果として見事に誘爆、すべてが粉みじんに爆発炎上だなんてのは考えたくもないが、確率としてはやはり無視できないものがあっただろう。

 結果的に部下の不始末の尻ぬぐいをやらされているのかと内心でげんなりするベアランドだが、こちらも負けん気は強いもので皮肉っぽく言ってやるのだった。

「要は相手に脅し、示威行動ってヤツをやってやりたいんだろう? 遠慮無くやればいいさ、これなら安心して撃てるんだろ! まさか外したりはしないよね?」

 結果はどうあれ、軍艦の艦砲射撃が民間のプラントめがけて放たれたとなればインパクトはばっちりだ。

 部下たちも含めて周りはみんなどん引きするに違いない。

 頭上のスピーカーからはいよいよもって腹立たしげな罵声がクマ族の左右の耳を打つ。

「いいから撃っちまえ! 仰角そのまま、パワーは落とすなよ? いっそ主砲をくれてやりたいところだが、今日のところはサブで勘弁してやるよ、でかグマ! じゃ、しっかりと歯を食いしばって気合い入れろよ? ってぇーーー!!」

 半ばやけっぱちじみた発射の号令と共に、コクピット内にけたたましいアラームの音が鳴り響く!

 まさしくロックオンされた艦砲射撃が撃ち放たれるのがあたかもスローモーションで正面の大型モニターに映し出された。

 対してこれを目をつむることもなくじっと凝視して身体を力ませるベアランドだ。

 まぶしい閃光が眼下の海面の中心で光ったと思ったら、直後には目の前が真っ白に染まっていた。

 機体がかすかに揺れるが、メインのキャノンでなかったぶんにさほどの変化、ダメージらしきは感じない。

 また直後、すぐに目の前には元通りの光景が広がっていた。

 機体の各種センサーを即座にチェックするが、どこにもこれと目立った変化らしきはない。あっさりとやり過ごしたらしい。

 背後のカメラに映るプラントにもこれと変化はなし……!

 大した物だとほっと一息、一安心してシートにでかい尻を落ち着け直す隊長さんだ。

「ふうっ、さすがに最新兵器は違うよね! ランタン、よくやったぞ。目の前のおじさんの顔を見てみたいもんだよ……!」

 そんな軽口叩いてやると、今しも目の前のモニターの中心が四角く切り取られて、そこにくだんの犬族の艦長どのが顔面度アップで現れる……!!

 ひどく冷めた顔つきをして、不機嫌なのが丸わかりな口調で言葉を発してくれた。

「ひとつも変化なし……まったく、とんだバケモノだな! どこにもかすり傷もありゃしないとは……! やっぱり主砲をくれてやれば良かった。ちょうどいい実験になっただろう?」

「それはまた今度にしてよ♡ でないとリドルに泣かれちゃうから。うちの達者なメカニックくんにさ。少しは気が済んだかい? ほんとに呆れた艦長さんだな。そんなんでこの場の始末は任せていいんだよね?」

 上官相手に臆するでもなく茶化した言いようのアーマー部隊の隊長に、なおさら気分悪げな犬族はひん曲がった口元で応じた。

「出て来ちまった以上、そのつもりだよ。始末も何も、戦況はもう明らかだろ? 回りを見てみろ」「ん! ……ああ、なるほど? みんな蜘蛛の子を散らすみたいに離脱していってるよ! いいのかね、大事なプラントほっぽりだして?」「元からその算段だったんだろ? そこからは見えないプラントの背後に停留していた空母だかなんだかがまんまと戦域を離脱したから、みんなでそっちに合流するんだ。こっちの艦砲射撃を撤退命令代わりにしてな」「きっといいタイミングだったっんだね♡ で、南のアストリオンに逃げ帰るのかい?」「無理だろ。そっちにはおまえを乗せてきた最新鋭の航空巡洋艦がにらみを利かせてる。トライ、なんて言ったか? そいつを見越してわざわざ南に回り込んでこちらに入ってきてくれと先生にはお願いしてあるんだ。新兵器さまさまだな!」「ほんとに回りを利用するのが上手だよね? でもぼくらのトライ・アゲインとは合流はしないんだろ、ジーロ艦長はあくまでどちらも単艦での戦闘行動を希望してるって聞いてるから?」「あいにくと一匹狼な性分なんでな。元から少ない戦力を無理に集中しても方々で破綻するのが落ちだろ。だが、そちらに補給してやるくらいの度量はあるさ。寄って行けよ、おまえはどうあれ、使えない新人の部下たちは燃料の補給なりをしないと帰れないんだろう。あっちがここまで迎えに来てくれない都合」「まあ、そうだね……!」「あと、ついでにこのブリッジに上がってこいよ。いろいろと言いたいことがある。もちろん、ふたりの部下たちも連れてだな?」「ああ、そう? まあいいんだけど……」「その前に面を拝ませてもらおうか、間抜け面をだな? そのくらいはできるだろう??」「あんまりプレッシャーをかけないでおくれよ? ケンス、コルク! こちらの艦長さまが対面を希望しているよ。これから実際に合うんだけど、その前にどんな顔をしてるのか確かめてごらん!」「は、はい!」「あ、あのっ、了解……!」「ふうん、そんなふざけた間抜け面をしてやがるのか、どいつもこいつも……ん?」「?」憎々しげに言いながら、視線を左から右に流すにつれてベテランの艦長さんの表情がやや曇るのにちょっと不可思議に見るクマ族の隊長さんだ。一瞬だけ変な間が流れて、憮然とした犬族のキャプテンはなぜだかみずからの胸元に右手をやった。何かを握りしめるみたいな動作だが、それが何かはここからではわからない。モニターの向こうのブリッジでクルーの声が響いた。当該戦域に敵影はもはやないことの確認、戦闘態勢の解除、最後にベアランドたち援軍との合流とこの受け入れを全艦に通達して艦長との通信は終わった。後には死んだかのような沈黙がスピーカーから伝わるが、まるで気にしたふうもなく部下たちにてきぱきと僚艦への合流待機を指示するベアランドだ。波乱はまだ続くものと覚悟はして、悪漢ぶりが変わらない艦長との再会を楽しみにするクマ族だった。若手の犬族がベテランの犬族にいびられるのをどうやって阻止してやろうかと考えを巡らせる。後からシーサーたち第二部隊も駆けつけるらしいから、数ではこっちが優勢だろうとあっけからんと構えるのだった。左右のスピーカーは以前として冷たい沈黙を守ったままだったが……!



 

  

 

 

本文とイラストは随時に更新されます!


カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル SF小説 ファンタジーノベル ルマニア戦記 ワードプレス

ルマニア戦記/Lumania War Record #013

#013

Part


 遙かな水平線はどこまでも穏やかに澄み渡っていた。

 空も見渡す限りが雲ひとつもなくした、まるきりの快晴だ。

 いっそここが血なまぐさい〝戦場〟だということを忘れてしまうくらいに平和なありさまに、巨大な空飛ぶ戦闘ロボットのコクピットで、その様子を今やぼんやりと眺めるばかりの若いクマ族のパイロットである。

 やがてちょっとだけ気の抜けたような言葉を発するのだった。

「はあん。いざ目標の当該戦域に着いたのはいいものの、人っ子ひとりいやしないなあ? ほんとに気配すらないよ。なのにどうしてここが戦場だって言えるんだか……!」

 目の前のメインモニターのすべてが青一色で、さっきから代わり映えしないのんびりした景色と、手元の各種レーダーの画面を交互に見比べながら、やはりこのどこにも敵影らしきがないのを認めてどうしたものかと考えあぐねる。

 後続の犬族の新人パイロットたちが追いつくのはまだ少し先のことだろう。

 最新鋭の大型巡洋艦が擁するハイパワーのマスドライバーをまんま流用した、アーマーの強制射出発進システムは先手を打つには打って付けだが、単機で先行しすぎるあまり後続機の援軍がすぐには望めないのが玉に瑕(キズ)だ。

 どの場面においてもまずはひとりで強襲急撃、その後も孤軍奮闘しなければならない。

 果たしてその覚悟を持って出撃したはずが、いざ来てみればそこはひたすら何もないただの公海のど真ん中だ。

 本来の戦闘域となるはず海上の孤島、ロックスランドからもかなり西にポイントを移したここでは、ただ広い海原が続くばかりで何をどうすればいいのかさっぱり見当がつかない。

「あれ、場所、間違っちゃったかなあ? さてはリドルのやつ、慌てて射出のポイントをミスってたりして??」

 ありもなさそうなことをつぶやいて、みずからの太い首をしきりと傾げてしまうベアランドだ。

 おのれの周囲を囲むように配置されたモニター群をぐるりと左から右へと眺め回しては、どこかしらに何らかの変化がないかと目を懲らす。

 左右の耳を澄ましてもアラームなどの警報は響かない。

 ただ右側のサブモニターの一角だけ、海面にある種の異物があるのが視認できたが、それをちょっとだけ拡大して、またすぐに視線を逸らすクマ族だった。

「なんか一個だけでっかいフロートが浮かんでいるけど、あれってロックスランドのヤツがここまで漂流してきちゃったんだよね? 完全に破壊されてすっかり廃墟みたいになっちゃってるけど、あのフロート自体がただ浮かんでいるだけで、まるで意味がないものなんだからさ……!」

 そこにあるのが不自然なこと極まりもなくした巨大な灰色の人工物らしきを、しかしさして気にすることもなくスルーする、性格とてもおおざっぱなエースパイロットさまだ。

 少しは気に掛けても良さそうなものをあえて放置していると、そこに折しもどこからかアラームと共に、誰かしら年配の男性らしき声が響いてくる。

「……おい、聞こえるか? でかグマ?」

 突如として聞こえてきた聞き覚えのある声とその言い回わしに、おっ!と頭の上のふたつの耳をピクつかせるベアランドだ。

「お、その声は、ジーロ艦長だよね? この現場の指揮権を持った最高責任者の! どこにいるんだい? ま、なんとなくで想像がつかなくはないけれども♡」

 右手のモニターの一角を今一度、軽く一瞥しながらの言葉に、頭上のスピーカーからは小さな舌打ちがして、ちょっとトーンを落とした返事が返ってくる。

「じゃあ、そういことなんだろう? それよりも、ちょっと耳を貸せよ。大事なお話がある……!」

 ピピッ!

 不意にまた軽いアラームが鳴って、正面のモニターの中に短いメッセージのウィンドウが浮かび上がってきた。

 それを見るなりクックとおかしげにこの喉を鳴らすクマ族だ。

「あ。これって、上級士官用の秘匿回線の通信コードだよね? わざわざこんなの使わなくたっていいものを、ほんとに用心深い艦長さんだよな! 返って怪しいったらありゃしないよ♡」

 苦笑いで思ったままを口にするのに、スピーカーからはまた舌打ち混じりの文句が返ってきた。

「いいから、とっとと開けよ。肝心なことをまだ何も知らされていないお前さんに、親切に教えてやるんだ。ありがたく思え!」

「はいはい! と、それじゃ、どうぞ?」

 言われた通りに複雑なパスコードでブロックされた軍用の特殊回線をつなぐと、スピーカーからはまた同一人物による、こちらはややくぐもった感じの音声が響いてくる。

 さては手のひらサイズの小型の通信機を使って小声で通信しているのだろうと察するクマ族だ。

 よってそのひそひそ話にこの耳を傾けた。

 すると相手の犬族のベテラン軍人の大佐どのは、何やら一度、もっともらしげに咳払いしてから続けてくれる。

「んんっ! まあ、知っての通りで、ここに来るように指示したのは何を隠そうこのオレなんだが、その場所だけでさっぱり後のことは伝わっていないだろう? 説明してやるから良く聞け。で、言うとおりにしろよ? それにつき余計な質問はなしだ。お前は黙って言われたことだけをやればいい……!」

 かなり上から目線のパワハラめいた口ぶりになおのこと苦笑いが強くなるベアランドだが、とりあえずは了解してうなずいた。

「ははん、相変わらず自分勝手な言いぐさだよな! まあいいや、ここはおとなしく艦長の指示に従うよ。さっぱり何が何だかわからないし、意味もなくここに導いたわけじゃないんだろ?」

 相手からの返事がないのにしたり顔したクマ族は明るい口調でまた言ってやる。

「さうさ、なんたって知るひとぞ知る、いかなる劣勢もものともしない先読みと知略に長けたキレ者ぶりで有名な、ジーロ・ザットン大佐だものね! あるいは勝つためには手段を選ばない冷血の極悪人、悪党ジーロ、だったっけ?」

 ちょっとどころかかなり冷やかしめいた口ぶりになるのに自分でもペロリと舌を出してしまうが、これに相手はまるで気にしたふうでもなくて冷めた口調で返した。

 モニターに相手の顔が映らないから実際のところはどうだかわからないが、このくらいで機嫌を損ねるような底の浅い人物でもないと理解はしているクマ族の青年だ。 

「お前に言われたくはないね。あいにくとこっちはわけあってこの姿を見せてはやれないんだが、いざとなったら多少の手助けはしてやるから、覚悟してかかれよ。言うまでもないが、そこはもうれっきとした〝戦場〟だ。で、見たところおまえひとりだけのようだが、後の僚機の部下どもはどうしたんだ? 確かふたり、新人のパイロットと新型機がいたはずだろう? どっちもまだ若い犬族の??」

「よくご存知で! なに、もうちょっとしたら追いつくよ、今しゃかりきになって追っかけてきてるはずだから♡ たぶんね?」

 いたずらっぽく余裕しゃくしゃくの返答を返してやったら、ちょっとだけ間を開けて、どこか呆れたような返事の艦長どのだ。

「まったく、そんなのろくさそうなでかい図体の機体でどうしてここに一番乗りしてやがるんだよ、おまえは? 相変わらずやることが人並み外れていやがるな、このバケモノめ! まあいい、どっちかと言ったら新型機とこのおまけの新人くんに興味があるんだが、お前のそのご自慢のアーマー、ルマニア軍が最新兵器の実力とやらもとくと見させてもらおうか、その……」

 またちょっとだけ間を開けて、そこから何かしら含んだようなものの言いをしてくれる犬族のおやじさんだった。

「いわゆるそうだな、その『王陣の番兵』シリーズってヤツのちからをだな……! ああ、軍がかねてより秘密裏に開発してる、巨大な能力を秘めた最終兵器のひとつなんだろう、そいつは?」

「あはは、ほんとによくご存知で! まったくどこから聞き付けてくるんだか? ぶっちゃけまだ開発途上の機体ではあるから、いざぶっつけ本番で実戦でテストしてるみたいな? あんまり参考になるかはわからないけどさ!」

「ほんとにふざけていやがるな……! ん、いいよ、そんなに静まり返ってくれなくとも! おい、全員聞き耳立てているのがまるわかりだぞ? どいつもこいつも、みんな仕事しろ!!」

 呆れかえったセリフの後に続いた、ひどくうざったげな文句が回線越しのこちらではなくて、実はむしろおのれの周りに向けてのものだと察するベアランドは、思わず吹き出してしまう。

「ふふっ、てっきり艦長室でコソコソやってるのかと思ったら、しっかりとブリッジのシートにふんぞり返っていたんだ! だったらこんな秘匿回線なんかわざわざ使う必要ないのにさ?」

「うるさい。余計なお世話だ! おっと、失敬。いいから、良く聞けよ。立場的に公言しにくいこともいろいろあるんだ。現実と建前ってのはとかく乖離(かいり)しているもんでな?」

「了解♡ で、ぼくは一体どうすればいいんだい? 見渡す限りが海ばかりでこれと何も見当たらないんだけど、この下に敵の潜水艦でもいるのかい? それってあんまり相性良くないなあ」

 ぐるりと周りのモニターに映る景色を見回すクマ族のパイロットに、ちょっとだけ苛立たしげな声色の犬族の艦長が続ける。

「だから、それを今から教えてやるって言っているんだよ! 良く聞け、もう肝心なポイントは過ぎ去ってしまっているんだ。放っておいても感づくかと思ったら、こういうところは至って鈍感なんだよな、おまえらクマ族ってのは? 世話が焼けるよ」

「へ? もう過ぎてるって、まだ何もありゃしないじゃないか?? そっちに見える怪しいフロートの漂流物以外は、なんにもありゃしないよ。あ、ひょっとしてその廃墟に向けてビームをぶちかませばいいのかい?」

 ちょっととぼけた返事を返すのに、あちらからはただちにかぶせ気味のがなり声が聞こえてくる。

 ひそひそ話はどこへやら?

「間違ってもやるなよ! いいから、黙って言った通りにしろ。まずは転進、北に向いてる機体の方向を南西に向けろ。取り舵一杯! ほら、お前から見たら20時の方角だよ、わかるだろ?」

 相手からの言いようにちょっと戸惑い気味のベアランドだ。

 太い首を傾げながら、低速で前進していた機体を停止させる。

 言われた通りにおのれの左後ろへとモニターの景色を回転させて、ついぞ代わり映えしない青一色の世界を微速前進するよう大型なアーマーの機体をコントロールする。

 やはりその首を傾げながらにだ。

「ふーん、て、やっぱり何もありゃしないけどな? ねえ、これでいいんだよね、ジーロ艦長? 聞いているかい?」

「ああ、いいんだよ。そのまま微速前進で、すぐにわかるだろ。あ、だからそこでストップだ! 止まれって、また過ぎちまうぞ? おいこのでかグマ!!」

 途端に声を荒げる相手の言葉をまずはきょとんとした目つきで聞いてしまうクマ族だ。

 果たしてモニターの中にはそれらしきものはいっかな見当たらないのだが……?

「え、ここで止まるのかい? でも何もないけど? なんか海面一帯に白いもやか霧みたいなのがぼんやりとかかってるくらいで、なんにも怪しいものは見当たらないんだけど……」

「それが目標なんだよ! ちゃんと見えてるじゃないか? さてはさっきもそうやって見て見ぬフリして見過ごしたのか? このとんちきクマ助め! いいか、その海面を覆った白い濃霧こそが今回の目標を差し示す確たる証拠であり目印だ」

 これをはなはだ意外に聞くアーマーのパイロットはあまり納得のいかないさまで聞き返した。

「え、でもこれって、この下の海底火山か何かの影響による自然現象だよね? そういうポイントがあるってあらかじめ聞いてたし! 視界不良で戦闘するには不向きだからみんな避ける場所じゃないのかな?? 身を隠すには打って付けかも知れないけど、こんなところに潜んでもまるきり意味がないし!」

 もっともらしい意見を述べてやるのに、頭上のスピーカーからはため息交じりの返事が返った。

「その自然現象と、人工によるカモフラージュのスモークとをおまえはどうやって見分けるんだよ? 現実問題、その下には海底火山なんてものは存在しない! わかるか? だとしたら……」

「何かしらが潜んでいるのかい? でもそんなのむしろここに居るって言っているようなもんだよね? 常に一定のポイントで盛大に煙を吐き出しているのなら? どうして……」

 言いながらこれと怪しい動きは見当たらない濃霧に満たされた海域をいっそ怪しく見てしまうクマ族だ。

 これに犬族のベテランはあっけらかんと返した。

「人工による目隠しのスモークごときなら、いっそまとめて取っ払っちまえばいいだけのことだろ? おまえさんのそのバカみたいに出力のでかい機体なら造作もないはずだ。とりあえず周りの海面に向かって一斉射撃してみろよ? 海面の温度が上昇して気流が生じれば、周りのもやもいっぺんに消し去れるはずだ! ただしくれぐれも目標のブツには当てるなよ?」

 わかったふうなことを言ってくれる上官どのに、だが当のパイロットの若いクマ族はいぶかしげなさまで考えあぐねる。

「そんなこと言っても……! それじゃ適当にぶっぱなしちゃっていいのかい??」

 目標をこれと定めないままに射撃することに戸惑いを隠せないでいると、スピーカーからはぴしゃりと警告がなされる。

「あ、ただし中心は避けろよ? 今のおまえから見てそのまっすぐ先に問題の目標物はある。よってあくまでその周囲の海面に向けてだ。当てたら後悔するぞ? 必ずや!!」

「……何があるんだい? まあいいや、それじゃ、ランタン、とりあえずは手前の海面に向かって、軽く一斉射だ! そうれっと!!」

 こうなれば仕方もない。

 言われるがままにこの機体の各所、両腕や頭部から腹部にかけて搭載されたエネルギーブラスターをありったけ足下の海面に向かって撃ち込んでくれる。

 直後、至る所で大きな水柱が立ち上り、灼熱のビームが海面を激しく波立たせた余波でそこから熱波までが一気に立ち上る。

 それがあたりの白い霧を巻き込んでただちに上空へと走り抜けていく。機体にかすかな揺れを感じるほどの、激しい乱気流があたりをごうごうと震わせた。


 その場に居合わせたらきっと大やけどだ。

「あ、ほんとだ、霧の中からなんか出て来たよ! おまけにえらい大きいなっ、て、えっ……」

 かくして白いスモークが跡形も無く消え去った後には、青一色の海面と、その真ん中に思いも寄らぬそれは巨大な物陰が姿を現すことになる。

 かくしてそれをはっきりと目の前のモニターで視認して、思わず大きく目を見張らせるベアランドだった。

 その特殊で特異な形状をした人工の造形物に、はっと息を飲んでしまうアーマー部隊の隊長さんだ。

「こいつは、まさか……!」

Part2


 突如として海面に現れたのは、それは複雑でいびつな見てくれをした人工の建造物で、かつかなりの大規模なものであった。

 よってモニター越しのただの一瞥でそれが何であるのかを識別する、クマ族のアーマーパイロットだ。

 さらにその建物の全容を見定めるべく、みずからが搭乗する戦闘ロボット、でっぷりと大型でブサイクな人型をしたギガ・アーマーを上空へと遠ざけてこれと距離を置く。

 その全体のありさまを見て、はっきりとすべてを理解した。

「あらら、こんな人気のない公海上に、よもやこんな大げさな施設があるだなんてビックリだな? だってこれって最新型のエネルギープラントだろ? 艦長!」

 あいにくと目の前のモニターにはこれと映像がなかったから、あえて天井のスピーカーに向けて問うてやるに、するとそちらからはとかくしれっとした感じの返答が返ってきた。

「ああ、見ての通りだ。あとこんな誰もいない公海上だからこそだろ? こんな厄介でかさばる施設、よっぽど僻地の山奥かこんなところじゃなきゃおちおち建てられやしない……!」

「まあ、それはそうかも知れないけど、でもここって本来はどこの国にも属さない、いわゆる〝公海〟だろ? さすがにマズイんじゃないのかな、せめて自国の領海にでも置かないことにはさ、あとあと揉めるのが見え見えなんだけど……!」

 ちょっと困惑気味に頭を傾げるベアランドだが、どこぞの戦艦のブリッジにいるのだろうジーロは平然たる口ぶりだ。

「どこの国にも属さない特殊な企業体が運営してるとなれば話は別だろ? 何しろ電力エネルギーをまんま高濃度圧縮して固体化したエナジーブロック、いわゆる〝プラズマ・ペレット〟を産出するハイパワー・ブラストエンジン・プラントだ。おまえさんたちの乗ってるアーマーの高出力エンジンにも欠かせない? ま、裏には特定の国や利権が絡んでいるんだが、位置的にはどこが手ぐすね引いてるかおおよそで想像がつくだろ、それに我らが本国もまんまと乗っかってるってわけで……」

「タチが悪いな? ロックスランドのいざこざは実はこっちがメインの縄張り争いだったりするのかい? つまるとこでこのぼくらルマニアと、西の大陸のアゼルタ、あとすぐ南にある中央大陸のアストリオンと、まさしく三つどもえの??」


 少なからず嫌気がさした感じのアーマーパイロットに、新型巡洋艦の艦長どのはなおも平然たる口ぶりだ。

「安心しろ、アストリオンとこっちは今のところ共闘関係だ。よって敵はアゼルタの侵攻軍だな。南の大陸の西海岸側をほぼ占拠してふんぞり返ってる? 目の前のプラントも今はそっちに占拠されてるんだよな。ちなみに敵さんの目的は、そのプラントばかりでなくて、実はこの下にもある」

「は? 下ってなんだい? それってこの海面のそのまた下の海の中か、あるいはいっそのこともっと下の海底ってこと??」

「ご名答! この海底には貴重な資源がわんさと埋まっているんだと! これまたアーマーや戦艦の建造に必要なヘビーレアメタルやらオイルやらが? それを掘り出すための上物がそのプラントで、いわばそれ自体が目隠しの隠蔽工作みたいなもんだ。どうだ、一粒で二度おいしいとは、まさにこのことだろう?」

 思いも寄らないぶっちゃけ発言の連発に、聞いていて心底嫌気がさすベアランドだ。

「ほんとにタチが悪いな!! 占拠されてたロックスランドがあんなあっさりと取り返せたのはつまりはこっちが主戦場で、あっちはどうでもよかったってことなのか!? ほんとに!!」

ああ、そうだよ。だから気を付けろよ? そうやって隠していた姿を現してしまった都合、奥に潜んでいた敵さんがたが蜂の巣をつついたみたいにわらわらと飛び出してくるから、な?」

「ちょっと! そういうことはもっと早く言っておくれよ!! いくら新型だからって限度はあるんだからさっ、て、うわわっ! ほんとに一杯出て来たぞ!!」

 目の前のモニターがいきなりこの状況の急激な変化を映し出すのに、慌てて前のめりに機体の操作パネルに食らいつく。

 身体中に緊張が走るクマ族の頭上で相変わらずのんびりした犬族のおやじの声がだだ漏れてきた。

 現場の最高指揮官が、まるで他人事みたいにぬかしてくれる。

「もうじき後続の援軍が来るんだろ? それまでひとりでテキトーにしのいでおけよ。おまえの機体じゃパワーがありすぎてかすめただけでも大惨事だ。間違ってもプラントには当てるなよ? ただし敵さんはそれを見越してプラントを盾にして仕掛けてくるんだが、そんなに必死には攻めてきやしないだろ」

「何で? まあ、確かに数だけはわんさといるけど、だからってあんまり統制が取れてない感じだなあ? あまり攻め気を感じないような、前の敵さんの新型機の時もそうだったけど……」

「あちらもあちらでいろいろとあるんだよ。なんせ本拠地であるアストリオンの占領地、今はレジスタンス活動が活発化してそっちの沈静化に手一杯らしい。こっちにはろくな補給もできないってくらいにな? 補給と退路を断たれた状態じゃ、あとはずっと西に海を渡った本国に逃げ戻るしかありやしないわな? だがそれもここで手傷を負ってはままならないってわけで……」


 顔の見えない艦長のどこか気の抜けた説明に、怪訝な表情で考えあぐねるベアランドである。

「まさかここをさっさと放棄して逃げ出す算段してるってわけかい? そんなあっさりと……! でもだったら、とっととトンズラしてしまえばいいじゃないか?」

「おいおい、仮にも一国の正規軍だぞ? ろくな理由もなしに敵前逃亡なんてできるわけないだろ。で、その理由を今まさに作ってやっているんだよ、このオレたちで。ルマニア軍の最新鋭の大型巡洋艦と、おまえの最新型アーマーでな! せいぜい派手にかましてやれ、プラントは傷つけないように、あと無理して敵さんを撃墜しなくてもいいから、のらりくらりとだな。とどめのだめ押しは援軍が到着してらからだ。このオレの言うとおりにしておけば、誰も損をしないでこの場をきれいに納められる」

 相手はどこまでも好き勝手なことをぬけぬけと言ってくれるのに、半ばやけっぱちでがなる隊長さんだった。


「ちょっと! なんかさっきからいいようにばかり言ってくれてるけど、やるのはこっちなんだからね? 見渡す限りが敵だらけじゃないか!! えいくそっ、ランタン、蹴散らすぞ、パワーは抑えめでいいから派手にビームを光らせてくれっ!!」

「おお、さすがに飲み込みが早いな! その調子で場をつないでくれよ。それにしてもまだ追いつかないのか、後続の部隊は? でかグマ、おまえどんだけ無茶して飛び込んできたんだよ?」

「知らないよ! てか、このことを前もって知ってたらみんなでお手々つないでのんびりと来たさ!! ジーロ艦長、いざとなったら助けてくれるんだよね? そっちにも当然、艦載機のアーマーはあるんだから!!」

 アーマーのコクピットでがなり散らすばかりのパイロットに、どこぞでふんぞり返った艦長は何食わぬさまで返すばかりだ。

 その最中に不意に甲高い電子音が鳴り響く。

「悪いな。今はそっちはどうにも動かせない状態だ。理由はあえて言わんが。聞いたらがっかりするぞ? それだからこそこうして身を隠しているわけで……!」

「……おっと! このコールは!!」

 はっと息を飲むクマ族に、スピーカー越しの犬族がこちらもさも了解したふうに言ってくれる。

「来たようだな? ようやくのご到着か。どれ、どんなものだかじっくりと見させてもらうか……!」

 再び通信のコールが鳴ると、シートの右側あたりのスピーカーから聞き覚えのあるこちらはまだ若い犬族の声が響いてくる。

「た、隊長! 少尉どのっ、ただいま到着しました! オレです、コルクです! ケンスもいます!!」


「はいっ、遅ればせながらこれより両機とも参戦します! てか、すんごい状況ではありませんか? 見渡す限りが敵ばかりだ!! なんかでっかい海上ベースみたいなのもあるし!?」

 到着するなり内心の困惑したありさまがありありとわかる若手のアーマーパイロットたちに、どうしたものかとこちらも困惑してしまう若いクマ族の隊長さんだが、スピーカー越しの傍観者がいらぬ横槍を入れてくれる。

「おう、期待してるぞ! せいぜい気張って戦功を立ててくれたまえ。新型機なんだからわけないだろ。混乱したこの場をどうにか立て直すにはそこのでかいクマ助のお化けアーマーよりもおまえたちのまともな機体のほうが打って付けだ。それにつきちゃんとやり方は教えてやるから、言われたとおりにやれよ」

「また勝手なことを……!」

 内心で舌打ちしてしまうが、途端に動揺した声がまた左右から響いて本当に舌打ちしてしまうベアランド
だ。

「だっ、誰? 少尉どのの声じゃなかった??」

「ああ、他に誰かいるのか? だが友軍の識別信号はあの隊長の機体のしかないよな??」

「いや、気にしなくていいよ! ちょっとしたおっ節介なギャラリーがいるだけのことだから! 今は目の前に集中だ。ちなみにこの近くにいるらしいんだけど、ふたりとも知ってるだろ? いろいろと有名な犬族のベテラン艦長さん!!」

 冗談めかした隊長の言いようにスピーカーからは緊張感みたいなものがまたしてもありありと伝わって来た。

「そ、それって……!」

「ジーロ・ザットン……!?」

 まだ若い新兵の間でもその名は響き渡っているらしい。

 ただしそれが果たしてどのようなものかはかなりビミョーな気がしないでもないクマ族の隊長は、あたりに群がる敵のアーマーに威嚇射撃をしながら犬族たちのアーマーに向けて言い放った。

「どうやら敵さんはあんまり乗り気じゃないらしい! 理由はいろいとあるんだが、目の前の海上プラントには発砲しないように気を付けながら各個に敵を迎撃、できるものなら撃破して構わないから!! ただし深追いはするなよ? ぼくのランタンの射線上に出ないようにしながら左右から援護してくれ!!」

「了解!!」


 海洋上に広く散開する敵影はどれもがみな距離を取っていて、激しいドッグファイトを仕掛けてくるような動きもない。

 相手は持久戦に持ち込む腹づもりが見え見えなのに、さてどうしたものかと目の前のモニターに見入るベアランドだ。

 でかい海上プラントを背後にした飛行型のアーマーやジェットフライヤーは散発的な発砲をするばかりで、その他の敵影は海上でちらほらと様子見してるのが丸わかりだ。

 まるでやる気がないのにいっそじらされてしまうやる気も体力も旺盛なクマ族だった。我慢比べの持久戦ならこちらも自信はなくはないが、この燃費がバカにならない仲間の飛行型アーマーはそうも言ってはいられないのが実情である。

「あちゃ~、膠着状態になっちゃったな? ふたりとも頑張って機体を制御してくれよ? 小回りが利くロータードライブじゃないからしんどいだろうけど、こっちはバリア全開で敵の弾を片っ端からはじいてやるから、この後ろにいればいいよ!」

「りょっ、了解! え、でもっ……あ、あの、あの!」

「このままお互いにだんまりしてにらめっこですか? あとあの目の前にあるバカでかいプラントは実際に稼働しているものなんですか? なんだってこんなところに??」

「説明は後にしてくれ! 悪いけど今はそれどころじゃ、あと作戦はこの海域のどこかに雲隠れしてる犬族の名将どのが立ててくれるらしいから? ん、コルク、何か言いたいのかい?」

 右手の方から過呼吸なのがまるわかりなど緊張した息づかいが聞こえてきて、思わずそっちを見てしまうベアランドだ。

 実際に右手のモニターの中にワイプで犬族の新人パイロットの画像を映し出してやるに、完全に狼狽しきった毛むくじゃらのワンちゃんが大汗かいて干上がった声を発する。

 いくらなんでも緊張しすぎだろうと心配に見てしまう隊長のクマ族をよそに、うわずった声を上げる犬族の准尉は言いたかったことを一気にはき出してくれた。

「あの、そのっ、あの! ううううっ、うるふ、ウルフハウンド少尉どのも後から合流予定でありますっ! 第二部隊もこちらにっ、海を渡って、ですからその、あのそのあのっ……!!」

「え、ああ、そう! シーサーの第二小隊も来てくれるんだ? そいつはまた……そっちが合流してくれたらしょせんは多勢に無勢のこの戦況もどうにか巻き返せるかな? シーサー、問答無用で一撃見舞ったりなんかしないよね?? 大丈夫かな……」

 ちょっと驚きながらもそれはそれでやや考え込んでしまうのに、天井のスピーカーからうざったげな声が降ってくる。

「よせやい。これ以上味方が増えたら敵さんがたがいよいよテンパっちまうだろう? あのやせオオカミが来る前に終わらせちまうのが無難だな。どれ、こうして見たところじゃ新人くんどもはそれなりに使えそうだから、そいつらに一働きしてもらおうか」

「ああん、さっきからほんとに言いたい放題だよね! 新人のアーマー乗りに何をやらせるつもりなんだい? おまけにこんなとっちらかった状況で!!」

 しまいにはちょっと忌々しげにのど仏をうならせるクマ族に、犬族の艦長さんはすました声であくまでとぼけた返事だ。

「そんなやたらに目立つまっちろいアーマーで、はじめどうしたもんかと思ったが、どっちもちゃんとおまえに言われた通りに動いてるだろ? 飛行型と言ってもしょせん問題だらけで初期のテストパターンしか出回ってないレアな機体をだな。挙げ句にゃ開発途上で放棄されてまだ未塗装なんじゃないのか? 仮にも旗艦に配備された機体なんだから、色ぐらいちゃんと塗ってやったらどうなんだよ……!」

 おまけ呆れたふうな感想を長々と述べるのに、これを聞かされるクマの隊長は目をまん丸くしてむしろこの左右の隊員たちに聞いてしまう。

「え、きみたちのその銀色の機体って、実はまだ未塗装のヤツだったのかい? てっきりそういう派手なカラーリングなんだと思ってたんだけど??」

「えっ、いや、おれたちも何にも聞いて……そうだったのか?」

「え、え、え? いや、そう、なの??」

 左右で困惑した声が応じるのに、肩をすくめるベアランドだ。

 これにまたしても上から響いてくる犬族の声もやや困ったような心底呆れた響きがあった。

「おいおい、そろいもそろってなにをとぼけていやがるんだよ? オレたちルマニア軍のアーミーカラーは昔から渋いモスグリーンに決まっているだろう? 自由にこの色を決められるのはよほどの戦功を立てた歴戦のエースパイロットさまだ。そんなヤツがどこにいる? でかグマ、おまえはまた別だぞ? もともとの規格がイカレてやがるんだから!」

「ひどいな! まあいいけど、だったらどうすればいいんだい? 早くしないと第二小隊が追いついちゃうし、シーサーが黙っちゃいないよ。海上作戦仕様の機体じゃプラントを器用に避けて戦うのもしんどいだろうし、無傷では済まないんじゃないのかな?」

「そいつはごめんこうむる! おい、新人ども、それじゃはじめにここに来たヤツでいいや、機体に積んだ装備が軽いからより早く飛べたんだろ? 火力は低いほうがいい、この場合は。その手持ちのハンドカノンで構わないから、オレが言ったものをただちにしっかりと狙い撃て。いいな?」

「コルクのことだよね! 聞いてるかい? ケンスは強力なロングのキャノンを装備してるだろ? わかるよね!」

「コルク、艦長どのの命令だ! しくじるなよっ?」

「え、え、え、あの、あの、え? おれ??」

 一連のやかましくしたやりとりの最後に面食らった感じの声があぶなっかしくこだまする。ベアランドは天を仰いでしまうが、犬の艦長さんがぴしゃりと言い放った。

「お前しかいないだろ? おまえだよ。いいな、それじゃ良く聞けよ。やることはいたって簡単だ。それじゃその目の前のプラントを良く見て……」

 この後に下された命令に、その場の空気がただちに凍り付くこととなる。

 はじめ怪訝に耳をピクつかせるベアランドの右手で、思い切りに息を吸い込んでそれきり反応に窮する若い犬族の沈黙がもはや痛いくらいに伝わった。

 ヤバイな……!

 百戦錬磨の犬族の艦長が言うほどにはすんなりとは行かないだろうことがはっきりと予想されるクマ族の隊長さんは、かくなる上はじぶんでどうにかするしかないかなとギュッと両手の操縦桿を握り締める。

 皮肉なほどに晴れ渡った青空に、しかし確実に暗雲が立ちこめつつあるのをこの場のどのくらいが予期していただろう。

 直後には、怒号と悲鳴が交錯するそこはまさしくもっての戦場なのであった……!

                次回に続く……!!

イラスト・ギャラリー

https://opensea.io/assets/matic/0x2953399124f0cbb46d2cbacd8a89cf0599974963/88047277089427635657081635585532914949557992380650193262688159124732346630154/

 ↑二枚目のイラストの線画版です。OpenSeaにてNFTアートとして販売中!!




 


カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル Official Zombie OfficialZombie/オフィシャル・ゾンビ OpenSeaartist SF小説 Uncategorized オフィシャル・ゾンビ ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」15

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

オフィシャル・ゾンビ 15

※↓鬼沢や日下部たちが突入したビルのフロアマップです。
  オフィスビル「ベンチャーズ・ヒルズ」フロアマップ

※「ニコニコ生放送」で創作ライブやってま~す♡

オフィシャル・ゾンビ 15


 かつての世間においては、あくまで空想上の存在としての正体もなく動き回る死体のことを〝ゾンビ〟と称したのだろう。

 しかしながら昨今では、これがおよそ現実のものとして実在し、かつまたいくつもの異なる視点と違った意味合いが重なるものとして認識されつつあるのだった。

 端的に言ってしまうのならば、それは怪物、バケモノなのか?

 いつからか、人間でありながら、ひとならざるちから(能力)を持つものすべてをそれと称するようになったこの世界である。

 だからこそ、それはただの絵空事ではなくて厳然たる事実として、今この時もいくつかの人間ならざるもの、〝亜人種〟たちの目の前に立ちはだかるのだ。

 そして真実、図らずもその渦中にその身を置くことととなったお笑い芸人たちが、ここにいた――。




  有無もなく開け放たれた鉄製の扉の奥には、そこにはおよそ思いも寄らないような現実が待ち構えていた。

 そこにみずからの足を踏み入れるタヌキ――世間的には人気お笑いタレントとして知られる鬼沢は、まずギョッとして目にしたその部屋のそれはただごとではないありさまにひたすら唖然となる。

 先頭に立つ見てくれクマの日下部は、だがこれにいささかも動ずることなく冷静に辺りを見回すのだが、この背中であわあわとしたセリフをぶちまける、それは動揺すること著しいタヌキだ。

「あれ、なんだ、ここは明かりが付いているんだな? でもなんか暗くないか? 前来た時はもっと明るかったはずだぞ、この部屋! それになんか雰囲気もやけに怪しい、てか、あからさまにおかしなことになってないか?? ぜったいヤバイだろう!!」

 ドアをくぐってまずでかいクマの背中越しに辺りをきょろきょろと見回して、次にこの隣にまで進み出るタヌキは、やがて照明が灯る天井を見上げると、いぶかしげにこの表情を曇らせる。

 険しい顔の鼻先をヒクヒクとひくつかせながら、身体中の毛が逆立っているのを自分でもそれと意識していた。

「ん、なんだ、あれ? 天井のあたりに黒いモヤモヤみたいなのが掛かっているじゃん! しかも全体にびっしりと! もやなのか、かすみなのか、怪しすぎるぞ、絶対におかしい!! なんか吸ったらやばい毒ガスとかじゃないのか!?」

 だから部屋が暗いのかと納得してまたあたりにこわごわとした視線を向ける鬼沢に、対するでかいクマ、もとい日下部がしれっとしたさまで応じる。

「はい。邪気がいよいよ濃くなって、この肉眼でもはっきりと確認できるくらいになってきたんですね……! 確かに普通の人間が吸ったら何かしらの実害があるんでしょうか。これは部屋の扉をきっちりと閉めておかないといけませんね?」

「あんなの絶対にヤバイだろ! 俺も吸いたくないもんっ、なんか雰囲気悪すぎて息苦しくなってきたよ、こんなの見るのはじめてだ! 前はとっても活気があったのに、今はひとが死んだみたいに静かだし、誰もいないのか? そうだ、こんな悪い空気の場所にひとなんかいられないだろ??」

 戦々恐々として身体を震わせる鬼沢に、だがオフィシャルのゾンビのアンバサダーとしての経験が長い日下部は、あくまで平然たるさまだ。

 おまけなにほどでもないとうそぶいてくれる。

「でも本当に濃い瘴気は、もっと真っ黒くて、むしろ天井ではなくてこの床に落ちてたまるんですよ? 知りませんでしたか?」

「知らない!! 知るわけないじゃんっ、瘴気ってなんだよ!? ほんとにおかしなことに巻き込まれちゃってるじゃん、俺!! この先どうなるんだよ? まさか本気でここの社長さんとバトルなんかするわけ? このカッコで!?」

 しまいには頭を抱えて身もだえるタヌキに、隣でひどく白けたさまのクマだったが、そこにやがてまた背後からのっそりと出てくる気配が、場にそぐわないようなのんびりした言葉を発した。

 ちなみに気配はふたつあった。

「なんや、今さら? 鬼沢くん、そないなさまじゃこの先やっていけへんで? もう戦いの最中やさかい、ちゃんと集中せな!」

 出てくるなりにそう関西弁で注意されて、自然とそちらに顔を向けるタヌキの表情がただちにぴきりと固まった。

「えっ、誰? なんかヘンなのがいるっ!? コワイコワイっ、日下部、なんか見るからに怪しいヤツがいるぞ!! いつの間にどこから出て来たんだよ、こんなブサイクなバケモノ!?」

 相手の姿を見るなり飛び上がって驚く鬼沢に、当の本人、バケモノ呼ばわりされた何者かがただちに不機嫌にこの声を荒げる。

「誰がバケモノやっ!! 見てわかるやろ、バイソンの東田や! ちょっと見てくれが変わったからゆうてそないにビビることあらへんやろ、そこに相方もおるんやで? あとそないなふざけた見てくれしてるきみに言われたないて!!」

「あ、バイソンさん? わ、もう1匹いる! おんなじようなヤツが!? て、こっちが東田さんなら、そっちのは相方の津川さん?? これってあのバイソンさんたちが変身した姿なの? マジで? なんか思ってたのと全然違うんですけど!!」


 もともとの身体つきの違いか?

 ゾンビと化してもあちらのほうがやはり背丈が低く、おまけじぶんたちとは似ても似つかない種類のいかついお化けと化したベテラン漫才コンビを、心底、おっかなびっくりに見つめるタヌキだった。

 およそ想定外もはなはだしいその見てくれに、内心どころか思い切り面食らってしまう。ブルブル震える太いシッポが背後でピンと立ち上がっていた。

 かくして鬼沢のようなタヌキやクマのような哺乳類系のケモノのたぐいとは、まったく別のカテゴリーに族する動物の特徴があらわな正体をさらすおじさん芸人たちだ。

 それだからかこの後輩芸人の露骨なまでの驚きようにあって、ややむくれたさまでモノを申すのだった。

「まったく、失礼な子やな! こないにキュートな見てくれのゾンビさん、他にはそうそうおらへんやろ? かと言うてこのほっこりほのぼのとした見た目にダマされると痛い目みるで?」

「ほんまやんな! あのコバヤの兄さんあたりと比べたら天と地ほども見てくれちゃうやんけ? こないに控え目でかつ重厚感がありながら、そこはかとないかわいげがあっておまけおとなしい見てくれのゾンビなんちゅうもん、わいら以外にはどこにもいてへんて!!」

「うう、確かに、いないような、いるような、どうにもコメントしがたい姿だけど、ゾンビってのは何でもありなのか??」

 そんな左右から詰められてうっとたじろぐ鬼沢に、横で冷めたまなざしで両者を見つめていた日下部だが、それからやはり落ち着きはらった声音で言うにはだ。

「さあ……? 確かに驚きですけど、これはこれでありなんじゃゃないですか? それに良くよく見たら、なんか愛嬌あるし」

「どこが! 気持ち悪いだけだろ? あ、じゃなくて、独特なんだよなあ……! なんかどこかで見たことあるような気もするし? そうだよ、昔から有名な、これって、つまりはアレなのか??」

 ベテランの先輩芸人コンビが化けたゾンビ、得体の知れない見てくれした存在を上から下までねめ回して、はじめなんか言いづらそうに言いよどむタヌキだが、意を決してズバリと言うのだ。

「カッパ! そうだ、あの河童なんだよな? 見た目の特徴からしたらば! ふたりしてこんなどでかい甲羅までご丁寧に背負っちゃって、ほんとにいたんだなあ、カッパって……!!」

 ひとりで納得する後輩芸人にベテランが一斉に食らいついた。

「どこがカッパやねん! おいこのくされダヌキ、よう見てみい、こないに立派な見てくれのカッパがどこの世界におる?」

「堪忍してえや! オニちゃん、わしら頭に皿なんて載っけておらへんやんけ? せやのうてもあんなひょろっひょろの貧弱なもんと一緒にされたないわ! 川にもおらへんし、この手に水かきなんちゅうもんもあらへんのやでぇ?」

「え、ちがうの?? でもそれ以外で言ったら……!」

 ひどく困惑した顔を日下部に向けるのに、だがしかし日頃からテンションが低いクマときたらば、きょとんとしたさまでこの太い首を傾げさせるばかりだ。

 なおさら困惑したさまのタヌキがまた仕方もなしに、目の前のなんだか良くわからないおかしなキャラ感が満載の先輩ゾンビたちを怪しげに見つめながらに言った。

「仮にカッパでないとしても、どっかよその国の版権キャラで、もうとっくにいたよな? こんなヤツ?? カメと何かが無理矢理に合体しちゃったみたいな、ヘンテコな生き物!! 確か、ニンジャ、ナンタラーズみたいな?? カメのくせに人間の言葉をしゃべって、やたらに素早くて、おまけに格闘技が得意なんだっけ??」

 何やらひどいぶっちゃけ発言だ。

 するとこれには言われた当のカメもどきたちが、ただちに聞き捨てがならないと全力でそれを否定する。

「ちゃうちゃう! そないなもんと一緒にせんといてや! あっちは忍者とカメ、せやけどこっちはカメはカメでも、リクガメとウミガメ! おまけに力士、由緒正しいお相撲さんとのコラボやさかい!! その証拠にこないにぶっといまわしをはいとるんやで、そやったらまったくの別もんやろ?」

「コラボっちゅうか、じぶんでもわけがわからへんのやけどな? でも手裏剣やら武器やらをつこうたりはせえへんで? そこはあくまで男らしゅうした素手の突っ張りとこの身体を張った体当たり、ぶちかましっちゅうんかの? まさしく力とちからのぶつかり合いや!!」

「ほんとにただの相撲取りじゃん! いや、でもいいのかな? なんだかんだ言い分けしてても、発想自体は完全にまるパクリじゃんこんなの!! 後で訴えらたりしない??」

「まあ、あほらしすぎて誰も相手にしてくれないんじゃないんですか? そもそもが? もっと言ってしまえば、おれたち普通のひとたちからは見えないんだから……」

 すぐ横を見ればこれまたひどいぶっちゃけ発言にあって、タヌキがひたすら目をまん丸くする。

「著作権とか完全無視なんだな! そんなのがまかり通っちゃうんだ、は~ん。でも俺、油断してたらちょっと笑っちゃうかも、こんなの、だってバイソンとか言ってるのに……!!」

 若干吹き出し加減にそれとなくふたりのゾンビ、カメの化身みたいなのを見る鬼沢は、目が合うなりにさっとこの顔を逸らす。

 憮然とした表情の先輩方を置いておいて、そこで改めてあたりの様子をうかがった。

「はあ、なんかここってすごい雰囲気が悪いのに、そのクセ何も起きないんだよな? 誰もいないのかな? さっきから何かしらちょろちょろと視界の端に見切れてはいるんだけど……?」

 ここはこの会社の社員専用のトレーニングルームであり、それ用のごついトレーニングマシーンがところ狭しとたくさん並んでいるのだが、なのにこれと言ってひとの姿が見当たらない。

 おかしな気配みたいなものはそれとなく感じてはいるのだが?

 首を傾げるタヌキに、クマがそれとなく耳打ちする。

「良く周りを見てください。ちゃんといるでしょう? これと言った敵意は感じないでしょうけど、油断はしないでくださいね」

「えっ……? ああ、やっぱりいるのか? て、なんだ??」

 視界を塞ぐいかついトレーニングマシーン越しにちらほらと見え隠れするのが、やはり人影なのだと理解する鬼沢だが、それをよくよく見てみるにつけ、またしてもぶったまげてしまう。

「なんだよっ、あれ! マジでゾンビみたいなのがいるぞ? てか、ゾンビじゃん!! 死人みたいな顔つきしたヤツが前のめりにおかしな動き方して、しかもあっちにもこっちにもたくさんいるっ!!!」

 うわっと全身総毛立つタヌキに、パッと見は全身オレンジがかった黄色の体色のリクガメ、もとい、バイソンの東田らしきが真顔で言ってくれる。

「ゾンビちゃうやろ。格好からするにはここの社員さんやないんか? みんなここの悪い空気に当てられて正気をなくしてもうて、あないなことになっとるんやろ。近づかなければこれと害はないんやが、感づかれたら確実に襲われるっちゅう、なるほど、見ようによってはゾンビやんな?」

「噛みつかれたりするんかの? ちゅうてもゾンビになるわけやないから、ただの正体をなくしてもうた人間、いわゆる狂人やな! どないする? けっこうおるで??」

 全身が真緑をしたこちらはウミガメがひと、さながら力士に取り憑いたみたいないかれた見てくれのバイソンの津川らしきが、こちらもひょうひょうと言ってのける。

 対してゾンビのアンバサダー経験の浅い鬼沢、タヌキは困惑もここにきわまったさまで声を震わせるばかりだ。

「どうすんのっ? こんなのどうにも収集がつかないじゃん! 確かにあの格好はここの保障会社の社員さんたちだれけど、ガタイがいいし、見た顔がいくつかあるし!! でもっ……」

 知人とまではいかないまでも、見知った顔の人間があんなひどいありさまになっているのと、これと己が正面切って相対しなければならない異常事態……!

 普段は平和なテレビタレントとして生活している身には、どうにも心の平静が保てない小心者だった。

 日下部、現在はでかい図体のクマが平然と言ってのける。

「障害になるのならば排除しなければなりません。相手が誰であれ、致し方がないことですから。多少のケガはやむを得ないとして、意図的に殺したりしなければとりあえずOKです」

「そういうこっちゃ! 鬼沢くんのはなしじゃ相手さんはプロのガードマンっちゅうから、ちから加減を誤ったりしなければ死んだりはせえへんのやろ? 気配を感知したものには自動的に襲いかかる、言い変えればあちらは対して思考能力がないんやから、簡単なもんや」

「えっ、でもそんな、ただの人間をこの姿でやっちゃうの? いいや、ダメだろ、テレビタレントがそんなことしちゃ!?」

 全身でのけぞるタヌキに、二本足で立つミドリガメ、もといウミガメもどきの津川が言った。

「今はタレントちゃうやんけ? そうやったとしても、あちらさんがほっといてくれへんで、話が通じへんし、もうこっちに気づいておるようやし? せや、オニちゃんがわあわあ盛んにわめきよるからまんまとひとりこっちに来ておるやん、どないする?」

「どうって、わわ、ほんとにこっちに来た! マジでゾンビみたいでおっかないんだけど、どうするの? あ、完全にイッちゃってるよ、顔つきが!! あんなの人殺しの顔だ!!」

 半ばパニックになってその場から思わず一歩後ずさる鬼沢の横から、逆に前へと一歩大きく踏み出す影があった。

 リクガメもどきの東田だ。

「しゃあないのう。せやったらここはこのぼくらの出番やろ。鬼沢くんにはいいところを残しておいてやるよって、よう見とき、見本を見せたるさかい、ほれ、こうやるんや!!」

 すぐそこまでおぼつかない足取りで近づくゾンビ、もとい生気がない糸の切れた操り人形みたいなさまの保障会社のガードマンに向けて、言うなり右のストレートを容赦なくお見舞いするリクガメと相撲取りの掛け合わせの亜人種だ。

 これをまともに真正面で食らった相手は、言葉もなく背後へと吹き飛ぶ! そうしてあわや壁に激突するかと思いきや、この手前のトレーニングマシーンの一台に背中から叩きつけられて、そこであえなくがっくりとうなだれるのだ。

 完全に行動不能に陥ったさまを見届けて、一丁上がりと利き手でガッツポーズする東田だ。

 これに泡を食った鬼沢がまたしても裏返ったわめき声を発してしまう。それがゾンビと化した周囲の人間たちを呼び寄せることになるのはすっかり失念している芸人さんだ。

「わあっ、ほんとにやっちゃった!! 死んでない? こんなのいいのか?? 俺たちタレントだぞ!? 日下部っ……!」

「いいんですよ。これが今のおれたちのお仕事ですから。問題ありません。多少は乱暴なことをしてもこの場は許されます。よっぽど現状回復が難しいようなことにでもならない限りは……」

 言いながらそれとなく先輩芸人のバイソンたちを見るクマのアンバサダーだが、あいにくと当のカメのゾンビたちはやる気も満々だった。

 凜々しい横顔を見せて、ふたりの後輩芸人たちに言ってくれる東田だ。その見た目はリクガメの甲羅を背負った相撲取りだが。

「せやからここはぼくらに任せて先に行きいや、後から必ず追いつくさかいに! こういうゴミゴミした障害物だらけの場所でも、ぼくらやったら関係ないさかいに。ほな、行こうか……!」

「おう、アレやるんか? 早速やな! ちょいと目が回ってあれなんやけど、アレやったら一網打尽にしてやれるさかい」

「えっ、何? なんか勝ってに盛り上がってるけど、なんかやるの? あと俺たちどうしたらいいの?? わけがわからないよ!!」

 慌てふためくタヌキの前で息の合った掛け合いを見せるカメたちはなにやら示し合わせてさらなる意気込みを全身にまとわせる。ほんとに意味がわからなかった。

 

ノベルとイラストは随時に更新されます!

プロット①
 ドラゴン警備保障、入り口~
 クマとタヌキにゾンビ化した日下部と鬼沢がバイソンと合流の後、目的の警備会社に乗り込む。
 暗くて人気が無い状態。受付、受付嬢が邪気にやられて倒れているのに慌てる鬼沢だが、あとの三人は知らん顔。
 営業の接客室も同様でみんな倒れているが、そこには触れずに先へと進む。

→トレーニングルーム~バトル開始!
 トレーニングルームには警備員たちが邪気に毒されて正体をなくした状態で待ち構える。これにいつの間にか変身、ゾンビ化していたバイソンの津川と東田が立ち向かう。その正体に鬼沢はビックリ仰天していろいろと騒ぎになる。
 ひどい荒技を繰り出すバイソンのコンビにまたしてもびっくりする鬼沢だが、修羅場を抜けられる裏の近道があるのを思い出し日下部と直接事務室へ。事務室では特に屈強な社員の二人組が待ち構える。さながらゴリラみたいな見てくれに驚く鬼沢だが、すんなりとこれを捕らえることに成功。技の名前でもめる。バイソンはバリケードをこさえて合流。鬼沢がそれなりにやることを知ると、その場に残ってゾンビ社員を止めることを申し出る。
 鬼沢と日下部が社長室へ突入!

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル Official Zombie OfficialZombie/オフィシャル・ゾンビ SF小説 オフィシャル・ゾンビ お笑い コント ファンタジーノベル ライブ配信アプリ ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」14

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

オフィシャル・ゾンビ 14

※↓鬼沢や日下部たちが突入したビルのフロアマップです。
  オフィスビル「ベンチャーズ・ヒルズ」フロアマップ

※「ニコニコ生放送」で創作ライブやってま~す♡

オフィシャル・ゾンビ 14


 まだ見習いではあるが、鬼沢にとってはじめてのオフィシャル・ゾンビのアンバサダーとしての仕事は、かつて番組収録のロケで訪れた個人経営の警備会社に取り憑く〝害悪〟の実態調査、ないしこの正常(清浄)化のミッションであった。

 テレビ局で落ち合った同じ顔なじみの芸人にしてアンバサダーの面々と即席のチームを組んで徒歩での移動、つつがなくこの目的地に到着。

 本人がいまだ納得がいかないままに、作戦自体はあれよあれよと実行に移されていく……!

 まさかのロッククライミングよろしくで五階建ての建物の壁を生身でよじ登って、この目標となる最上階にアプローチすると言う、ベテランのおじさん漫才師コンビと二手に分かれて、こちらはビルの正面玄関から臆面もなく堂々と内部に侵入!

 かくして一気にこの階段を目的地の五階まで駆け上がったクマとタヌキ、もとい、日下部と鬼沢だった。

 普通の人間からはその姿形が見えないのをいいことに何食わぬさまで階段からフロアに顔を出すと、そこは何故かもう真っ暗闇な状態だ。

 本来ならばまだ営業中の時間のはずなのだが……?

 階段の踊り場から一本まっすぐに続く廊下は明かりがすべて消されてしまっている。外からの夕焼けは北向きの窓からは入って来なかった。
 
 どうやら窓枠全体にそれ用のシールドが施されているらしい。

 ゾンビ化したケモノ、ないしバケモノの状態だからこの視界にさして不都合はないのだが。

 それでお互いに微妙な顔を見合わせる芸人さんたちだった。

「目的地に到着しました……! 気を引き締めていきましょう。ここからはちょっと不穏な気配を感じますので……」

「なんか真っ暗だなあ? ひょっとして、定休日だったりしてやしないか? だとしたらすごい間抜けなんだけど! わざわざ階段上ってきたからちょっと身体が熱くなってきちゃったよ、全身こんな毛だらけだから!! 誰もいないなら普通にエレベーターで来れば良かったんじゃないか??」

 鬼沢のいかにも平和ボケしたタレントさんらしいのんびりしたものの言いに、対してこちらは白けた顔で応じる日下部だ。

「いわゆるセオリーですね。エレベーターなんてヘタに使って、閉じ込められたらそれこそ目も当てられないじゃないですか? 見ての通りで、あちらはもうおれたちの存在に気づいていますから。明かりを消して気配を殺して、もう臨戦態勢ですよ……!」

「なんでわかるの? ただのお休みかもしれないじゃん??」

 あんまりピンと来ていないらしい気の抜けたタヌキに、はじめ小さなため息つくクマが、仕方もなさげに本音をぶっちゃける。

「まずはじめにここに突入したって時に、強めの〝ゴースト〟が二体いたじゃないですか? ここの玄関から入って正面のエレベーターホールのあたりに? あれです。アレが実は……」

「俺があっさりと片付けてやったけどな! 必殺のグーパンチと新技のハリセンで!! すごかったろ? あれから自分なりに特訓して、ちゃんと武器になるまで鍛え上げたんだから!! あんなのもとはただのハンカチだぞ?」

「まあ、それは認めますけど。あれから鬼沢さんなりに努力していたんですね? あとあのハリセンってのははじめて見ました」

 日下部のあまり気持ちのこもっていないようなセリフにひとりだけ得意顔して、えっへん!と胸を張るタヌキのゾンビにして先輩芸人だ。

「へっへ、コバヤさんと戦った時に偶然出したアレを改良したんだ! でもあのままだと危なすぎるだろ? いろいろ考え合わせた結果、ああなった。ハリセンなんていかにも芸人さんらしくてカッコイイじゃん! あれなら致命打になんかならないし」

「でもいざとなったら切れ味鋭いカタナのようにもできるんですよね? 弱いゴーストが相手なら、あれで十分だとしても」

「やりたくない! 俺は殺し屋じゃないんだから。それにまだアンバサダーになるだなんて言ってないし。そうだぞ、おまえが勝手に話を進めているんだからな?」

「でも結果的にそうなっていますよね? いい加減に覚悟を決めてください。さっきのゴーストを退治したのも立派なアンバサダーのお仕事なんだし。でも結果から言ってしまえば、失敗でしたね?」

「は、何が?? ちゃんとどっちも一発できれいに跡形もなくやっつけたじゃん!!」

 すっかりいい気になっていたのが思いも寄らぬ指摘をされて、不服気に反論する鬼沢に、すると日下部は真顔でこれまた思わぬ事実を言ってのける。

「だからそれが問題なんです。あれはいわゆる見張り役の囮で、敵が侵入してきたことを感知するためのトラップみたいなものだったんですよ。だから本来は触れずにスルーしてしまうのがベストでした。やっつけちゃったらおれたちの存在がバレバレですからね?」

「なんだよそれ! だったらはじめからそう言ってよ!! あんなに張り切って俺、バカみたいじゃんか!? それじゃバレちゃったからこんな真っ暗にして、むしろ待ち構えているのか、この俺たちのこと?」

 おそらくはそうです、と涼しい顔で答える日下部が化けたクマは、階段からまっすぐに続く廊下の先をじっと見やる。

 これに気まずげな顔でそちらを見やるタヌキだったが、おまけテンションがだだ下がりでブチブチと文句をたれはじめるのだ。

「ああ、あの廊下の突き当たりがこの会社の入り口なんだよな。確かこの五階のフロアをそこだけで占拠してるはずだから、いかにも羽振りがよさそうだけど、まさかこんな裏があるだなんて考えもしなかった……! それにあの社長さん、そんなひとにはちっとも見えなかったんだけどなー??」

 二手に分かれて向かっているもう一方のバイソンさんたちは大丈夫かな?と心配そうな文句もこぼす先輩のタヌキに、後輩のクマはまるで気に掛けた風もなく、さっさと暗い廊下を突き進む。

「大丈夫でしょう。おれたちよりもベテランの芸人であると同時に、手練れのゾンビのひとたちですから? この先で合流できるはずです。お互いに目的地は同じな都合? この先が入り口で、その手前にひとつ脇道がありますね?」

 この中規模なオフィス・ビルの単純な構造を考えたらば、もうおおよその想像はついているのだろうが、とりあえず後ろを振り返る日下部に、しょんぼりした浮かない面を上げる鬼沢は、それからやはり想像通りの返事を返した。

「ああ、さっきのエレベーターの入り口だろ。前のロケの時はみんなでそっちからここまで上がって来たから。でもそれ以外はそっちには何もないはずだぞ? て、あれ??」

 実際に道の半ばにあった脇道をのぞき込んで、その奥にあったエレベーターの扉を確認するふたりのゾンビたちだが、このエレベーターが何故だか起動していて、今しもその扉が開かれそうになるのに、ちょっと息を飲む……!

 ピーン……!

 到着を告げる電子音と共にその扉が左右に開かれる。

 するとそこだけが光りに満たされた内部には、どうやらふたりほどの人影らしきがあるようだった。

 それがものも言わずに外へと歩き出して迷うことも無くこちらに近づいてくるのには、ひたすらに目をまん丸くしてそのさまを見つめる鬼沢だった。ちょっと腰が引けてしまう。

「えっ、誰だ? エレベーターからこっちに来るぞ??」

 余計に緊張するが、隣の日下部が不意にふっとその緊張を緩めるのに、みずからも落ち着いて見直すことでそのふたりの人影の正体をそれと悟る。

 何のことはない。

 この建物の前で別行動を取っていたバイソンのふたりだった。

 そのおじさん芸人たちがしれっとしたさまで、今やゾンビとなったクマとタヌキの後輩芸人たちの前に再び現れる。

 思ったよりも早い再会で、おまけに意外なかたちだった。

 それだからコンビの中ではボケでネタを作る担当だと言う東田が、臆面もなくしてこちらに話しかけてくる。

「ほえ、ふたりともここにいたんかい? 先回りするつもりで、すっかり先を越されてもうたんやなあ? しかもどっちも立派なゾンビさんになってもうて、なんや見違えるわあ!」

「ほんまや! でっかいクマさんとタヌキさん! ええコンビやんけ? うらやましいわあ、見た感じごっつかわいげがあって、そのまんまテレビに出てもうても人気が出そうやもんなあ!!」

 いつもの関西弁でまくしたてる二人ともが背丈的にはそう高くないので、ゾンビになった後輩芸人たちをすっかり見上げるかたちとなる。

 そう実に大人と子供ほどの違いがあった。

 逆にこれを見下ろすかたちになる現状タヌキのバケモノの鬼沢が、ちょっと呆気に取られたかんじでものを言う。

「あれ、バイソンさんたち、確かこの建物の外から侵入するって言ってませんでしたっけ? なんで中から、しかもエレベーターから出てくるの??」

 そう言って心底不可思議そうに隣の日下部に視線を移すのに、当のクマ自身はそ知らぬそぶりで気のない返事だ。

「さあ、おれに聞かれても? 本人たちに聞いてくださいよ。ちなみにエレベーターを使っているのは、おれもビックリです」

 何やらどっちらけた表情で目の前のおじさんたちに視線を落とすクマに、つられてまた関西出身の芸人さんたちをマジマジと見下ろしてしまうタヌキだった。

 そんな微妙な空気を感じたらしい東田なのだが、そのクセまた無表情にぬかしてくれたりもする。

「あいにくと壁からは侵入できへんかった。屋上はこれと言って何ものうて、仕方も無しに非常口の階段から入ろうかと思ったら、なんやおかしな気配があったもんでのう? あえてエレベーターを使ってもうたんや。ちゅうか、むしろ意外な奇襲戦法やろ?」

「わいはやめとけっちゅうたんやけどな? 使えるんやし、めんどいゆうてうちの相方が? 結果オーライやったけど、中から攻めたオニちゃんたちのほうが早かったんやな!!」

「ああ、まあ……! でもバイソンさんたちはまだ変身してないんですね? 俺ちょっと興味があったんだけど、日下部は見たことあるのか、ひょっとして?」

 またお隣のクマに向かうタヌキに、だが問われたクマ自身は、はてとその太い首を傾げるばかりだ。

「いえ、おれも詳しくは知りません。ただどちらもかなりの使い手とだけは聞いていますが? それはさておき、今は本来の任務の遂行に集中しましょう。せっかく合流したんですから、ここからは一致団結したチームワークでですね?」

 見上げる小柄なおじさんたちもこれにうんうんと同調する。

「せや、みんなで変身してもうても、ごっついのばかりじゃこんな狭い建物の中では自由がきかへんやろう。せやからぼくらは必要に応じてやらせてもらうわ。ちゅうても、きみらみたいないかにもな見てくれしたゾンビさんとはちょっと毛色が違うから、いざとなったら笑わへんでくれよ?」

「ほんまやわ! はずいししんどいわ。後輩のおまけになりたてのゾンビさんに笑われるんはの! ちゅうてもそないに捨てたもんでもないとは思うんやけどな?」

「なんか気になるな? そもそも笑えるような見てくれなのかがちょっと怪しいんだけど、前のコバヤさんみたいなえげつないものでないことを願ってやまないよ……てか、日下部、ひとりでそんなさっさと行くなよ! チームワークなんだろっ!!」

 困惑顔で考え込む鬼沢だが、そんなことはまるでお構いなしにまたずんずんとでかい図体を大股で進ませる日下部だ。
 
 また慌ててこれに追いすがる鬼沢に、その後から関西出身の芸人さんたちもぞろぞろとくっついていく。

 めでたく全員集合。

 果たしてリーダーのアンバサダーに無理矢理に引っ張られる形で、目的地の入り口へと無事、到着する一行だった。

 いざ決戦の時は、近い……!

◇         ◇


 今回のターゲットがいると目される警備保障会社の入り口は、人気がなくやはり真っ暗なのが遠目にも見てわかった。

 それでも全面ガラス張りのエントランスの自動扉はしっかりと電源が入っていたものらしく、本来ひとからは見えないゾンビの鬼沢たちにも反応して、すんなりとこの道を開けてくれた。

 とりあえず敵地のこともあり、みなが息を殺してこの中へと入っていく。

 内部はどこも照明が落とされていて、真っ暗闇だった。

 この頃には闇に目がすっかりと慣れてきていた鬼沢は、慎重にあたりの様子を見回しながら、思ったことを小声で言葉にする。

「誰もいないのかな? やっぱり定休日だったんじゃないのか? なんかお化け屋敷みたいで落ち着かないよ。この先の受付のカウンターに美人の受付嬢がいたはずなんだけど、どこにもいないじゃないか? なんか拍子抜けしちゃうし、どっちらけだな……」

 口を開くなりしょうもないことをブチブチとこぼす先輩芸人のタヌキに、先頭に立つクマの後輩がやはりいつもの真顔で冷静に返してくれる。

「そうなんですか? それは残念でしたね、というか、その受付嬢さんならちゃんとそこにいるでしょう? 見えませんか??」

 言われて途端に、へ?と目をまん丸くする鬼沢に、背後からこの様子を眺めていたベテラン芸人コンビのボケ担当の東田が、それと指を差して指摘してくれた。

「ほれ、あのカウンターの奥の方、ひとが倒れておるやろ? 足だけこっちに見切れておるがな。おそらくはこのフロア中に満ち満ちておる邪気に当てられて、気絶してもうたんやないのか?」

「おお、せやな、確かにここに来てからまたえらいこと空気がよどんでおったから、もはや普通の人間には耐えられないのちゃうん? それが若い女の人じゃなおさらやんな!!」

 驚いたことをさも当たり前みたいにほざく関西出身の漫才師コンビたちに、生まれも育ちもバリバリ関東の鬼沢は、それこそがびっくり仰天してわめいてしまう。

「ちょっ、ちょっと! ダメだろそんなの!! 助けなきゃ!? カウンターの奥だな? あ、確かにいるっ……!」

 反射的にそちらに歩み出そうとする大柄なタヌキの肩を、だががっしりと掴んだクマがあくまで冷静なままでその真顔を左右に振った。

 その彼はおまけ落とした抑揚で言ってくれるのだ。

「ダメです。そのままにしておいてあげてください。この状況では介抱したところでどうにもなりやしません。返って目を覚まされでもしたら、鬼沢さん、一体この場をどうやって説明するんですか? あと、そもそもが今のこのおれたちの姿、あのひとには見えませんよ??」

「えっ、でも……!?」

 言われてハッとする鬼沢だが、背後の太いシッポをピンと立てて、それをブルブルと激しく震わせる。

 内心の動揺ぶりがはっきりと目に取れたが、それに東田もごく当たり前な体で言ってくれる。

「せやな? 日下部くんの言う通りや。どうにもならへん。それよりもこの邪気の源たる、悪玉のグールをどうにかせにゃ……! ここの社長さんなんやったけ? 思うたよりも手強いかもしれへんで??」

 ※お笑い漫才コンビ、バイソンのツッコミ担当、津川のイメージです(^^) やっぱりビミョーなのですが、挿し絵を描いているうちにそれなりにまとまってくるのでしょうか??

「そんな……! あの社長さんとほんとに戦わなきゃならないの? なんか気が引けちゃうよ。あと受付の女の子を見捨てるのも、テレビで名の知れたタレントとしてやっぱりどうかと思うし……あとで訴えられたりしない??」

 困惑すること著しい人気タレントのぼやきに、言えばまだ若手の芸人テレビタレントの日下部、今はクマのバケモノが言った。

「今はゾンビのアンバサダーなんですから、そんなの気にしないでいいですよ。それよりも先を急ぎましょう。この先にターゲットがいると目される、〝社長室〟があるはずですから……!」

 さっさと突き当たりを左に向かう日下部に、後からいやいやでこれにくっついていく鬼沢は浮かない顔だ。

 果ては何の気無しに見回した周囲の暗がりのさまに、ひいっと悲鳴をあげてしまう。

 暗がりのせいではじめまるでわからなかったのだが、受付を左に曲がった先の接客用の応接間にも、バタバタと倒れている人影らしきがあるのに気が付いたのだ。

 まるで死んだかのように動かないそれらにどうしたものかと浮き足立ってしまう小心者の芸人だ。

 本来ならすぐさま掛けよって介抱すべきところなのだが、他のゾンビたちはまるで我関せずでそちらを見ようともしない。

 それだからまた東田が狼狽する後輩に言ってくれる。

「せやから、そないに気にしてもしゃあないわ、鬼沢くん。この場合、ほっておくのが一番で、目を覚まされてもパニックになるだけやろ?」

「え、でも、せめて救急車くらいは呼んだほうが……!」

 視線をうろうろとさせてシッポがしゅんと垂れ下がるタヌキに、もうひとりの先輩おじさん芸人もあっけらかんとぬかした。

「ええて! それで救急隊員がのこのこやってきてもうてもみんなでバタンキューやで? 被害者が増えるだけやろ。まずはこのごっつ悪い空気をどうにかせにゃ! 大本を絶たないとどうにもならへんのや、倒れてもうてるひとらには申し訳あらへんけど、それはわいらの仕事やない」

「その通りです……!」

 後輩のクセにどこまでも冷静な日下部、クマがうなずく。

「そうなのか? ほんとにいいの?? けっこう倒れてるけど、みんな死んではいないんだな? う~ん……! まあ仕方がないのか、でもこうして見てみるに、この会社ってけっこう流行ってるんだ?」

 いよいよ頭の中が混乱してなんだかおかしな感心の仕方をするタヌキに、白けた視線でこれを見上げる東田だ。

「今触れるとこちゃうやろ? それよかここの社員さん、警備会社のわりにはみんなスラッとしたスーツ姿でおって、そないにいかついこともあらへんのやな? ぶっちゃけもっと筋肉もりもりの暑苦しい制服姿の野郎を思い描いておったんやが……」

「ほんまやの! むしろ華奢で弱っちい感じやんか?」

 床に倒れている客と社員のありさまをじろじろと見ながら後に続くおじさんたちに、そこは鬼沢が説明する。

「ああ、そっちのひとたちは接客のセールスマンさんたちですよ、実際の現場で稼働するボディガードのひとたちとは違います。俺が前に来た時は、もっとマッチョなひとたちばっかりだったから。この先が社員専用のトレーニングルームになってて、そこに絵に描いたような筋肉マンたちがひたすら汗を流していたから……! ちょっと引いちゃうくらいな」

「この先ですね?」

 商談室の突き当たりにあった、スタッフ・オンリーの注意書きが掛けられたドアのノブを、しっかりと右手で持ちながら聞く日下部だが、その答えを確認するまでもなくしてあっさりとこれを押し開けるのだった。

「……!? うわっ、なんだ……!!」

 開け放たれた扉の向こうの景色、かつて見た時とはまるで違うそのありさまに、ぎょっと目を見開くタヌキの鬼沢だった。

 その先にあったものとは……!? 

               ※次回に続く……! 

 

ノベルとイラストは随時に更新されます!

プロット②
 ドラゴン警備保障、入り口~
 クマとタヌキにゾンビ化した日下部と鬼沢がバイソンと合流の後、目的の警備会社に乗り込む。
 暗くて人気が無い状態。受付、受付嬢が邪気にやられて倒れているのに慌てる鬼沢だが、あとの三人は知らん顔。
 営業の接客室も同様でみんな倒れているが、そこには触れずに先へと進む。
 トレーニングルーム~バトル開始!
 トレーニングルームには警備員たちが邪気に毒されて正体をなくした状態で待ち構える。これにいつの間にか変身、ゾンビ化していたバイソンの津川と東田が立ち向かう。その正体に鬼沢はビックリ仰天していろいろと騒ぎになる。
 ひどい荒技を繰り出すバイソンのコンビにまたしてもびっくりする鬼沢だが、修羅場を抜けられる裏の近道があるのを思い出し日下部と直接事務室へ。事務室では特に屈強な社員の二人組が待ち構える。さながらゴリラみたいな見てくれに驚く鬼沢だが、すんなりとこれを捕らえることに成功。技の名前でもめる。バイソンはバリケードをこさえて合流。鬼沢がそれなりにやることを知ると、その場に残ってゾンビ社員を止めることを申し出る。
 鬼沢と日下部が社長室へ突入!

プロット①
 ※侵入する建物・オフィスビルの名称
  「ベンチャーズ・ヒルズ」

 クマとタヌキにゾンビ(亜人)化した日下部と鬼沢が、ビルの入り口から正面突破で内部に侵入。
入り口にいた強めの邪気を放つゴーストを鬼沢がグーパンチとハリセンで退治。後に五階の階段を上がりきったところで余計なことだったと日下部に突っ込まれる。
 建物の奥にあるエレベーターホールのエレベーターではなく、あえて手前の階段を使って、一気に五階まで駆け上がる。
 五階は真っ暗な状態。
 ゾンビ化しているのでそんなには不自由しないが、相手にも警戒されていることを自覚する。
 標的に向けて進行、途中、エレベーターを使って屋上から五階に降りてきたバイソンの東田と津川と合流。
 屋上は何もないことを聞かされる。堂々とエレベーターを使ったことに、鬼沢は内心あきれたさま。

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル Official Zombie OfficialZombie/オフィシャル・ゾンビ OpenSeaartist SF小説 オフィシャル・ゾンビ お笑い キャラクターデザイン コント ファンタジーノベル ライブ配信アプリ ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」13

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

オフィシャル・ゾンビ 13

https://opensea.io/assets/matic/0x2953399124f0cbb46d2cbacd8a89cf0599974963/88047277089427635657081635585532914949557992380650193262688159096145044307969/

※世界最大のNFTマーケットプレイス、”OpenSea”にてノベルのイラストを出品中!ただいまほぼ最安値なので、安いうちにホルダーになってもらえれば、いずれ価値が出てくるかも??
※この線画のイラストは、ポリゴンNFTで、一点ものです(^o^)

※「ニコニコ生放送」で創作ライブやってま~す♡

オフィシャル・ゾンビ 13


 夕方、日暮れ前――。

 くだんの目的地へと到着した。

 そこでただちに今回のミッションのおおよその目的と目標など、手短なブリーフィングがあり、それを淡々とした口調で説明する日下部だ。

 みんなで楽屋に集まっていざ放送局を後にしてから、この芸人ばかりの即席チームのリーダーとしての役割をやはり淡々とこなしていた。

 そしてそのすぐ隣では、何故だかちょっとびっくりした表情でぽかんと目の前の建物を見上げる鬼沢だった。

 そう、そこはこの彼にとっては、もはやはっきりとその見覚えがある、都心の五階建てのごく中規模なオフィス・ビルだ。

 まださほど年数は経っていないだろう無骨で頑丈な鉄筋コンクリの建物に、大小合わせて10社ほどの新興企業やら何やらが入っているはずの、いわゆる雑居ビルだった。

 その内のひとつの会社の取材が目的で、複数の収録スタッフと共に番組のロケで訪れたのは、あれは果たしていつのことだったか?


 当人しごく有名なテレビタレントでいろんなところに引っ張りだこだから、正直、そう詳しく中身までは覚えていないのだが、それでもまだ半年も過ぎていないはずだ。

「はあ~……! え、まさかここが目的地だったの? しかもこの五階って、まんまじゃん! でもいったい……なんで??」

 以前、この自分が訪れた時はそんなに怪しいような雰囲気はどこにもなかったはずだと、かつての記憶をうんうんと絞り出す。

 だがやはりこれと言ったものは脳裏には浮かんでこなかった。

 そんなほけっとして気の抜けたさまを、すぐ間近から怪訝に見る日下部が問うてくる。

「……おはなし、聞いてくれていますか、鬼沢さん? さっきから心ここにあらずってさまで、ねぇ、なんだかぼうっとしていますけど……?」


 これからアンバサダーとして肝心の作戦行動に入るのだから、しっかり聞いてくださいと念を押されるのだが、そんな忠告もてんで上の空の中堅芸人だ。

 それだからひどく困惑した顔をこの隣に向けると、やむなく困惑しきったその胸の内を吐露する。

 ここでのロケのことを内緒にしておく必要はないはずだから、覚えている限りのことをありのままにぶっちゃけた。

 すると日下部ばかりか、周りの関西弁のおじさんたちまでもが、驚いたさまで鬼沢の顔を見返してくるのだった。

「はえ、鬼沢くん、ここに来たことあったんかい? 偶然ちゅうか、えらいイタズラやの。運命なのか、悪運なのかしらんけど」

「偶然にしてはできすぎやない? ようわからんけど、呼ばれて来たみたいで気持ちが悪いわ! オニちゃん、なんか恨まれるようなひどいことしたんちゃうんか? ここのオーナーさんか誰かに??」


 関西弁でまくし立てられるのに、やはり困惑することしきりの関東芸人だった。おかげでちょっと腰が引けていたりする。

「まさか、そんなこと……! それにこのビルのオーナーさんには会ってなんかいないはずだし?」

 ひたすら首を傾げる鬼沢に、日下部もやや不審げなさまでものを言う。

「きっとただの偶然……なんですかね? でもどうあれやることはひとつで、変わりませんから。さっきも言ったとおり、ここのビルの最上階にいると思われるグールの討伐、ないし無害化、ただそれだけです」

「ああ、そうなんだ……! 最上階って、ほんとに俺がロケをしたところなんだよな? まさかあそこにこんなかたちで舞い戻ることになるなんて……それに討伐って、なんかな……!」

 そんな内心の複雑な思いが自然とこの口をついて出てくる。

 改めてその地上五階建ての建物の最上階を見つめる鬼沢だ。

 確か記憶では、建物のそれぞれのフロアに別々の企業が入っていて、五階はちょっと特殊な職種の個人経営の会社があり、そこの名物社長を取材する目的で来たのだった。

 屋上に大きな看板がでかでかとその企業名を宣伝していて、その目立つことおびただしいさまを目を細くして凝視してしまう。

 するとそんな自分の代わりに、この横に立つ先輩芸人の東田がこれをそのまま読み上げてくれた。

「えっと、五階っちゅうことは、あれやの? 『ドラゴン警備保障』、なんやありがちなような、ないような、ようわからんところやのう?」

「要は個人経営の警備会社っちゅうことやろ? でもいまどき流行らんのちゃうん? ふつうは大手の警備会社にお任せっちゅうもんで?? そっちのほうがお得やろうし!」

 なにやらとてもうさんくさげにそれを見上げるおじさんたちに、内心では同調する鬼沢も、しれっと本音を言ってのけた。

「まあそっか、てかうちもここらへんは大手のお世話になってるんだよなぁ? あの社長さんの前ではちょっと言えなかったけど! でもあっちは専属のガードマンみたいな、危険でより硬派なことを売りにしているところらしいんだけれども?」

「それはちょっと厄介かも知れませんね? いざゾンビになってしまえば、ただの人間相手に遅れを取ることはないでしょうけど、相手がプロの軍人みたいなことになると、手加減するのがしんどいですから。いたずらに殺すわけにも行かない手前……」


 おなじく頭上の看板を一瞥しながら、真顔の日下部が大まじめに言う言葉に、鬼沢は険しかったその表情がちょっとだけ緩む。

「殺したりはしないんだ? なんかホッとした。それにあの社長さん、そんなに悪いひとには見えなかったんだよな? とっても気さくでユーモアがあってさ、ちょっと体育会系でオラオラなカンジが正直、俺は引いちゃったりもしたんだけど、あとめちゃくちゃ日に焼けてた! いかにもやんちゃなケンカ商売してるみたいな??」

 昔の記憶がどんどんと呼び覚まされる売れっ子芸人さんの回想に、どこまでもこの真顔を崩さない日下部が、およそ面白みもない無味無臭な感想を述べてくれる。

「でもあいにくとその社長さんが今回のターゲットである確率が高いです……! これはかなり確かな情報源からもたさられたものなので、たぶんドンピシャですね? ですからいざこれと鉢合わせした時に、動揺したりするのはなしでお願いします」

「そうなんだ……!! てか、なんであの社長がターゲットだなんて断定ができるんだ? 確かな情報源って、そんなの世間一般の週刊誌では一番当てにならないヤツらの代名詞じゃん??」

 はじめ目を丸くして、またすぐにひどく疑わしげに眉をひそめたりもする鬼沢に、これには横合いから世話焼きおじさんの東田がもう何度目かの説明をしてくれた。

 ※お笑い漫才コンビ、バイソンのボケ担当、東田イメージです(^^) なかなかビミョーなのですが、ひょっとしたらモデルの芸人さんよりもいいおとこだったりして??


「ああ、確かな情報源ちゅうのはそやな、おそらくは〝パパラッチ〟や〝シーカー〟ちゅうヤツらからの情報なんやろ? 世の中にはそうヤツらがおるんよ。その手の情報を収集することに長けた、ぼくらゾンビほどではないにせよ、そっち向きの力を持った特殊な人間たちやな……!」

「せやな、わいらみたいに変身まではせんでも、特殊なちからを持った人間は他にもおるんやな! なんちゅうか、半分ゾンビみたいな? ハーフゾンビっちゅうのか……?」

 うんうんとひとり納得顔してうなずく津川に、対して間近で白けた視線を送る東田が、呆れ顔してこれを受け流す。

「ちゃうやろ! 鬼沢くんが混乱しよるから、あんまり適当なことをゆうてやるなよ? ぼくらとちごうて分類、カテゴリーはあくまでれっきとした人間扱いなんやから、ぼくらゾンビさんとはベツモノなんや、しょせんは……」

 かなり含むところがある言いようには、日下部も真顔でこれに同意するのだった。

 だがその一方で、ぎょっとしたさまでまた目をまん丸くする鬼沢だ。

「時には二類とか三類とか言われたりもしますよね? あえてゾンビの名称は伏せて……! 確かにおれたちとは別種のひとたちです。見えている世界が一緒なだけで。シーカーやパパラッチはおれたち同様、ゾンビやそのたぐいが肉眼で確認できるんです」

「え、そうなの? そんなひとたちがいるんだ?? てか、それってやばくないか? そうとは知らずに出くわしたら最悪見破られて、こっちの正体がバレバレになっちゃうじゃん!!」

 にわかに慌てふためく関東芸人にしかしながら関西出身のベテラン勢がでんと大きく構えたさまでなにほどでもないと応じる。

「だとしても問題ないやろ? 見えてるのはあくまでそいつだけで、他の大部分はさっぱりわからへんのやさかい。そないなもんはただの狂人のたわごとや。せやからそれを吹聴するよりも、むしろそれが専門のゾンビの管理機構にたれ込むほうが銭にもなるし、いい副業になるんやから、むしろ役得っちゅうもんやろ?」

「せやから〝パパラッチ〟や〝シーカー〟なんてケチ臭い名前で呼ばれてるんやもんなぁ? ほんまにうまいことやっとるんやで、入手した情報をしかるべきところに高値で売り渡しての! 他に競合する相手がそうそうおらへんさかい、こんなに安定した稼ぎどころは他にありやせんて。噂じゃそれが専業の芸人もおったはずやし、あとそれ自体がゾンビの正体を隠すうまい隠れ蓑になってもうたり……」

「…………」 

 微妙な会話の空白に怪訝な視線を関西弁の漫才コンビに向けるのに、東田が相方の言い渋ったことを露骨に言い直してくれる。

「あえてみずからをゾンビと名乗らんでも、むしろそっちの名目でうまいこと正体を隠し通しよるっちゅう利口な輩もおるんや。まずは正体を見せなそれとわからんもんやさかいに。この世の中、基本は自己申告やろ、何事も?」

「へー……! そんな意外な抜け道があるんだ? いわゆる例外規定的な?? なるほど、だったらこの俺もいっそのこと、そういうことにしちゃって……!!」


 おかしな知恵を付けてあげくは下手な算段までおっぱじめるそれはそれは浅はかな先輩芸人に、芸人としてはずっと後輩の日下部が、ちょっと顔色曇らせてすかさずこれをたしなめる。

「今さら無理ですよ。すっかりタヌキの正体さらしちゃってるじゃないですか? しかもよりにもよってこの公式アンバサダーである、おれの前で??」

「ああ、まあ、そうか……!」

 さすがにそれはないかとペロリと舌を出す坊主頭の芸人さんに、ボサ髪の若手くんは、だがそこで何やら驚いたことを抜かしてくれたりもするのだが……!

「あ、でもあのコバヤさんは、いまだにみずからを二類や三類と自称して、おのれがゾンビであること自体を公式には認めていないんですよね? びっくりしちゃうんですが……」

「は、無理だろ? 俺たちの目の前であんなにはっきりと変身しちゃってたじゃん!? あんな人間どこにもいないって!!」

 それこそがびっくり仰天してとっさに突っ込む本職はツッコミ芸人の鬼沢に、関西芸人たちまでもがやかましいガヤを発する。

「あほちゃう? 無理やて、あの兄さん、それはどうかとぼくらも思うわ。あないに気色の悪いおっかない見てくれで、往生際が悪すぎるて!! 人間があないに臭い屁なんかこくかいっ」

「ないの。ありえへんわ、あのコバヤの兄さんがゾンビでないやなんて! わけわからへん。正気の沙汰やないやろっ……」

 三人の芸人にして現役バリバリのゾンビたちに食いつかれて、肩をすくめるばかりの日下部だ。

 ちょっとだけ天を仰いでしまう。

 目の端に例の看板がまたチラついて、それをきっかけとして気を取り直すと、とりもなおさず作戦開始のゴーサインを出した。

「ああ、とにかく作戦に入ります。早くしないと日が完全に落ちて、いよいよあちらに有利な状況になりますから。地の利は元からあちら側にあるのだし。それではこれから突入しますが、ここはあえて二手に分かれての行動が得策と考えます。狭い建物の中に固まって突っ込むよりも、つまりはバイソンさんたちと、おれと鬼沢さんのペアでですね?」

「え、分かれちゃうの? 敵の本拠地に殴り込みかけるのに?? みんなで行ったほうが良くない? 日下部とふたりきりはなんか不安なんだよなあ、後輩の芸人だし、愛想が悪いし……」

 顔色があまりよろしくない鬼沢をよそに、こちらはしごく平然としたさまの東田がこくりとうなずく。

 了解するなりこの隣の相方に目配せもした。

「ええよ。そのほうがやりやすいやろ。コンビでの行動は漫才同様、慣れとるさかい。ぼくらはぼくらでやらせてもらうわ。ちゅうか、はなからそのつもりやったし……!」

「そやの、スマホのアプリ開いてよう見てみ! ちゃんと今回の案件の概要が出とるわ。日下部くんが執行者として確定されておるやろ。せやからギャラ狙いで他に寄ってくるアホももうおらんのやさかい。ここから先は早い者勝ちの実力勝負や! 負けへんで、ターゲットにかかる賞金、ギャラもけっこうな額やさかいに……!!」

 自身のケータイの画面を見ながらの津川のセリフには、目を白黒させるばかりの新人のアンバサダー見習いだ。

「賞金? ギャラってなんなの??」

「誰だってただ働きはまっぴらやろ? 命を賭けとるんやさかい、当然の報酬や。でなければ誰もアンバサダーなんてやりよるはずがあらへん。ただし今回は鬼沢くんがメインで活躍せなならん『訓練』の意味合いもあるんやから、ギャラは独り占めやなしにみんなで折半ちゅうのがいいんやろ。後後で揉めたりせんように?」

 落ち着いた口調の東田の言い分には、こちらも澄ました顔の日下部がどうでもよさげにみずからの言い分を重ねる。

「おれはどうでも構いません。まずはこのタスクをクリアしてしまうのが先決ですかね。あくまで情報の通りでグールが一体なら、さほど難しくはないでしょうから」

「なんか勝手に話しが進んでない?」

「さよか。それじゃぼくらは別ルートで潜入するから、ここでいったんお別れしよか。おい、いくで……!」

「お、そやな、それじゃオニちゃん、バイバイや! どっちが先にターゲットにたどり着くか、お互い競争やの!!」

「ほんとに勝手に進んでるよ! チームワークとかないんだ!?一切(いっさい)!! てか、何してるの、バイソンさんたち、なんかふたりして建物の壁にぴたっと取りついて……あれ? どうなってるの??」

 はじめは水平だった視線の向きが、どんどん上向きに変わって見上げるような角度でふたりのおじさんたちを見ている鬼沢は、内心の困惑がもはや隠せない。

 平気な顔でこれを見上げる日下部がなんでもなさげに言った。

「まあ、バイソンさんたちの能力なんですかね。ああやって壁伝いにはい上って、目的地に潜入するつもりなんでしょう」

「え、いやいや! どういう仕組みであんなことになるんだよ? てか、こんなまだ日も暮れない内からあんなパフォーマンス目立って仕方ないじゃんか、あ、ひとには見えないんだっけ? でもそれにしたって、意味がわからないよ、もうあんなに高くに張り付いてるし!!」

 あやしい手品かいっそ雑なドッキリを見ている心持ちの鬼沢はリアクションがはばかりない。

 これにあくまで冷静な日下部がぽつりと言った。

「バイソンさんたちは何に変わるんですかね? きっとそれの能力や性質によるところが大きいのでしょうから。ああやって垂直の絶壁を上れるってあたり、だいぶ限られますよね、動物にたとえのだとしたら……??」

「なにも動物とは限らないんじゃないのか? 案外と虫だったりしてさ? いっそのこと害虫のゴキブリとかナメクジとか……うわ、見たくないな!」

 じぶんで言っておきながらおえっと顔をしかめる鬼沢だ。

 これにただちに壁の中腹のあたりからやかましい関西弁のガヤが返ってくる。

「そないなはずがあるかい! イヤなこといいなや、テンション下がるわ、きみらもぼうっとしとらんで早うせいよ!!」

「とっととせな先にステージクリアしてまうで! そしたら当然ギャラはわいらの独り占めや!!」


 そのさまを半ば呆然と見上げる鬼沢が、またビミョーな顔つきで言う。

「あんなこと言ってるけど、ちゃんと中に入れるのかな? そもそもそこに非常口がないと入れないし、いざたどり着いた屋上に何かがいないとも限らないんじゃない??」

「いえ、待ち伏せされている可能性は低いと思いますよ。だとしてもベテランのアンバサダーコンビですから。コロナの都合で換気のために窓が開け放たれていることは多々あるし、非常口があればそれをこじ開けて入れます。原則として、原状回復が可能なちょっとやそっとの破壊工作なら認められているし、壁を思い切りぶち破ったりしなければ大丈夫です」

 見上げる目つきが段々と細くなる鬼沢に、みじんも動揺することのない日下部の返答だ。

 視線をすぐ隣に戻してあらためて聞いてやるに、あちらからはやはりあっけらかんとした回答が返ってきた。

「はーん、それじゃ、俺たちはどうするんだ? まさか建物の玄関から、真正面から強行突破だなんていいやしないよな??」

「いえ、そのまさかです……! 鬼沢さん、頭のキンコンカンを返してください。ここからはもうさっさと変身して、お互いにゾンビの状態で挑みます」

「へ? 変身しちゃうの? もうここで?? まだ五階の目的地にも着いてないのに、どうして?? セオリーって言っちゃなんだけど、このまま見えない状態で抜き足差し足して、ターゲットまで迫るんだろ?」

「いえ、それではらちがあきませんから。ゾンビのちから全開で一気に五階まで走っちゃいましょう! もうそれが一番手っ取り早いです」

 結構なぶっちゃけ発言に、目を白黒させるばかりの鬼沢だ。

「そんな雑でいいんだ? バイソンさんたち、立場ないよなあ」


 言ってるそばからさっさとひとの頭からこの金のワッカを回収すると、みずからの身体をいびつにふくれあがらせる日下部だ。

 これにみずからも意識を集中して、ひとならざる姿へと変化するお笑いタレントだった。

 十秒も経たずに、そこには2匹の大きな獣と人間の特徴を併せ持った、それは得体の知れない存在が仁王立ちすることになる。

 涼しい風がまた吹き抜けて、ちまたでは〝ゾンビ〟と呼ばれる獣たちを目的のビルへと誘った――。

 入り口付近からやけにイヤな感じの気配が漂うが、これに臆することもなく先をゆくクマに、おそるおそるでビクビクしながらこの後に続くタヌキだ。

 かくして戦いの幕は切って落とされた。

 果たしてその顛末やいかに?


              次回に続く……!



 

カテゴリー
DigitalIllustration Novel オリジナルノベル OfficialZombie SF小説 オフィシャル・ゾンビ お笑い コント ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」12

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

オフィシャル・ゾンビ 12

※作者は特にリアルな現代劇の服飾系が弱いので、キャラの格好をどうするかとかいつも悩んでいたりします…! どなたかいいアイディアがあったら教えてくださいw

https://opensea.io/collection/officialzombie2

※世界最大のNFTマーケットプレイス、”OpenSea”にてノベルのイラストを出品中!ただいまほぼ最安値なので、安いうちにホルダーになってもらえれば、いずれ価値が出てくるかも??
※この冒頭の線画のイラストは、どちらもポリゴンNFTで、10点作製、ひとつをお安く売り出して、残りは読者やファンの方へのギブアウェイ(無料で差し上げる=エアドロップ)予定です!

オフィシャル・ゾンビ 12

 都内の一等地にある、某大手民放テレビ局の、ここは一階。

 全国にまたがる放送ネット網の中では「キー局」とも呼ばれる巨大で特徴的な造形をした建物の、その正面玄関口だ。

 この全面が大きなガラス張りをしたエントランスから繋がるロビーは、とかくだだっ広い造りをしていて、そこにはとかく大勢のひとびとがせわしもなく行き交う。

 みなが出入り業者や、番組に出演するタレントとその関係者、および局内の局員や番組スタッフなど、実にさまざまな職種の人間たちだ。

 そのひとの流れの絶えない出入り口の手前に、今は都合三人の芸人さんが、何故かおのおの何食わぬさまでぽつぽつとその場に突っ立っている。

 よりにもよってこんな目立つ場所で、それぞれがそれなりに名の知れたお笑いタレントなのに、何故だろうか?
 
 今はその場を行き交う誰からも振り返られることも無くして、局内のフロアの奥に向けて、みながただじっとこの視線を送っていた。


 奥にはエレベーターホールがあり、やがてそちらからひとりのこれまた名の知れたお笑い芸人が、ひょっこりとこの姿を現す。

 その人物がやはり何食わぬ顔でトコトコと歩み寄ってくるのを、対してそれぞれが真顔で待ち受ける、三人の有名テレビタレントさんたちだった。

 昨今、世間一般からゾンビと総称される「亜人種」は、大抵がみずからの姿をひとには見られないようにする不可視化、「フェード」や「ステルス」の能力がある。

 それだからこのような人混みの中でも平気な顔で混じっていられるのだが、目の前に現れたこの四人目の亜人種は、どうやらちょっとだけこの毛色が異なっているらしい。

 まだなりたてで慣れていないのがわりかしはっきり顔と態度に出ている鬼沢に、ゾンビとしても芸人としてもずっと経験豊富な先輩の東田が声をかける。

「そうか、鬼沢くんはそのワッカをつけとらんと姿をうまいこと隠せないんやな? 本来は日下部くんのアイテムやろ、それ? そうとは知らんでさっきは失礼なことをゆうてもうたわ。すまん。それにこうしてよう見てみると、似合っとるわ、そのワッカ、ほんまに西遊記のおサルが頭に載っけとるあのワッカみたいやもんなあ? かわいいわぁ」

「ああ、どうも、お待たせしました……! てか、それって褒めてくれてるんですかね?」

 おそらくは茶化されているのだと理解しながら、まわりの人混みが気になって仕方ない鬼沢は、顔つきが浮かないさまでとても居心地が悪そうだ。

 これに東田の相方である津川が明るくはやし立てる。

 だがこちらに至ってはもはやただのガヤだった。


「でもオニちゃんがつけとると、おさるさんやなしに、三蔵法師さまがつけとるみたいで余計におもろいなあ! 坊主頭に金ピカのワッカがめっちゃ映えとるわ!! なんやきみだけ収録しとるみたいやんけ?」

「何の収録や? おいじぶん、さっきとゆうとることちゃうやんけ! まあええわ、それじゃあみんなそろったんやから、とっとと目的地へ向かえばええんやな?」

 覚めた調子の東田が出口に目線を流すのに、それまで憮然と立ち止まっていた日下部が、これまた覚めた調子でものを言う。

「はい。でもその前に、簡単なミーティングをしましょうか。場所柄ちょっと立て込んでいるんで、ごく簡単なのをですね……」

 するとこれに周りのひとだかりがやはり気になって仕方ない鬼沢が、うんざりしたさまで苦言を呈する。

 実はさっきから見知ったディレクターがこちらを見ているのに、内心ひやひやしながら首をすくめる新人ゾンビだ。

「歩きながらで良くない? なんか見知った顔のひともそこらにいるから、気が散って仕方ないもん。万一バレたらなんか気まずいし、このメンツでいるの、ちょっと説明がしずらいし……!」

 その一方、こんな状況ももう慣れたもので、平然としたさまの先輩芸人が了解する。

 ただし相方がすかさずツッコミを入れるのだが。

「ええよ。ここじゃ確かにやりずらいから、玄関を出てひとのあまりおらへんところでやろうか。どや、あそこのベンチ、ひとがおらへんやろ、あっこで」

「めんどいわ! どこでもええやろ? ちゅうか、日下部くんが場所をしっとるんやから、日下部くんが歩いてみんなを誘導してぇ! 歩きながらでええやんか、はようせんと日がすっかり暮れてまうで?」

「まあ、それじゃ、そういうことにしまして……!」

 ひとには感知されにくいとは言ってもやはり限度がある。

 どこであってもいざ口を開けばまるきり口さがない、コテコテの関西芸人たちのやかましさが多少は気になったのか、さっさとこの場を離れようときびすを返して歩き出す日下部だ。

 ちなみに芸歴で言ったらば一番の若手なのだが、アンバサダーとしての経験上、それが当たり前のごとくで今回はこの彼がリーダーを務める役回りとなった。

 それだから先頭に立ってガラス張りのエントランスを抜けて、赤い太陽の光を浴びる遠くの街並みへとその歩を進める。

「なんかもう勝手にはなしが進んでいるよな……!」

 はじめにここに来た時よりも、だいぶ日が傾いてることを知る鬼沢も、また仕方も無しにトコトコとこの後に続いて、大理石の床面からタイル張りの地面へとみずから歩みだす。

 どうやら目的地まではみんなで徒歩で向かうのらしい。

 昨今、名の知れたタレント同士の行動でも、いわゆる番組のロケではないのだから、その移動に際してはそれ用の送迎バスなどが用意されるわけではないのだ。

 それだからここらへん、ちょっとだけわずらわしく感じる有名タレントさんだった。

 そんなに遠くじゃなければいいなぁとか思いながら、このひとから見えない亜人の体裁では、移動にタクシーを使うのはそもそもが無理筋なのをおのずと理解した。

 公共の電車くらいなら、よほどラッシュの時間でもなければ、こっそりと無賃乗車は可能なのだろうか?

 バスは車内が狭いから難しいだろうなあ、とかひとりでブツブツとやっていると、背後からちょんちょんと指でこの右肩のあたりをつつかれる。

 これに何かと振り返ると、真顔の東田が先頭の日下部を目で示しながら、低い声で注意してくれた。

「んんっ、日下部くんが説明してくれよるから、鬼沢くんはよう聞いとかんと……! きみのための訓練がメインで、ぼくらはあくまでそのお手伝いなんやから。そやからこの先は極力じぶんで考えて、自力で対処せなあかんのやから?」

「あっ、はい、そうか……て、まだなんにも納得できてないんだけど! というか、そもそもが俺たち、これから何をしに、どこに行くんだったっけ??」

https://opensea.io/assets/matic/0x2953399124f0cbb46d2cbacd8a89cf0599974963/88047277089427635657081635585532914949557992380650193262688159095045532680202/

※イラストをOpenSeaにして出品中!応援して人気が出れば、こちらのNFTの価値も上がるはずなので、よろしければお安い内にホルダーになってみてください♡ギブアウェイも敢行予定!

 いぶかしくその背中を眺めるのに、先頭を歩く当の本人がこちらも真顔で振り返ると、こともなさげに言ってくれる。

「はい。急げば一時間もかかりませんよ。日が落ちきる前にことを済ませられたら御の字です。これから日が傾いて、明るく差し込む夕焼けは、闇に属する存在はこれを特に苦手としますから。目的は、いわゆる未確認のグールの探索とこの浄化、無害化です。おれたちアンバサダーとしては初歩中の初歩ですね?」

「は? なに言ってんの?? あとグールとかなんだっけ、ゴースト? 今にしてはじめて聞くものばっかりなんだけど、なんか思ってたのとだいぶ違うことになってたりしない……??」

 いわゆるテレビの番組だったらば、早くもテコ入れで、方向の修正がされてるヤツだろうと渋い面の鬼沢に、列の最後尾でとかくあっけらかんとした笑顔の津川がぶっちゃける。

「ははんっ、ええやんけ、ちゅうか、いきなりガチのゾンビとやりおうたオニちゃんには簡単な案件なんちゃう? ゴーストもグールもわしらゾンビの親戚みたいなもんで、これからイヤっちゅうほど遭遇するもんなんやで? せやから、ゴーストはいわゆる幽霊で、これがひとにでも取り憑いたらグール、グールがさらに凶悪化したらゾンビ、くらいの認識でええんちゃう?」

 何やらかなり雑とも思えるざっくばらんな説明には、これを聞かされる鬼沢がただちに目を丸くして言葉を詰まらせる。

 これに東田がすかさずフォローを当ててくれた。

 またこれに対して日下部も日下部で、ぬかりなく補足を付け足してくれる。

「え、そうなの?? いや、凶悪化って……!」

「えらい乱暴な言い方やが、とりあえず間違ってはおらへんよ。ゾンビにもいろいろおる。そこいらのゴーストやない、霊格のごっつ高い神様みたいなもんがくっついての上級ゾンビ、いまのぼくらがそうなるんかの? でももっぱらが、低級霊や悪人の邪気が取り憑いての低級ないし悪性ゾンビとか、いろいろの……」

「そうですね。ただしそこまで行く前にグールの状態で仕留めるのが理想です。でもそれはおれたちみたいなまっとうなゾンビにしかできないことですから。ちなみにゴーストは浮遊霊とか地縛霊とか、あらゆるタイプとパターンでどこにでもありうるものだから、元来、そんなに気にする必要性はないです」

「え……」

「ですから、よっぽどひとに取り憑いてグール化しそうなものならば、これを未然に排除するくらいでないと、おれたち自身の生活がままなりません。いわゆる除霊屋や、そのたぐいで済むものはすべてスルーしてしまって」

「え~とっ……」

 なおさらキョトンなる鬼沢に、どうやら世話好きな性格らしい東田がまた助け船を出してくれる。

「意識せんでも見えてまうのが厄介なんやけど、その内に気にならなくなるんちゃう? それこそが慣れっちゅうもんで。ま、いわゆるゾンビさんあるあるやな」

「やなあるあるやの! 収録の時に低級な霊のくせにやたらに絡んでくるアホもおるやろ? あと街ブラロケでちゃんと実体がありよる輩で、なんやこのひとグールなんちゃう?て疑ってまう時とか?? あれってボコってええんかなって!」

 最後尾でなにかとぶっちゃけまくってばかりの津川に、真顔の日下部が先頭からまた冷静な物言いをしてくれる。

「まあ、どっちにしろ、カメラが回ってる時はマズイんじゃないですか? アンバサダーのお仕事は人知れずこっそりとやるのが定石ってもので、そのためにフェードの能力がおれたちにはあるんだし。鬼沢さんも、その頭の「キンコンカン」がなくともできるように早く習得してくださいね」

「ん、まあ、家族が相手なら50パーくらいの確率でできるようにはなってきたんだけど……! ゾンビに、あのひとがたタヌキになった時の感覚をいざ生身で持ち続けるのは難しいんだよな? でも慣れなのかな? あ~あ、なんかやだなあ、もう勝手にアンバサダーを押しつけられちゃってるよ」

 しきりとその首を傾げる鬼沢に、すかさず背後から甲高い関西弁のガヤだかツッコミだかが入る。

「ええことやん! 国が後ろにおるっちゅうことは、自分も安泰、家族も安泰や! わしらもはじめはナチュラルさんやったけど、イヤが上にもオフィシャルにならななってもうたもんやから、きみかてどうせ時間の問題やろ! せやで、オニちゃん、きみ、普通に生活してて、たまたま絡まれた相手がグールで、これが厄介な職種の人間やったりした時のことを思うてみ!」

「厄介な?」

 いよいよその顔つきが怪訝なものになる鬼沢に、こちらもどこか苦い顔をした東田がやけに渋い口ぶりをして、しまいにはこの言葉を濁してまった。

「いわゆる公僕、わかりやすいところで言うたら、おまわりさんとかやな? どや、厄介やろ? 公的な権限を持った悪人ちゅうんは? ぼくらもそれで過去に取り返しのつかない過ちを、あやまちっちゅうのかの? 手ひどい目におうたんやから……」

 みずからの苦い過去を思い返すような顔と言葉付きする先輩芸人に、それにつき何やら思い当たる節がある後輩の芸人も、また微妙な顔をしてその首を逆方向に傾げるのだった。

「あ、そうか……! バイソンさんて以前、地元の大阪で事故か事件を起こしたみたいな報道されてましたっけ? あれって何年前? でもなんかうやむやのままでもみ消されちゃって、気が付いたらコンビで東京進出、みたいな? え、あれって、実はゾンビがらみのことだったの??」

 思わず立ち止まって遠慮がちな視線を後ろから前へと巡らせるのに、あいにく先頭を行く日下部は歩いたままでこちらを振り返ることはない。

 慌ててまたそれにくっついていく坊主頭のタレントに、最後尾で髪型ゆるい角刈りをしたおじさん芸人が、そこでなぜだか苦笑い気味な反省の弁みたいなものをたれる。

 これには相方の髪型で言ったらソフトバックの中年芸人も同調して、最後にやけに力のこもった言い回しで夕方の乾いた空気を震わせるのだった。

「ええねん。昔のことや。今さら何もいわへんよ。しょせんはこのわいの判断ミスで、自己責任や。相方にはえらい割を食わしてしもうたけど、今はこうしてちゃんと芸人さんできてる。おかげさんでゾンビとしてもいろいろやっとるけど」

「せやな。でもこの津川は何も悪いことはしとらへんよ。ミスったんはむしろこのぼくや。いまだに後悔しとるさかい。相方がほんまのピンチの時に、そばにおれへんかったちゅうことを……! そやからあの警官、今度おうたらこのぼくが、ほんまにぼっこぼこにしたるねん……!!」

 それきり場を重苦しい空気が包み込む。

 折しも涼しい風が吹いて、それをやけに冷たく感じる鬼沢は、背後のおじさん芸人たちにもそれはそれなりに深い事情があることを意識していた。

 わけありなのは、自分だけではないのだと。

 それにつき、ちょっと興味が湧いたがさすがにこの場で聞くのは気が引けて、意識を前へと向ける。

 先頭で黙ったきりの若手の芸人は知っているのだろうか?


 後でこっそり聞いてみようと、心の中でもやもやしたものを押し込める中堅芸人だ。

 それきり無言のままで、周りの人目からは見ることができない透明人間たちの秘密の行進はしばしのあいだ続いた。

 目的地ははじめのテレビ局から徒歩で30分くらいのところで、かくしてこの建物を間近から見上げる四人のテレビタレントだった。

 見た目に何の変哲もない五階建てのオフィスビルらしきをしげしげと見る関西出身のベテラン芸人たちの隣で、あれ、なんか見覚えがあるなあ、と小首を傾げる鬼沢だった。

「あれ、ここって……??」

 そんなおかしな既視感めいたものを感じながら、やはりこれまた見覚えがある周りの街並みから、まさしくつい最近に収録で訪れたことがある現場におのれが再び立っていることを今更ながらに自覚する。

 淡々とした日下部の説明に内心で飛び上がるのだった。

 今回もまた出だしから波乱の予感がするのは、もはや気のせいではないだのろう。

 果たして新人アンバサダー(?)鬼沢の運命やいかに?


                   次回に続く……!

※OpenSeaに出品している線画バージョンのイラスト(挿し絵)です(^^) 冒頭のものは色をつけはじたものを更新していくので、出来上がった線画はこちらに改めて展示しています!

https://opensea.io/collection/officialzombie2

   オフィシャル・ゾンビ 12
 設定もろもろ~

ゾンビ 亜人 亜人種 法律が未整備 人間とは異なる
グール ゾンビになりかけの状態 扱いは一般人と同等
ゴースト ゾンビのタネ?  幽霊 霊体 邪気 邪念 人間以外

今回のミッション  グールの退治 通報があり 
シーカー、パパラッチからの通報

 ゴースト退治は道すがらにみかけたら対処
珍しい存在ではない。ゾンビの状態だとふつーに見えるカンジ。
 ※数が膨大なので、ヤバイヤツだけ対処するのがのぞましい。

グール 都内某所 中程度の規模のオフィスビルで最上階の企業の社長? 背後にカルトの存在らしきがある?
社長室に壺がかざってある ダサいカタチ
企業体 警備保障 個人営業のガードマンみたいな?
ドラゴン警備保障 社長 ドラゴン滝沢 滝沢竜雄たきざわたつお グール化した社長を取り押さえる。部下もややグール化?
 フロア全体が悪い邪気に満たされている。
◎みんなでドラゴン警備保障に乗り込んで、社長をぼっこぼこ!
○補足、鬼沢は滝沢と面識あり。以前に番組のロケで、とても人柄のいいナイスミドルのイメージ。体育会系のノリがちょっと苦手?
 日焼けした笑顔のマッチョおじさん。

季節 三月 私服
日下部 スボン(スラックス?)、革靴、白のワイシャツ、ノーネクタイ、ジャケット 色は地味目
鬼沢  ズボン、スニーカーないし、革靴、薄手のトレーナー、上着(ニット)
バイソン津川 ジャージに近いイメージのトレーナーと、トレパン スニーカー
バイソン東田 スラックス、シャツ(ノーネクタイ)にチョッキ

◎パパラッチ 芸人 水中動く歩道 佐々木ネズミ 火山バラバラ 佐々木ネズミ 鬼沢と遭遇 偶然をよそおって 鬼沢と接触してゾンビ化した状態のタヌキの毛をむしり取られる。
 鬼沢が佐々木ネズミパパラッチ行為をされてかなり追い詰められる。 
火山バラバラ 普通の人間?

 シーン①
某テレビ局の一階エントランスで再集合。
 日下部 鬼沢 津川 東田 ひとくだり~
11でやれなかったくだり、バイソンの関西でのある事件…
日下部、東田、津川、  ← 鬼沢(キンコンカン) 合流

 シーン2
ドラゴン警備保障 へ 徒歩で向かう。フェードをかけた状態。
今回の詳しいミッションを鬼沢に説明、シーカー、パパラッチの解説。
 シーン3
オフィスビルに到着、グールの討伐。鬼沢日下部、バイソンの二手に分かれて行動。バイソンは壁伝いに最上階を目指す。
 鬼沢と日下部は正面玄関から入る~

本文とテキストは随時に更新されます!

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル OfficialZombie OpenSeaartist SF小説 オフィシャル・ゾンビ お笑い コント ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」11

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

オフィシャル・ゾンビ 11

 これまでのおおざっぱないきさつ――
 ある日いきなり異形の亜人種=ゾンビであることを告げられたお笑いコンビ、「アゲオン」のツッコミ担当、鬼沢。
 人気のお笑いタレントとして活躍する傍ら、裏ではゾンビの公式アンバサダーとしての活動を、同じく若手のお笑い芸人にしてゾンビのアンバサダー、日下部に要請されてしまう。
 露骨に嫌がる本人をよそに無理矢理にゾンビの正体を呼び起こされ、あまつさえ先輩の芸人、実は野良のゾンビだったというコバヤカワにはガチの真剣勝負を挑まれてしまうのだった。
 ドタバタした悪夢のような一日から数日――。
 またしても日下部につきまとわれる中堅タレントは、そこでまたあらたなる新顔のゾンビたちと引き合わされることに……!? 
 ドタバタお笑いバトルファンタジー、新展開に突入!!


 青くて高い空により近い場所で、初春の風が、より冷たくこの頬をなでた。

 とっくに通い慣れたはず某民放キー局の勝手知ったる建物の内でも、そこだけは人気のない拓けた高層階にひとりでたたずむ、やや中年にさしかかりのおじさんタレントだ。

 はじめひどく所在なげにたたずんでいながら、それにつきやがてしみじみとした抑揚の感想を漏らす。

「へぇ、意外といい見晴らしなんだな……! 天気もいいし。でもここっていつもは鍵が掛かってて、ひとは原則立ち入り出来ないはずなのに、なぜか今は空いてるんだ? あいつとの待ち合わせに指定されていたから、おかしいとは思っていたんだけど」

 見た感じはそこが屋上階と思わせて、実は本来の屋上との間の謎の空間となるここは、果たして何階となるのか。

 緊急時のヘリポートや番組のロケ現場ともなる空中庭園がある広い屋上階は、頑強な鉄骨の構造物で土台が築かれており、この土台部分の基礎を支えるのが、今いるコンクリの平たい床面だけが広がる、やたらに無機質で閑散とした場所だ。

 まずどこにも人気がない。

 そこでは四方を囲む壁の代わりに、鉄製の高いフェンスがぐるりと張り巡らされており、その分にあたりの景色がことのほか良く見えて、ある種の絶景スポットかとも思える。

 風通しがすこぶる良くてこんな天気の日なら一般向けに解放してもいいくらいだ。

 ひとりになりたい時はまさしく絶好の穴場だな、と密かに心の内に書き留める、人気お笑いコンビのツッコミ担当だった。

 中堅漫才コンビ・アゲオンの鬼沢と言えば、もはや全国的にもそれなりに名が通るだろう。

 トレードマークのきれいなまあるい坊主頭に、愛嬌のある笑顔で憎めないキャラクターとしてお茶の間にはそれなり好評を博しているとは、当の本人も少なからず自負しているくらいだ。

 テレビの露出は他の同期と比べても高い方だし。

 そんな自他共に認めるイケてるタレントさんが、今はやけに神妙な顔つきをして、そわそわとこの周りに視線を泳がせていた。

 要は誰かを待っているのだが、その当の待ち人がフロアの奥の暗がりから、のっそりと姿を現してくる。

 相変わらずの冴えない表情で無愛想なボサ髪の後輩芸人に、ちょっと緊張した面持ちの先輩は、そこで気を持ち直すと、あえてうんざりした調子でみずからの言葉を発した。

「ああ、おはよう、日下部! てか、そっちから呼び出しておいて待たせるなんてひどくないか、後輩として? 俺、先輩だよな、芸歴で言ったらお前なんかよりもずっと??」

 不機嫌なさまを隠さない物言いに、まっすぐに歩み寄る後輩はソーシャルディスタンスはぎりぎり保つ範囲でその足を止める。

 こちらもなんだか浮かないさまで苦笑い気味に言葉を発した。

「ああ、はい、すみません……! 芸人とゾンビの、この公式アンバサダーの掛け持ちしてると、どうしても時間にルーズになっちゃって……。でも来てくれてありがたいです、鬼沢さん。ひょっとしたら、すっぽかされちゃうかも知れないと思ってましたから。あの例のゴタゴタした一件がありましたからね?」

「ああ、いっそすっぽかしてやろうかと思ってたよ! でも逃げたところでお前が追っかけてくるんだろ? 公式のアンバサダーでございって、何食わぬ顔してさ! ちょっと癪だけど、逆らってもいいことなさそうだから。長いものには巻かれろって昔から良く言うしな?」

 いいトシのおっさんがひどいむくれっ面で何かしらをひどく揶揄したような言葉付きに、対するこちらもいいトシのこやじは、かすかにうなずく。

「いい心がけですね。確かにおれのバックにはれっきとした国がありますから……! で、あれから体調はどうですか? ひょっとしてゾンビの正体を他人に見破られかけてたりして、すったもんだとか? この場合の他人は家族も含むんですけど……」

「は、家族は他人じゃないだろ? おい、相変わらずイヤな言い方するよな。たく、そんなヘマするほどガキじゃないさ。お前からもらったあの妙な水晶石、クリスタルだったっけ? すっかり色があせてただの石ころみたいになっちゃてるけど、そのおかげか体調は悪くはないよ。コバヤさんから食らったどぎついトラウマみたいなのも、ひょっとしてあれが癒やしてくれたのかなぁ」

「良かったです。でもそのクリスタルはここで一度、回収させていただきます。うまくすれば今日また新しいのを仕入れられますよ。ちょうどうまい具合に、仕入れ先の納入業者さんが来てますから……!」

 そんな後輩芸人の意外なセリフには、ちょっと怪訝に聞き返す鬼沢だ。

「業者? なんだよ、あれって仕出し弁当みたいに局に搬入する業者さんがいたりするの? あんな怪しい石、弁当よろしく楽屋においてあったことなんて、あったっけ??」

「ああ、そのあたりはもう説明するよりも、実際に見てもらったほうが早いですから、これから本人さんたちと引き合わせます。それでは早速、そちらの楽屋挨拶に行きましょうか」

「は? どういうこと?? あとなんだよ、これ?」

 意味深な口ぶりする後輩が、やがてスッと差し向けてきた、いつぞやの見覚えのある金ピカの輪っかに、怪訝な表情がますますもって険しくなる鬼沢だ。

 確か、キンコンカン、とか言っただろうか?

 例の頭にすっぽりとはまるサイズの金色の輪っかを受け取るつもりが、相手の差し出す輪っかはあいにくこの手元ではなくて、直接にこの坊主頭にかぽりとはめられていた。

 およそ無断で、さも当たり前みたいに……!

 はじめ言葉が出てこない先輩芸人だ。

「あ、別にあのタヌキに変身するんじゃなくて、今回はただ気配を消すだけです。周りのひとから存在を認識されないように。それにもうこれに頼らなくとも変身はできるんじゃないですか?」

「……ああ、家の裏庭とか、自室の書斎とか、家族の目につかないところでちょこちょこまめにやってはいるけど……。じゃなくて気配を消すってなんで?」

「いざオフィシャルのアンバサダーとして最低限度の能力は身につけておかないと、そのための大切な実習です。あとここで待ち合わせをするときは、その機密保持の必要性からフェードの状態を保つことは必須です。だからっていちいちゾンビに変身するのはアレですから、このままの姿でですね。以前のコバヤさんがやっていたあれです。慣れればできますよ」

 真顔でなされるもっともらしい説明に、うんざりしたものが顔にわりかしはっきりと出る新人の公式アンバサダーさんだ。

「は、ここならそもそも人目にはつかないだろうさ? めんどくさいな! やってることどこぞのスパイかテロリストじゃんっ」

「これならたとえドローンで空撮されても間違って見切れてしまうことがありませんから、今はどこに誰の目があるかわからないじゃないですか。元の出で立ちが目立って仕方ない公式アンバサダーのお仕事は、原則この気配を消してでないとつとまりません……!」


「ほんとにめんどくさいな!! こんな恥ずかしいカッコで局内をうろつきたくなんかないよ、ああ、でもこれだと普通のひとには見えないんだっけ? 普通のひとってなんだよ!?」

「ふふ、ノリツッコミがお上手ですね。まあ、万一にバレても西遊記のコスプレくらいで済むんじゃないですか? それではさっそく局内に移動して、ぼくらとおなじアンバサダーの芸人さんたちの楽屋挨拶に行きましょうか。大事な一発目の顔合わせ、とは言っても、きっともう知ってるひとたちですよ?」

 あくまで真顔を崩さない日下部の物言いに、いよいよ拒否反応じみたものが目の下あたりにしわかクマとなって現れる鬼沢だ。

「おんなじってなんだ? 俺、まだ何もやるだなんて認めてないはずだけど? アンバサダー?? あと芸人さんって、コバヤさんみたいな実はゾンビのタレントさん、他にもまだいるの? 俺、そんなの全然、身の回りに覚えがないんだけど……!!」

「果たしてあちらからはどうなんですかね? 鬼沢さんが気づいてないだけで、世の中は複雑に裏と表が入り乱れているんです。すぐにわかりますよ。気のいいひとたちだから、人見知りな鬼沢さんでもすぐに打ち解けます。仲間なんですからね?」

「仲間って……! なんだよ勝手に決めつけて、俺の意見がどこにもないじゃん? ひとの都合は無視なのか? おい日下部、さっさと行くなよ、まだ話は終わって……ああん、もう、待っててば!!」

 さっさときびすを返して暗がりに姿を消す後輩に、先輩の人気タレントが半泣きの困惑顔してこの背中を追いかけていく。

 そうしていざ局内に戻ったら、そこからはふたりとも押し黙ったきりですっかりと気配を殺した隠密行動になる。

 途中で何人もすれ違ったが、やはり見知った人影は誰もこちらに視線をくれるようなことはなく、完全スルーでやり過ごしていくことになる。

 だがこのあたり普段から人気商売でならしいてるぶん、実は内心でビミョーな心持ちのタレントさんだ。

 おまけ驚いたのはエレベーターのようなごく狭い密室でも、まるで気配を感じ取られている様子がないことで、本当に透明人間になったかの心持ちになる。

 ちょっとした冒険をしてるみたいでわくわくもするが、隣で日下部が何事がつぶやくのに耳を済まして、途端に吹き出しそうになる鬼沢だ。

 いわく――。

「……オナラはしないでくださいね?」

「ぶっ、するわけないじゃん!! 今のは違うぞっ! コバヤさんじゃないんだからっ、あぶねっ、気づかれちゃうよ……!!」

 額にイヤな汗を浮かべながら、ある特定の階で動く密室から降りるふたりのゾンビたちだ。

 そうして長い廊下を進んだ先にたどり着いた、あるひとつの楽屋なのだが、やけにビミョーな面持ちでそれを見つめる鬼沢だった。

 そこはとてもなじみがある景色で、そうだつい最近、おのれが巻き込まれたいつぞやのドタバタのはじまりとなった、まさしくあの時のあの楽屋なのだ。

 ヘンな既視感みたいなものを覚えて、隣のアンバサダーに白けた視線を向ける。

「おい、ここってあの楽屋だよな? てことはまたおかしな規制線が張られてたりするのか、このあたりに? だったら気配なんて消す必要なかったんじゃないのか、おまけに確かにこの中にいるのって、知ってる芸人さんたちだし!!」

 ドアに掲げられた案内ボードには、それはしっかりと有名な漫才コンビの名前が書き込まれていた。

 じぶんたちよりもさらにベテランのそれだ。

 おかげでちょっと緊張してしまうが、一方でみじんも悪びれることもない日下部は先輩の文句をしれっと聞き流す。

「ああ、まあ、そう言わないでください。ここらへんある種のお約束で、言わば各局ごとのデフォルトなんですかね? この局はここがぼくらゾンビがらみの完全対応区域ってことで……!」

「ふんっ、あとさっきの屋上階の怪しい陰のフロアか? なんだよ、ある意味バレバレじゃん、知ってるヤツらからしたら! なんかどっちらけるよなあっ……」

「おほん、それじゃ、とっとと入りまーす。あ、ちゃんと円満に挨拶してくださいね、このあたりは持ちつ持たれつってヤツで、みんなお互い様なんですからっ……はい、失礼しまーす」

 いきなりドアをノックして楽屋に身を乗り出す日下部に、鬼沢はまだ心の準備ができてないと慌てふためくが、これに無理矢理に引っ張り込まれてしまった。

「あ、お、おはようございまーす! どうも、アゲオンの鬼沢です。お世話になってます。えっと、今後ともよろしくお願いします、その、バイソン、さん……?」

 いざとなるとその職業柄で身に染みついた習性からか、それっぽいことが口からすんなりと出る中堅芸人だ。

 そうしてじぶんよりもさらに芸歴が長いおじさんたちの顔を上目遣いでうかがう。

 あの見慣れた楽屋の風景はいつものままで、そこに今はふたりのおじさんたちがくつろいださまでこちらを見返してきていた。

※この挿し絵は完全に失敗しているので、以下におおよそのコンビのイメージをのっけておきます。これでいいのか?

※左がバイソンのボケ担当、東田と、右がバイソンのツッコミ担当、津川のおじさんコンビです(^^) 元ネタの芸人さんとはやっぱり似てないですね!

 番組収録の時と同様、普段からとかく落ち着いた真顔で、内心の思いを滅多に表情に出さない東田は、何でも顔色に出す素直な後輩の芸人くんにそう何事か問うてくれる。

 えっ? えっ?? と内心の狼狽ぶりがあからさまな鬼沢に、相変わらずのすまし顔した日下部がしれっとフォローを入れる。

「ですから、アレです。いまさっき回収すると言ったもの、鬼沢さん、持ってますよね? それです。元の持ち主の東田さんに返してあげてください。でないと次のものがもらえませんから」

「えっ、アレ?? あのクリスタルって、実は東田さんのものだったの? なんか、イメージに合わないんだけど……これ??」

 言われてぶったまげた顔でみずからの懐から濁った灰色の水晶石みたいなものを取り出す鬼沢だ。
 それをほれと手を差し出してくる先輩のボケ芸人さんにおっかなびっくりに手渡す。

 すると何食わぬ顔でそれを手にした東田は、おのれの手元をしばらく見つめてから、きょとんとした鬼沢を目の前にしてこの顔つきがさらに呆気にとられるような意外な仕草をしてくれる。

「イメージは関係あらへんやろ? ふうん、しっかりと回復の効果は使い切っとるんやな。そやったら、ああんっ、んんっと!」

「えっ、え? なんで??」

 カエルかトカゲみたいな無表情な顔つきで大きな口を開けると、そこに例のものをポイッと放り込んで一息に飲み下す東田だ。
 ギョッとなる鬼沢は腰を浮かせて大きくのけぞってしまう。

「た、食べちゃった……! それって食べ物だったの?? え、いやいや、ただの固いカチカチの鉱物だったよな、無味無臭の??」

 顔を引きつらせる鬼沢だが、周りの面々は何とでもなさげなさまなのに、自分も必死に心を落ち着けるよう努める。
 これに内心のパニックを見透かしたかの先輩芸人は、あくまでしれっとした口ぶりで言ってくれた。

「ええんよ、身体に取り込んだところで害はないし、ぼくの場合は特別や。もとからこの身体の一部やったさかい。こうして取り込んで、ふたたび再生したものを取り出すんよ。その繰り返しや」

「ははん、ちゅうてもはじめて見た子はみんなびっくりするやろ! 口から取り込んだもんはそのまんまケツからひねり出すんやから、なおさらビックリやわ!!」

 相方がすかさずツッコミを入れるのに、それを聞かされたふたりの後輩くんたちの気配がにわかにざわつく。

「え、お尻から?? それじゃまさか、あれって……!?」

「そうだったんですか?? まさかそんなことだったとは……」

 表情にくっきりと暗い影が浮き出る他事務所の後輩たちに先輩のおじさんは苦笑いしてこの首を振る。

「ちゃうちゃうっ、そないないわけあるかい! ケツが血だらけになるやろ。おいおかしな茶々入れんと、ふたりとも引いとるがな。あと鬼沢くんに新しいヤツをやったれよ。ほれ、口で説明するより目で見たほうが一目瞭然やんか、まさしくで?」

「んっ、おう、めんどいの! あないにでかいのは取り出すのが面倒やからほどほどのにしてや? それじゃふたりともよう見といてや。おい東田、どこや? 手が届かれへんところやろ??」

 座卓を挟んで相対していたコンビのおじさんたちの内、ツッコミ担当の津川がいざ腰を上げるとぐるりと相方の東田の背後に回り込んで、その背中に手を当ててもそもそとやりはじめる。

 それをはじめ訳もわからずに見ていた鬼沢だが、静かにそのさまを見つめる日下部とふたりで先輩のベテラン芸人のコンビ芸に固唾を飲む。
 お笑いと言うよりはビックリ人間ショーに近いさまをまざまざと見せつけられるのだった。

 相方の背中をどれどれとさすっていた津川が、やがてその真ん中あたりで何かしらの感触をこれと探し当てたらしい。
 無言でみずからの右手を東田の襟首からこの奥底へとずぽりと潜り込ませる。

「あった! これか、でかいのう? 目で見えんさかい邪魔なこの服、脱いだほうがええんちゃうか? 取りずらいでほんま!!」

「いいやろ、はよ取れや。企業秘密やさかいひとには見られたない。こそばゆいわ、はよ取れって、はようっ、あんっ……!」

「おかしな声出すなやっ、ひとが聞いたら勘違いされるやろ! ん、ほれ取れたぞ、これやろっ、でかいの!!」

 やがて津川がその手に取り出した緑色に輝く物体には、心底びっくり仰天する鬼沢があっと声を上げる。

「あっ! クリスタル!! どこから出したの? 東田さんの背中から出てきたぞ? まさかあの身体から生えてきたのか??」

「はい。そのまさかなんですかね……! ある程度予想はしていましたが、実際に見るとビックリです。あの服の下がどうなってるのか、想像するのがこわいですね……」

 目をひたすら白黒させる鬼沢にさめた視線の日下部が応じる。

 無機質な真顔に意味深な笑みを浮かべる東田はかすかにこの肩をすくめさせた。そうして相方が手にした緑色の光りを放つ例の水晶石を利き手に取って、これをしげしげと見定める。

 用が済んだとおぼしき津川は、もと自分がいた場所へともどってまたぺたりと尻を付けた。そうして感情が複雑な鬼沢にさも楽しげなしたり顔して言ってくれるのだ。

「わいらとゾンビ仲間の鬼ちゃんには特別サイズの一級品や! 大事にあつこうてや。あのクラスなら致命打でもぎりぎりしのげるで」

「ふん、そこまでちゃうやろ? まあ、こないなもんか。いい出来や。ほれ、あげるから大事に取っといてや。回復系のアイテムならゾンビ界イチの使い手、このバイソンが特製のクリスタル。ケガしたらたちまち効果を発揮して治してくれること請け合いや」

「ああっ、はい、どうもっ……! て、いいんですか? もう何度もお世話になっちゃってるけど」

 相手が差し出してきたものをまたおっかなびっくりに受け取る鬼沢だが、日下部からしれっと釘を刺された。

「いいんですよ。お互い様なんですから。鬼沢さんから提供する時もじきに来ます。アイテムの生成自体は鬼沢さんも素質があるみたいだから、きっと持ちつ持たれつでうまくいきますよ」

 これにははじめやや苦笑気味にうなずく東田だが、不意に何やら感じたものか鬼沢に驚いたふうな視線を向けてくれる。

「ふふん、そう願いたいもんやな。ん、にしても鬼沢くん、しょっぱなからキツい目に遭ってるみたいやな? さてはコバヤの兄さんにひどくいじめられたんやろ? さっき取り込んだ石の記憶にはっきりと残っとるわ。うわ、くっさいの食らわされとるのう!」

「うわ、最悪や! オニちゃん、あれ食ろうたの? てことはあの兄さん、あのおっかないゾンビの姿になったんや? うわ、くわばらくわばら!! 勘弁してほしいわ、ほんま」

 相方のセリフに過剰な反応して津川がガヤを発する。
 まるでバラエティ番組のやりとりを見てるかの心持ちの鬼沢だが、目をまん丸くして頭を大きく傾げていた。
 ちょっとした危機感みたいなものに内心で舌を巻く。

「石の記憶……? そんなのあるんですか? うわ、やばい、俺、変なことしてないかな、あれから家とかロケ現場で……! プライベートなことがもろバレじゃん!!」

「確かに肌身離さずとは言いましたが、ひとに見られたくないことをする時にまで持っている必要はありませんよね? それにしてもあの水晶にはそんな機能まであったんですか」

 バツが悪い顔で言葉が無くなる鬼沢だ。これに覚めた目つきを右から左に流す日下部に、東田が何食わぬさまで応ずる。

「ふん、何から何まですべてを記憶しとるわけやあらへんよ。ボイスレコーダーとちゃうんやから。ごく一部、特に印象に残ったことや、多くは精神的なショックや肉体的ダメージを食らった時なんかやな……! 特にコバヤの兄さんのアレは格別くっさい、やのうて、えげつないもんやから。鬼沢くんよう耐えたわ。ぼくなら心がぽっきり折れとる……!!」

「ほんまにきっついもんな! あれはシャレにならへんもん」

 ふたりしてうんうんとうなずき合うお笑いコンビに、鬼沢も自然と頷いてかつてのことを脳裏に思い返す。
 うげっと苦い顔で舌を出してしまった。

「うへっ、そうか、コバヤさんのあれをふたりともやられたことがあるんだ……! 確かにシャレにならないよな。俺も心が折れそうだった。あの時の記憶があの石に残ってたんだ……!!」

 先輩たちの反応にある種の共感を覚えるが、それとはまた別の共感を抱く日下部が意味深にうなずいて言った。

「便利な能力ですよね。いわゆるブラックボックスみたいな機能も果たすわけで、東田さんはこの記録の解析とおまけに未知の敵の情報収集ができるわけだし……」

「なんやストーカーみたいないわれようやな? 気ぃわるいわ。そのくらいの役得はあってもええやろ。まあええ、それよりも鬼沢くんがコバヤの兄さんと互角にやりあったちゅうんが、びっくりやわ。きみ、まだゾンビになりたてやのに、大したもんやろ」

「ほんまにどうやって戦ったんや? コバヤの兄さんの能力はわしらゾンビの中でも特殊でめちゃくちゃ強力やんけ! じぶん初心者なのにようやれたよな?」

 左右から興味津々の視線を浴びてちょっと恥ずかしくなる新人のゾンビは首を右へ左へしきりと傾げさせる。

「ああ、あの時はほんとに無我夢中で、ほとんど覚えてないんだけど、でもコバヤさんはナチュラルなんだっけ? 日下部やバイソンさんたちがオフィシャルのゾンビなのに? あれ、そもそもオフィシャルとナチュラルってどんな違いがあるの? 結局みんなゾンビはゾンビなんだよね??」

 新人ゾンビの疑問に、古株のゾンビたちがそれぞれに私見を述べる。

「ゾンビって言い方がそもそも難ありなんですけど。要は国の認定を受けているか、受けていないかの違いです。それ以上はまだ言いようが……! 今はまだ法律も出来上がっていない状態ですからね、ぼくらみたいな人間にして人間ならざる亜人種に関しては」

「ふん、みんなそれぞれに立場や考え方っちゅうものがあるからの。国にしばられたくない人間もおるっちゅうことや。そのぶん、公的な保護が受けられないわけやが、それでも身分や正体を隠しておられるだけ、マシかもしれんしの……」

「おお、このわしらもこっちに上がってくるまでは長らくナチュラルでしらばっくれておったからの! いざオフィシャルのゾンビを公言してから上京したわけやから。地元から追われるように……!」

 含むところがありそうな物言いに少なからぬ引っかかりを覚えながら、はあととりあえずは納得したさまの鬼沢だ。

「ああ、そうなんですか。俺、関西を主軸にして活動していたバイソンさんたちのこと、こっちにふたりが来てから意識しはじめたから。なおさらわからなくて……!」

 三人が難しい顔で見合わせるなか、いまだとぼけた白け顔の日下部がぬけぬけと言ってくれる。いいずらいことよくもまあと鬼沢は目をまん丸くした。

「あいつらは正体がバレたからいずらくなって仕方なしにこっちに来たってコバヤさんが言っていたけど、そうなんですか? おれとしてはバイソンさんたちみたいな芸達者なゾンビがコンビで来てくれて、とっても大歓迎ですけど。頼りになりますもんね」

「きみ、言い方がいちいちビミョーやな? そういう見方をされるのは不本意やけど、ないとは言い切れん。好きに思えばええよ」

「コバヤの兄さん、能力も口もとびっきりえげつないのう! ナチュラルなんやったらもっとおとなしくしとけっちゅう話やのに。ほんまにしんどいわ。鬼沢くん、いっぺんどついたってや!」

 しかめ面の先輩芸人に見つめられて泡を食う後輩の新人ゾンビだ。ひどい苦渋の顔つきでうなだれた。

「無理ですよ! どついたらカウンターであれ食らっちゃうんだから! もう二度とごめんだもん、あんなの」

「せやな、あれはゾンビどころの話じゃない、悪魔や! 心が折れる。あんなくっさいもん、人間がしたらあかん。ましてやそれを武器にして戦うなんて、悪夢や。ほんまに心が折れる」

 しごく共感してくれる東田に、日下部は苦い笑いで鬼沢と顔を見合わせる。

「ふふ、鬼沢さんに負けず劣らず、凄いトラウマがあるみたいですね? わからなくはないですけど」

「ゾンビどころか悪魔になっちゃった、コバヤさん。おんなじ事務所の後輩さんたちなのに、なんかひどい言われようしてるよ」

「事務所は関係あらへんやろ。あかんもんはあかん。化学兵器の使用が禁じられているように、あれも本来は禁じ手や。それなのにあの悪の大魔王ときたら、ゲラゲラ笑ってこきよるんやから手に負えん。あかん、ほんまに心が折れそうや」

「とうとうラスボスになっちゃった! ナチュラルってひとたちの中ではコバヤさんは特殊なんですか? なんでナチュラルなんだろう?」

 頭の中が疑問符だらけの鬼沢のセリフに、苦笑いで津川が受け答える。普段のキレ気味のツッコミらしからぬ冷静な返答だった。

「野良のネコはおっても野良のライオンはありえへんからのう。もとより力のあるなしでは分けられるもんやないんちゃう? あの兄さんはもちろん強いけど、みんなそれぞれに主義主張で仕方なしに別れとるんよ。そんで鬼沢くんは、オニちゃんはオフィシャルになるんやろ?」

「俺は……! どうなんだろう」

 また考えあぐねるのに、ボケらしからぬまじめな言葉が渋い声で言い渡される。東田は普段から真顔なぶん、余計に説得力があった。

「力があるっちゅうんは、便利なことやけど危険なことでもある。鬼沢くんはオフィシャルを名乗ったほうがええんちゃうか? きっと悪いやつに利用されてまうで、そんなぼやぼやした態度でおっては。そっちの日下部くんとコンビを組んどいたればええねん。日下部くんはアンバサダーの中ではかなりの使い手なんやから」

「どうでしょう? それなりに修羅場はくぐってきたつもりでけど。でもおれも、鬼沢さんにはアンバサダーとして活躍してもらいたです。」

 はぐらかした返答しながらこの時ばかりは鬼沢にまじめな目線を向ける日下部だ。これにしたり顔して津川が言ってくれるのは意外な言葉だった。

「見込みありそうやもんな? その訓練にこれからみんなで繰り出すんやし! ほな、そろそろいったればええんかい」

「?」
 
 何のことだと目が点になる鬼沢に、覚めた目つきの日下部がまた意外なことを言ってくれる。

「連絡、来てませんか? マネージャーさんから? この後の収録のことです……」

「え? なに、え、スマホになんか来てる! マネージャーからだ、え、この後の収録、バラしになりました……て!!」

「決め打ちやんな。それじゃいざアンバサダーの任務に入ろうか。鬼沢くんがおるんやから、ほどほどのが相手なんやろ? ゾンビやのうて、グールかゴーストあたりの?」

「さくっとやってさくっとギャラもらおうや! 四人もおったら楽勝やろ? おいしいところはオニちゃんにゆずってやるさかいに」

「へ? へ?? グール、ゴースト? 何言ってんの??」

 本来はあったはずの番組収録に参加するはずの面々だと今さらになって気が付く鬼沢だが、ことの変化にまるで付いていけなかった。
 なんだか知らないワードがしれっと出てきているし。

「やればわかります。あと本日の案件をもって鬼沢さんはオフィシャルのアンバサダーに決定です。でないとこの作戦に参加できませんから。いいですよね?」

「ええやろ。ほなとっとと行こうか。みんなで楽しいグループワークや! 世のため人のため、何よりぼくらみたいなゾンビのためっちゅう、難儀なもんやなあ? こないな世の中に誰がしたんや」

「ひとに見られへんようにフェードをかけて行ったほうがええんか? こそこそ裏口から出るのはめんどいから、それでええよな。ほな、とっととやったろ、グール狩りやら、ゴースト退治やら」

「え、え? なに? 勝ってにそんな……! あの……」

「いいから着いて来てください。簡単な案件ですから、前回みたいなとっちらかったことにはなりません。習うより慣れよで、ゾンビとしての経験をこなしていかないとアンバサダーは名乗れませんから、そちらとしてもギャラもでますし。下手なローカル番組よりも高額ですよ」

「え、いや、そうじゃなくて、あの、みんな……行っちゃった」

ひとりでその場に取り残されるタレントさんだ。
 換気の配慮がなされた楽屋に、ぴゅーと季節外れの木枯らしみたいなものが吹いた。
 タレントではなく、ゾンビとしてのお仕事が待っていたことに愕然となる鬼沢は、やがてみずからも重い腰を上げて出口へと向かう。

 しまり掛けた出入り口の扉に手を掛けて、はっとなる新人のゾンビだ。

「あ、あの頭のワッカ、日下部に返しちゃったよ! しまった、あれがないと透明人間になれないじゃん、俺!! 日下部っ、待ってくれっ……」

 ドタバタとした日常がまたはじまった。


  次回に続く……! 



クリスタル

回収 新しいものを入手

ナチュラル Official

コバヤ

演習その②

グループワーク

局外へ

プロット
  鬼沢 テレビ局の屋上?で、日下部と待ち合わせ。
 会話
  神具羅 金魂環  フェードを鬼沢にかける。
 会話
  移動~

  楽屋、挨拶、芸人コンビ、新キャラ登場!
  バイソン・ボケ   「東田 勇次」ひがしだ ゆうじ
       ツッコミ 「津川 篤紀」つがわ あつのり


ゾンビ   グール   ゴースト 

ゴースト退治
グール狩り  
  

本文とイラストは随時に更新されます!

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル Official Zombie OfficialZombie/オフィシャル・ゾンビ OpenSeaartist SF小説 Uncategorized オフィシャル・ゾンビ お笑い ファンタジーノベル ライブ配信アプリ ワードプレス 寄せキャラ

「オフィシャル・ゾンビ」10

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

オフィシャル・ゾンビ 10

 これまでのおおざっぱないきさつ――
 ある日いきなり人外の亜人種である〝ゾンビ〟の宣告をされてしまったお笑い芸人、鬼沢。おなじくゾンビにして、その公式アンバサダーを名乗る後輩芸人の日下部によってバケモノの正体を暴かれ、あまつさえ真昼の街中に連れ出されてしまう。
 そしてその果てに遭遇した、おなじくゾンビだというベテランの先輩お笑い芸人、ジュウドーコバヤカワには突如として実地訓練がてらの実戦バトルを強要され、初日からまさかの〝ゾンビ・バトル〟へと引きずり込まれてしまうのだった…!

 苦戦の末に一時は優位に立ったと思われた鬼沢だが、直後に思いも寄らない反撃に遭い、およそ予想だにしない能力と真の姿をあらわにしたコバヤカワの脅威にさらされることになる…!!

  やたらに威勢の良いオヤジのがなりと共に、コバヤカワの周囲にもくもくとした白い煙幕みたいな〝もや〟が立ちこめる。

 間近で見ていてよもやこれもあの異様な悪臭を放つのか? と今はタヌキの姿の全身が思わず総毛立つ鬼沢だったが、幸いにもイヤなニオイらしきはないのにホッと胸をなで下ろす。

 先の生々しい経験がすっかりトラウマと化していた。

 ただし見ているさなかにも目の前の中年オヤジの身体は、まったく別の何かへとそのカタチを変えていくのだ……!!

 結果、なんとも形容のしがたい複雑怪奇な出で立ちをさらけ出すベテラン芸人に、自身もそれなり中堅どころの芸人である鬼沢は、このタヌキの顔面が驚きで目がまん丸になる。

 かなり特殊な見てくれをしているのでひょっとしたらアレなのかなとある程度の予測がついたりするのだが、その反面、認めたくない思いがそれをはっきりと言葉に出すのをためらわせた。

 もしそうだとしたらあんまりにもヤバイし、その旨、ベテランの先輩芸人さん相手に突っ込むのもかなり気が引けた。

「う、さっきのあの強烈なニオイって、ま、まさか、そんなことはないよね? コバヤさん、俺の勘違いならいいんだけど、ひょっとしてそれって……うそでしょ??」

 嘘だと言ってほしいと思う後輩の願いもむなしく、真正面で仁王立ちする先輩はきっぱりと大きくうなずいて断言してくれた。

「おうよ、見ての通りじゃ!! この全身を渋い黒色系とアクセントの白でまとめたおもくそかっちょいい豪快な毛並みに、背後で雄々しくそり立つ巨大なシッポ! もはやこれ以上のセックスアピールはあらへんちゅうくらいにの! おまけに代名詞のくっさい屁はおのれもその身をもって経験済みやろう? これぞまごうことなきスカンクのゾンビさまよ! 正真正銘!! どうやっ、恐れ入ったか!? だがオニザワ、おのれがビビるのはむしろこれからやぞ!! その鼻もいだるから覚悟せいや!!!」

 少しも照れるでもなくぶちまけられた完全アウトなぶっちゃけ発言に、内心どころか全身でどん引きする鬼沢は、ひん曲がった口元からひいっと裏返った悲鳴が漏れる。

「う、うそでしょう!? スカンクだなんて!! そんなのもアリなの!? それじゃさっきのって俺、ほんとにおならで攻撃されてたんだ! 冗談なんかじゃなくって!! なんだよコバヤさんっ、いくら先輩でもこんなのタチが悪すぎるよ!!」

 所属する事務所は違えどそれなり見知ったはずの後輩芸人の心からの抗議と嘆きに、対して険しい表情のスカンク、この芸名が〝ジュウドーコバヤカワ〟だなんて冗談そのもののオヤジがまたやかましくも真顔でがなり返してくれる。

「じゃかあしいっ!! 男と男の真剣勝負に冗談もシャレもありやせんっ、それがゾンビ同士となったらなおさらじゃ!! そもそものんきに平和ぼけしたリスやら野良ネコやらじゃ戦うもへったくれもありやせんやろうが? ネコ科やったらより強い虎やヒョウ、弱っこいリスよりか断然そこは攻撃力のあるスカンク!! はなっからこの一択じゃ!!」

「はあっ、そもそもなんで戦わなくちゃならないんだよっ!? コバヤさんこれ完全にいじめだからね! 俺まだゾンビになりたてで右も左もわからないのに、こんなのあんまりだよ!! あのおならは本当にシャレにならないし、コバヤさんの格好もヤバ過ぎてマジで近づきたくない!! 二度としないでよ、あんな地獄の閻魔さまがするみいたなバカでっかい屁!!!」

「あん、すかしっ屁ならいいんか? すかしたところでニオイは少しも変わらへんぞ? むしろ不意をつかれるだけより強烈に感じるっちゅうもんでの!!」

「おなら自体をしないでくれって言ってるんだよ!! というか、する気まんまんだよね? 見るからにドSの格好だもん!! なんだよ、俺、絶対に近寄らないよ!?」

 拒絶反応を激しく逆立てた太いシッポにまで出してイィッとキバをむきだすタヌキに、背後のおのれの背丈よりもさらに大きなギザギザ模様のシッポをぶん回すスカンクは、いかめしい真顔を一変、さもおおらかに破顔して後輩芸人を手招きする。

「おう、済まんかったな! そう邪険にすな、何もおのれが憎くてやっとるわけではのうて、むしろオニザワ、おまえにゾンビのなんたるかを教えたるためにやさかい! 何事も経験やろ、今のうちに痛い思いをしておいたら、この先につまづくことはそうそうあらへんのや。お互いのことをよう知るためにも、ここはこの先輩、コバヤカワの胸にぶつかってこい! 優しく受け止めたるから、ほら、こっちへ来いや。早うせい! ここやここっ!!」

「あ、あん、なんだよ、だから近づきたくないって言ってるじゃないか、俺イヤなんだよ、本吉(もとよし)の芸人さんたちの強引なノリとかボケとか小芝居とか! 一発当てたら終わりって言うんなら、さっさと当てて終わらせちゃうよ!! そんな無防備の棒立ちでいたらあっさり届いちゃうんじゃないの?」

 おなじ業界における先輩と後輩の悲しい性か、言われるがままに反射的に足を前に踏み出してしまう鬼沢だ。

 お互いに手を伸ばせばすぐ届く距離までみずから詰めてしまう。

「ええ。そやったらまずはここに一発当ててみい、このわかりやすい土手っ腹に軽くでいいから一発の! 簡単やろ? ほれっ」

 みずからの腹を突き出してくる見た目ヤンキーみたいな出で立ちのスカンクに、すっかり腰の引けたタヌキが困惑して返す。

「えっ、いいの? 終わっちゃうよ?? 軽くでいいんだよね、それなら、ほら! これで当たりだよね?」

 利き手の拳を突き出してそれを相手のまん丸い腹の中心に軽く押し当ててやる鬼沢だが、そこにすかさずに返されてきたコバヤカワの文句に、えっと目を丸くする。

 その瞬間、ぴきりと場が凍り付いた……!

 おまけ返ってきたのは言葉だけではなかったのになおも呆然と立ち尽くすタヌキであった。

「あほう! いつ誰が一発当てたらそれでええなんて言うた? そんな生ぬるいものやあらへんのや、ゾンビの、男の戦なんちゅうもんは!! おのれのような甘ちゃんの腰抜けにはとびきりくっさい屁をお見舞いしたる! 思い知れ!!」

 ぶにっとした柔らかい感触を手の甲に感じたのとほぼ同時、その突き出た腹の周囲からシュババっと噴出した煙が鬼沢の顔面、タヌキ面の突き出た鼻先をもろに直撃する!!

 はじめ何が起こったのか皆目見当がつかなかった。

「えっ、なに、今の?? あ、待って、まさか、あ、あ、あああっ、あ、くさっ、くさいっ!! くさいくさいっくさいぞ!! 鼻がっ、俺の鼻がっ、パニックしてるよっ、くさい、あれ、これ、くさいのか? あ、やっぱりくさい! くせっ、なんだよ、どこからおならしてるんだよっ、ふざけんなよっ、ひどいぞ、こんなのだまし討ちじゃないか!! 涙が出てきたっ、ああ、神様、俺がいったい何したの!?」

 不覚にも鼻で呼吸してしまったらば全身身もだえするようなこの世の終わりみたいな臭気に脳神経が混乱を来した。地獄だ。

「気を抜いとるからや! このわいはスカンクなんやから、その手の攻撃は簡単に予想がつくやろ? 事実、この装束は相手からの打撃にカウンターで屁、人呼んでブラストガスがぶちかませるギミックがたんまり仕込んである! わざわざケツなぞ向けんでも的確に相手の弱点、鼻っ面を撃ち抜いてやれるのよ。触れたら大けがするんや、この漢、コバヤカワっちゅうもんはの!!」

「何言ってんだよっ、ただの変態屁っこきおやじじゃないか! あああっ、くさいくさいくさい!! 鼻のスペアが欲しいっ、日下部のと交換してくれないかな? あいつどこ行ったんだ! うう、俺もうぜったいに近寄らないからね? コバヤさんに!!」

 たまらずバックステップで再び距離を空ける後輩に、先輩の芸人は不敵な笑みを口元に浮かべてまだなお余裕の口ぶりだ。

「かまへん。届く範囲に限りのある拳の打撃とちごうてスカンクのおなら、気体のガスっちゅうんは風にのせて飛ばすことも地雷のようにとどまらせておくことも自在や。あいにく目では見えへんからの! ならおのれは逃げ場を無くして結局この前にまたその姿をさらすしかあらへんのや!! そうやろ、オニザワ?」

「うるさいな! 屁理屈ばかり言って本当にキライになりそうだよ!! スカンクの屁理屈ってなんだよ? さっきのは軽く当てただけだから、本気でやったらどうなるかわからないじゃないか!! 無傷でいられる保証なんてないはずだし、俺、本当に腹が立ってきたぞ、ぜったいに見返してやるからね! いくら臭くても要は鼻で息をしなければいいんだからさ!!」 

 さも鼻をふさいで口呼吸で一気に勝負を決めてしまえばいいと言いたげなタヌキに、眼光のやたらにするどいスカンクが笑う。

「ははん、笑止やの! スカンクの屁がそないなもんで済ませられるほどしょぼいわけがあるか! ゾンビなめるなよ、鼻からでなくとも口やら皮膚やら身体に摂取してしまえばそれまで、脳の神経細胞に直接作用して精神に大打撃をおよぼすんや。決して逃げられへん。肉体ではなくメンタルをねじ伏せる最強の一発や、戦わずして勝つとはまさにこのことやの!!」

「ほんとにうっさいな!! 聞きたくないよ、変人の狂言なんて!! そんなの誰も笑えやしないんだからね!? おかげで完全に息を止めて本気でボコらなけりゃいけなくなっちゃったじゃん! 他事務所の先輩さんを!? でも俺は悪くない!!」

「やれるもんならやってみい! あと、そうだひとついいものを見せてやるぞ、オニザワ、こいつをよう見てみろ、ほれ、受け取れ!! おのれのちゃちな小道具のマントやのうて、ガチもんやぞ! モノホンの〝神具羅〟っちゅうもんを教えたる!!」

 いいざまみずからの装束の股間のあたりについていた何かしらの球状の物体を片手に取り出して、それを無造作に放り投げるスカンクだ。左右にふたつあったものを、右の球を利き手でパスしてくれるさまを目をまん丸くして見ながら思わず両手で受け止めてしまうタヌキである。

「え、なにそれ、取れるの、そのおまたにぶら下がってるふたつの金玉(キンタマ)みたいなの? コワイっ、わ、なにこれ、どうすればいいの? 見た感じは堅い金属の球だよね、野球のボールみたいなサイズの、おまけに全体にボツボツのある、あ、これって、まさか……!?」

「タマキンがそないに器用に取れるはずないやろ! 着脱式の睾丸なんてどこぞの世界の生き物や? せやからそいつはれっきとしたX-NFT、このわい専用の神具羅や! 使い方は、推して知るべしっちゅうもんで……のう?」

「ぐぐっ、ぎゃあ!! またあっ!? キンタマと見せかけて、おならの詰まった爆弾じゃないか!! いきなり爆発したぞ!? うわあっ、くさいくさいくさいくさいくさいっ!!! げほっ、げほほっ、うわああああああああああっ!!」

 いきなり両手の中でブシュウウウウウッ!と白い煙を吐き出すのに慌ててよそに放り投げるが、目の前が真っ白に染まるタヌキは鼻を押さえて身もだえるばかりだ。

 凄まじいばかりの悪臭が鼻から脳へと突き抜ける!

 精神が崩壊するのではないかと思うほどの精神的苦痛と恐怖が頭の中に稲妻のように駆け巡った。

 いっそのことギブアップしてしまいたいところだが、そこはあいにくルール無用のゾンビバトル。

 どこにも逃げ場などない。

「なんだよっ、こんなの反則過ぎるよ! 近くても離れてもこっちの手出しのしようがないじゃないか!? 俺、このままじゃ頭がおかしくなっちゃう! もう逃げるしかないよ、さもなきゃ、コバヤさんを思いあまって殺しちゃうかも??」

「言うたやろ、気を抜いとるからや。おんどれ、日頃芸人としても受け身ばかりでじぶんからそないに攻めることがおよそあらへんよな? ひとの言いなりやからそないなことになりよる。あと脳みそにダメージを食らわすわいの屁ぇは冗談抜きで自我が崩壊するぞ? 一発かませば街のタフなゴロツキどもが一瞬で正気をなくして挙げ句、何でも言いなりのかわいい下僕へと成り下がるからの! 警官やろうが坊さんやろうがみな一緒や!!」

「調教しちゃってるじゃん!! もはや変態だよただの!! コバヤさんの下僕だなんてそんなのまっぴらだ! マジで逃げなきゃっ、ちょっとタンマ! ちょっと体勢を整えるからそこで待ってて! ちゃんと考えて出直してくるから! でもぜったいに一泡吹かせてやるからね? あ、声を荒げたらまた吸っちゃった、くっさいおなら! もうやだあっ!!」

「好きにせい! そやったらせいぜいそのない頭を振り絞ってマシな反撃を見せてみいよ? 特別に今から10分やるからそれが過ぎたら楽しい鬼ごっこや」

 文字通りシッポを巻いて逃げ出していくタヌキを悠然と見送ってその場に仁王立ちするおじさんスカンクだった。

 このまま追い回してやるのも面白いかもしれないが、それではただのいじめに他なるまい。

 少し猶予を与えてやって、改めて逆襲に来たところに自慢のカウンターを食らわせてやるのがいいとほくそ笑む。

 そうしてタヌキの気配が遠のいたところでこれと入れ替わるように他の気配が、間近からピリリと乾いた電子音が鳴った。

 これにみずからのふところに手を突っ込むスカンクが濃い胸元の体毛から取り出したのは、それはよくある普通サイズのスマートホンだ。
 バケモノのごつい手では扱いかねるが、今日日は音声で操作が効くからそう問題はない。

 呼び出し音がなったきりに沈黙するスマホにこちらから声をかけてやる。渋いオヤジのバリトンに、するとスマホからはやけに落ち着いた青年のテノールが響いた。

「おう、見とったか、クサカベ! おのれ今どこにおるんや? このわいが本性さらしてからさっさととんずらこきおって、おかげでオニザワが泣きわめいて逃げ出しおったぞ? まあ、ヘタに巻き添え食わんでおるためには身を隠すのは正解なんやが……」

『はい。コバヤさんのおならは空気よりもずっとその比重が重いから、まずは高い場所に避難するのが一番ですよね? 鬼沢さんは気づいているかわかりませんけど』

「ふん、おのれひとりで上階に退避したんか? 抜け目のないやっちゃ! だがあいにくオニザワはそういうわけにはいかへん。ここのエレベーターはどれも電源が落ちとるさかい、上へはフロア中央の大階段を使うしかあらへんが、そっちにはトラップを仕掛けて屁の包囲網を敷いとるからの! ん、ちゅうことはおのれもまだこのフロアにおるんか、クサカベ? はん、相棒が無茶せんように見張るつもりなら余計な手出しだけはするんやないぞ? あいつのためにならへん。以上や!」

『はい。でもおれは信じてますよ。鬼沢さんのこと。もちろん、コバヤさんのこともです。おいしいご飯をごちそうしてくれるんですもんね?』

「ふん、あいつ次第や。そやの、10分経っても出てけえへんかったら、おのれがわいの相手をしいや? それでチャラにしたるさかい。いやもとい、わいも信じてみよるかの? オニザワのことを。あのタヌキはあれでなかなかにやりよるのかもしれん。それだけのポテンシャルはおのれも見込んでおるんやろう?」

『はい。だからお願いします。引き出してください。鬼沢さんのポテンシャル、コバヤさんの男気ってヤツで……!』

「知らんわ」

 捨て台詞を吐いてスマホを懐にしまうコバヤカワだ。

 素っ気ない言いようでいながら、口元にはやけにおかしげにしたニヒルな笑みがある。

 スマホの声の主はさすがに戦い慣れしていてまるで気配がわからないが、もう一方のゾンビになりたての後輩の中堅お笑い芸人はちょっと遠くのほうからあからさまな気配が伝わってきた。
 
 時計で言ったらおおよそ二時の方角、このまままっすぐ歩いて行ったら間抜け面とぶち当たるのだろう。

「かっか、ほんまにかわいいやっちゃの! あほのタヌキが何をしとるのか知らんが、とにかく10分だけは待っといてやるわ。ちゅうてもこの姿ではあいにくタバコは吸われへんからなるべくはよう出てこいよ……!」

 がに股の仁王立ちでその場で待ち構える見た目がスカンクのバケモノは、遠くの柱の向こうあたりで何やらわさわさした気配がひっきりなしにあらい息づかいをともなってうんうんとうなっているのを楽しげな目つきで眺める。

 完全にバレバレなのだが、当の本人はそんなことまるで知らないで必死にあれやこれやと算段しているらしい。けなげなこと。

 かくして案外と面白いものを見せてもらえるのではないかとおかしな期待にちょっと楽しくなる先輩芸人だった。

「そうや、おのれも芸人のはしくれなら、せいぜい気張っておもろいもんを見せてみいよ、オニザワ! ん、あれ、なんや、もう終わったんか? 気配がもろバレやんけ……!」

 急に静まり返ったかと思ったら、どたどたした足音が視界の右奥のほうから聞こえて、あるところでこれがぴたりと止まった。

 不自然な静けさに直感的に上だと悟るコバヤカワだ。

 元は企業のオフィスビルはエントランスの部分が四階までぶち抜く吹き抜けで、この高い天井に一匹のひとがたのタヌキが舞うのを確認、腰を据えてただちに迎撃態勢に移る。

 中途半端な攻撃にはこちらのガスブラストのカウンターを当ててやると狙いを定める。後輩は勘違いしている節があるが、何も打撃を当てられなければカウンターが発動しないわけではない。

「そもそもが相手の攻撃をギリでよけながらこちらの攻撃を倍にしてぶち返したるのがカウンターの基本やろうが! おまえのぐだくだパンチじゃはなからろくな打撃にはならへんっ、ん、なんや、例のびらびらのマントが両手に、二刀流か?」

 あのタヌキの得意技の自由自在にカタチを変える白いマントが左右の手からたなびく状態でこちらめがけて落下してくるのをはじめいぶかしく見つめるスカンクだが、さして気にするでもなくどっしりとその場で体を正面に構えた。

「ほんま器用なのは認めたるが、しょせんはバカの一つ覚えやろ! ぐだぐだの風船パンチが二つになったところでなんも変わらへんわっ、おまけになんやっ、この根性無しが!!」

 落下の勢いをまんま利用して強襲かけてくるのかと思ったら、あっさりと目の前に着地したのに肩すかしを食らうコバヤカワだ。

 対するタヌキの鬼沢はむすっとした表情でがなり返す。

「見てから言ってよね! 俺なりちゃんと考えて最善のやり方を組み立てたんだから!! こっからだよっ、そら、行くよ!!」

 右手で翻した白マントを上手投げでたたきつけるようにぶちかます。白マントはただちに巨大なグーのパンチと化してスカンクの身体を狙い撃つが、あいにくそれが届くよりもスカンクの反撃のほうが早かった。

「あたらへんでもガスはお見舞いできるで! この太鼓っ腹におのれでリズムを刻めばそれが合図よ!! おおらっ……!!」

 大きく息を吸い込んでから利き手の拳をみずからの丸い太鼓腹に打ち付けると、それをきっかけにその身に付けた装束に複数ある通気口のような凹みや穴ぼこから真っ白い煙が噴射される!

 まさしく必中のタイミングだった。

 もはやよけようがないのがわかって一度は勝ちを確信するコバヤカワの表情が、だがそこで一変する。

 その場で泣きわめいて無様にはいつくばるはずのタヌキは、そのタイミングでここぞとばかりに今度は左手に掴んでいたもう一方の白マントをバサリと目の前に翻す!

 するとこちらはパンチではなくて真っ白い壁のような一枚のスクリーンが生み出され、スカンクから放射された白い煙幕をまとめてはじき返す。

 それは見事な盾の役割を果たしていた。
 
 とは言えニオイそのものを殺したわけではないが、次の攻撃に移るだけの時間は楽に稼げていた。

 白一色に染まった視界の向こうで、決死の覚悟のタヌキが息を荒げる。これが最後とばかりに渾身の力を込めて放つのだった。

「いくぞおっ! そおら、まとめてぶった切れぇええっ!!」

 それが一度は引っ込めた右手のグーパンチであることを推測するコバヤカワは、だったら真っ向から受け止めてねじ伏せてくれると恐い形相でこちらも高くうなりを上げる。

「ほんまにバカの一つ覚えやな!! いい加減に学習せいよっ、そないな貧弱パンチはこけおどしにもならへんちゅうことをっ……んんっ!?」

 壁をぶちのけてくると思われた巨大な握り拳はいっかなに姿を見せず、その代わり、不意に壁からこの上半身をさらしたタヌキが起死回生の思いを込めて繰り出したのは、上段からまっすぐに振り下ろされた力一杯のマントの一閃だ。

 その鋭さに目を疑うスカンクだった。

 目隠しにしていたマントごと空を引き裂く一太刀は、それまさしく日本刀の切れ味でコバヤカワの眼前を一直線にかけ抜ける。

 グーパンチの平たい横の面ではなくて、これを縦の線で一振りのカタナのような形状にして繰り出した攻撃、この意味と威力は思いの外の驚きをもってスカンクの亜人を沈黙させた。

 ……ゴトンッ!

 顔の前にかざしていたみずからの左手がスッパリと肘の付け根のあたりから見事に切り落とされ、手首ごと地面に落ちるのをおよそ他人事みたいに見つめてしまう。

 思わず漏らした呼吸に感嘆の色がにじんだ。

「フッ……やりおったわ……!!」

 少なからぬ驚きと興奮で顔が硬直していたが、この後の予定が決まったことをしっかりと頭では理解していたベテラン芸人だ。

 焼き肉パーティか、あるいはカウンターの寿司ざんまい……!

 今ならうまいタバコが吸えそうやわと口もとに笑みがこぼれかけるのに、だがあいにくで目の前のタヌキが顔面蒼白、ただちに仰天して魂消た悲鳴を上げる。

「ぎゃあああああああっ!? えっ、えっ、え、え、えええ!! コバヤさんの腕がっ、腕が、丸ごと落ちちゃった? うそでしょ、俺なにもそこまでやるつもりはっ、そんなつもりじゃっ、いいやあああああああああああああっっっ!!!」

 ごめんなさいごめんなさい!とその場に土下座する勢いで膝から崩れ落ちるのに、覚めた表情のスカンクはなにほどでもないとどこか浮かない返事だ。

「……ああ、かまへん。ゾンビやから、そないに騒がんでもすぐに応急処置しとけばきっちりと元に収まるやろ。ほんまきれいにスパッと切り取ってくれたからの。血も出てへんやろ? 今は頭の中にアドレナリンが出とるからそんなに痛いこともあらへんし、ほれ、そんならその腕拾うて、ここに貼り付けい!」

「ううっ、そんなで元通りになるの、ちゃんと? わわ、触るのちょっと気持ち悪いんだけど、わっわ……あの、怒ってない? 怒ってくさいおならとか、しない??」

「せえへん! とっととほれ、ここにひっつけいよ」

「わ、わわっ、なんかコワイな! うわあ、これでほんとにくっつけられるの?? うう、はいっ……!」

 平気な顔でちょん切られた片腕の赤黒い断面見せつけてくるスカンクに、完全に腰が引けてるタヌキがあわわと困惑しながら両手にした相手の腕を差し出す。

 ちょっとブレブレだったが、どうにかぴたっと断面と断面を合わせたところに背後からクマの気配が駆けつける。

 そうして皮肉屋のクマにしては珍しく興奮したさまでかけられる言葉には、ギョッとして声をうわずらせるタヌキだ。

「コバヤさん! 大丈夫ですか? 鬼沢さん、まさかほんとに一泡吹かせるだなんて、ビックリです! おれ、ちょっと感動しちゃいましたよ。気配を消して後ろからずっと見てましたけど!」

「は? ストーカーじゃん! おまえ、まさかずっとそばにいたの? ストーカーだよ!! 公式アンバサダーとは名ばかりの、ただの犯罪者じゃんっ、俺、そんなのとこの先やっていける自信がないっ……」

「ええから、腕、ちゃんと固定せんとうまいこと神経がつながらへんやろう? おまえのそのびらびらの神具羅で包帯みたいに巻かれへんのか、首から三角巾みたいに腕を吊る感じでよ??」

「ああ、鬼沢さんの能力はいろいろと用途が広いみたいですね? およそ布状のやわらかいものならなんでも自在に変形変化させることができるみたいな? てことは紙でもいいんですかね? あ、鬼沢さん、コバヤさんの身体には極力触れないように、腕だけを処置してくださいね。でないとまたアレが大量に出ちゃうから……!」

「アレとはなんや? 出物腫れ物所嫌わずとはいうても時と場合はちゃんとわきまえるぞ、紳士としてな! おお、おおきに、これでええわ、ほんまに器用やな、オニザワ、そんなに心配せんでもすぐに直るわ」

「ほ、ほんとに? ちゃんとした外科手術もしないでただくっつけただけなのに……! あ、指先、ちゃんと動いてる?」

 ひたらすきょとんとした鬼沢に、日下部が冷静な口調でぶっちゃけた発言する。さらに目がまん丸になるタヌキだった。

「見ての通りで、おれたちゾンビは人間よりもはるかに身体が頑丈で回復力が高いんですよ。多少の個体差はあれ、おれも鬼沢さんも首をはねられたくらいではきっと即死はしませんよ?」

「は? それは死ぬだろ、さすがに! てかどこでも拾ってくっつければ今みたいに元通りにおさまるの? もはやゾンビどころの騒ぎじゃないよな、それ……」

「まあええやろ。おまえは見事に壁を乗り越えたんや。それだけは確かやからの! 先輩の芸人としてもゾンビとしても、ほんまに鼻が高いわ。オニザワ、ようやった、マジでほめたるで!!」

「あっ、コバヤさん、て、あれっ?? ……あっ!」

「あ、コバヤさん、そんなことしたら、うわっ……くさ!!」

 反射的にバックステップでその場から退避する日下部が思わず鼻を押さえて嗚咽を漏らす。

 言えばがっちりと男と男の固いハグを交わしたコバヤカワと鬼沢だが、それによってスカンクの身体中から真っ白い噴煙が盛大にあたりに噴き上がるのだ。

 つまりはお互いに突き出た中年の太鼓腹同士が衝突しあって、まんまとスカンクのおならを誘発したのだった。

 タヌキからしてみればいい迷惑の大災害である。

「あっ、あ、くさ、くさいっ、ああ、だめだっ、臭すぎて目が回るっ、世界がぐにゃぐにゃしちゃってるっ、ああ、もうひと思いに、殺してっ、はあああああっ、くさいい~~~っ!!」

「おお、すまん! オニザワ、起きろ! まだこれからめでたい祝勝会が、あかん、コイツ、くたばってもうたぞ?」

 みずからの腕の中でくたくたと力なく崩れ落ちていくタヌキのゾンビに、なすすべもなくしたスカンクが地面にくたばる後輩をただ呆然と見つめる。

 悪気はないのらしい。

 これにちょっとげんなりした顔つきのクマがしかたもなさげに口を開く。疲れた感じで、ため息が混じった。

「コバヤさんのおならが臭すぎるんですよ! はあ、もういいです。ならここはもう解散として、鬼沢さんはこのおれが連れていきますから、コバヤさんはその身体をちゃんと癒やしてください。とりあえずアイテムを置いていきますよ。腕を一刀両断にされたのはダメージとしてはやっばりでかいですから、ちゃんとそれなりの療養をしてください」

「ふん、例のこのわいの地元の関西で噂になっとった〝グリーンストーン〟ちゅうやつか? あるいはクリスタルやったか? 気のせいかぶさいくヅラの芸人コンビがこぞって東京に進出してから、こっちでもやけに出回るようになってきたのう?」

「知りません。守秘義務がありますので。でもその話しぶりだとおおかたの見当が付いてるみたいだから、ご自分で確かめてみたらいいんじゃないですか? 同じ事務所の後輩お笑いコンビさんだったらなおさらです」

「しっかり言うとるやんけ? なんやあいつら、ちゃっかりとオフィシャルを公言してからこっちよ来よったんやったな? 世間的にはバレてはせえへんものの、ほんまに難儀なこっちゃで! ええわ、それじゃオニザワは任せたで、クサカベ、将来性のある相棒ができて内心でさぞかしニンマリしとるんやろが、そうそう簡単にはいかへん。せやからやるなら最後までしっかりと面倒見てやれよ……」

 ずいぶんと含むところがあるよな口ぶりで意味ありげな目つきを差し向けるスカンクのベテラン芸人に、まだ若手の芸人はクマの真顔でしっかりと頷いた。

「……はい。そのつもりです。コバヤさんこそ、おひとりであまり無理はしないでくださいね? いつだっておれたちはあなたのこと……」

「知らんわ」

 戦いが終わって自然とあたりの照明が消えていく。

 その暗い闇の中にきびすを返すコバヤカワだ。

 それきり何も言わずに廃墟の中へと消えていく。

 ぷっつりとその気配が途切れたのを見届けて、いまだ地面にくたばるタヌキへと注意を向けるクマ、ならぬ日下部だ。

「さてと、今日はもうここまでですよね。鬼沢さん、とにかく家の前までは送りますから、後はじぶんでうまいことやってくださいよ? 間違ってもシッポとか家族の前で見せたりしないように。たぶん、見えないとは思うんですけど……よいしょっ」

 気を失って自然と身体のサイズがもとの人間のそれへと戻っていく鬼沢に、おなじく人間の姿に立ち返る日下部。

 先輩の芸人を背負って廃屋の出口へと歩き出す。

 夕方の夕日をバックにだったらさぞかし絵になるのだろうが、あいにく今はまだ明るいお昼過ぎだ。

 日差しがまぶしかった。

 おかげでこのおかしな状態が人目につくことを嫌気した後輩芸人は、大股でたったの三歩進んだところで懐から自身のスマホを取り出すこととあいなる。

 帰りは無難にタクシーで送ることに決めた。

 かくしてお笑い芸人の、およそお笑い芸人らしかずしたそれはドタバタした日々が始まるのだった。

 前途は多難だ。

 タクシーの運転士から異様なニオイがしていないかと乗車拒否されかけるのを懸命になだめながら、大きなため息が出るオフィシャル・ゾンビの公式アンバサダー、日下部であった。


                 ※次回に続く……!

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル Official Zombie SF小説 オフィシャル・ゾンビ キャラクターデザイン ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」09

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

オフィシャル・ゾンビ 09

 これまでのおおざっぱないきさつ――
 ある日いきなり人外の亜人種である〝ゾンビ〟の宣告をされてしまったお笑い芸人、鬼沢。おなじくゾンビにして、その公式アンバサダーを名乗る後輩芸人の日下部によってバケモノの正体を暴かれ、あまつさえ真昼の街中に連れ出されてしまう。
 そしてその果てに遭遇した、おなじくゾンビだという先輩のお笑い芸人、コバヤカワには突如として手合わせ、実地訓練がてらの実戦バトルを強要され、初日からまさかの〝ゾンビ・バトル〟へと引きずり込まれてしまうのだった…!


 時は、ある休日の、それはうららかな昼下がりのこと。

 戦いのはじまりを告げるゴングもなしに、いきなり〝バトル〟がはじまった……!

 舞台は、閉鎖されて人気のない廃屋と化したオフィスビル。

 ギャラリーは、見てくれのおかしなクマがただの一匹。

 そんな中で相対するは、有名なベテランのお笑い芸人と、正体不明のタヌキのバケモノだ。

 タヌキは顔こそタヌキだが、この身体はまさしく人間のそれでかつかなりの大柄、しっかりと二本の足で地面に立っている。

 それはまたこれを見守るクマも同様だ。

 もはや完全にとっちらかった状況で、完全にパニくったタヌキ、その実態は中堅お笑い芸人の鬼沢が裏返った声を発する。

「い、いきなりなんだよっ! かかってこいって、何が何だかさんっぱりわかんないじゃん!! コバヤさん、俺、きっと手加減なんてできないよ? だってまだこの自分の状況にも慣れてないし、納得もできてないのに、バトルだなんて正気の沙汰じゃないっ! おい日下部、おまえも黙って見てないでなんとか言えよ!?」

 そう思わず助けを求めようにも、黙ったきりのでかいクマはむしろ一歩、二歩とその身を背後へと遠ざけるのみだ。

 完全に外野に徹している。

 目の前でズイと一歩、足を踏み出すオヤジが渋い声で言った。

「おう、いい加減に観念せい! オニザワ、今さら泣き言なんて言うてもしゃあないで、見た目ばっかりでゾンビはつとまらへん! 実際に能力を発揮せにゃ、おのれはこの先、生き残ってはいかれへんのやさかい。ほな、とっと覚悟を決めい!!」

 強い語気で迫られて、でかい図体の腰が引けて仕方ないタヌキの鬼沢は、毛皮で覆われた獣の顔面に濃い苦渋の色を浮かべた。

 おまけキバをむきだして相手を威嚇するのは、果たしてそれが野生の動物の本能なのか、はたまたおのれの内の闘争心がなすものなのかもわからない。

 するとこれを傍から冷静に見つめるクマ、さながらリングサイドのセコンドよろしくした日下部が言った。

「別に殺し合いをしろと言っているわけではありませんから、できる限りでいいんですよ。鬼沢さん? 本気でやっても目の前の先輩は、きっと互角かそれ以上にやり返してくれます。このおれが保証しますよ。かく言うおれも、以前はずいぶんと苦戦しましたからね?」

「はっは! そうや、あの時の決着、今ここでつけたろうか? そこのしょうもない腰抜けのタヌキをちゃっちゃと張り倒して、そうや、こないなもんに三分もかからへんのやさかい!!」

「さ、三分? え、でも俺、今、こんなんだよ? 確かにコバヤさんて男っぽくてワイルドなキャラで売ってるけど、格闘技でそこまで強いだなんてイメージはないんじゃない?? でも戦うって、俺はどうしたらいいんだよ?」

 とりあえずファイティングポーズを取ってはみせたものの、その先のアクションがまったくもって想像つきかねる鬼沢だ。
 先輩芸人の怒声が響く。

「ええから! おのれの身体と心の向くままにやってみい、考えるよりも感じてその身のなすがままにや! おのれがまごうことなき真のゾンビなら、その見てくれと特性に合ったおのれのやり方っちゅうもんが、おのずと見えてくるやろ?」

「は、え、いや、何がなんだかさっぱりわからない……あ、あれ?」

 正直、何がなんだかさっぱりちんぷんかんぷんの鬼沢だが、自然と利き手がその腰のあたりにあった大きな腰袋みたいなものをまさぐっていて、そこからいざ取り出したものに目を丸くする。

 ごつい指先には、ぴらり、といつぞやの白いハンカチらしきがつままれていた。用途がまるきり不明な、およそ見た目と実際のサイズ感がまったくもってそぐわないアイテムだ。

 それを間近で認めるオヤジの先輩芸人がちょっと小馬鹿にした感じで喉仏をクックと鳴らすのには、思わず内心で焦る鬼沢だ。
 はっきりと顔に出して声がすっかり裏返っていた。

「なんや? いきなりそないなハンカチなんぞ持ち出しよって、手品でもしようっちゅうんか? はん、笑わせよるわ、よもやそないなもんがおのれの特殊能力なんか?」

「能力って、そんなの俺が知るわけないじゃない! こんなの手を拭く以外の使い方なんてなんにも思いつかないもんさっ、あ、だからなんでこんなにでかいんだよ!?」

 指先で軽く振って開いたはずの一枚のハンカチが、その実やたらな大きさとボリュームでもって目の前にばさ、ばさり!と広がるのに、またしても困惑することしきりだ。

 シーツよりももっとサイズがでかい感じで、いっそ漁船の大漁旗のようにたなびく白い布に、えっと目を細めるベテランは声を震わせる。

「おいおい! なんや、マジでやるんか? 手品!! おいオニザワ、その見てくれでその芸人根性は見上げたもんやが、褒めてはやれん、ちゅうか死ぬぞ、マジで? そないなシャレが通じるような甘ったれた世界やあらへんのや、わいらみたいなゾンビの生きる獣道は!!」

「知らないよ! やるわけないじゃん!! 手品なんて知らないし、このハンカチはなんて言ったっけ、その、エックスなんたらっていう、なんかよくわかんないけど特殊なアイテムなんでしょ? でも使い方がさっぱりわからない!! それでも持ってるとなぜか安心感があるから、悪いけどこれで戦うよ、俺!!」

「はあん、ゾンビのみが持ちうる疑似特性物質、それすなわち人呼んでX-NFT、いっちょまえに〝神具楽(カグラ)〟なんちゅうもんを扱えるのか? だが使い方がわからないならただの宝の持ち腐れやろ、そないなもんでどうやってこのわいにダメージを与えるっちゅうんや?」

「知らないよ! ただのでっかい布だもん!! でも使いようによってはどうにかできるもんなんじゃないの? そうだヘタに棍棒なんて持たされるよりかよっぽどこの俺の性に合ってる! 俺、暴力とかほんとにキライなんだよ!! 格闘技もマジで大っキライだ!!」

 派手にたなびく白いマントを利き手で振り回してオヤジの芸人を牽制するタヌキだ。まさしく闘牛士のマントさながらだが、これを傍から眺めるクマが思案顔して思ったことを口にする。

「こんな屋内で風もないのにバサバサと良くはためきますね? まるでみずから意思を持ってるみたいだ、あるいは鬼沢さんの意思を反映しているんですかね? なるほど、だとしたらこれって本当に使いようだ……!」

「ふん、そいつ自身が自然と身の回りに風を起こせる、〝風の属性持ち〟なんちゅうこともありよるんやないのか? そうやとしたらこのわいとは相性がすこぶる良くないのう! やりづらあてしゃあないわ!!」

「コバヤさんもどちからと言ったらそっち側の体質ですもんね? これはどうやら思いの外に面白い戦いになりそうです。ならばしっかりと見届けさせていただきますよ」

「おうよ、よう見とけ! しのぎを削る男と男の熱い生き様、しっかりとその脳裏に焼き付けとき! 見物やで!!」

「なんだよっ、俺はまだなんにも納得できてないんだから! とにかくどうすればいいんだよ、コバヤさんに一発入れればいいのか? てか、いいのか他事務所の先輩にそんなことして!?」

 かなり自暴自棄になりかけてるタヌキがシッポをぶんぶん振り回して、利き手の白旗もぶんぶん振り乱してはわめき散らす。
 覚めた目で見るクマがまた平然と答えた。

「はい。どうにか頑張って善戦してもらえれば……! いきなりあのコバヤさんに参ったを言わせるのはさすがに無理でしょうけど、あのひとがそれなりに手応えを感じられればそれでたぶん御の字です。おれも公正中立な立場と目で見ていますし」

「おう、ええから全力で来いやタヌキ!! まずはこの人間の姿のままのわいと互角にやりおうて、無様な赤っ恥をさらさなければOKや! おまけ万一にもわいの本性を暴くことができれば万々歳、褒美にうまいもんたらふくおごったるぞ! そこの立ち見のクマ助も込みでやな、せやからどうかこの他事務所の先輩さまにいい先輩ヅラをさせてくれや!!」

「なんだよっ、わけわかんないよ!! 俺は暴力なんてものとは真逆のキャラで、この先はもっと家庭の主婦とか安定した家族層の支持を取り付けたいと思ってるんだから、こんなのPTAとかから嫌われちゃうじゃないか! お笑い芸人がやるようなことじゃないよっ!! ああっ、もう、この、このっ!!! ちくしょう俺、きっとコバヤさんのことキライになっちゃうからねっ? あと日下部、もちろんおまえもだぞっ!!」

 毛皮で覆われていても顔面真っ赤なのがわかる鬼沢の血相に、憎らしいことどこまでも落ち着き払った日下部はいかつい肩をすくめてみせるのみだ。もう余計な茶々は入れないでじっと静観することに決めたらしい。

 荒れた言葉と一緒にバサバサと激しくはためく一枚のマントかカーテン、もしくはベールと言えばいいのか?
 薄っぺらい布が無闇に鼻先をかすめてそのたびに風を巻き起こすのを、少しめんどくさげに見やる先輩芸人のコバヤカワはやがて小さく舌打ちして喉を鳴らす。

「なんや、こうしてよう見てみるとマジで邪魔なビラビラやの? だが要はただの一枚の布っキレやろ? ゆうてしまえば! だったらかまわずひったくってしまえば、おおっ! 待て待て、マジで意思があるんか? こっちが手を伸ばした途端に引っ込みおったぞ! あるいはおんどれ、マジで手品をやっとるんか??」

「やるわけないじゃん!! でもなんかコツがつかめてきたぞ、ほんとにこの俺の思う通りに動いてるみたいだ、理屈がさっぱりわからないけど! 触った感じの感触じゃ、どうやら柔らかくて伸び縮みがするけっこう丈夫な布っぽいから、これならきっとカタチも自由に変えられたりするのかな、えっと……!」

「なんやっ!? おい、今っ、一瞬、へんな感じに形を変えよったぞ? どえらいブサイクな、バケモンみたいな?? コイツは、ひょっとしておまえの顔か、オニザワ!?」

「は? ブサイクで悪かったね!! んなわけないじゃん!! そうじゃなくて、もっとこう、こうゆうカンジに!!」

 利き手で掴んだ布とは逆の空いているほうの左手の拳にグッと力をこめて、何やらそのイメージを送り込んでいるらしい。

 一枚の薄っぺらい布が、やがて大きな袋のように丸くなったかと思うと、やがてそこに微妙な凹凸を刻んでそれはそれは大きな握り拳のような形へと変化する……!!

 タヌキがただちに大きな歓声を上げた。

「やったね! これぞでっかいグーパンチじゃん!! 俺の思ったとおりだ、接近戦でいい年こいたおじさんとボコり合いだなんてまっぴらごめんだから、これで距離を取って応戦できるもん! あとこのぶにぶにの風船パンチなら、コバヤさんにケガをさせることもないでしょ? ははん、俺ってあったまいい!!」

 悦に入ったさまで胸を反らせるタヌキに、対するおやじがだがこちらもニヒルにせせら笑う。
 おまけ少しもうろたえるでもなく目の前のでかい握り拳に、みずからの右パンチのストレートをかましてくれるのだった。
 大きいだけで中身が空っぽの布製特大パンチはいともたやすくはじかれる。

「ふんっ、こないに中身のすっかすかな空洞パンチ、怖いことなんてなんもあらへんやろ! かまわずに間を詰めてクロスレンジでのドツキ合いに持ち込むだけやっ、なんや、おのれはもうちょい能がある芸人やと思っとったが、がっかりやぞオニザワ!!」

「うるさいなっ! 世の中、殴り合いばかりが能じゃないでしょうっ? あとその目の前にあるのがただのグーパンチだと思ってたら、そんなの大間違いだからねっ、コバヤさん! なんならその証拠を見せてあげるよっ、せえーの、そうれっと、はい!!」

「ん、コイツは……うおおっ!! なんやこれはっ? まさかこないなことになりよるとは、オニザワ、おんどれ器用にもほどがあるやろっ! たまげたわ!!」

「へっへん! どんなもんだい!! さあ、そんな油断してるからだよ、コバヤさん? その状態じゃもうパンチもキックもできないし、降参するしかないんじゃない? ならここはめでたくこの俺の勝ちってことで……!!」

「…………」


 傍で見ているだけのクマ、日下部にしてやったり顔でニンマリした視線を送るが、当の黒茶のクマの亜人は黙ったきりだ。
 気のせいか、あんまり冴えないような暗い顔つきしている。

 妙な違和感を感じるタヌキの亜人の鬼沢は、目の前で戦闘不能のはずの先輩芸人に視線を戻した。

 するとどうしたことか、そのコバヤカワは口元にさっきよりもさらに不敵な笑みを浮かべて、喉仏をクックと鳴らしている。

 はじめただのグーのパンチと見せかけた巨大な風船パンチが、実は握っていた拳を大きく広げてパーに、さらにその開いた五本の指をすかさず相手の身体に絡ませて、再び握り込むカタチに変形、しっかりとその身を拘束していたはずなのだが、相手は少しも動揺したそぶりがなくてむしろ余裕のありさまだ。

 怪訝に見る鬼沢に先輩のお笑い芸人が言った。

「まあ、こないなもんは力で無理矢理引きはがすこともできなくはないんやろうが、とりあえずほめてはやるぞ、オニザワ! だがあいにくまだ勝負はついてはおらへん、おお、むしろこっからや。よう見とき、真のゾンビのありさま、他に類を見ないおっそろしい戦いようっちゅうもんを今からおのれに教えたるさかい、その五感でしっかりと体感せい!! ゆくぞっ、おおらぁっ……くらえっ!!」

 がっちりと巨大な拳でその身体をがんじがらめにされたはずのベテラン芸人がその身を震わせて雄叫びを発する。

 その瞬間、鬼気迫るようなやたらな迫力を感じたが、目の端ではクマ、同業の若手芸人がその身をビクとこわばらせるようなおかしな気配も感じた。

 そちらに目をやるとそこにはもうそのクマの姿はなかった。

 いきなりこの姿をくらます、さながらその場を慌てて逃げ出したみたいなありさまに大きな頭をはてと傾げる人間タヌキだ。

 またおまけにこの直後、目の前からは何やら巨大な、爆発音みたいなものがいきなりのタイミングで巻き起こる……!?

 ぶるおおおおおおおおおっんんーーーーーーーーんんっ!!


「なに、今の音っ……!? なんだ、なんだ? な、な、なっ! く、くさっ!? あれ、なんだコレ、まさか、へ、く、くっさ、くさあ! くさいっ、くせっ、なんだよこのニオイっ、くさいくさいくさいっ!! あああっ、くさいいいいいいいいっ!!?」

「ぶわははっ、どうや、手も足も出んでも出せるものはあったやろ? ピンチはチャンス、これぞまさしく形成逆転のどんでん返しや!! まだこの姿のままやから死ぬほどっちゅうことはあらへんが、これからトラウマ級のヤツをお見舞いしたるぞ? おのれがここまで気張ったのに免じて、このわいの隠された本性を見せたる。そんでもって格別くっさいヤツをブッこいたるわ!!」

「ひいっ、ひい! くさいっ、くさいっ、息ができない! なにこれ、なんなのこれ! ああっ、くさすぎるっ、信じられない、コバヤさん、今、屁をこいたのっ!? あのバカみたいなでっかい爆発音っ、うそだっ、こんなの人間のおならのニオイじゃないよっ、かいだことないもんっ、こんなに強烈なの!! ああっ、だから日下部も逃げたんだっ、ずるいぞ日下部っ、誰か助けて! 死ぬっ、死んじゃうっ、くさいし、息できないし、メンタルもうボロボロだっ、苦しいっ、くさっ、くるし、くさっ、くさっ、くさあ、くっせええええっっ!! 鼻が死んじゃううっ!!!」

「おい待て、落ち着け! まだこれからやぞ!! これからこのわいのかっちょいい勇姿を拝ませてやるんやから、目と耳をかっぽじってこっちに注目せい! おい、そこまでやあらへんやろ? 不意打ちとはいえちゃんと手加減してやったっちゅうんや!! おんどれアホちゃうか? そやったらその手にしてるびらびらのマントで周りの空気を振り払えばええっちゅう話やろ!! ついでにそのまるで役に立たへんぶっといシッポもぶん回せ!! おいコラ、話が進まへんやろ!!」

「ああっ、ああん、あ、そうか! あっち行け! くさいのくさいの飛んでけ!! ああっ、少しは楽になってきたっ、ああ、でもまだくさい!! うわ、マントにニオイが移ってるぞ? くせっ、これじゃこの俺の身体も臭くなっちゃうじゃんか!! くうっ、バラエティの罰ゲームでだってここまでむごい仕打ちは受けたことないのに、俺、訴えるからね? コバヤさんのこと! おならで殺されそうになったって!! こんなの殺人だよ!!」

「好きにせい! そないな訴えが通るんなら、世の中警察もなんも必要あらへんやろが? それよりも注目すべきはこっちやぞ、おら、しかと拝めよ、この漢(おとこ)の中の漢、ジュードーコバヤカワのいまだ知られざるパワフルマッチョな真の姿! そのありえへんほどかっちょええまさしくスーパーヒーロー的なビジュアルをな!!」

「あ、え、コバヤさんの身体が、見る見る内に見たことない姿にって、あれ、なんだ? これ、まさか……ううっ!?」

 仁王立ちして不気味な気配をまとう先輩のお笑い芸人は不敵な笑みがぐにゃりといびつにカタチを変えていく。

 鬼沢が目を見張って見ているさなか、人間のそれとはほど遠い色かたちへと中年のオヤジが変化変身するのだ。

 三人目の〝ゾンビ〟が覚醒するのを目の当たりにするタヌキは唖然としたまま開いた口がふさがらない。

 さながら悪夢を見ているかの気分だった。


 まずグロテスクなシルエットはそこに悪魔的なイメージを強く想起させる。鬼沢にしてみたらまさしく悪魔だったか?

 やがてそこには思いも寄らないものが姿を現した……!!

 
              ※次回に続く……!

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル Official Zombie OpenSeaartist SF小説 オフィシャル・ゾンビ お笑い コント ファンタジーノベル ライブ配信アプリ ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」08

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

オフィシャル・ゾンビ 08

 これまでのおおざっぱないきさつ――
 通称・ゾンビと呼ばれる人外の亜人種が陰でうごめく世界で、期せずしてゾンビの認定を受けてしまったお笑い芸人、鬼沢。
 おなじくゾンビにして政府公認のアンバサダーを名乗る後輩のお笑い芸人、日下部によってその本性であるタヌキの姿に変身させられ、あまつさえ屋外に追い出されてしまうのだった。
 クマのバケモノと化した日下部とタヌキの鬼沢、呆然と立ちすくむお笑い芸人のもとに、果ては思いもよらぬ人物が現れて…!

 はじめの平和な家族連れでにぎわう都心の公園から、今現在はがらりと場所が変わって、ここは先の憩い広場からは徒歩でほどもなくした同じ街中の一画。

 とあるビルの内部だ。

 ただし人の気配がどこにも感じられない、言うなればとうの昔に放棄されたのであろう、一棟の大きな廃ビルの中であった。

 元はそれなり大きな企業のオフィスビルとおぼしきものだが、建物そのものがすでに遺棄されてひさしく、ほこりっぽいフロアにひとつもものがないがらんどうなさまは、そこに一抹のわびしさと不穏な気配のごときものをじっとりと醸し出していた。

 ひとつも人工の明かりがない空間は実際はさぞかし広いのだろうに、天井から床までびっしりと暗がりで塗りつぶされているため、まるで見渡しが効かない。

 その雑草だらけですっかり寂れた玄関口には〝立ち入り禁止〟の大きな立て看板があり、しっかりと封鎖されていたのだが、この正面口から堂々と中に侵入する中年の男の背中に続いて、のっしのっしとでかい足を踏み入れるふたりのゾンビたちだ。

 そこでは人目を気にしないで済むぶんにこれまでよりずっと落ち着いていられたが、見通しが悪く薄暗い建物の中に見知ったはずの人影を探して怪訝な顔つきをせずにはいられない、現在絶賛タヌキのお化けに変身中の鬼沢だ。

 隣で息を潜める日下部、見た目はいかついクマの化けものにちらと視線をくれるが、後輩の芸人にしてオフィシャル・ゾンビの政府公認アンバサダーめは憎らしいこと何食わぬ顔でおなじくその第三の男の挙動をぼんやりと眺めている。

 何か文句のひとつでも言ってやろうとしたところに、いきなりこのあたりの景色がパッと明るく開けた。
 これにはただちにビクっと背後に垂らした太いシッポを逆立てるメタボ体型のタヌキだ。
 内心で平静を装っていてもいざこういうところに出てしまうのは致し方がないことなのだろうか。

 ここは廃ビルなのだから電源などはとうに落ちているはずだ。

 それにも関わらず、天井の明かりが煌々と灯ってその廃墟のありさまをはっきりと照らし出すのに目を丸くしてしまう。

 白っぽい人工の照明は、その広いエントランスのほぼ真ん中に立つ昔から見知った男の姿もそこにはっきりと照らし出した。

 不敵な笑みを浮かべてこちらを見ているおやじ……!

 男は自分たちと同業の業界人で、〝お笑い芸人〟だった。

 おまけにかなりのベテランで、有名人だ。

 この中でもタレント・ランキングだとか言ったものではダントツの認知度と人気があるのではないかと素直に認めてしまう鬼沢は、ごくりと息を飲んでその年配の先輩芸能人の言葉を待った。

 男は見た目で言えばいわゆる中年のおっさんで、だいぶ中年太りしたいかつめの身体に街中ではあまり見慣れないような、いかにも芸能人ふうなちょい奇抜なファッションなのだが、かろうじて全体を渋くまとめた色使いでギリOKっぽい衣服をその身にまとっている。

 かなり個性的なキャラで知られる芸歴が長いベテラン芸人にはいかにも似つかわしいが、じぶんならちょっとハードルが高いなと内心、覚めた目つきで眺めてしまう後輩芸人だった。

 このあたり隣の若手くんの目にはどう映っているか?

 何はともあれ口元に男らしい口ひげを蓄えたオヤジは低くて渋い、そのくせによく通るバリトンの美声で乾いた廃ビルの空気をビンと震わせてくれる。


「おう、よう来たな、後輩のゾンビども! もとい、芸人ども! ああそうや、ここは見てのとおりで余計な人目を気にせんでええさかい、せいぜい楽にしとけや。ちなみに政府公認の廃ビルで、ゾンビさま専用の容れ物やからなおさら遠慮はいらへん! このわいのお気に入りの〝秘密基地〟や。ちゅうても実際はみんなのものやさかい、おのれらも自由に使ってかまへんのやからの」

「……?」

 二匹の化け物を前にしてもいささかもビビることなく鷹揚な態度のおやじの言いように、なおさら怪訝にその太い首を傾げるタヌキだが、この横のクマがしれっと言うのだった。

 わかりやすく説明してくれる。

「はい。廃ビルや廃工場をそのまま秘密裏にゾンビ機構のものとして国が収容かつ管理しているんですよ。ちなみに都内に同様の物件がいくつも存在したりします。見た目はボロボロでもちゃんとライフラインは生きているから、身を潜めるにはうってつけですよ。ここは規模としてはかなり大きいものですし。裏手の広い裏庭も含めたら、合宿とか特訓とかもできたりしますよね?」

「へえ、そうなんだ? てか合宿って、なに? 特訓なんて俺しないよ。で、目の前にいるあの先輩は、俺、ちょっとビックリしちゃっているんだけど??」

 感心するよりも半ば呆れた感じで大きな頭を頷かせるタヌキが横のクマから目の前のおじさん芸能人へと視線を泳がせるのに、当の本人がニヤリとした意味深な笑みでぬかしてくれる。

「なんや、クサカベ、まだゆうてへんのかこのわいのこと、オニザワに? あー、ちゅうか、そっちのクマがクサカベで、そっちの間抜け面のタヌキがオニザワでええんよな? なるほど立派なゾンビっぷりやが、まだちんちんに毛が生えたての新人くんやろ、シッポの落ちつかない揺れかたがかわいいてしゃあないわ! ほなはよ慣れえよ。傍で見ててあぶなっかしいてしゃあない、収録中もシッポが見え隠れしてたりするやろ、ほんまにの!!」

 豪快な語り口で明るく茶化した言いようでありながら、最後のあたり聞き捨てならないぶっちゃけ発言があっただろう。

 またしてもシッポがビクンと跳ね上がる鬼沢は背中にぶち当たるこのみずからの身体の一部に困惑しながら声を荒げる。

「は? シッポが見え隠れって、そんなわけないじゃないか! 俺こんな姿で収録に参加したおぼえなんて一度もないもん!! それこそ騒ぎになっちゃうじゃん!!」

 これには依然として平然と横に突っ立つクマがすぐさま納得したしたり顔でうんうんと同意。

「ああ、確かにシッポ、時々見えてたりしますよね、鬼沢さん? 本人自覚してないし普通のひとには見えないから問題ないんですけど、この業界、実はゾンビのシッポがはみ出ちゃってる放送事故は結構あるあるです。収録に参加してるゾンビ側からは丸見えですものね? かと言ってその場じゃ注意もしずらいし」

「ああ、ヘタに言うて意識してもうたら、最悪見えんはずの人間にまで見えることになりかねん。カメラに抜かれでもしたら即アウトやろ! いかついシッポの形状からさぞかし年季の入った古だぬきなんやろうと思ってたんが、ずばり的中しよったな! その姿はかなりもんで霊格の高いどこぞやの〝氏神さま〟みたいなもんなんやろ? さてはおまえ、そないなもんにたたられるようなバチ当たりなことをしよったんか、どこぞのロケ先で??」

 しったふうなことをずけずけと言ってくれる先輩に狼狽せずにはいられない鬼沢だ。口から泡が出る勢いでわめき散らす。

「し、知らないよ! 俺は身に覚えなんか何もない!! こんなの何かの間違いに決まってるよ。そうとも俺はただの被害者だ! 無実なんだって! いいや、そう言うコバヤさんだって、俺、知らなかったけど、その、ゾンビ、だったの? でもそうなるんだよね? コバヤさんはコバヤさんの姿のままだけど、でも……」

 ここまでの道中のことをそれと思い出す鬼沢だ。
 困惑の色を深めるタヌキは目を寄り目にして深く考え込む。
 コバヤと呼ばれたオヤジのベテラン芸人は何食わぬ顔で大きく頷いた。

「そや! これまでの経緯を見てもうわかったやろ? ひとには不可視のゾンビのおまえたちを率いてここまで来よる道すがら、こないな有名人さまを指さす人間がひとりもおらへんかったっちゅうあたり! もはや不自然に過ぎるっちゅうもんや」

「やっぱり、見えてないんだ? 俺たち同様、みんなにはコバヤさんのことが?? でもいたって普通の人間のカッコしてて、今のコバヤさんはどこもゾンビっぽくはないんだけど……?」

 やや納得しかけてそれでも何か心に引っかかる鬼沢に、すまし顔の日下部が横からさらなる注釈を付け加える。

「ある程度の経験値を積んでゾンビとしてのレベルが上がれば、わざわざその姿に変身しなくてもステルスをかけることはできるようになりますよ。ひとにもよりますが。あと何を隠そう、コバヤさんはこっちの方面でもベテランで、有名人ですからね?」

「ふん。あいにくとおのれのようなオフィシャルとはちごうて、ただの野良の一匹狼のゾンビやがな! いいや、そもそもがわいらみたいなゾンビに公式も非公式もあらへんやろっ」

「まあ、できたらコバヤさんもオフィシャルになって欲しいんですけど? 世間に潜伏するナチュラルのゾンビたちを見つけ出して野放しにしておかないのがおれたちの仕事でもあるわけだし」

「ナチュラル? なにそれ? ゾンビってそんないくつも種類があったりするの?? 俺が、なんだっけ、えっと、オフィシャルで、コバヤさんはまた違うんだ? いわゆるカテゴリー??」

 初めて聞くことだらけで何をどう理解していいやらさっぱりわからない鬼沢が視線を右往左往させるのに、何やらひどいしかめ面する熟年芸人が途端にこの語気を荒げた。
 キビシイ目線を目の前のクマに投げかける。

「一緒や! ただおのおのに主義主張が異なるだけで、区別する必要なんてどこにもあらへん。しょせんは国のお偉いさんがたの都合やろ? せやからわいはオフィシャルになんぞなられへんのやっ、この首に首輪をはめようなんぞまっぴらごめんやからの! クサカベ、よう覚えておけよ、この漢(おとこ)、ジュードーコバヤカワ、おのれの道はおのれで決める! せやかておのれらの守りたいものとこのわいの守るべきもの、そないに違いはあらへんやろ。世間からバケモノのとそしられても決して人の道は違えんのがあるべきゾンビの姿やからの……!!」

「はあ……。残念です。でもおれも諦めませんよ。それもまたオフィシャルの公式アンバサダーとしての勤めですから。今日からは鬼沢さんと二人がかりでコバヤさんの説得にかかります」

「え、俺? まだ何も納得していないんだけど??」

 タヌキがきょとんとした顔で真っ黒い鼻先をヒクつかせるのに、苦笑いの先輩芸人が意味深な目つきでそれを見返しながらにのど仏を鳴らしてくれる。
 その含むところがある言葉になおさらにきょとんとした顔で鼻先をひくつかせる鬼沢なのであった。

「好きにするがええわ。だが今はこの右も左もちんぷんかんぷんのゾンビ一年生のタヌキの世話が先やろ? そやからこのわいが呼ばれたわけでもあるんやし。なあ、オニザワ?」

「はい? えっと……」

「ええから任せとき。まずは実地訓練、実戦のバトルを体験するところからやろ! ゾンビには必須のスキルや。まあ、優しくしたるさかい、遠慮せんでかかってこい。あいにくギャラリーはそこののんきなクマ助だけだが、熱いエキシビション・マッチのはじまりや! 見物やぞ。動画に撮っておきたいくらいやわ」

「は??」


 事態は急転直下、何か思わぬ流れになりかけているのにひたすらきょとんとなる鬼沢だが、横からクマ、もとい日下部が真顔で言ってくれる。これまた急な物の言いだった。

「鬼沢さん、まずは慣れるところからです。これまでの通りに。ゾンビたる者、それは戦ってなんぼの世界でもありますから、頑張ってコバヤさんに食らいついてください。ちなみに強いですよ、コバヤさん、あのままの姿でも……!」

「はあ? おまえ、何言ってんの??」

「せやから相手をしてやるっちゅうてんのや、このわいが! おうタヌキ、ちんたらしとらんでさっさと来いや! この大先輩がいっちょもんだる、せやからおまえは気張っておのれの力を出せる限りひねり出して、どないなもんができるのかはよう慣れてものにせい。まずはおのれを知ることからや!!」

「は? コバヤさんも何言ってんの?? こんなわけわかんない状態でひとなんか殴れるわけないじゃん、おっかない! 普通の人間よりもずっと力があるんでしょ? 今だって大人と子供くらいも体格差あるし、先輩の芸人さんをケガさせちゃうわけにはいかないじゃん! 俺、そういうの嫌いだし」

「それは相手がただの人間だったらの話ですよ。今回はまったくの別で、むしろ通らなければならない道です。それこそがおれたちゾンビにとってのある意味、通過儀礼みたいなものですから。あとコバヤさんはほんとに強敵ですよ?」

「もうええ、百聞は一見にしかずや。習うよりも慣れよ! おいオニザワ、ごたくはええからさっさとその力を見せてみい、そしておのれの限界を知れ、このわいが教えたる。先輩の芸人として、ガチのゾンビとして、おのれの身体にたたき込んだるわ!!」

「わ、わけがわからないよ! 俺、ケンカなんて兄弟以外としたことないし、ましてや本気の殴り合いだなんて考えたこともない! プロレスだってまともに見たことないんだから!!」

「うっさいわ、ボケ! ええから、かかってこいやあ!!」

 怒号と悲鳴が交錯する。

〝人間〟対〝バケモノ〟……!

 ギャラリーがひとりだけの異種格闘技戦が幕を開けた。


        次回に続く……!