カテゴリー
DigitalIllustration Novel オリジナルノベル SF小説 Uncategorized ファンタジーノベル ルマニア戦記 ワードプレス

ルマニア○記/Lumania W○× Record #020

今回からの新キャラ&メカ!!


 #020

※これまでのあらすじ※

 海を越えて新天地の中央大陸に足を踏み入れるなり、海岸線から一気にその内陸部にあるという敵基地への進軍と奇襲攻撃、そしてこの地域一帯の占領。


 因縁続きの強敵たちとの海上の攻防戦から立て続けのハードな作戦が、だが意外にも、いともあっさりと遂げられてしまった。

 この作戦の先鋒部隊として突入したベアランドたちクマ族のアーマー小隊は、そこでこの大陸「アストリオン」の若手の正規軍兵士、ブタ族のタルクスと出会い、それに連れられてきたある重要人物、イヌ族のシュルツ博士とも無事に合流。


 その後に彼らの母艦であるトライ・アゲインとも合流し、今は完全に廃墟と化した元陸軍基地の滑走路に停泊する母艦の中で、それぞれがひとときの余暇を過ごしていた。


 Part1


 クマ族たちが属するルマニア軍の中でも、最大規模と性能を誇る、超大型の最新重巡洋艦のそこは広大なハンガー・デッキ。

 その中にいつの間にか見たこともないような巨大な人影があるのを、神妙な顔つきで見上げる、ふたりのクマ族の姿があった。

 どちらもクマ族の中ではかなり大柄で、共にしげしげと興味深げに見上げては、その二体の人型戦闘ロボットを観察している。

 その中のひとり、濃緑色のアーマーパイロットスーツにその身を包んだ若いクマ族が言った。


「ほんとにどこからどう見ても、どこにもさっぱり見覚えがない機体だよな、このどちらとも? 実際、どこの国の軍隊にだってこんなおかしな見てくれのアーマー、ありゃしないよね? てことは完全にオリジナルの機体なのかな??」

 そう心底いぶかしげにこの隣に立つクマ族、じぶんよりもさらに大柄でふとっちょなチーフ・メカニックマンに聞くのだった。

 すると聞かれたもう一方、メカニックマンのくせにパイロットスーツみたいなやけにがっちりとした作業着を着込んだ巨漢のクマ族、年齢的にはもういいおじさんのイージュンはさも気のない返事で答える。

 目の前の巨大な人型戦闘ロボに興味があるのかないのかわからないようなそぶりだが、本心はどうだかわからない。

「……オレも、こんなのは初めてお目に掛かったよ。できればどっちも全身バラして細かいところまで見てやりたいもんだが、これ以上仕事を増やされてもたまらない! かと言えあの機械小僧のおチビちゃんも、今はおまえさんのおばけアーマーにかかりっきりで、ろくすっぽ手が回らないんだろう?」

 じゃあどうするんだよ? と逆に冷めた目つきで聞かれてしまって、さあ? とばかりにみずからの大きな肩をすくめさせる若手のエースパイロットの隊長さんだ。

「まあさ、向こうさん、あの若いネコ族とゴリラ族くんたちもじぶんたちのアーマーには勝手に触らないで欲しいって話だったから、いいんじゃないのかな? アーマーを収容するデッキさえあれば、後はじぶんたちでやってくれるらしいよ。きっと慣れてるんだね♡」

「そんなもんかね? 言えば流しで戦場を渡り歩いてる傭兵くずれどもなんだろう? こんな見るからに怪しい珍奇なアーマーを道連れにしてちゃ、往生することばかりだろうにな……!」

 半ば呆れ混じりの言葉に、内心ですっかりと同意して苦笑気味にうなずくベアランドだ。


「いろいろと訳ありみたいだね。でもどうしてかうちのボス、艦長とも知り合いみたいなカンジだったけど? 違うのかな??」

「ああ、そういや我らが総大将の艦長さまがわざわざブリッジから降りてきたんだろう? あのならず者達に会うために?」

 やけに不可解げなメカニックマンのセリフに、こちらもさも不可思議そうに目をまん丸くして答えてやる。

「まあ、素性のわからない人間をおいそれと旗艦のブリッジに上げるわけにもいかないから、便宜上そうなったんだろうけど、詳しくはわからないな。あのふたりに聞いてみないことには。でもふたりともきょとんとしていたような? あんな大御所のスカンク族さまが、一方的な知り合いってことでもないだろうにさ」

 いいながらこの太い首を傾げて、ちょっと前のことに思いを巡らせるベアランドだ。

 そう、このじぶんの立ち会いのもと、デッキのブリーフィングルームで相対した老年のスカンク族の艦長と、若いふたりのアーマー乗りたちは、そこではろくに言葉をかわすこともなかったのだが、そこでふとしたひょうしに顔色を和ませる艦長どのが、確かにこう言っていたはずなのだ。

『ん、おまえたち、大きくなったな……!』

『??』


 それを傍でいぶかしく聞くクマ族なのだが、しかし当のネコ族とゴリラ族も、この目を互いに見合わせていた。

 あまり意思の疎通らしきは感じられない。

 果たしてこの艦長だけが得心したさまで、その場を後にするのだった。このあたり、たぶん当人たちに聞いたところで、わからないのだろうと推測するクマの隊長さんだ。

 しきりに正体不明のアーマーを見ているにつけ、横で不意にでかい身体を身じろぎさせるメカニックマンがささやいてきた。

「お、噂をすればなんとやらだ。やっこさんたちが戻ってきたぞ? てか、あいつらっておまえのとこにつくのか? それともあの口やかましいオオカミ野郎か? 面倒だからおまえのとこに入れてほしいな。第二小隊だったらこのオレの受け持ちになっちまう!」

 ちょっとイヤそうな口ぶりに、これまた苦笑いでそちら、右手に視線を流すクマ族の第一小隊隊長どのだ。

「ああ、ブリッジから艦長と一緒に降りてきたオペレーターのイヌ族くんに、この艦のおおよそのところを教わってきたんだろ? ちなみにふたりともぼくらとは独立した別個の部隊編成になるはずだよ。いきなり編入してもうまく部隊として機能するはずがないし、はじめは守備部隊くらいでいいんじゃないのかな?」

「それがいいな。仕事を増やされたくないし、アーマーを独立して運用するんなら、どうかデッキのすみっこでやってもらいたい。いつまでいるかも怪しいんだろ、ぶっちゃけ?」

「どうだか? できたら本人たちといろいろと話したいんだけど、あいにくで今はまた別のお客さんが来ているから……!」

「ああ、あの例のキチガイ博士さまか、ちんけなイヌ族の! ん、噂をすればこれまたなんとやらだ。お出ましになったぞ?」

 船幅が通常よりも倍くらいもある超大型艦の構造として、大きく左右に分かれたデッキを中央でつなぐセンターブロックにあるエレベーターから姿を現した、二人の新参者たち。

 そしてそこにまた新たな新参者、こちらはやけに小柄な人影がもうひとつのエレベーターから出現する。

 こちらはおまけでお供のブタ族を引き連れていたが、それを置き去りに早足で突き進むイヌ族の博士は、脇目も振らずでまっすぐにこちらに向かってくる。

 後から大慌てでこれに追いすがろうとするブタ族、名前は確かタルクスとか言ったはず若手のパイロットなのだが、いきなりけつまづいてはそれきりあえなくその場にいたゴリラ族とネコ族にとっ捕まっていた。なにやら騒動になっている。

 もはや独りよがりなイヌ族にはすっかりと見放されていた。

 新人同士のブタくんはいっそそちらに任せて、まずはこちらに向かってくる問題児のイヌ族と向き合うベアランドだ。

 隣のイージュンは浮かない顔でただじっと目配せしてくる。

 つまるところでお前に任せると言っているようだ。

 確かこのベテランの技術屋の師匠は、こちらのお抱えの若手技術主任とも共通で、おまけに同じイヌ族ながら問題の博士とは、それこそが犬猿の仲で有名だったはずだ。

 どうやら弟子の立場からしても苦々しい存在らしい。

 混ぜるな危険……!

 言われるまでもなくそれと察するクマ族だった。

 それだからリドルと博士には互いにこのことは伏せておこうと心に固く誓うベアランドだ。

「ほんとにこれ以上めんどくさくなるのは勘弁願いたいからね! うわ、すんごい真顔だな? 博士、どうも♡ ところで何をそんなに急いでいるんだい?」

 適当に当たらず障らずして語りかけてやったところ、すぐにもこの脇を通り過ぎる勢いの白衣の老人は、だがそこでピタリと立ち止まる。挙げ句こちらを見上げたかと思えば、つまらないものを見るようなひたすらな真顔で言ってくれた。

「ふん、おまえこそ何をそんなところでのんびりしているのだ? 時間は有限、一秒たりとも無駄にはできないものを……! ならばさっさとこのわたしをきさまのアーマーのところまで案内しろ。無論、主任のメカニックにも招集をかけてだな! この艦の構造からすればあちらなのだろう? ゆくぞ!!」

「あ、そんな急がなくても……行っちゃった!」

「いいから行ってこいよ、ゴリラと猫と、あとついでにあのぶぅちゃんの相手はオレがしてやるから!」

 ベテランのメカニックにそう促されて、やれやれとその場を後にするクマ族のパイロットだ。

 イヌ族の博士はシッポを左右に大きく揺らしながら遠くの角をさっさと曲がってこの姿を消す。

 いいトシなのに元気だよなあw。

 とか言いながら独りよがりで偏屈な博士が行った先でおかしな問題を起こしていないかを想像したら、自然とじぶんも早足になっていた。

 そして案の定、その先でやはりちょっとした騒ぎが巻き起こるのをリアルタイムで目撃した隊長さんは、またしてもやれやれとみずからの肩をすくめてしまうのだった。


  Part2


 いわく、弱い犬ほどよくわめく……!

 まさしくその通りで、角を曲がった先でそれはキャンキャンとやかましくわめき立てる小柄な白衣姿のイヌ族の老人博士に、内心でいささかげんなりとなるベアランドだ。

 そこにはまたおなじくげんなりしたさまのおじさんのクマ族たちがふたり、より近くにいるものだからなおさらに耳が痛そうな顔してこの老博士を見ていた。

 またおなじくクマ族でこちらはずっと若いクマ族の青年も、かなり困惑したさまで小柄な毛むくじゃらの犬族にいいように噛みつかれている。本当に噛みつきそうな剣幕に、苦笑いして仲裁に入る隊長さんだ。

「やれやれ、穏やかじゃないな? どうしたんだい、リドル、そちらの博士さまになにか失礼なことでもやらかしたのかい?」

 そうあっけらかんしとた軽口みたいにいいながら、実際にはそんなことはないだろうことは重々承知している。

 そんな苦笑いの小隊リーダーどのに、対して小隊のアーマーを一手に引き受ける天才的メカニックの青年、もっと言ってしまえば少年のクマ族は慌てて敬礼して返してくれるのだ。

 とっても律儀で礼儀正しいさまにまたしてもあははと苦笑いしてしまうベアランドだ。


「はっ、少尉どの! ああ、いえ、その、じぶんは何も失礼なことなどはっ、て、博士どの? なのでありますか、こちらが?? ですがいきなり現れてこのじぶんのことを見るなりに大きくわめかれて……!」

 若いクマ族がかなり困惑したさまでおろおろするのをどうにもおかしく眺めてしまうが、それをやはり傍でながめているおじさんのクマ族たちのうんざりした顔つきを見ているにつけ、状況をそれと把握する若いクマ族の隊長さんだ。

「そうか。二人とも今日が初対面だったよね? もっと早くに引き合わせておくべきだったかな。確かにどちらもびっくりだ。こんな小柄なおじいちゃんの博士と、やたらに若くしたチーフメカニックくんじゃ!!」

 笑い飛ばしてやるのに、当の博士はあからさまに不機嫌なさまでにらみ付けてくる。加えてキャンキャンとのたまうのだった。 

 それだから広いアーマーのハンガー・デッキの中をキンキンとこだまする老人の癇癪を、右から左に聞き流して鷹揚にうなずくパイロットだ。

「フン、誰がおじいちゃんだ、失敬な! それよりもなんだこの貧相な小僧は? よもやこんな若造がチーフメカニックだなどとほざくのではあるまいな? 飛んだ茶番だ。艦長を呼べ! わざわざこのわたしが出向いてやったのに、留守にしておったあのうつけものをだな!!」

「ひどいな? そうか、ンクス艦長とは入れ違いになっちゃったんだ。今頃はもうブリッジに戻っているはずだけど? でも呼んだところで来てはくれないんじゃないのかな。それにそっちこそ失礼なんじゃないかい、うちの自慢の天才メカニックさまをただの小僧呼ばわりだなんて! ね?」

 そう言って傍で傍観者を決め込んでいるふたりのベテランパイロットに同意を求めてやるに、当のおじさんのクマ族たちはちょっと慌てて互いの目を見合わせる。

 

 ダッツ、ザニー→リドルの師匠をバラす。→博士気にしない?






 

※現在進行形で執筆途上です! あしからず(^^)

ちょっと席を外します(^^;)






プロット

#020 プロット
トライ・アゲインのハンガー・デッキにて……
登場人物 ベアランド、イージュン、イッキャ、ベリラ、博士、タルクス、ザニー、ダッツ、リドル、(ウルフハウンド、コルク、ケンス?)

 お話の冒頭で、いきなりベリラとイッキャが登場。このアーマーもおなじく登場。レジスタンスの一味として砂漠の陸軍基地を攻略したものの、後から来たトライ・アゲインに占拠されてしまい、この奪還を試みたものの、あっさりと見つかってしまう。
 口からでまかせ?でフリーの戦術アドバイザーを名乗り、人手の足りない主人公たちの戦艦にノリと流れで乗り込んでしまう。

 二つ並んでアーマー、リトル・ガンマンとカンフー・キッドを見上げながら、ベアランドとイージュンのだべり。
 イッキャとベリラの元に、ブリッジから艦長、ンクスが降りてくる。「大きくなったな……!」謎の言葉を残して。
 博士は、艦長と入れ違いでブリッジからデッキに降りてくる。
タルクスも護衛として同伴。タルクスはアーマーがないので、便宜的にリドルの補給機、ビーグルⅣを乗機とする。

 ザニーとダッツ、めんどくさい博士を見送ってからイッキャ、ベリラ、タルクス(博士の後をおっかけてずっこけたところをつかまる)と合流。アーマーのお話で盛り上がる。

 ベアランド、博士とリドルの引き合わせ。ダッツとザニー
  ベアランド、リドル ← ベリラ、イッキャ タルクス


パート②
アーマー部隊出撃。イッキャとベリラも出撃。ベアランドはお目付役として上空から待機。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA