カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル OfficialZombie/オフィシャル・ゾンビ OpenSeaartist SF小説 キャラクターデザイン コント ファンタジーノベル

「オフィシャル・ゾンビ」⑥

  オフィシャル・ゾンビ
  ーOfficial Zombieー

OpenSeaのコレクションでもNFTをお安く展開中!!

https://opensea.io/collection/officialzombie

オフィシャル・ゾンビ⑥(めんどくさいので今回からこのかたちにしました(^^)) 


 シンと静まり返った楽屋で、そこでは得体の知れない二体の何者かが物も言わずに相対していた。

 つい何時間か前にはそこにはそれなり名の知れたふたりのテレビタレントがいたはずなのだが、そんな面影はもはやどこにもありはしない。

 かたや毛深い毛むくじゃらの二本の足で仁王立ちして相手を見下ろすクマに、かたや四つん這いでうずくまる、こちらも毛むくじゃらでなんとも正体が知れない何かしらだ。

 力なくがっくりとうなだれているからこの顔つきがまだ定かではない。双方、見た目がケダモノで身体中毛だらけなのは同じだが、二体のバケモノたちはそれぞれが違ったカタチの衣装らしきをその身にまとっていた。

 それがまた異様さに拍車をかけているのだが、見ようによっては昔の武人が身にまとう鎧のようでもあり、頑丈な見てくれのアーマーと古めかしい装束の合わさったようなかなり独特なものだ。

 相変わらず黙りこくるクマが見ている前で、畳に突っ伏すケダモノが低いうめきを発する……!

「ううっ、う、ううう~~~っ……! な、なんだ、どうなったんだ、俺、どうして……ん、なんだ、これ??」

 突然のことに恐怖と混乱から反射的に身を固くしてその場にうずくまったそのケダモノ、もとい鬼沢だ。

 それだからようやくうっすらと目を開けて、まずそこに飛び込んで来たものにさも怪訝そうにこの顔つきをしかめる。

 ちょっと前までテレビでは人気のタレントだったはず芸人さんは目の前にあった見覚えのない毛むくじゃらの何かしら、おそらくは二本の腕らしきをしげしげと見つめるのだ。

 じいっと……!

 それが誰のものなのか認識がそれとできないままに、両手をグー、パー、グー、パーさせたりして、またしばし考え込んだ。

「……えっ! え、え、え、え???」

 ギョッとして、顔面に冷や汗じみたものを浮かべたのはこの直後のことだ。顔も全体くまなく毛むくじゃらなのに、イヤな汗をかいているのが傍から見てもはっきりとわかった。

 間近で見ているクマのバケモノ、元は日下部はうんうん、わかりますよときっと内心では頷いてたのだろうか。

 よって裏返った悲鳴を発する、その元は鬼沢のバケモノだ。

「なっ、なんだこれ!? これ、まさか俺か?? いやいやいやっ、そんなわけないっ! んなわけないじゃん!!」

 ブルブルと震える両腕がそれがどちらも自分のものだとはっきりとこの身体の感覚として、そこに伝わる神経がまざまざと教えてくれるが、感情がそれを一切拒否、頭の認識がまるで追いつかない中堅どころの芸人だ。

 わなわなと全身を震わせながら、やがてハッとした表情で、次にはおそるおそるしてその毛むくじゃらの腕でみずからの顔を触ることとあいなる……。

「……っ!!?」

 生まれてこのかた、自分の身体からは一度たりとも感じたことがない毛むくじゃらの毛皮(?)の感触とまるで見覚えのない凹凸をなす顔の造形、いわゆる動物、ケダモノのそれにいよいよ絶句してしまうおじさんだ。

 腰を抜かして背後の畳にぺたりと尻を付けてしまう。

 見上げる視線の先に謎のクマ、茶色いバケモノがいたが、今となってはそこに一切の驚きを感じられなかった。
 もはやどうでもいいくらいだ。

 言葉もないままにうつろな視線でどこをともなく見つめてしまうが、この視界の左の端に見切れるものに自然と焦点が合う。

 太い毛玉のような、神社の坊主が晴れの日に振り回すみたいなでかい毛筆のかなり特大のヤツがひくひくとひくついていた。

 それだけやけに異質だが、身体の感覚がやはりそれが自分の身体の一部であることをしっかりと教えてくれた。

 そう。人間には唯一なくて、ケダモノにはあるもの――。

 それが自分の尻のあたりから生えていることを、左手でグニュッとモノを掴んでその厳然たる事実をはっきりと自覚させられるのだ。

「う、これ、シッポ……か? ウソだろ、俺のケツから太いのが伸びてるぞ? 夢だろ?? そうに違いないよ、こんなの、ありえない……! おい、日下部、こんなの、冗談だよな??」

 

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル OfficialZombie OpenSeaartist ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」③

  オフィシャル・ゾンビ
  ーOfficial Zombieー

-さいしょのおはなしの、つづきの2-


 目の前でぼさぼさの頭に金の輪っかをはめた青年――。

 それなりに見知ったはずのお笑い芸人が、真顔になって何やらごにょごにょと口ずさみはじめるのを、言えばこの同業者である坊主頭のお笑いタレントは不可思議に見つめるばかりだ。

 怪訝なさまで相手をうかがうのに、みずからの腰のあたりに添えたその右手、おそらくは利き手なのだろうその手のひらを軽く握るようなそぶりを見せる若手の芸人は、どうやらそこに彼自身の意識を集中しているらしい。

 傍目にはまったくもって意味不明なありさまながら。

 片やこれをいかにも怪しい手品を見ているかの気分の坊主だが、ふと気が付けば何もないはずのそこに、何かしらの気配のごときものを感じているのに我ながら戸惑いが隠せない。

「え、なに、やってんの? おい、くさかっ……べっ……!?」

 次の瞬間、チラとこちらを見るむさ苦しいぼさ髪の男は何やら聞き覚えのある言葉と共にみずからの右手にぐっと力を込める。

 まさにその瞬間だった……!

「……伸びろっ、如意棒……!!」

「へ? にょ、にょいぼ、うっ? て、あっ、わああああああああっ!??」

 その不意に発した如意棒、にょいぼうのかけ声と共に、刹那、相手の手元から見えない何かがこちらめがけて走ったのか? 

 ブォオオオオオオオオーーーンンッ……!!

 低いうなりと共に、何か不可視の物体が突如としてみずからの身体を貫いた!

 もとい、思い切りに押しのける勢いでこの身体ごと背後の壁へと突き飛ばされた!?

 結果、完全に両足が畳から浮いてしたたかにこの背中を壁に打ち付ける丸坊主のタレントだった。

「なあっ、なんだっ! これ!? いたたたたたっ、やめろっ、やめろよっ! おいっ、誰かあ!! 助けてくれっ……!!」

 思わずボサボサ頭越しに見える閉ざされたままの出入り口の扉に向けて助けを求める鬼沢だが、あいにくとそこから反応らしきはとんと返らないのに苛立たしげに歪めた顔でわめき散らす。

「ちくしょうっ、なんだよ! ひとがこんな目に遭ってるのに、どうして誰も来てくれないんだよっ、俺、演者だぞ!?」

 がなって目の前の後輩芸人、日下部に怒りの矛先を向ける。

「おいっ、日下部! おまえっ、こんなことしてただで済むと思っているのか!? オフィシャルだかなんだか知らないが、やっていいことと悪いことがあるだろう!! この、このくそっ……なんだよこれ!?」

 不可視の力で自らの腹部を強烈に圧迫するものをどうにか振り払おうとこの両手を身体の前で振り乱そうとも、虚空をかすめるばかりで何ひとつとそこに手応えがない。

 真っ赤な顔でいまだ目の前で冴えない表情の青年をにらみつけるのに、平然としたさまの後輩芸人は覚めたまなざしで見返すばかりだ。

 すかしているにもほどがあるが、肩の力が抜けきっていっそ無気力とすら見える相手は、挙げ句の果てにはみじんも悪びれたそぶりもないままに淡々と言ってのけた。

「あ、すみません。言うよりも実際にこうして見てもらったほうが話が早いと思って……! もちろん危害を加えるつもりなんてないですから。おれたち世間からゾンビって言われるヤツらのちからの一端をわかってもらえれば。今はこの人間の見た目のままですけど、本来は、まあ、そっちも見てもらったほうがいいんですかね? おれも見たいし、鬼沢さんの……ね」

「な、なにわけのわかんないこと言ってんだよっ、俺はゾンビじゃないっ! おまえだって人間の姿のままじゃないか!? なにがゾンビだっ、てかこのちからなんなんだっ、ほんとにわけがわからないっ、あとなんでこんなに騒いでるのに誰も来てくれないんだよっ!! おおいっ、スタッフ、誰もいないのかあっ!?」

「ああ、いないんじゃないですか? そういう風にお触れを出させてもらっていますから。オフィシャル・ゾンビの公式アンバサダーの権限をもってですね? 今このフロアにいるの、たぶんおれと鬼沢さんだけですよ。邪魔が入らないようにあらかじめに制限と特別な配置、配慮をしてもらっているんです。何よりも他の縁者さんとか、どこにもいなかったでしょう?」

※↑日下部の変身した後の姿、とりあえずでこんなカンジを予定しています。クマの人型亜人種(通称・ゾンビ)、みたいな?

https://opensea.io/assets/matic/0x2953399124f0cbb46d2cbacd8a89cf0599974963/88047277089427635657081635585532914949557992380650193262688159047766532685825/

 平然としたさまでどこまでもぬけぬけと言ってくれるのに、なおさら仰天して顔が赤くなったり青くなったりする坊主頭はなんだか丘につり上げられたタコみたいなありさまだった。

「なっ、なんだよそれっ! おまえいつからそんなに偉くなったんだ!? あとこのちからなんだ!! なんでなんにもないのにこんなにからだを押さえつけられるんだよっ、どんな手品なんだっ、日下部っ、いい加減にしろよ!!」

「ああ、はい。お気を悪くしたのなら謝ります。それではちからを解除しますから、受け身、ちゃんと取ってくださいね?」

「は? あ、わわわわわっ!? いたっ、たたあっ!!」

 ドンッ!

 身体ごと背後の壁にぐいぐいと押さえつけていた不可視の力が不意に喪失するのに、ろくな受け身も取れないままにしたたかに尻を畳に打ち付ける鬼沢だ。だから言ったでしょうと言わんばかりのしらけた後輩芸人の顔を見上げて泣きそうな声を出す。

「いっ、いきなりなんだよ! ケガしちゃうよ、もうちょっとやりようがあっただろう!? ゾンビもへったくれもありゃしない、ただのあやしい奇術じゃないかっ、くそ、俺は認めないぞ、こんなのただの嘘っぱちのまやかしだっ!!」

「はあ。いえ、まやかしも何も、れっきとしたゾンビのなせる技ですよ。ゾンビって言い方が悪いんですかね? でも何を隠そう、おれはこのゾンビの力、わざわざゾンビの姿にならなくても行使ができるんです。それこそがこの特殊な『輪っか』のおかげでですね……!」

「輪っか……。それがあればさっきみたいなことができるのか? いわゆる超能力みたいなのが使えるようになる、みたいな??」

「はい。まあ、誰でもってわけではないし、基本はこのおれ固有の能力ですよね。この輪っかもおれ専用のアイテムだし。ただしおれが認めれば貸与することもできますけど。あと、相手を拘束、捕まえたりする目的でも使えるし。とっても便利なんですよ、この輪っか、そうです、その名も『金魂環』!ってヤツは」

「きん、こん……かん? ひょっとしてふざけてる??」

 頭から取り外して改めて利き手でつまんで示してみせる金色の輪っかを、方やきょとんとしたさまで見上げるばりかの芸人だ。
 それにもまた平然とした様の後輩の日下部はまたしてもぬけぬけと言ってくれる。

 こちらは鬼沢の変身後の姿、のイメージです(^^)

「あ、そろそろ収録の時間なんじゃないですか? ここでお待ちしていますから、どうぞ行って来てください。あ、遠慮しないで、遅刻しちゃいますから。おおよそ二時間くらいですかね? それまでこちらはこちらでいいお返事を期待しながら待機していますので」

「え、もうそんな時間? なんだよっ、まだ心の準備がっ、てか、ここで待ってるの? ひとの楽屋で?? なんかヤだな! 貴重品とかマネージャーに預けておきたいんだけど」

「ああ、だったらおれが預かっておきましょうか?」

「結構だよ! おい、ふざけんなよ、おまえが信用できないって言ってるんだからな!!」

「はあ、そうなんですか? でもあいにくとマネージャーさんは来ないですよ? さっきも言ったとおり、この現場に関係者以外は一切、出入り禁止の第一級の機密制限かかってますから」

「なんだよそれっ! マネージャーは関係者だろうっ、頭にくるな!! だからおまえにどうしてそんな権限あるんだよ!? あと何よりおまえが関係者ヅラしてるのが腹立つわっ!!」

「ですからさっきも言ったとおり、アンバサダーですから。政府公認の? オフィシャルって意味、知らないんですか??」

「知らないよ!! いや知ってるけど! ええいもういい、おまえ、あっち行けよっ、やっぱり納得がいかない、俺の視界に入らないところでじっとしてろ! もう話しかけてくんなっ、できたら隣の楽屋でくたばってろっ、営業妨害だぞっ、ああ、ほんとにイライラする!! なんかまだ大事なことがあったはずなのに、すっかり忘れちまったじゃねえか!!」

「あ、ひょっとして衣装さんのことですか? その普段着の格好じゃアレですものね? でも当然、衣装やメイクさんも来ないですよ。制限かかってるんだから? さっきから言ってますけど」

「ほんとに営業妨害じゃないか!! わああっ、どうしてくれるんだよっ、もう時間ないぞ、てか、スタッフも誰も迎えに来ないじゃないか! なんだよっ、おかしいよっ、俺の人権おびやかされてるじゃんっ、さっきからずっと!!」

「大げさじゃないですか? いいえ、ちゃんと守られてますよ。鬼沢さんのゾンビがらみのマスコミの報道規制、今月の末までは有効期限がありますから。その後はどうだかわかりませんけど? でもオフィシャルのカミングアウトをしてアンバサダーになれば、ご家族ともども安泰ですよ。このおれが保証しますから」

「なんだよその保証!? いいや絶対に信用できないっ! あと報道規制ってなんだ!! マスコミって、うそだろっ、おれの人権、マジでおびやかされてるの!?」

 しばしの口論の後にしまいには顔面蒼白で口をパクパクさせる鬼沢に、やや苦笑いの日下部がゆっくとり道を空ける。
 左手で出入り口の閉ざされたドアを指し示して言うのだった。

「どうぞ、はりきって行って来てください。応援してますから。何かあったらすぐに駆けつけるし。あとさっきの水晶石、捨てないでくださいね。転売は最悪、国家反逆罪とかになるんで、くれぐれもなしで。あと借り物だから、おれが怒られちゃいます」

「誰に?」

「秘密です。まだ。詳しくは晴れて鬼沢さんがアンバサダーの肩書きを手に入れてからですね」

「もう強制じゃん。おまえ、俺に何の恨みがあってこんなひどい仕打ちを? 背後にどんな組織があるって言うんだよ。こんなあからさまなひどい人権侵害っ……」

 もはやぼやきが絶えない鬼沢だ。
 がっくり左右の肩を落としてどん底まで落ち込む。
 それを前にしてくすりと笑う後輩芸人は、腐る先輩のコメディアンにしたり顔して言うのだ。

「国家ですよ。はい、こんなにでかい担保はないでしょう? やればわかります。やらなきゃ……それもまたわかります。おれは鬼沢さんが正しい判断をしてくれると信じてますよ。プロなんだから収録すっぽかして逃げるなんてしないですよね? それだからどうかこのおれを……」

「ちっ、なんだよ……!!」

 衣装やメイクはもう諦めてその場をズカズカと後にする鬼沢は振り向きもせずに出口へと向かっていく。

 荒々しい手つきでドアを開いて力任せに閉じる怒った背中に、これをその場で見送る日下部はちょっとだけ切なげな視線を投げかけてぼそりと言葉の続きを述べるのだった。

 さながら祈るかのように。

「このおれを、人でなしにはしないでくださいね……!」

 ぱったりと人気の絶えた狭い部屋で、うつむく青年はゆっくりとその場にしゃがみ込む。

 そのまま静かに時は過ぎていくのだった。

 かくしてそう。

 またこの後に幕を開ける、ドタバタ劇の続きまでは――。


      次回に続く……!