カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist OpenSeaartist POLYDON Uncategorized キャラクターデザイン ワードプレス

POLYDON RAIBO

OpenSeaのコレクション、「METAL POLYDONs」の中のニューウェーブ! ライボのラインナップをこちらで公開!!

イーサリアムがメインだった元祖ポリドンに対して、こちらはイーサリアムとポリゴンのNFTをバランス良く混合して展開する予定です(^^)

https://opensea.io/collection/metalpolydons

まずはすべての中核となる、線画versionのポリドン・ライボです♥

No.000 POLYDON REAL RAIBO line drawing version

No.001 POLYDON RAIBO ORIGIN RED

今回からトレーディングカードの要素を付け加えて、各ポリドンに能力値を設定してあります。
 ORIGIN RED 各種設定

体力   Life Power   15/20
魔力   Magic Power   9/20
攻撃力  Attack     15/20
防御力  Defense    10/20
素早さ  Speed      9/20
幸運   Luck      11/20
攻撃魔法 Dark Magic   8/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 85
クリティカル ヒット 1/2
特殊能力↑一回の戦闘につき、一度だけ相手の防御力を無視・無効化した大ダメージを与えることができる。

No.002 POLYDON RAIBO ORIGIN BLUE

 ORIGIN BLUE 各種設定値
体力   Life Power   10/20
魔力   Magic Power   15/20
攻撃力  Attack      11/20
防御力  Defense     8/20
素早さ  Speed      15/20
幸運   Luck       10/20
攻撃魔法 Dark Magic   11/20
回復魔法 Holy Magic    5/20
総合 85
 ダブル マジック  1/2
特殊能力↑一回の戦闘につき一度だけ、魔法攻撃を二度行える。

No.003 POLYDON RAIBO ORIGIN YELLOW

 ORIGIN YELLOW 各種設定値
体力   Life Power   15/20
魔力   Magic Power   10/20
攻撃力  Attack     12/20
防御力  Defense    15/20
素早さ  Speed      7/20
幸運   Luck      9/20
攻撃魔法 Dark Magic   5/20
回復魔法 Holy Magic   12/20
総合 85
特殊能力 パーフェクト ディフェンス   1/1
一回の戦闘につき一度だけ、相手のあらゆる攻撃を無効化できる。

No.004 POLYDON RAIBO ORIGIN GLAY

 ORIGIN GLAY 各種設定値
体力   Life Power   7/20
魔力   Magic Power  7/20
攻撃力  Attack     7/20
防御力  Defense     7/20
素早さ  Speed      7/20
幸運   Luck      7/20
攻撃魔法 Dark Magic   7/20
回復魔法 Holy Magic   7/20
総合 56

No.005 POLYDON RAIBO ORIGIN CHOCOLATE BROWN

 ORIGIN CHOCOLATE BROWN 各種設定値
※原則Giveawayによる頒布品のため、非売品の予定。

体力   Life Power   5/20
魔力   Magic Power   5/20
攻撃力  Attack     5/20
防御力  Defense     5/20
素早さ  Speed      5/20
幸運   Luck       5/20
攻撃魔法 Dark Magic   5/20
回復魔法 Holy Magic   5/20
総合 40
特殊能力 Giveaway   8/20
自分の能力値を下げる代わりに、仲間に同数の能力を振り分けることができる。

No.006 POLYDON RAIBO ORIGIN MAGENTA

 ORIGIN MAGENTA 各種設定値
体力   Life Power  12/20
魔力   Magic Power   7/20
攻撃力  Attack     12/20
防御力  Defense     9/20
素早さ  Speed      9/20
幸運   Luck       9/20
攻撃魔法 Dark Magic   6/20
回復魔法 Holy Magic   6/20
総合 70

No.007 POLYDON RAIBO ORIGIN CYAN

 ORIGIN CYAN 各種設定値
体力   Life Power   10/20
魔力   Magic Power  13/20
攻撃力  Attack      9/20
防御力  Defense     7/20
素早さ  Speed     12/20
幸運   Luck      7/20
攻撃魔法 Dark Magic    9/20
回復魔法 Holy Magic    3/20
総合 70

No.008 POLYDON RAIBO ORIGIN GREEN

 ORIGIN GREEN 各種設定値

体力   Life Power  12/20
魔力   Magic Power   12/20
攻撃力  Attack     12/20
防御力  Defense     12/20
素早さ  Speed      7/20
幸運   Luck      7/20
攻撃魔法 Dark Magic   3/20
回復魔法 Holy Magic   10/20
総合 75

No.009 POLYDON RAIBO ORIGIN PINK

 ORIGIN PINK 各種設定値
体力   Life Power   12/20
魔力   Magic Power   12/20
攻撃力  Attack      8/20
防御力  Defense     8/20
素早さ  Speed      10/20
幸運   Luck       7/20
攻撃魔法 Dark Magic    7/20
回復魔法 Holy Magic   12/20
総合 75
特殊能力 Rescue   10/20
一回の戦闘につき一度だけ、仲間が瀕死のダメージを負った時にみずからのライフ パワーを分け与えることができる。


No.010 POLYDON RAIBO ORIGIN MOSS GREEN

 MOSS GREEN 各種設定値
体力   Life Power   8/20
魔力   Magic Power   8/20
攻撃力  Attack     8/20
防御力  Defense     8/20
素早さ  Speed      8/20
幸運   Luck       8/20
攻撃魔法 Dark Magic   8/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 64

No.011 POLYDON RAIBO ORIGIN Red Eye Frog

 Red Eye Frog 各種設定値
体力   Life Power   12/20
魔力   Magic Power   8/20
攻撃力  Attack     12/20
防御力  Defense     8/20
素早さ  Speed     12/20
幸運   Luck       8/20
攻撃魔法 Dark Magic   8/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 76

No.012 POLYDON RAIBO ORIGIN Blue Eye Frog

 Blue Eye Frog 各種設定値
体力   Life Power    8/20
魔力   Magic Power   12/20
攻撃力  Attack      8/20
防御力  Defense      8/20
素早さ  Speed      12/20
幸運   Luck        8/20
攻撃魔法 Dark Magic   12/20
回復魔法 Holy Magic    8/20
総合 76

No.013 POLYDON RAIBO ORIGIN ORANGE

 ORIGIN ORANGE 各種設定値
体力   Life Power   12/20
魔力   Magic Power   8/20
攻撃力  Attack     12/20
防御力  Defense     8/20
素早さ  Speed     12/20
幸運   Luck       8/20
攻撃魔法 Dark Magic   8/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 76

No.014 POLYDON RAIBO ORIGIN PURPLE

 ORIGIN PURPLE 各種設定値
オリジン パープル No.014
体力   Life Power   8/20
魔力   Magic Power   12/20
攻撃力  Attack     8/20
防御力  Defense     8/20
素早さ  Speed     12/20
幸運   Luck       8/20
攻撃魔法 Dark Magic   12/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 76

No.015 POLYDON RAIBO METALLIC RED

 METALLIC RED 各種設定値
体力   Life Power   18/20
魔力   Magic Power   12/20
攻撃力  Attack     18/20
防御力  Defense     13/20
素早さ  Speed     12/20
幸運   Luck       14/20
攻撃魔法 Dark Magic   11/20
回復魔法 Holy Magic   11/20
総合 109
特殊能力 カウンター ストライク
 相手からの直接攻撃に対して同じだけのダメージを与えることができる。魔法によるダメージは半分に減殺できる。
ストライク バースト
 一度の戦闘につき一度だけ、場にいるすべての敵に対しての直接攻撃が可能。

Extra Color version POLYDON SSS01 RAIBO -ORIGIN EARTH-

 -ORIGIN EARTH- 各種設定値
体力   Life Power   15/20
魔力   Magic Power   10/20
攻撃力  Attack      15/20
防御力  Defense      10/20
素早さ  Speed     10/20
幸運   Luck       20/20
攻撃魔法 Dark Magic   10/20
回復魔法 Holy Magic   10/20
総合 100
特殊能力 Call&Response  1/1
場にいない仲間のポリドンを一体だけ呼び出すことができる。呼び出されたポリドンは特殊能力を使うかLPがゼロになったら場から退散。

Extra Color version POLYDON SSS02 RAIBO -ORIGIN MOON-

-ORIGIN MOON-
体力   Life Power   10/20
魔力   Magic Power   15/20
攻撃力  Attack      5/20
防御力  Defense      10/20
素早さ  Speed     15/20
幸運   Luck     15/20
攻撃魔法 Dark Magic   15/20
回復魔法 Holy Magic   15/20
総合 100
特殊能力 Call&Response  1/1
場にいない仲間のポリドンを一体だけ呼び出すことができる。呼び出されたポリドンは特殊能力を使うかLPがゼロになったら退散。

No.016 POLYDON RAIBO METALLIC GLAY

オリジン メタリック グレー016
体力   Life Power   8/20
魔力   Magic Power   8/20
攻撃力  Attack     8/20
防御力  Defense     8/20
素早さ  Speed      8/20
幸運   Luck      8/20
攻撃魔法 Dark Magic   8/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 64
特殊能力、Divide Myself  1/2
能力値をそのままで二体に分身することができる

No.017 POLYDON RAIBO ORIGIN ALBINO

オリジン アルビノ No.017
体力   Life Power   15/20
魔力   Magic Power   152/20
攻撃力  Attack     12/20
防御力  Defense     12/20
素早さ  Speed     12/20
幸運   Luck       10/20
攻撃魔法 Dark Magic   10/20
回復魔法 Holy Magic   20/20
総合 106

No.018 POLYDON RAIBO ORIGIN BLACK

オリジン ブラック No.018
体力   Life Power   15/20
魔力   Magic Power   15/20
攻撃力  Attack     12/20
防御力  Defense     12/20
素早さ  Speed     12/20
幸運   Luck       10/20
攻撃魔法 Dark Magic   20/20
回復魔法 Holy Magic   10/20
総合 106

No.019 POLYDON RAIBO ORIGIN SILKYPINK-RED

オリジン シルキーピンクレッド No.019
体力   Life Power   10/20
魔力   Magic Power   10/20
攻撃力  Attack     15/20
防御力  Defense     10/20
素早さ  Speed     15/20
幸運   Luck       10/20
攻撃魔法 Dark Magic   8/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 86

Extra Color version POLYDON SSS03 RAIBO -ORIGIN SUN-

オリジン サン SSS03
体力   Life Power   15/20
魔力   Magic Power   15/20
攻撃力  Attack      15/20
防御力  Defense      15/20
素早さ  Speed      15/20
幸運   Luck       15/20
攻撃魔法 Dark Magic   15/20
回復魔法 Holy Magic   15/20
総合 120
特殊能力 Allrange Burst 1/1
場にいる敵すべてにスピードを無視した先制攻撃が可能。

No.020 POLYDON RAIBO ORIGIN SKY-PINK

オリジン スカイピンク No.020
体力   Life Power   10/20
魔力   Magic Power   9/20
攻撃力  Attack     10/20
防御力  Defense     9/20
素早さ  Speed     10/20
幸運   Luck       9/20
攻撃魔法 Dark Magic   9/20
回復魔法 Holy Magic   9/20
総合 75

No.021 POLYDON RAIBO ORIGIN BROWN

オリジン ブラウン No.021
体力   Life Power   10/20
魔力   Magic Power   8/20
攻撃力  Attack     10/20
防御力  Defense     8/20
素早さ  Speed     8/20
幸運   Luck       8/20
攻撃魔法 Dark Magic   8/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 68

No.022 POLYDON RAIBO METALLIC BLUE

メタリック ブルー No.022
体力   Life Power   18/20
魔力   Magic Power   18/20
攻撃力  Attack     13/20
防御力  Defense    13/20
素早さ  Speed      15/20
幸運   Luck      10/20
攻撃魔法 Dark Magic   15/20
回復魔法 Holy Magic   8/20
総合 110
特殊能力 カウンター Magic   3/3
一回の戦闘につき三回まで、魔法による攻撃を無効化、ないし魔法でカウンターができる。
Burstマジック
一度の戦闘につき二回まで、すべての敵に対して魔法攻撃の範囲を拡大、ないし倍加できる。

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル OfficialZombie OpenSeaartist ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」③

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

-さいしょのおはなしの、つづきの2-


 目の前でぼさぼさの頭に金の輪っかをはめた青年――。

 それなりに見知ったはずのお笑い芸人が、真顔になって何やらごにょごにょと口ずさみはじめるのを、言えばこの同業者である坊主頭のお笑いタレントは不可思議に見つめるばかりだ。

 怪訝なさまで相手をうかがうのに、みずからの腰のあたりに添えたその右手、おそらくは利き手なのだろうその手のひらを軽く握るようなそぶりを見せる若手の芸人は、どうやらそこに彼自身の意識を集中しているのらしい。

 傍目にはまったくもって意味不明なありさまながら。

 片やこれをいかにも怪しい手品でも見ているかの気分の坊主だが、ふと気が付けば何もないはずのそこに、何かしらの気配のごときものを感じているのには我ながら戸惑いが隠せない。

「え、なに、やってんの? おい、くさかっ……べっ……!?」

 次の瞬間、チラとこちらを見るむさ苦しいぼさ髪の男は何やら聞き覚えのある言葉と共にみずからの右手にぐっと力を込める。

 まさにその瞬間だった……!

「……伸びろっ、如意棒……!!」

「へ? にょ、にょいぼ、うっ? て、あっ、わああああああああっ!??」

 その不意に発した如意棒、にょいぼうのかけ声と共に、刹那、相手の手元から見えない何かがこちらめがけて走ったのか? 

 ブォオオオオオオオオーーーンンッ……!!

 低いうなりと共に、何か不可視の物体が突如としてみずからの身体を貫いた!

 もとい、思い切りに押しのける勢いでこの身体ごと背後の壁へと突き飛ばされた!?

 結果、完全に両足が畳から浮いてしたたかにこの背中を楽屋の壁に打ち付ける丸坊主のタレントだった。

「なあっ、なんだっ! これ!? いたたたたたっ、やめろっ、やめろよっ! おいっ、誰かあ!! 助けてくれっ……!!」

 思わずボサボサ頭越しに見える閉ざされたままの出入り口の扉に向けて助けを求める鬼沢だが、あいにくとそこから反応らしきはとんと返らないのに苛立たしげに歪めた顔でわめき散らす。

「ちくしょうっ、なんだよ! ひとがこんな目に遭ってるのに、どうして誰も来てくれないんだよっ、俺、演者だぞ!?」

 がなって目の前の後輩芸人、日下部に怒りの矛先を向ける。

「おいっ、日下部! おまえっ、こんなことしてただで済むと思っているのか!? オフィシャルだかなんだか知らないが、やっていいことと悪いことがあるだろう!! この、このくそっ……なんだよこれ!?」

 不可視の力で自らの腹部を強烈に圧迫するものをどうにか振り払おうとこの両手を身体の前で振り乱そうとも、虚しく虚空をかすめるばかりで何ひとつとそこに手応えがない。

 真っ赤な顔でいまだ目の前で冴えない表情の青年をにらみつけるのに、平然としたさまの後輩芸人は覚めたまなざしで見返すばかりだ。

 すかしているにもほどがあるが、肩の力が抜けきっていっそ無気力とすら見える相手は、挙げ句の果てにはみじんも悪びれたそぶりもないままに淡々と言ってのけた。

「あ、すみません。言うよりも実際にこうして見てもらったほうが話が早いと思って……! もちろん危害を加えるつもりなんてないですから。おれたち世間から〝ゾンビ〟って言われるヤツらのちからの一端をわかってもらえれば。今はこの人間の見た目のままですけど、本来は、まあ、そっちも見てもらったほうがいいんですかね? おれも見たいし、鬼沢さんの……ね」

「な、なにわけのわかんないこと言ってんだよっ、俺はゾンビじゃないっ! おまえだって人間の姿のままじゃないか!? なにがゾンビだっ、てかこのちからなんなんだっ、ほんとにわけがわからないっ、あとなんでこんなに騒いでるのに誰も来てくれないんだよっ!! おおいっ、スタッフ、誰もいないのかあっ!?」

「ああ、いないんじゃないですか? そういう風にお触れを出させてもらっていますから。オフィシャル・ゾンビの公式アンバサダーの権限をもってですね? 今このフロアにいるの、たぶんおれと鬼沢さんだけですよ。邪魔が入らないようにあらかじめに制限と特別な配置、配慮をしてもらっているんです。何よりも他の縁者さんとか、どこにもいなかったでしょう?」

※↑日下部の変身した後の姿、とりあえずでこんなカンジを予定しています。クマの人型亜人種(通称・ゾンビ)、みたいな?

https://opensea.io/assets/matic/0x2953399124f0cbb46d2cbacd8a89cf0599974963/88047277089427635657081635585532914949557992380650193262688159047766532685825/

 平然としたさまでどこまでもぬけぬけと言ってくれるのに、なおさら仰天して顔が赤くなったり青くなったりする坊主頭はなんだか丘につり上げられたタコみたいなありさまだった。

「なっ、なんだよそれっ! おまえいつからそんなに偉くなったんだ!? あとこのちからなんだ!! なんでなんにもないのにこんなにからだを押さえつけられるんだよっ、どんな手品なんだっ、日下部っ、いい加減にしろよ!!」

「ああ、はい。お気を悪くしたのなら謝ります。それではちからを解除しますから、受け身、ちゃんと取ってくださいね?」

「は? あ、わわわわわっ!? いたっ、たたあっ!!」

 ドンッ!


 身体ごと背後の壁にぐいぐいと押さえつけていた不可視の力が不意に喪失するのに、ろくな受け身も取れないままにしたたかに尻を畳に打ち付ける鬼沢だ。

 だから言ったでしょうと言わんばかりのしらけた後輩芸人の顔を見上げて泣きそうな声を出す。

「いっ、いきなりなんだよ! ケガしちゃうよ、もうちょっとやりようがあっただろう!? ゾンビもへったくれもありゃしない、ただのあやしい奇術じゃないかっ、くそ、俺は認めないぞ、こんなのただの嘘っぱちのまやかしだっ!!」

「はあ。いえ、まやかしも何も、れっきとしたゾンビのなせる技ですよ。ゾンビって言い方が悪いんですかね? でも何を隠そう、おれはこのゾンビの力、わざわざゾンビの姿にならなくても行使ができるんです。それこそがこの特殊な『輪っか』のおかげでですね……!」


「輪っか……。それがあればさっきみたいなことができるのか? いわゆる超能力みたいなのが使えるようになる、みたいな??」

「はい。まあ、誰でもってわけではないし、基本はこのおれ固有の能力ですよね。この輪っかもおれ専用のアイテムだし。ただしおれが認めれば貸与することもできますけど。あと、相手を拘束、捕まえたりする目的でも使えるし。とっても便利なんですよ、この輪っか、そうです、その名も『金魂環』!ってヤツは」

「きん、こん……かん? ひょっとしてふざけてる??」

 頭から取り外して改めて利き手でつまんで示してみせる金色の輪っかを、方やきょとんとしたさまで見上げるばりかの芸人だ。

 それにもまた平然とした様の後輩の日下部はまたしてもぬけぬけと言ってくれる。

 こちらは鬼沢の変身後の姿、のイメージです(^^)

「あ、そろそろ収録の時間なんじゃないですか? ここでお待ちしていますから、どうぞ行って来てください。あ、遠慮しないで、遅刻しちゃいますから。おおよそ二時間くらいですかね? それまでこちらはこちらでいいお返事を期待しながら待機していますので」

「え、もうそんな時間? なんだよっ、まだ心の準備がっ、てか、ここで待ってるの? ひとの楽屋で?? なんかヤだな! 貴重品とかマネージャーに預けておきたいんだけど」

「ああ、だったらおれが預かっておきましょう
か?」

「結構だよ! おい、ふざけんなよ、おまえが信用できないって言ってるんだからな!!」

「はあ、そうなんですか? でもあいにくとマネージャーさんは来ないですよ? さっきも言ったとおり、この現場に関係者以外は一切、出入り禁止の第一級の機密制限かかってますから」

「なんだよそれっ! マネージャーは関係者だろうっ、頭にくるな!! だからおまえにどうしてそんな権限あるんだよ!? あと何よりおまえが関係者ヅラしてるのが腹立つわっ!!」

「ですからさっきも言ったとおり、アンバサダーですから。政府公認の? あ、オフィシャルって意味、知らないんですか??」

「知らないよ!! いや知ってるけど! ええいもういい、おまえ、あっち行けよっ、やっぱり納得がいかない、俺の視界に入らないところでじっとしてろ! もう話しかけてくんなっ、できたら隣の楽屋でくたばってろっ、営業妨害だぞっ、ああ、ほんとにイライラする!! なんかまだ大事なことがあったはずなのに、すっかり忘れちまったじゃねえか!!」


「あ、ひょっとして衣装さんのことですか? その普段着の格好じゃアレですものね? でも当然、衣装やメイクさんも来ないですよ。制限かかってるんだから? さっきから言ってますけど」

「ほんとに営業妨害じゃないか!! わああっ、どうしてくれるんだよっ、もう時間ないぞ、てか、スタッフも誰も迎えに来ないじゃないか! なんだよっ、おかしいよっ、俺の人権おびやかされてるじゃんっ、さっきからずっと!!」

「大げさじゃないですか? いいえ、ちゃんと守られてますよ。鬼沢さんのゾンビがらみのマスコミの報道規制、今月の末までは有効期限がありますから。その後はどうだかわかりませんけど? でもオフィシャルのカミングアウトをしてアンバサダーになれば、ご家族ともども安泰ですよ。このおれが保証しますから」

「なんだよその保証!? いいや絶対に信用できないっ! あと報道規制ってなんだ!! マスコミって、うそだろっ、この俺の人権、マジでおびやかされてるの!?」


 しばしの口論の後にしまいには顔面蒼白で口をパクパクさせる鬼沢に、やや苦笑いの日下部がゆっくとり道を空ける。

 左手で出入り口の閉ざされたドアを指し示して言うのだった。

「どうぞ、はりきって行って来てください。応援してますから。何かあったらすぐに駆けつけるし。あとさっきの水晶石、捨てないでくださいね。転売は最悪、国家反逆罪とかになるんで、くれぐれもなしで。あと借り物だから、おれが怒られちゃいます」

「誰に?」

「秘密です。まだ。詳しくは晴れて鬼沢さんがアンバサダーの肩書きを手に入れてからですね」

「もう強制じゃん。おまえ、俺に何の恨みがあってこんなひどい仕打ちを? 背後にどんな組織があるって言うんだよ。こんなあからさまなひどい人権侵害っ……」

 もはやぼやきが絶えない鬼沢だ。

 がっくり左右の肩を落としてどん底まで落ち込む。

 それを前にしてくすりと笑う後輩芸人は、腐る先輩のコメディアンにしたり顔して言うのだ。

「国家ですよ。はい。こんなにでかい担保はないでしょう? やればわかります。やらなきゃ……それもまたわかります。おれは鬼沢さんが正しい判断をしてくれると信じてますよ。プロなんだから収録すっぽかして逃げるなんてしないですよね? それだからどうかこのおれを……」

「ちっ、なんだよ……!!」

 衣装やメイクはもう諦めてその場をズカズカと後にする鬼沢は振り向きもせずに出口へと向かっていく。


 荒々しい手つきでドアを開いて力任せに閉じる怒った背中に、これをその場で見送る日下部はちょっとだけ切なげな視線を投げかけて、ぼそり、と言葉の続きを述べるのだった。

 さながら祈るかのように。

「このおれを、人でなしにはしないでくださいね……!」

 ぱったりと人気の絶えた狭い部屋で、うつむく青年はゆっくりとその場にしゃがみ込む。

 そのまま静かに時は過ぎていくのだった。

 かくしてそう。


 またこの後に幕を開ける、ドタバタ劇の続きまでは――。


      次回に続く……!

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist OpenSeaartist POLYDON キャラクターデザイン ワードプレス

「METAL POLYDONs」/「メタル ポリドンズ」

OpenSeaの新しいコレクション、ちびっ子ドラゴン・キャラのポリドン/POLYDONのリリース情報をまとめて公開(^o^)

※もとはHEXAマーケットで開発していたキャラクターをマイナーチェンジ、より豪華なバージョンで展開してまいります!
 カラーリングコーディネートも募集中なので、遠慮なくTwitterにコメントください。あ、フォロワーさん優先です♡

HEXA版、オリジナル・ポリドン

https://nft.hexanft.com/users/Fpd2uwXfxfPQGy
 HEXAマーケットは日本円で売り買いができるNFTマーケットであり、Polygonマティックが主なNFTartです。
 OpenSea版の新型ポリドンは、主にイーサリアムNFTとなります♡ ぶっちゃけどっちがいいんですかね(^o^)

 以下、OpenSea版のポリドンの公開情報となります。

OpenSea Correction
  ”METAL POLYDONs”

https://opensea.io/collection/metalpolydons

No.000 “POLYDON ORIGIN” lined rawing edition

 一番はじめ、下絵のキャラクターデザインの線画版NFTです。
作者個人としてはこれが一番重要なコアのデザインとなりますので、ちょっとお高めに値段設定をしています。たぶん売れないでしょうね(^^;) 0.1ETHでリスト!

No.001 “POLYDON ORIGIN RED”

 線画に単純なべた塗り、さらに陰影を付け加えました!
 わかりやすいキャラクターデザインのノーマルタイプ・レッドくんです♡ それなりのお勤め価格? 0,01ETHでリスト!

No.002 “POLYDON METALLIC RED”

 線画に陰影処理を施した001の画像に、さらにハイライトのキラキラ効果を加えたメタリック・バージョンです(^o^)
 オリジンとメタリック、どっちがお好みですかね?
 ちょっとだけ001よりお高くして、0,011ETHでリスト!

No.003 “POLYDON ORIGIN BLUE”

 まずは赤、青、黄の信号カラーで展開すべくしたポリドンシリーズの青のバージョンです(^o^) 色を変えるとやっぱり雰囲気もかわりますね! お勤め価格の0.01ETHでリスト!

No.004 “POLYDON METALLIC BLUE”

 ウィンタースポーツが大得意! 青いポリドンのぴっかぴかメタル属性ポリドン、メタリック ブルーです♡
 オリジン ブルーと同じ、0.01ETHでリスト!競争です(^^)

No.005 “POLYDON ORIGIN YELLOW”

 大食漢で健康体力自慢のイエローくんです♡
 前述の赤と青とそろったらまさしく信号トリオの結成!
 とりあえずのアベレージ、0,01ETHの価格帯でリスト!

No.006 “POLYDON METALLIC YELLOW”

 永遠のデブキャラ? イエローくんのピッカピカバージョン!
 さながらゴールドかと見まがうキラキラ加減ですけど、並べて見てしまうと…(^^;) ガンバ♡ 0.011ETHでリスト!

番外編♥ Extra Color version

  01 ―POLYDON EARTH― 

   02 ―POLYDON MOON―

No.007 “POLYDON ORIGIN GREEN”

 自然と屋外活動が大好きなグリーンが登場! お花見のお供にぴったり♡ 0.011ETHでリスト!

No.008 “POLYDON METALLIC GREEN”

Coming soon!

 POLYDON GREEN ??

POLYDON ORANGE??

 POLYDON BLACK ??

 

記事は随時に更新されます(^o^)

カテゴリー
DigitalIllustration HEXANFT NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル OfficialZombie OpenSeaartist お笑い ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」②

NFTを絡めた実験企画ノベル、OpenSeaでは完全版(?)を公開中(^o^)

https://opensea.io/collection/officialzombie

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

-さいしょのおはなしの、つづき-


 シーン……!

 しばしの沈黙の後、悲痛な表情でついにはがっくりとその肩を落とす先輩のテレビタレント、鬼沢は言葉もない。

 今やすっかり観念したかのさまで、手にしていたスポーツ紙の紙面を破れるくらいに強く握りしめるばかりだ。

 ぐしゃぐしゃになった紙面にぽたぽたと水滴らしきが落ちた。

 泣いているのか?

 それだからそのすぐそばに膝を落とす後輩芸人のぼさぼさ頭、日下部(くさかべ)はとかく落ち着いた声色でささやくように言うのだ。

 しかしながらそれは決して慰めなどのたぐいではなくて、むしろ冷静にして冷酷な〝最後通告〟だった……!

「そうです。だから、鬼沢さんもなってくださいよ……俺とおんなじ、アンバサダーに……! オフィシャル・ゾンビ、公式アンバサダーの採用認定に今日はお伺いしました。鬼沢さんは間違いなくその資格がありますから。はい、この俺が保証します」

「公式、アンバサ、ダー……? よくわかんないよ、おれ、それに家族に何て言えば? みんなごめん、パパ、今日からゾンビになっちゃいましたって、そんなの誰も笑えないだろ? いきなり一家の主がさ? そうだよ、というか、そもそもゾンビってなんなんだよ! あとなんでお前が保証できんの??」

 絶望と困惑のない交ぜになった表情で視線をさまよわせる哀れな妻子持ちの著名人に、あいまいな笑みを浮かべる若手の独身芸人はわずかにこの肩をすくめる。

「ああ、まあ、いろいろと整理しないといけませんよね? 基本的に口頭での説明で、何かしらの書類にハンコとか押す必要はないから、なるだけ手短に。ここらへん法的にまだろくすっぽ整備がされてないらしいんですよ。これから収録ですもんね?」

 日下部のとりあえずのイメージです。実際のモデルの芸人さんよりもおじさんぽくなっちゃってますが、これから補正していきます。あと何より似てないですね(^_^;)

 ともすればどこか拍子抜けするような、いっそのこと天然じみたものの言い様だ。

 対して内心では複雑な感情が渦巻くのだろう。

 とかく苦い表情の鬼沢は恨めしげな視線で冷めきった日下部の目線を見返す。

「……うん。でもそんなのちっとも集中できないと思う。はあ、できたらいっそのことドタキャンしてやりたい気分だよ、こんなのはじめてだ。おい、お前のせいだからな? ひとのことをいたずらに〝ゾンビ〟呼ばわりしてくれやがって……!」

 だが相手からの悲痛な訴えも何のそのでまるで動じることがない日下部は、抑揚のないセリフをまたぬけぬけと吐いてくれる。

「ものは言いようですよねぇ? ほんと、ここらへんひとによって意見がえらく分かれるし、だからこそ今時じゃ一般的で、かつ一番わかりやすくって、おまけシンプルな呼び方ってヤツに便宜上で定まったってことなんでしょうけど」

「なんでゾンビなんだよ? 他にも言い方あるだろうっ」

「ああ、まあ、確かに……えっと、憑依霊、ツキモノツキ、背後霊、あるいはあやかしとか妖怪、精霊、悪魔、邪気、悪霊、未確認生物、その他いろいろありますけど、でもやっぱり最近じゃこれが一番ポップでポピュラーなんじゃないですか? すっかり市民権を得ているっていうか、取っつきやすさにかけたらば! それにつき政府が公式に発表している、後天性・遺伝子突然変異型・異形亜人種……だなんて、そんなの誰も覚えられやしないでしょ。ちなみに新聞だとかじゃ亜人種と書いて、ゾンビってルビが振られてたりしますよね! もう一般化しちゃったんですよ。気がつきゃ広辞苑とかにも載ってたりして、ね」

「だからって……ゾンビはあんまりだろ。おれ違うし。絶対に。おれのどこが腐った死体だって言うんだよ、この身体のどこか腐っているように見えるってのか?」

 沈んださまで身をすくめる先輩を間近でぼんやり眺める後輩くんは、やがてその口元に意味深な笑みを浮かべて続ける。

「一口にゾンビって言っても、世間一般でイメージされるものとはかけ離れてたりしますよね、実際の俺たちは? 鬼沢さん、確かにどこも腐っているようには見えないけど、ほんとは身体、ところどころ痛かったりするんじゃないですか? 顔に出てるし」

「んっ、何が? どこも怪我なんてしてやしないだろ? なんだよその目? お前に何がわかるんだよっ!!」

 不機嫌なさまでそのくせ左の肩のあたりを利き手でさする鬼沢は、不安げな顔でみずからの身体をしげしげと見回したりする。

 どうにもウソはつけない性分なのらしい。

 これにしたり顔する日下部はおっとりしたさまでひょうひょうと続けるのだ。


 そしてそれがまたけっこうなぶっちゃけ発言だったりした。

「俺、見てましたから。身体中を盛大に噛みつかれてましたもんね、鬼沢さん! あれは完全な致命傷でしたよ。あの場に俺がいなかったらとっくにあの世行きでした。まあ、結果こんなことになったのは、俺の責任もちょっとはあるってもので、反省はしてます。結果取り憑かれちゃったわけですからね、見事に……!」

「??? ……は? なに言ってんの??」

 ひどく困惑したさまで身体ごとこちらに向き直る鬼沢に、臆面もなく見つめ合う日下部はテンションの低いままでのたまう。

「あの日のこと、何も覚えてないんですか? 結構ショックな出来事に見舞われて、あげく命まで失いかけたのに。身体の違和感はその後遺症みたいなもので、言わば動かぬ証拠でもあるんですよ。あなたが政府公認の認定ゾンビになったっていう?」

「その言い方やめろ! おれはまだ認めてないんだからっ!! それよりもお前、見ていたってどういうことなんだ? 記憶があいまいでぼんやりとしか思い出せないんだけど、おれはお前なんか見た覚えないぞ! いい加減なこと言うなよな、ひとをおちょくって……んっ」


 言葉を荒げると途端に表情を歪めてその場にうずくまる鬼沢だ。

 おまけ身体の自由がきかないのか、それきり固まってしまう。

 これを平然と見つめる後輩芸人は何食わぬ顔でそそくさと懐から取り出した何かしらを相手の眼前に突きつける。

「はい。それじゃ収録にも差し支えるでしょう? アンバサダー、なるしかありませんね。それじゃとりあえず回復アイテム渡しておきますよ。これ、しばらく肌身離さず持っていてください。傷ついたあなたの魂魄をゆっくりと癒やしてくれますから」

「は? なに、コレ??」

 差し出されたものを反射的に受け取ってしまって困惑することしきりの芸人さんだ。

 みずからが手にした、それは小ぶりな長方形の水晶石みたいなものを怪しげに見つめる。

 見かけ半透明のガラス片は内から緑色の光を放つ不可思議な発光体でもあった。

 そう。


 一言で言えば、なんか怪しい。

「いいから持っていてください。魂魄結晶石(クリスタル)なんて一級のレアアイテムなんですからね! 回復が得意な芸人さん、もとい、知り合いの認定ゾンビ、じゃなくて公式アンバサダーのおじさんの念がたっぷりこもっているんですから。そのぶん効果は絶大ですよ」

「は? だから、なに言ってんの、さっきから??」

 ちんぷんかんぷんで手元の怪しい水晶持てあます鬼沢だ。

 ぼさぼさ頭をぽりぽりと掻く日下部はちょっとめんどくさげな顔つきして言葉を濁す。

「ああ、だからその、ここから先は正式にアンバサダーに就任してもらってからですね? でないと機密事項が多すぎて説明のしようがないんですよ。その水晶は特例ですから、他人には見せないでくださいね! 魂魄顕現化ブロックチェーン錬金技術を実現応用したX・NFTなんて国家機密の最たるものなんだから」

「こんぱく、ぶろっ……? えっくす、えぬ、なんだって??」

 いよいよ目が点になるそろそろ中堅どころのベテラン漫才師に、こちらはおなじく若手の漫才師のはしくれの青年はまた別の何かしらをみずからの利き手に取り出して見せた。

「理論や技術的なところはぼくらがどうこう言っても仕方ないことですよ。どうせ理解なんてできないんだから。それでもアンバサダーになった暁には、その特典として付与されるものでもあるんです。たとえばこの俺のこの輪っかもそのひとつですから」

「え、なにそれ? てか、今どこから出したんだ、そんな大きな金属の輪っかみたいなの?? なんか見覚えあるような……」


 頭にはめるヘアバンドくらいの大きさはあるだろう金色の輪っかを手品みたいに虚空から取り出した日下部は、それを実際にみずからの頭にすっぽりとはめてみせたりした。

 その、イメージ的に中国の有名な昔話にあっただろう、妖怪の主人公が頭にはめていたのと酷似したカタチと色合いには、ただちに納得顔して大きくうなずく鬼沢だ。

「あ、そっか、それって西遊記のアレじゃん! やたらに毛深いおサルの主人公が頭にはめてたヤツ!! あれって何て名前だったっけ? てか、お前ってばサルのお化けに取り憑かれてるの? すごいじゃんまさしく孫悟空じゃんっ!!」

「違いますよ。サルじゃないです。でも、ほぼおんなじことができたりするんですよ? この頭の輪っかはこの姿のままで亜人種が持つ力を顕在化させることができるんです。つまりは……」

 そうしておもむろに利き手を目の前にスッと構える日下部だ。

 はじめ怪訝にこれを見る鬼沢だが、何もないはずのその手が何かしらを持っているかの錯覚を覚える。

 そこにあたかも透明の物体みたいなものを……?

 直後、その瞳が驚きにまじまじと見開かれることになる。

 それは真昼の怪奇現象とでも呼べばいいのか?

 結構なことがみずからの身に巻き起こり、魂消る悲鳴を上げてしまう悲しきリアクション芸人だった。

 かくしてまだあたりにひとの気配は見当たらない。

                 次回に続く――

記事は随時に更新されます。

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル Official Zombie OfficialZombie OpenSeaartist SF小説 オフィシャル・ゾンビ ファンタジーノベル ワードプレス

「オフィシャル・ゾンビ」①

ノベルとイラストとNFTを絡めたオリジナルコンテンツ、いざ開幕、開幕~(^o^)

オフィシャル・ゾンビ
ーOfficial Zombieー

-さいしょのおはなしの、はじまり-


 コン、コン……!

 まったりとのどかな気配が漂う昼過ぎの楽屋に、短く控えめなノックの音が、ひっそりと響いた。

 すると間もなくこの出入り口のドアが開いて、声もないままにそこにひとりの男が入ってくる。

 見た感じはスタッフとも取れる地味な見てくれの青年だった。

 これと主義主張のない平凡な格好に、ろくに手入れもしていないのだろうもっさりとしたぼさ髪と、おまけこれと化粧っけのない素顔で、ひょっとしたら番組ADかと見間違えてしまうほどだ。

 もとい今時のテレビ局ならスタッフのほうがまだこぎれいか?

 その、さながらスタッフ然とした男が、冴えない顔つきしてぼさぼさ頭をぺこりと下げて、ぼそっと一言。

「あ、おはようございまぁーす……!」

 この業界ではほぼお決まりの挨拶文句だ。


 それをいかにも緩い口調で発すると、また頭を上げた先にいる部屋の主のさまをじっとうかがう。

 こぢんまりした畳の和室は六畳ほどで、そこに年の頃で言ったらおそらく三十代も半ばくらいの壮年の男が、ひとりだけ。

 真ん中に木製の座卓があって、傍らの座布団に腰掛けてそこに前屈みで寄りかかる。

 こころなしかやけにかったるそうなさまだ。

 どこか見覚えがある風体で、それは昨今のテレビではよく見かけるそれなり有名なタレントさんだった。

「…………」


 対してそのテレビタレントは、およそろくな返事もないままに視線だけで来訪者の青年をじろりと眺めてくる。

 ひどく怪訝なさまで普段のテレビで見せるような明るさがまるでない、それはそれはひどい素の真顔だった。 

 歓迎されている気配がみじもんない。

 だがこちらもそんなことは端から承知の上で、あはは、とその顔に見え透いた愛想笑いみたいなものを浮かべる青年だ。

 そこからまた控えめな口調でいながら見た目的に完全ノーウェルカムの男性タレントさんとの距離を、しれっと詰めてくれる。

 くたびれた革靴を脱いだらそそくさと畳に上がり込んでた。

「失礼します。あの、今、お時間ありますか? その、できたらちょっとだけ、お話させていただきたいんですけど……」

 相手までソーシャルディスタンスギリギリのところで足を止めて、突っ立ったままで先輩のタレントの丸い坊主頭を見下ろす。

 言えばお笑いタレントとして知られる著名人に、臆面もなく平然と相対していた。

 また言えばじぶんもそのたぐいではあったこともあり。

 やや太めの体つきでさっぱりとしたこぎれいな丸刈り坊主の男は、うざったげな顔つきでこれを見返してきた。

 今やその声つきにもちょっと不機嫌なものがあっただろう。

「……とか言いながら、しっかりと上がり込んでるじゃないか? この俺にはまるで拒否権なんてないみたいにさ。スタッフさんとの打ち合わせはついさっき済ましたから時間なくはないけど、俺、これから収録だよ?」

「ああ、はい。すぐに終わりますから。というか、俺が来た理由、もうわかってたりするんじゃないですか、鬼沢さん?」

 ↑う~ん、まだキャラが固まってない? はじめはこんなもんか…(^_^;)
 OpenSeaでは完全版のノベルを公開中!!↓

https://opensea.io/collection/officialzombie

 ちょっと苦めた笑みで問うてやるのに、当の鬼沢――オニザワと呼ばれた相手は仏頂面でこの視線をそらす。

 内心じゃ苛立たしげなのがもうはっきりと声にも出ていた。

「知らないよ! ていうかお前って何様? お前とこうして話しているところ、ひとに見られたら変な誤解を受けそうだから、出ていってくれないかな? そうだ、もとはただのお笑いタレントが、国の認定だかなんだか知らないけど、怪しいにもほどがあるだろうっ! 俺には関係ない」

「あは、コロナから始まって、ほんとおかしな世の中になっちゃいましたよね、今って? それにしてもひどいなあ、そんなに毛嫌いすることないのに! いくらおれでもちょっと傷ついちゃいますよ、まあ、慣れっこなんだけど……」

 苦笑いではぐらかした物言いしながら、ちょっとだけ寂しげな目つきで相手の横顔を見つめる青年だ。

 これに顔を逸らしたままで恨めしげな視線だけをつとよこす先輩の中堅タレントは、苦渋のさまでまた言葉を発した。

「仕方ないだろ? 俺、ぶっちゃけ怖いよ、お前のこと。だって良くわかんないじゃん。わからないことだらけじゃん。お前ってば……! なあ、日下部、お前って本当に、何なの??」

 日下部――クサカベと呼ばれたその訪問者は穏やかな顔つきのままではじめただ静かにうなずく。

 そうして落とした声音で、何かしらの説得でもするかのようにまた続けた。

 そうたとえ目の前の相手が聞く耳を持たなくともにだ。

「そうですね。でもそれはほら、今の鬼沢さんにだって当てはまることなんじゃないですか? ほんとはわかっているんでしょう、心当たり、きっとあるはずだから……ね」

「ないよ! うるさいなっ、もう出ていってくれっ」

※お笑いコンビ・アゲオンのツッコミ担当、鬼沢のとりあえずのイメージです。実在するお笑い芸人さんをモデルにしたキャラなのですが、うっすらとビミョーですね。てか、似てません(^^;)


 完全にそっぽを向いて吐き捨てる坊主頭はかたくなな態度だ。

 それきりすっかり心を閉ざすのに、顔色の穏やかな、それでいてどこか冷めたまなざしの青年は、ただ一言だけ。

 ぽつりとある言葉を口にする。

「ゾンビ……!」

 ぽつりとだ。

 そして何故だろう、およそそれまでの話の流れにはそぐわない、それは不可思議な響きのワードだった。 

 それきりしばしの間があって、座卓に前のめりで屈む先輩芸人、無言の鬼沢はしかしながらこの身体を小刻みに震わせているのが手元の湯飲みのなす、それはかすかな身震いでわかった。

 良く見ればその横の急須もカタカタと音を立てている。

 もはや内心の動揺は隠せなかった。


 やがて憎悪にも似た歪んだ表情を見せる坊主はきついまなざしで後輩の芸人をきっと見返す。

 あげくは攻撃的な口調でまくし立てるのだった。

 もう我慢がならないとばかりにだ。

「……は? なんだよ、ゾンビって? 誰のことだよっ!? おいっ、誰のことだよっ!! おいっ、ふざけんなよ、どこにいるんだよっ! こいつ、黙って言わせておけば、よくもっ、このおれのどこがゾンビなんだよっ、生きてるんだぞっ、ちゃんと生活してるんだっ、家族だっているんだぞ! だったらおまえこそがっ、おまえだろうよ!! なんだよっ、ゾンビって、ゾンビってなんなんだよっ、ふざけやがって……こんちくしょう!!!」

 激高する相手を相変わらず静かに見つめる青年だった。

 少し不自然なくらいのうっすらとした笑みを口元に浮かべて、どこまでも落ち着き払った物の言いをしてくれる。

 相手の目をただ静かに見返しながら。

「外に声、聞こえちゃいますよ? そんなふうにじぶんから騒いじゃったら。俺もイヤなんで……」

 いきり立つ先輩タレントがぎっと唇をかみしめてみずからの荒げた息を殺すの見届けてから、こちらもみずから前屈みになる訪問者は、さらに声をひそめてぼそりと問いかける。

「……はい。そうですね。俺は、周知の通りです。でも、あなたも、あなただって、そうです。鬼沢さん、あなたももう一度は、死んでいますよね……?」

「……っ、…………!」

 言葉もなく見開いたふたつの眼、その瞳孔が大きく見開くのを黙って見つめる青年、日下部だった。

 そして喜怒哀楽のどれにも当てはまらない穏やかな表情、さながらデスマスクみたいな真顔で言い放たれた言葉、それは果たして真実であったのか。

 物静かでいながら確かな断言、はっきりと断定するかの冷たい響きが余韻にこだました。


「死んで、生き返ったんですよ、あなたも、この俺も……! それにつきゾンビって言葉が正しいかどうかわかりませんが、それでも、事実です。鬼沢さん、わかっているんでしょう。だから俺がここにいるんです。もう、逃げられませんから……」

「ひっ……知らない。知らないよ、やめてよ……」

 顔から完全に血の気の引いたタレントがうなされるみたいな言葉を発する。

 そのさま、まるで動じない青年はただ静かに眺めるばかりだ。
 
 それきりお通夜みたいな静けさが満ちた。

 あたりに人の気配はない。


 そこにひとなどいなかったのか。

 かくしてここにまたひとつの悪夢が目を覚ますのだった。

 悪夢の名は、オフィシャル・ゾンビ――。

 人の世ならざるものが人の世に降り立つ。

 今や悪夢は昼夜を問わずに訪れた……!
 

                次回に続く――

ONCYBERでNFT化したノベルの展示会もやっています!↓↓

https://oncyber.io/officialzombie01

※ノベルとイラストは随時に更新されます!

カテゴリー
DigitalIllustration NFTart NFTartist OpenSeaartist Uncle Bear Tom キャラクターデザイン

OpenSeaNFT/UncleBearCorrection!

OpenSeaで公開しているコレクションの内、一押しのアンクルベアシリーズの売り出しを敢行!爆安でやってます!!

https://opensea.io/collection/unclebeartom
↑コレクションのURLです。画像にもリンクあり(^^)

 ETHで0.001っていうのは、およそで3$前後、日本円で300¥前後なんですかね?
 他にもありますがまた新しい仲間や別ポーズやシチュエーションを加える予定です。めでたく売れたらまた別のパターンを加えてもいいんですかね(^^)
 ちなみにカラー版よりも元となる線画のほうが高かったりするんですが、これは個人的なこだわりみたいなものがあるからで。

カラー版もリリースする予定です(^o^)

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record NFTart NFTartist Novel オリジナルノベル OpenSeaartist SF小説 ファンタジーノベル ルマニア戦記 ワードプレス 寄せキャラ

ルマニア戦記/Lumania War Record #012

#012

↑一番はじめのお話へのリンクです(^^) ノベル自体はもろもろの都合であちこち虫食いだらけなのですが、できるところからやっていくストロングスタイルでやってます(^^;)

NFTアートはじめました!!

OpenSeaで昨今はやりのNFTのコレクションを公開、こちらのノベルの挿絵などをメインにアートコレクションとして売り出していきます! NFTアートと併せてノベルの認知向上を目指していきます(^^) 世界に発信、まだ見ぬ需要を掘り起こせ!!

#012

 

 公海上の上空を最大戦速で駆け抜けた大型の巡洋艦は、やがてその速度を落として目標のXゾーン、戦況が混乱した戦闘海域もこの最深部へと突入する。

 試験運用も兼ねた主力エンジンの回転出力を落とすと、それまで艦内にやかましく響き渡っていたうなりと振動も一段落する。

 これにより無機質な電子音が鳴り響くブリッジにオペレーターの声が響くのが、頭上のスピーカー越しにもそれと聞き取れる。

 みずからのアーマーのコクピットのパイロットシートに腰を据える大柄なクマ族のパイロットは、目を閉じたままでじっと耳を澄ました。


「報告! 本艦、ただいまより当該の戦闘空域に突入! 全方位索敵、高度500、エンジン出力50に低下、機関安定状態を維持、周囲の状況にこれと目立った変化は見当たりません!」

「……うむ。高度そのまま、全艦、第一次戦闘待機から完全臨戦状態に移行。取り舵20、微速前進、周囲の警戒を怠るな!」

「了解! 全艦に通達、本艦はただいまより戦闘状態に突入、各自の持ち場にて任務の遂行をされたし。繰り返す、本艦はこれより全艦戦闘モードに突入、各自、周囲の警戒を厳にせよ!!」

「全艦、フル・モード! 艦長、メインデッキ、アーマー部隊、第一、第二、いずれも発進準備OKです!」

 すっかりと聞きなじんだ声の中に、会話の最後のあたりではじめて耳にするようなものが混じったが、それが先日、新しく艦に乗艦した副官の犬族のものだと察するクマ族の隊長さんだ。

※LumniaWarRecord #012 illustration No.1 ※ OpenSeaのコレクション「LumniaWarReccord」にてNFT化。ちなみにポリゴンのブロックチェーンです(^^) イラストは随時に更新されます。

「はは、こんな声してたんだ。なんかまだ堅い感じだけど、さては緊張してるのかな? 見た目まだ若い士官さんだったもんね! それじゃこっちもまだ若い新人のパイロットくんたちは、やっぱり緊張してたりするのかな?」

 そう目を閉じたままに、離れた別のメインデッキでみずからのアーマーで待機している、新人の部下たちに聞いてみる隊長だ。

 するといきなりのフリに、これとはっきりした返事はなかったが、ごくり、と息を飲むような気配が伝わってそれと了解する。

 余計な軽口はプレッシャーになるだけだろう。
 
 実戦を前に皆、自分のことでおよそ手一杯なのだから。

 それでいいやと納得していると、頭上のスピーカーから重々しげな声が響いてくる。

「皆、聞いているな? こちらは艦長のンクスだ。第一小隊、ベアランド少尉、用意はいいか? 先行する君たちの部隊に今回の戦闘はすべて任せることになる。本艦はアーマーがまだ手薄な都合、第二小隊は艦の護衛に残しておかねばなるまいからな」

 ベテラン軍人の不景気な声色に、だがこちらはしたり顔して明るくうなずくクマ族だ。

 おまけ肩を揺らしてハッハと笑った。

「あはは! 了解。ぼくらやってることはイタチごっこかモグラたたきみたいなもんだもんね? 終わりが見えない持久戦じゃ、戦力しぼっていくしかありゃしないよ。第二小隊のシーサーが我慢できたらの話だけど♡ そっか、あっちも隊員が新しく補充されたんだっけ? まだ見てないんだけどなあ……」


 ちょっと太い首を傾げて考え込むのに、また頭上からは別の声が早口にまくし立ててくる。

 これには閉じていた両目を開けてはっきりと返す隊長だ。

「ああ、少尉どの! 第三デッキの発射口、もとい、発進ゲートをオープンにします。外から丸見えになっちまうからいざって時のために注意しておいてくださいよ! あとそちらの発進シークエンスは特殊過ぎるので、後はデッキの若い班長どのにすべてを引き継ぎます! よろしいですか?」

「ん、了解! ドンと来いだよ♡ それじゃ、アイ ハブ コントロール! 新型機のお二人さんも行けるよね?」

 また左右のメインデッキ、第一と第二のカタパルトでそれぞれアーマーを発進待機させている犬族たちに問いかけた。

 すると今度はどちらもしっかりとした返事が返ってくる。

「りょ、りょーかいっ!!」

「いつでも行けます! 少尉どのが先にぶっ飛んだらこの後に着いて行けばいいんですよね? でもオレたちこんなしっかりとしたカタパルトははじめてだから、ドキドキしてますよ!!」

「ハハ! じゃあ発進のタイミングはこっちに合わせておくれよ、あとこっちのドライバーは不発もあり得るから、いざとなったら冷静に各自で判断すること! もたもたしてたら敵が来ちゃうから、先行して制空権を確保することは大事だよ?」

「了解!」

Lumania War Record #012 novel’s illustration No.2
OpenSeaのコレクション「LumaniaWarRecord」でNFT化。
こちらは通常のイーサリアム・ブロックチェーンです。
ノベルの挿絵と同時に更新していきます
。 


 新人でもこのあたりはしっかりと心得ているらしい。

 そんな歯切れのいい返答に満足してうなずくと、耳元のあたりでまた別の若い青年の声がする。

 発進作業をブリッジから引き継いだクマ族のメカニックマンのものだった。

「ベアランド少尉、発進引き継ぎました! リドルですっ」

 ただちに正面のモニターに四角いワイプが浮き出て、そこに見慣れた若い細身のクマ族の顔が映し出される。

 見慣れた光景から、デッキの管制塔の映像だとわかった。

 本来はブリッジの仕事をメカニックが兼任しているのだが、そこにちょっとしたひとだかりができているのが見てとれた。

 すぐ背後から物珍しげにでかいふとっちょのクマ族のベテランメカニックマンまでのぞいているのに苦笑いが出る。

「ふふっ、そんな見世物じゃないんだからさ……!」


 するとこちらは真顔で物々しげな物言いのメカニックの青年が、畳がけるようにまくし立てた。

「アーマーとのマッチング完了、マスドライブ・システム、目標と照準を設定、コースクリア! オールグリーン、いつでも行けます!! そちらも体勢はそのままでフロート・フライト・システムをプラマイゼロに、発射時のショックに備えてください! タイミングはそちらに任せますが、本格的な運用は今回がはじめてなので、出力はこちらで調整、まずは最大時の半分の50でいきます!!」

「ああ、了解っ、てか、電磁メガ・バースト式のマスドライバーでアーマーをかっ飛ばすなんて、このぼくらがはじめてなのかね? 砲弾やミサイルだったら聞いたことあるけど! でもどうせだったら100でやってごらんよ、遠慮はいらないから?」

 軽口みたいなことを半ば本気で言ってやるのに、如実にワイプの中のひとだかりにざわめきが走った。

 おまけ若い班長の顔が見る間に青ざめていく……!

Lumania War Record #012 novel’s illustration No.3
OpenSeaのコレクション「LumaniaWarRecord」でNFT化。
ノベルの挿絵と同時に更新していきます
。 


「そ、そんな! 無茶言わないでください!!」

「自殺行為だろう……!」

 悲鳴を上げるリドルのそれに、画面に映らないところからベテランの艦長の声がまじる。

 これに座席の右側のスピーカーからも、おそるおそるにした声が聞こえてきた。

「……てか、そんなやっかいなやり方で出撃する必要あるんですかね? 無理せず自力で飛び立ったほうがいいような?? マスドライバーって、響きからして危ない気がするんですけど」

「お、おれ、絶対に無理っ! 衝撃で機体ごとぺちゃんこになっちゃうもんっ……!!」

 左右からするおののいた声に苦笑いがますますもって濃くなるいかついクマ族の隊長さんだ。


「大丈夫だよ! そんなに華奢にはできてないさ、このぼくもこのランタンも! でもあいにくとでかくて頑丈なぶんにのろくさいから、こうやってスタート・ダッシュを決めないと戦略的に優位に立てないんだ。その場にのんびり突っ立って拠点防衛してるわけじゃないんだからさ?」

「いいえ、だからって無茶はしないでくださいっ、もう十分に無理はしているんですから! 出力は50で固定ですっ」

 好き勝手にはやし立てる周りのスタッフの声を押しのけてリドルが声高に宣言する。

 それにもめげずにまだ食い下がるベアランドだ。

「90! いや、だったら80に負けてあげるよ♡ 機体はそっちが整備してきっちり仕上げているんだから、できなくはないだろう? でなきゃ泣く子も黙るブルースのおやっさんの愛弟子の名がすたるってもんだし!!」

「お言葉ですが、師匠だったらこんな無茶、絶対に反対してますよ! アーマーはおもちゃじゃないんだから!! やってること大陸間弾道ミサイルの打ち上げと一緒ですからね? およそ人間技じゃありゃしないっ!!」

「了解、だったら75で手を打つよ、今日のところはね♡」

「っ!! わかりました、60で行きます! これ以上は引き下がりませんからね!!」

「毎度あり♡」


 やかましい駆け引きの末にワイプの人だかりが消えて、正面モニターの明かりが一段落とされる。

 ただちに秒読みが始まった。


「第一小隊、発進を許可する。さっさと出撃したまえっ!」

 せかすような艦長のンクスの声を合図に、スロットルレバーを全開に押し開けるベアランドだ。

「了解! それじゃベアランド、ランタンっ、こよれり当該戦域に向けていざ発進!!」

 轟音と共に緑色の大きな機体が巨大な巡洋艦の発進口から射出される! 風切り音を伴って空の彼方へと飛んでいくのだった。

 それから若干のタイムラグを置いて、二機の機体がそれぞれに艦を飛び立っていく。

 すべてがぶっつけ本番。

 新人の隊長と新人の隊員による、新型機のみで構成された異色の編成チーム、この本格的な部隊運用がはじまった。

               ※次回に続く……!

ノベルは随時に更新されます。



カテゴリー
DigitalIllustration NFTart Uncle Bear Tom

NFTアートに挑戦!! Uncle Bear シリーズ

Uncle Bear Tom -Uncle Bear Series-

 またしてもただの思いつきでおっぱじめてしまったキャラクターシリーズですね! 今回ははやりの暗号資産系artに挑戦ということで、自作のクマのキャラクターでいろいろとやってみるつもりです。果たして奇跡の一発逆転はありうるのか??

アンクル ベア トム -Uncle Bear Tom-

 シリーズのメインとなる(?)イメージキャラ、お得意のクマキャラをデザインしました。陽気で頼れるおじさん的なクマの親父さんです。ちょっとメタボなのが萌えポイントなのか?
 これのまずは線画とシンプルなべた塗りのカラーバージョンを出品して、反応がどのくらいあるのか、今後の試金石として重要な役割を担ったキャラクターです。果たして需要はあるのか??

Uncle Bear Tom/line drawing edition

 まずは最初の出品となる予定の、線画バージョンです。

Uncle Bear Tom/standard color edition

 次にべた塗りでカラーリングした、基本的なイメージとしてのキャラクター画像ですね。なんか違う?

Uncle Bear Tom/vivid color edition

 シンプルでもっとはっきりした色使いのキャラの画像です。
前述のスタンダードと比べてどちらがいいでしょうか?

 Uncle Bear Sam アンクルベア サム

 今度はシロクマがイメージのアンクルベアです。

 ※記事は随時に更新されます!

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル SF小説 ファンタジーノベル ルマニア戦記 ワードプレス 寄せキャラ

ルマニア戦記/Lumania War Record #011

#011

「寄せキャラ」登場!!

※「寄せキャラ」…実在の人物、多くはお笑い芸人さんなどのタレントさんをモデルにした、なのにまったく似ていないキャラクター群の総称。主役のメインキャラがオリジナルデザインなのに対しての、こちらはモデルありきのキャラクターたちです。
 似てない部分をどうにかキャラでごまかすべく、もとい、ノリで乗り切るべくみんなでがんばっています(^o^)

  新メカ登場!!

Part1


「あ~ぁ、まいったなあ! あのクマのおじさんったら、やたらに話が長いんだから、余計なお説教くらっちゃったよ…!」

 ブリッジから直接また元のデッキに戻るはずが、艦橋を出た途端に出くわしたクマ族の軍医どのにがっちりと行く道を阻まれて、そこから思いの外に時間を取られてしまった。
 いざ艦の船底に位置するアーマーの格納されたハンガーデッキに出ると、そこはもうすでに一仕事終わったかのような落ち着きがあるありさまなのに、ぺろりと赤い舌を出してしまう。

「うへぇ、新しい航空タイプのアーマーが空から着艦するところをこの目で見てみたかったんだけど、間に合わなかったか…! ちゃんと無事に着いたんだよね、どっちも?」

 目ではそれと確認ができないが、この足下では何やらやたらにガタガタした物音や複数の気配があるのに、着艦したアーマーが既に専用のハンガーに格納されていることを察するクマの隊長さんだ。
 ならばこれとセットであるはず新人の隊員たちの姿を探すが、この視界にまずとまったのは新顔の犬族ではなく、日頃から良く見知ったオオカミ族の同僚のウルフハウンドであった。
 血気盛んな副隊長はみずからの一仕事を終えて今はしごくまったりとくつろいださまだ。
 そこに迷わず大股で歩み寄るベアランドはただちに明るく語りかける。

「あ、シーサー! もう戻ってたんだ? 無事で何より! それでどうだい、足回りを一新したきみの海洋戦仕様のおニューの機体は?」


 するとデッキの手すりにもたれ掛かってどこかよそを眺めていたオオカミ族は、金属の床を大きく踏みならして近づいてくるずぼらで大柄なクマ族に済まし顔して答えた。

「…ん、ああ、悪くないぜ? あの態度のでかくていけ好かないデカブツのメカニックめ、言うだけのことはあっていい腕をしてやがる。ただ元のノーマルとの換装に丸一日かかるとか言うのがいささか難ありなんだが…」

「ああ、そのくらいはいいじゃない♡ こっちも仕上がりは上々だったよ、偶然出会った敵の新型も軽くひねってやれたしね!」

「ほう? そいつは興味深いな、つまりはそっちのとおんなじ飛行型だろ? てか、どこも新型だらけだな、この艦の増援も新型機だろう? 俺が戻るのとほぼ一緒に入ってきたヤツら!」

「ああ、そうなんだ。でもそれ、あいにくとぼくはまだ拝めてないんだけど、それにつき新人のパイロットくんたちを知らないかい? どっちも若い犬族くんだって言う?? あ、そういやさっきここでは初めて見る顔の士官さんとすれちがったっけ? やっぱり犬族の???」

 のほほんとした隊長の問いに、それにはさして興味がなさげな副隊長の灰色オオカミはやや首を傾げて応える。

「ん、ああ、そういやいたな? マリウスとかっていう、この艦の副官さんなんだとよ。さっき合流したばっかの新型に便乗して今さらのご登場だ。つうかこれまで何してたんだか…」

「へえ、そうなんだ? 確かぼくらより一個上の階級の中尉さんだったよね? えらく深刻な顔してたけど、さては上司がスカンク族の艦長の部下じゃ犬族としてはそりゃ気が重いのかな。ブリッジじゃガスマスク首から下げてるオペレーターもいるし!」

「ふざけた話だな? だがあっちのはそういうわけじゃないんだろ。およそシャレが通じねえって顔してたからな。あと中尉じゃなくて、大尉だったはずだぜ、やっこさん? つうか階級章の見分けくらいひと目でつくようにしとけよ、大将!!」

「あはは! そうだったっけ? ちっちゃいのにやたらゴチャゴチャしてるからわかりづらいんだよ、あれってば。それはさておき、新顔のアーマーのパイロットくんたち見てないかい? ぼくの部隊に編入だから、さっさと顔合わせしとかないとさ♡」

「ああ…まあ、それっぽいの見たには見たが、なんだかな…」

「?」


 かくして何やらやけに白けたさまで視線をよそへと流す相棒に妙な違和感を感じながら、ふたりのパイロットたちが向かった先を言われたとおりにたどる隊長だ。
 相棒の証言のとおり、ちょっと意外な場所にいた2人組の犬族たちへとゆっくりと近づいていく。

 そこでほけっと立ち尽くす2人の新人パイロットたちは、見ればこの隊長であるじぶんの大型アーマーを格納した特大サイズのハンガーデッキを見上げてひたすらに驚いているようだ。
 ふたりとも目がまん丸で口が半開きだった。
 体型やや太めでやたらにふさふさした長毛の犬族に、もうひとりはすらりとした長身でこざっぱりした短毛の犬族である。

 何事か小声でぼそぼそと言い合っているのに、苦笑いで頭のまあるい耳を澄ます隊長だ。
 するとぼさ髪の犬族がおっかなびっくりに軍の秘密兵器たるギガ・アーマーを見ながら言う。

「す、すごいな、こんなの見たことない…! すっごく大きくて、なんかとってもおっかない…!! おれ、おれこんなの動かす自信ない。まるでそんなイメージが湧かないっ…!」

「ああ、確かにな? つうか、なんでこんなにでかくてグロテスクなんだ? こんなんで空なんか飛べるのか? 俺たち飛行編隊に編入されるんだろ。いったいどんな隊長なんだろうな…??」

「あっ、お、おっかないクマ族なのかな、やだなっ…!!」

 ひどくビクついたさまで身を縮こめる毛むくじゃらに、ちょっと冷めた調子で肩をすくめる相棒だ。
 赴任したてで場慣れしていないのが傍目にもそれとわかる。
 見るからにそわそわしたさまの新人たちは、しまいにはこれって何人乗りなんだろうな?なんて頭をひねり始めるのだった。  

 おやおや…!

 およそ軍人らしからぬ世間知らずな学生さんみたいなありさまにはじめ苦笑いがやまない隊長だ。

 言葉の通りで異様な見てくれをしたまさしく怪物アーマーをおっかなびっくりに見上げたまま、こちらにはまるで気付かないのがおかしくもありどこか心配でもあり…。
 それだからせいぜい当人たちを驚かさないよう穏やかな口調で語りかけてやった。

「ふふん、ひとりだよ♡ 通常サイズの汎用型アーマーと一緒で、きみらのとおんなじだよね! と言うか、ふたりともこんなところで何をしているんだい?」

 不意の登場だ。

 これにふたりの犬族たちはハッとこちらを振り返るなりにすぐさま敬礼!

「え、あ、うわっ、じょ、上官どのに、けっ、敬礼!」

「わわわわわっ!!」

 およそこれが軍属とは思えない大した慌てっぷりに、本当に吹き出してしまうベアランドだ。
 じぶんは軽くだけ敬礼を返して楽にしなよと態度でうながす。

「ふははっ! いやいや、そんなに偉くはありゃしないよ♡ ぼくだって言ったらまだ新人さんなんだから! にしてもきみら、ほんとに若いよな?」

 学生にしか見えないよと冗談まじりで言ってやったら、当人たちは思いの外に神妙な顔で黙り込んでしまう。
 あれ、ひょっとして図星を突いてしまったのか…?とやや複雑な心境になる隊長は、あえてそれ以上は触れないで話を戻した。

「…ん、まあ、みんないろいろあるよね! ところで、このぼくのランタン、もとい、ギガ・アーマーがそんなに珍しいのかい? 見てたらさっきからずっと眺めてるけど??」

「あっ、は、はい! て、た、たたっ、隊長どのでありますか!? うわっ…」

「あ、え、わわわわわっ、ごごご、ごめんなさいっ!!」

 それはそれはひどい慌てっぷりにいっそこっちが恐縮してしまうクマの隊長だ。

「あらら、まいったな。何をそんなにあやまることがあるんだい? ま、確かにこんな見てくれではあるけれど、それでもそっちのアーマーほどじゃありゃしないだろう? ブサイクででかくて強面で! さすがは軍部肝入りの新兵器ってカンジだよね♡」

 いまだおっかなびっくりの新人たちだが、それでも長身の方はまだ性格がしっかりしているらしい。ただちに気を取り直してじぶんよりもずっと背の高い大柄なクマ族に向き合う。
 となりのボサボサはごくりと生唾飲み込んだきりだ。

「失礼しました! えっと、その、ひとりで、でありますか? こんなデカブツ、じゃなくて、大型のアーマー! この機体制御ならびに火器管制その他もろもろを、たったのひとりで…!?」

「ぜっ、絶対に、ムリ…!!」

 騒然となる新人たちにでっかいクマの隊長さんはいやいや!とへっちゃらな顔でのほほんと応える。

「もちろん! ま、確かにこのクラスならメインとサブの副座式、いわゆるタンデム型のコクピットシステムってやつが言わばお決まりのイメージなんだろうけど、それはそれでコンビの熟練度ってものが問われるだろ? あとこのぼくに合わせろってのもなかなかにしんどいみたいだしね、あはは♡」

「はあ…!」

「ひ、ひとりでなんてムリだよ! でもこんなおっかないクマ族の隊長さんと2人乗りなんて、おれ、できる気がしない…」

 絶句したり震え上がったりと見ていて飽きない新人たちだ。  
 おかげで強面のクマさんが思わず破顔してしまう。

「おっかなくなんかないよ、いやだな!」

 こう見えて人懐っこい性格なんだから!とウィンクしてやるに、言われたワンちゃんたちはびっくりしたさまで互いの目を見合わせる。
 どうやらこの見てくれも性格もこれまでには会ったことがないタイプの上官であるらしい。おそらくは群を抜いて。
 よって種族や階級の違いなどおよそお構いなしのクマの少尉どのは、鷹揚なさまでまた続けるのだった。

「ま、ぶっちゃけまだ開発途上の機体だから、これってば。それでもうまいことひとりでやれるようにはなっているんだよ? オートパイロットシステムって擬人化AIやら何やら…ま、きみたちにはわかんないよね!」

 屈託の無い笑みでさも頼れる兄貴然とした隊長に、固かった表情が次第にほぐれてくる新人たちだ。
 ベアランドはよしよしとしたり顔してうなずいてやる。

「まあ、要は慣れだよね! こんなブサイクでいかつい見てくれしてるけど、実に頼れる相棒なんだよ。どのくらい頼れるかは、実際に見てのお楽しみとして♡ それじゃ、次はきみたちのも見せてほしいな、期待の次期主力量産機ってヤツをさ?」

 意味深な目付きをくれてやるに、当のふたりはまた神妙な顔つきして互いの目を見合わせる。
 それきり無言だ。
 その微妙な雰囲気をそれと理解する隊長だった。


「ああ、ま、とにかくよろしくね! ぼくらこれからひとつのチームになるんだから。ん、てことで、隊長のベアランドだよ。きみらのことはすでに戦績表(スコア)をもらってるからある程度は把握してるんだけど…えっと」

 ふたりの犬族たちの顔を見比べるクマ族の隊長は大きくうなずいてしごく納得したさまで続ける。

「そうだな、そっちのモジャモジャくんがコルクで、そっちのノッポくんがケンスだろ! 階級はとりあえず准尉で、実はまだアーマーのパイロットになってから一年も経たないんだっけ? なのに新型機のパイロットだなんてふたりともすごいよなあ!!」

 あっけらかんと言い放ったセリフにしかしながら言われた当人たちはただちに恐縮してすくみ上がる。

「い、いえっ、飛んでもありません! 俺たちそんなに大したもんじゃあ、前の隊長からはお互いに貧乏くじを引かされたって笑われてましたから。こんなアーマーをひとりで任されている少尉どのとは比べるべくもありませんっ…!」

「よ、よろしくお願いします! あの、その、ベア……ド、隊長っ…おれ、一生懸命がんばりますっ、まだ知らないことばかりですけど、ケンスと、一緒にっ…」

 よほどのあがり症なのかぎこちない挨拶をする毛むくじゃらの犬族に、こざっぱりした短毛種の犬族があいづち打ってあらためて自己紹介してくれる。

「今日付でこちらに赴任してまいりしまた、ケンス・ミーヤン准尉であります! あとこっちが…」

「あ、こ、ここ、コルク・ナギであります! あ、あと、じゅっ、准尉でありますっ!!」

「うん、知ってるよ。よろしくね♡ さてと、新型兵器の見学会はもう終わりでいいかい? 今度はそっちの新型くんの紹介をしてほしいんだけど、あいにく長旅で疲れてるだろうから休ませてやれってここの艦長からは言われているんだ。てことで、ここは一時解散かな?」

「は、はいっ…!」


 まだ力が抜けていないふたりを楽しく見てしまうベアランドだが、脳裏にふとある人物の顔がよぎってまた口を開く。

「そうだ、あとでこの艦の中をざっと見て回ろうよ、探検がてら! ぼくもここに来て日が浅かったりするんもだからさ…あ、そっか!」


 何かしら思い出したふうな隊長に、目をぱちくりと見合わせる隊員たちだ。
 新隊長のベアランドはペロリと舌を出して見上げてくる犬族たちにいたずらっぽい笑みで言う。

「そうだった、まずは軍医のおじさん先生に、メディカル・ルームに連れてくるように言われていたんだった! そうさぼくらメンタルやフィジカルのケアも大事な任務の一環だろ? ちょっと口うるさくて力加減のわからないおじちゃんなんだけど、性格は温厚で優しいクマ族の大ベテランだから♡」

「は、はあ…」

「また、クマ族…!」

 さては大柄で屈強な輩が多いクマ族に苦手意識でもあるのか、ボサ髪の犬族が青い顔色でうつむく。
 まるでお構いなしのベアランドは笑ってさっさとこのきびすを返した。

「へーきへーき! 見たカンジはとってもチャーミングなドクターだから♡ 案内してあげるよ。ひょっとしたら二番隊の隊長のシーサーもいるかもしれないし! そこで解散だね」

 それきりさっさと大股で歩き出すマイペースな隊長に緊張でシッポが下がり気味の犬族たちがとぼとぼとくっついていく…!

 かくしてこれが何かと問題ありな第一次・ベアランド小隊、人知れずした結成の瞬間であった。

Part2


 翌日、早朝――。

 まだ人気のまばらな艦の船底のハンガーデッキに、全身が濃緑色のパイロットスーツ姿の大柄なクマ族が、ひとり。

 無言で目の前のハンガーに格納される戦闘用の人型アーマーをただじっと見つめていた。
 その全高が10メートルを軽く超えるアーマーは横並びに二体あり、どちらも同じ見てくれと仕様の同型機に見える。
 かねてよりウワサの新型機だ。

 難しい表情で空中機動戦闘特化型の量産汎用機を見上げていたベアランドは、フッと軽いため息みたいなものをついてはどこか冴えない感じの感想を漏らす。

「あ~ん、何だかなあ…! 見たカンジは悪くはないんだけど、どうにも判断てものがしかねるよねぇ? この新型くん♡ 乗ってる子たちに聞いてもあんまりパッとした反応がなかったし…」

 これの専属パイロットである新人の隊員たちは、経験が浅いのも手伝ってまだ新型機の性能を全ては引き出せていないし、満足に把握も出来ていないらしい。

 おのれのと同様に、試験的な運用から実証まですべて現場任せなのかと呆れてしまう隊長に、申し訳なさそうに身を縮こめるばかりの犬族たちだ。

「ふうむ、やっぱり動いてるところを見るのが一番なのかね? 現行の量産型に乗っていた時はふたりともそれなりにいいスコア(戦績)を出してるから、パイロットにはこれと問題がないとして…おっ!」

 ウワサをすれば影で、口に出していた犬族がふたりしてそろってこの顔を出してくる。タイミングばっちりだ。

 どちらも同郷の言えば幼なじみらしいのだが、それが戦闘のコンビネーションを確実なものとする大きな要因であるならば、なんとも皮肉なことだと内心で思う隊長だった。

 背後で気配を感じたままこれと迎えることもなくのんびりと突っ立っていると、ふたりとも今はすっかり落ち着いたさまでこの両脇にそっと寄り添ってくる。
 視線を上に向けたまま、かわいいもんだなとかすかに口の端で苦笑するベアランドだ。

 ほんとに学生さんじゃないか…!

 あえて詳しくは聞かないが、履歴書にある公称の年齢と実際の年齢に少なからぬ誤差があることをあらためて確信していた。

 チラとそちらに視線を向けてやる。

 すると見てくれの暑苦しい毛むくじゃらの犬族は相変わらず冴えない顔つきで、まだどこか眠たそうだ。
 こんなぼんやりしたカンジで個人のスコアで星(ホシ)を少なからず付けているのがにわかに信じがたい思いの隊長だが、それはこれから確かめてやれると密かな楽しみにもしていた。

 他方、相棒とは打って変わってこの性格しっかりとして見てくれもシュッとしたノッポの犬族くんも、短いパイロット歴ながら撃墜マークのホシはしっかりと獲得していた。
 どちらも実際の年齢を考慮したら驚くべきことだと喉の奥でうなるベアランドだ。この現実の言い知れぬ皮肉さ。

 まだ子供なのにね…!

 そんな隊長の複雑な胸の内も知らないノッポくん、しっかり者のケンスがそこで一息つくとハキハキとした言葉を発した。

「おはようございます! 隊長!! ずいぶんとお早いんですね。出撃までまだだいぶ時間がありますが…?」

「お、おはようございますっ、ベア…あ…隊長っ」

 この相棒に続けてどさくさ紛れで声を発したのはいいものの、歯切れが悪くておまけもごもごと尻切れトンボで終わってしまうボサ髪のコルクだ。
 まだ寝ぼけているのか、隣でケンスがあちゃあ!みたいな顔しているのが見なくてもそれと分かった。

 ははん、書類上の経歴でウソはつけても実際は隠しきれないもんなんだよな♡

 内心でまた苦笑いして目線をそちらにくれるベアランドだ。

「ベアランドだよ♡ そっちこそ、早いじゃないか? 実際の出撃命令が出るのはまだ2時間くらい先だろ。とりあえずこの30分くらい前に集合って、そう言っておいたはずなのにさ」

「あ、その、緊張のせいか、目が冴えちゃって、おれたち…! 今さら寝付けないから、いっそスタッフさんたちの邪魔にならない時間にスタンバっておこうかなって…」

 まず臆病者の毛むくじゃらに言ってやるとこれがすぐさま目を逸らされるのを気にしないでもう片方の相棒に向く。
 ケンスはちょっとバツが悪そうな苦笑いで困ったさまだ。
 まさか隊長さんと鉢合わせするとは思っていなかったらしい。

「そっか、ふたりとも相部屋なんだよな。居心地はどうだい?」

 あえてまた右手の太めの毛むくじゃらに向かって言ってやると、言われた当人はビクっと反応しながらしきりとうなずいてつたない返答を吐き出す。

「は、はいっ、と、とっても快適、ですっ、あんなにきちんとした個室は、生まれてはじめてかもっ、べ、ベアランド、隊長…」

 すかさずこの横から個室じゃなくて相部屋だろ!と訂正されるコルクに苦笑いでうなずく隊長のクマ族だ。
 上官の名前がちゃんと言えてるんだから問題はない。

「うん。そっか、そいつは良かった♡ ふたりとも朝食はこれからだろ? 後でみんなでブリーフィングがてらにどうだい。直前じゃゲップが出ちゃうし、みんなで食べたほうがおいしいよ」

「は、はいっ!」

 見てくれのおっかないクマ族の隊長を前にするとどうしても肩から力が抜けない新人くんたちだが、これから実際の出撃を待っているのだから仕方ないと了解する。
 いざひとたびこの船を飛び立てば、そこはまさしく命がけの戦場だ。

「まあ、それはさておき、いい機体、なんだよね…? この面構えはぼくのランタンなんかよりずっと男前だし! まあ、いろいろとビミョーなうわさが飛び交ってる実験機ではあるけれど…次期主力機候補ってのがかなり眉唾(まゆつば)、みたいなさ?」

「…!」

 若くして軍に入隊して(させられて?)まだ右も左もわからないだろう新兵が、それでもうわさばなしくらいはその耳にすることはあるのだろう。
 昨日の少ない会話の中では、ちょっと前まで指揮を執っていた中尉どのはとても部下思いのいいおやじさんだったらしい。
 だったらなおさらだとここはちゅうちょ無くものを言ってやる新隊長だ。

「ちなみに知ってるかい? これって本来はもっとずっと別のところで使うために開発された機体の言わば雛形(ひながた)みたいなもんで、あくまでテストケースに位置づけられるものなんだって? まあ、ホントかどうかはさておいて…」

 振り返って見たふたりの新隊員の内、向かって左のぽっちゃりがうつむくのに対して反対側のほっそりが反射的に何もないはずの天井を見上げたのをそれと確認して、なるほどとうなずく。

 前任者はほんとにいい隊長さんだったんだね♡

「このビーグルⅥ(シックス)は戦場では希な機体でとどまるんだろうけど、だからって見下げたもんじゃありゃしないさ。なんたって軍の技術の粋を集めた機体なんだから! そうだろ?」

「はい…!」

 これにはふたりともしっかりとうなずくのに心配しなくていいよとこちらも力強くうなずく。

「これの本チャンがいわゆるビーグルⅦ(セブン)で、もしそっちに乗る機会があったらむしろラッキーじゃないか。ここでの経験をまんまフィードバックできるし、より負荷がかかる重力大気圏内での運用経験はそれはとんでもないアドバンテージだよ♡ どこでだってきっと互角以上に戦えるから…!」

 言っていること果たして理解できているのかできていないのか、冴えない表情を見合わせる新人たちにともあれで明るく笑うベアランドだ。

「ま、じきにわかるさ! それよりも本来の主力機を手に入れるのが先かな? ちょっと前にそれに近いのと偶然に会敵したんだけど、なかなかいいカンジだったよ。これにはだいぶ手こずったみたいだけど、その分に楽に扱えるよ、きみたちなら…」

 いよいよ顔つきが困り果てるばかりの部下たちに上官のクマ族も思わずこの苦笑いを強める。

「はは、いきなりあれやこれや言われても処理しきれないか! ま、今はとにかく目の前のことに集中すればいいよ。…ん、あっと、またお客さんだね♡」

「…!」

 頭のまん丸い耳を左右ともピクピクさせるベアランドが目でそれと示す先に、犬族たちもそこに新たな気配と足音がするのを察知する。
 また別の方向から軽やかなステップで走り寄ってくる細身のスタッフらしきを怪訝に見つめるのだった。

 その格好からしたら若いメカニックマンらしきは、三人の目の前でぴたりと立ち止まると即座に敬礼する。
 それからハキハキした口調で挨拶を発するのにはビビリの毛むくじゃら、コルクがシッポを立たせて後ずさりした。

「おはようございます! みなさんもうおそろいでしたか、こんなに朝早いのに!」

「ああ、まあね! いざこの船が戦闘空域に突入したらみんなでバタバタするから、落ち着いてやるにはこのくらいからでないとさ。いう言うリドルも早いじゃないか、てか、この新型は受け持ちじゃないよね?」

 事実上、じぶんのアーマーの専属メカニックとしてこの艦に乗り込んでいる若いクマ族に聞くと、それにはまっすぐにまじめな応えを返す根っからの機械小僧だ。

「はい! ですがじぶんもやはり興味がありましたので。スタッフさんが取り付く前にこっそりのぞいてみようと…! あはは、でもまさかこのパイロットの方達に会えるとは思いませんでした! スーツが違うからひと目でわかりますね?」

「ああ、確かにね! ふたりともここじゃ他にいないタイプの新型のパイロットスーツだ。色も全然違うし? でもそれもいろいろと難ありなんだよね?」

 しげしげと頭から足下を見回す隊長に、ふたりのクマ族に見つめられる部下たちはちょっと困惑したさまでうなずく。
 毛むくじゃらはなおのこと深くうつむいてしまった。

「はあ、まあ、おれたちみたいな犬族にはほんとにありがた迷惑な機能ですよね。スーツにトイレの機能を搭載しちまうなんて。みんな嫌がっておれたちみたいな新人に回されてきたようなもんだから、正直、使う気になれないですよ…!」

 げんなりしたケンスの言葉に、おなじくげんなり顔のコルクがひたすらうんうんとうなずく。
 苦笑いでしか答えてやれないベアランドは吹き出し加減だ。

「ふふっ、ニオイの問題は当然クリアしてるんだろ? アーマーにだって簡易式のそれはあるんだから、いらないっちゃあいらないんだけど、さては用を足すヒマも惜しんで戦えってことなのかね? ひどいはなしだよ!」

 冗談ごととじゃないですよとうんざり顔の犬族たちにそのうちに新しいスーツが支給されるよと気休めを言って、ベアランドはリドルを目で示して紹介する。

「丁度よかった、ふたりともこの子、ぼくの専属のメカニックははじめてだろ? リドルだよ。ぼとくおんなじでクマ族の男の子! あと、見ての通りで若いんだけど、たぶんきみらとおんなじくらいじゃないのかな? よろしくしてやってよ♡」

「はいっ、リドル・アーガイル伍長であります! ベアランド隊のチーフメカニックを主たる任務としておりますが、特に新型の少尉どの専用のアーマーを任されております。以後、よろしくお願いします!!」


 言いざままたもやびしっときれいな敬礼するのに、ふたりの若い犬族たちもこれに慌てて敬礼を返す。

「ケンス・ミーヤンであります! どうぞよろしく!」

「ああっ、こ、コルク、ナギであります! じゅ、准尉ですっ」

「あはは、なんだかとっても人柄の良さそうな隊員さんたちですね? 実はもっとおっかないひとたちを想像していたんですけど、良かったです!」

 朗らかな笑みで胸をなでおろすリドルに、ベアランドは肩を揺らして合点する。


「ははは! でもこう見えてもふたりともとっても優秀なんだよ? ちゃんと星も持ってるし、こうして新型機を任されるくらいなんだから! ま、リドルもアーマーの操縦はできるし、ホシだって持ってるんだからどっこいどっこいなんだけど!!」

 豪快に笑ってぬかした隊長のセリフに、だがこれを聞かされる周りの犬族たちがただちに色めき立った。
 ギョッとした顔で目の前に立つ若いメカニックマンをひたすら凝視してしまう。

「は、はいっ? このメカニックマンどの、撃墜マークを獲得しているのでありますか?? おれたちと同じ戦場で!??」

「え、え、ええっ、なんで?? メカニックなのに…???」

 ひどい困惑とともにジロジロと見つめられて、当の細身のクマ族の青年はこちらもひどい当惑顔でこの身をすくませる。

「あ、いえ、その…! ベアランドさん、そのはなしは無しでお願いします。このぼくも欲しくて獲ったものではないので…」

「?????」

 なおさらギョッとなる犬族たちに苦い笑いを向けて曖昧に肩をすくめる隊長だ。あらためて三人に向けて言ってやった。

「はは、まあ、いろいろあるんだよね、人生! それはさておき、朝食にしようか。みんなそろったんだから丁度いいや。リドルはこの機体がお目当てなんだろうけど、パイロットの生の意見や感想を聞くのもきっとためにはなるだろう?」

「あ、はい! それはぜひとも。よろしいでしょうか?」

 いかにもひとのよさげであどけない表情のクマ族のメカニックマンの言葉に、こちらもまだあどけなさが残る犬族の新人パイロットたちが目を見合わせる。頭の中は大パニックだ。
 もはやうなずくより他になかった。

「ようし、それじゃあみんなでレッツ・ゴー!! まだ出撃までには時間があるからたらふく食べようよ、あといろいろと楽しいミーティングもね? 聞きたいこといろいろあるんだ♡」

 これよりおよそ二時間後、ベアランド小隊は初出撃することとなる…! 




記事は随時に更新されます!

カテゴリー
DigitalIllustration DownLoadContents DRAGON TRIBE キャラクターデザイン ワードプレス

DRAGON TRIBE New Wave! ドラゴンキャラの〝新種〟登場!!

ヒマに任せてドラゴン族の新人くんを描いてみました♡ その名も「ライボ」くんです!
どうぞごひいきに(^^)

 ちょっとやりたいことがやりづらい状況にありまして、仕方もナシに出来ることをやってみたらこんなカンジになりました…

 なんかビミョーなんですかね? 色を何で塗ればいいのか考えあぐねています♡ さてはて(^^;) 以下に無料のダウンロードデータを公開! お気に召しましたらごひいきに♡♡

 さらにまたちょっとだけ描き込んだテイク2です♡

 ライボ・グレーパターン・ベタ塗り

 spoonでリクエストをもらった灰色のボディと赤い瞳のライボくんです(^^) ヒマを見て陰影だとかをつけたいですね!
 以下にダウンロードデータを添付します♡