カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record SF小説 ふわっち ライブ配信アプリ

ブログ連動企画! 配信アプリ、ふわっち やってみたw

 ライブ配信アプリの「ふわっち」で動画ライブをやってみて、どのくらいのものが望めるのかを実際に検証してみようというブログ内ミニコーナーです♡ まずは収益化よりも宣伝効果を期待してこちらに挑戦してみました!
 ライブの内容は顔出しなしのパソコン作業、イラストソフトによる描画だけというかなり偏った内容、なおかつおじさん……という、かなりアウェーなカンジのライブとなります。

 環境・WI-FI、デスクトップパソコン、スマホ(アンドロイド10)、BGMに周囲の環境音を消すためにアプリでホワイトノイズを使用。原則、顔出しはなしでパソコン作業にひたすら没頭。

①まずは軽くジャブ程度にライブしてみたのですが、粘ってやれば少ないながら見てもらえるらしいことが実感できました。
 かなりクセのある配信者ぞろいで、よその配信アプリとは毛並みが違うとのことなので、意外とやり込めばウケるような気がしなくもないのですが、ツイキャスやニコ生でやったほうが宣伝効果は高いのではないかとも? ユーザーの絶対数ではここが一番少ないのがわかっているから、ちょっとビミョーです(^^;)

 挿し絵を描く都合でどうしてもざっくりとおおよそのカタチを決める必要があったものを描いてみたのですが、ライブをのぞいてくれたひとはすぐにどっかに行っちゃいましたねw
 こんな地味なのじゃ仕方ないんですが……!
 あとツイキャス、ニコ生、このふわっちとも基本は30分の時間制限がつくので、そのあたりもネックになるのか?
 大手のサイトは時間の制限はないものがほとんどなので。

②懲りずにやってみた結果、一瞬だけひとりに見てもらえたものの、30分の制限時間ではこれが限界…! ふわっちよりもニコ生やツイキャスのほうが見てもらいやすいのでは? と正直な感想が頭をよぎります。あと画角が狭いので、挿し絵の全体を移せないのもネックなのか??

 また別日の夜中にトライ! したものの、10分足らずで誰にもみてもらえないままに退散…! ツイキャスやニコ生のほうがやはりヒット率が高いのではないかと思わされるものの、ツイキャスやラインライブのように途中で強制的に停止されたりしないから、そこらへんはいいのか? すぐに電波状況がいい場所に移動してくれと言われるのですが、あいにくと自前のWI-FIのルーターのすぐ真横でやっているからどうにもこうにもです(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA