カテゴリー
DigitalIllustration キャラクターデザイン ライブ配信アプリ

ブログ連動企画! 配信アプリ、ポコチャ やってみたw

 ライブ配信アプリの「ポコチャ」で動画ライブをやってみて、どのくらいのものが望めるのかを実際に検証してみようというブログ内ミニコーナーです♡ まずは収益化よりも宣伝効果を期待してこちらに挑戦してみました!
 ライブの内容は顔出しなしのパソコン作業、イラストソフトによる描画だけというかなり偏った内容、なおかつおじさん……という、かなりアウェーなカンジのライブとなります。

 環境・WI-FI、デスクトップパソコン、スマホ(アンドロイド10)、BGMに周囲の環境音を消すためにアプリでホワイトノイズを使用。原則、顔出しはなしでパソコン作業にひたすら没頭。

①とりあえずやってみた結果、朝方なのにしばらくしたらふたり(結果的には、三人くらい?)見てくれるひとがいましたね!
 ただしこちらはライブを見ることによる特典、いわゆるポコBoxを狙っての視聴なので、宣伝効果ははなはだ期待ができないというのか実情なのか? それでもひたすらやり続ければ固定のリスナーを獲得できるのか?? う~ん…! 
 確か一日に2.5時間ぶんは時給が付くはずなので、レベルが低い自分にもうん十円の時給が付くのでしょうか(^^;)
 トップライバーは結構なお時給なのらしいですが、それよりも宣伝効果、このブログに誘導することを狙ったほうがよっぽど現実的なんですかね(^o^)

 実際は30分に満たないライブ時間だったのですが、途中で地震が起きたのでモチベーションが下がってしまいました(^^;)
 この挿し絵はまだいいのですが、ノベルのテキストを編集しているところをライブ配信したら、さすがにアカウントを凍結されてしまったりするんですかね??

 また日をあらためてチャレンジ! しても夜中でライバルがひしめきあっている時間帯だからか、誰にもみてもらえずに20分たらずで力尽きました(^^;) こんなんでも毎日やっていればライバーランクが上がったりするんですかね??

 ちょっとやり方を変えて、あらためてポコチャに挑んでみることにしました! その様子は以下にて…

※記事は随時に更新されていきます(^^)

カテゴリー
DigitalIllustration ライブ配信アプリ

ブログ連動企画! 配信アプリ、SHOWROOM やってみたw

 ライブ配信アプリの「SHOWROOM」で動画ライブをやってみて、どのくらいのものが望めるのかを実際に検証してみようというブログ内ミニコーナーです♡ まずは収益化よりも宣伝効果を期待してこちらに挑戦してみました!
 ライブの内容は顔出しなしのパソコン作業、イラストソフトによる描画だけというかなり偏った内容、なおかつおじさん……という、かなりアウェーなカンジのライブとなります。

 環境・WI-FI、デスクトップパソコン、スマホ(アンドロイド10)、BGMに周囲の環境音を消すためにアプリでホワイトノイズを使用。原則、顔出しはなしでパソコン作業にひたすら没頭。

①いざやってみたのですが、すぐに撤退するハメに…!
 正直、カメラの写せる範囲が狭すぎて、パソコン作業の画面の1/3にも満たない画角では、見る側も何をやってるのかさっぱりわからないで、ストレスがたまるばかり(^^;)
 宣伝効果は抜群、リンクを二つ貼れるので、がんばれば直接的にサイトに誘導できる気がしなくもないのですが、しんどいですね! 「ふわっち」も同様にカメラで写せる範囲は狭いのですが、モチベーションを保つのが一苦労です。
 ひとは比較的簡単に集まる実感があるのは、さすがにアクティブユーザー数が多いことの証なのでしょうか(^o^) 

カテゴリー
DigitalIllustration キャラクターデザイン ライブ配信アプリ

ブログ連動企画! 配信アプリ、17ライブ やってみたw

 ライブ配信アプリの「17ライブ」で動画ライブをやってみて、どのくらいのものが望めるのかを実際に検証してみようというブログ内ミニコーナーです♡ まずは収益化よりも宣伝効果を期待してこちらに挑戦してみました!
 ライブの内容は顔出しなしのパソコン作業、イラストソフトによる描画だけというかなり偏った内容、なおかつおじさん……という、かなりアウェーなカンジのライブとなります。

 環境・WI-FI、デスクトップパソコン、スマホ(アンドロイド10)、BGMに周囲の環境音を消すためにアプリでホワイトノイズを使用。原則、顔出しはなしでパソコン作業にひたすら没頭。

①いざ満を持して今日日の最大手と目される配信ライブにトライしてみたのですが、やはり利用者が多すぎるのか、まるでライブになりませんでした…! 結果、ライブの時間が一秒のままで止まったきり(^^;) う~ん、まるでダメだったラインライブよりもキビシイのでは??
 またやってみたいのですが、モチベーションがツライですね、さすがに♡ ちなみにあるネット記事によると、実際の賑わい、アプリのアクティブユーザー数では、実は「ツイキャス」と「ニコ生」、あと「ショールーム」というのが三強で残りはかなり数を引き離されるらしいです。意外ですね!
 つまりは単純に宣伝効果を狙うのなら、この三強アプリをひたすらやりつづければいい……ということになるのか??

カテゴリー
DigitalIllustration ライブ配信アプリ

ブログ連動企画! 配信アプリ、ラインライブ やってみたw

 ライブ配信アプリの「ラインライブ」で動画ライブをやってみて、どのくらいのものが望めるのかを実際に検証してみようというブログ内ミニコーナーです♡ まずは収益化よりも宣伝効果を期待してこちらに挑戦してみました!
 ライブの内容は顔出しなしのパソコン作業、イラストソフトによる描画だけというかなり偏った内容、なおかつおじさん……という、かなりアウェーなカンジのライブとなります。

 環境・WI-FI、デスクトップパソコン、スマホ(アンドロイド10)、BGMに周囲の環境音を消すためにアプリでホワイトノイズを使用。原則、顔出しはなしでパソコン作業にひたすら没頭。

①すぐに電波状況が不安定と出てライブが中断してしまうイメージが強すぎて、しばらく敬遠していたのですが、ちょっと気を取り直してチャレンジしてみました…!
 が、やはりいざやってみれば中断に次ぐ中断で、まともにライブにならず…!! これは配信サイトとして成立してないのでは? との思いが再燃する結果に(^^;) う~ん…!
 また時間を改めてやり直してみたいと思います。

②また日をあらためてやってみたのですが、う~ん、しょっぱなからライブを中断、また後でやり直してくれとはじかれてしまいました(^^;) キビシイですね♪

カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record SF小説 ふわっち ライブ配信アプリ

ブログ連動企画! 配信アプリ、ふわっち やってみたw

 ライブ配信アプリの「ふわっち」で動画ライブをやってみて、どのくらいのものが望めるのかを実際に検証してみようというブログ内ミニコーナーです♡ まずは収益化よりも宣伝効果を期待してこちらに挑戦してみました!
 ライブの内容は顔出しなしのパソコン作業、イラストソフトによる描画だけというかなり偏った内容、なおかつおじさん……という、かなりアウェーなカンジのライブとなります。

 環境・WI-FI、デスクトップパソコン、スマホ(アンドロイド10)、BGMに周囲の環境音を消すためにアプリでホワイトノイズを使用。原則、顔出しはなしでパソコン作業にひたすら没頭。

①まずは軽くジャブ程度にライブしてみたのですが、粘ってやれば少ないながら見てもらえるらしいことが実感できました。
 かなりクセのある配信者ぞろいで、よその配信アプリとは毛並みが違うとのことなので、意外とやり込めばウケるような気がしなくもないのですが、ツイキャスやニコ生でやったほうが宣伝効果は高いのではないかとも? ユーザーの絶対数ではここが一番少ないのがわかっているから、ちょっとビミョーです(^^;)

 挿し絵を描く都合でどうしてもざっくりとおおよそのカタチを決める必要があったものを描いてみたのですが、ライブをのぞいてくれたひとはすぐにどっかに行っちゃいましたねw
 こんな地味なのじゃ仕方ないんですが……!
 あとツイキャス、ニコ生、このふわっちとも基本は30分の時間制限がつくので、そのあたりもネックになるのか?
 大手のサイトは時間の制限はないものがほとんどなので。

②懲りずにやってみた結果、一瞬だけひとりに見てもらえたものの、30分の制限時間ではこれが限界…! ふわっちよりもニコ生やツイキャスのほうが見てもらいやすいのでは? と正直な感想が頭をよぎります。あと画角が狭いので、挿し絵の全体を移せないのもネックなのか??

 また別日の夜中にトライ! したものの、10分足らずで誰にもみてもらえないままに退散…! ツイキャスやニコ生のほうがやはりヒット率が高いのではないかと思わされるものの、ツイキャスやラインライブのように途中で強制的に停止されたりしないから、そこらへんはいいのか? すぐに電波状況がいい場所に移動してくれと言われるのですが、あいにくと自前のWI-FIのルーターのすぐ真横でやっているからどうにもこうにもです(^^;)

カテゴリー
DigitalIllustration ライブ配信アプリ ルマニア戦記

ブログ連動企画! 配信アプリ、ニコ生ライブやってみたw

 ライブ配信アプリの「ニコ生ライブ」で動画ライブをやってみて、どのくらいのものが望めるのかを実際に検証してみようというブログ内ミニコーナーです♡ まずは収益化よりも宣伝効果を期待してこちらに挑戦してみました!
 ライブの内容は顔出しなしのパソコン作業、イラストソフトによる描画だけというかなり偏った内容、なおかつおじさん……という、かなりアウェーなカンジのライブとなります。

 環境・WI-FI、デスクトップパソコン、スマホ(アンドロイド10)、BGMに周囲の環境音を消すためにアプリでホワイトノイズを使用。原則、顔出しはなしでパソコン作業にひたすら没頭。

①やりはじめた途端にひとりの視聴者がいることが表示されるが、20分ほどやってみて合計10人ほどが見てくれた……らしい?? ただし見るだけでリアクションはなし(^^;)
 しょせんは顔出ししない配信の限界か? はたまた何をやってるのか初見ではわかってもらえなかったのか??
 単純に倍じゃきかないくらいに利用者の数に差があるはずなのに、なんでニコ生ライブのほうが見てもらえるのかわからない。あと、数が減らないのは、リアルタイムの視聴者の人数ではなくてただの延べ数をカウントする方式なのか?? 

 全体の下絵、イメージのラフを描いてみました♪ 細かいところを修正して本書き、色まで塗りたいのだけど、実際はどうなることやらw やることたくさんありすぎです(^^;)

②雑な下絵をもとに本書きしました(^o^)
 ライブ中はひたすら停止と再会を繰り返したのですが、ラインライブのように完全に停止してしまうわけではなくて自動的にオンオフを繰り返してくれるので作業には集中できます。
 ただし見る側のストレスはハンパない?
 ちなみに七人くらいが見てくれたらしいです♡

 メカキャラは描くのが大変ですね! 30分という制限時間の中ではなおさらなのですが、どこぞと違って通信環境が悪いとは言われても途中でライブがぶち切られたりはしないので、見かけの上では快調にやってられました。11人が見てくれたらしいのですが、コメントも何もないのでいまいち実感が…!
 制限時間がないライブでもやってみようと思いました。

 ちなみに自前のアンドロイド10のスマホではこれまでアウトカメラでのライブ撮影ができなかったのですが、アプリが更新されたことで出来るようになりました。良かった♡

 懲りずにライブ配信! それなりに挿し絵っぽくなってきましたかね? とりあえず中断したり再開したりを繰り返しながら、七人くらいが見てくれた模様です。と言うか、延べ数でカウントされて、リアルタイムの視聴者数はわからないみたいですね?

 何度もやっていく内に、少しずつリスナーの数が増えているような? とりあえず30分やれば十人くらいは見てくれるようになりました(^^) よくわかんないクルーズとかってのも来てくれたり?? 名物の弾幕はお目にかかれませんね(^^;)

 また後日やってみたのですが、いきなりコメントをもらったのはいいものの、結構な暴言だったりして途中で逃げてしまいました…! ただしまったく反応しなかったらそれきりでしたけど(^^;) 配信がしょっちゅう止まるみたいで、それがお気に召さなかったらしいのですが、それってたぶんシステム側の不都合だから配信者側としてはどうにもこうにもですm(_ _)m

 ※記事は随時に更新されていきます(^o^)

カテゴリー
DigitalIllustration ツイキャス ライブ配信アプリ

ブログ連動企画! 配信アプリ、ツイキャスやってみたw

 配信アプリの「ツイキャス」で動画ライブをやってみて、どのくらいのものが望めるのかを実際に検証してみようというブログ内ミニコーナーです♡ まずは収益化よりも宣伝効果を期待してこちらに挑戦してみました!
 ライブの内容は顔出しなしのパソコン作業、イラストソフトによる描画だけというかなり偏った内容、なおかつおじさん……という、かなりアウェーなカンジのライブとなります。

 環境・WI-FI、デスクトップパソコン、スマホ(アンドロイド10)、BGMに周囲の環境音を消すためにアプリでホワイトノイズを使用。顔出しはなしでパソコン作業に没頭。

①ちょろっとやってみた感覚では、はじめた瞬間から遅延が発生しているとのアラートが……? もっと腰を据えてやらないとわからないものか?? あまり慣れないライブ画面なので、まずはこれに慣れるところからと思いつつ、もうイヤになっている自分がいたりして(^_^;) ちょっと不安な今日この頃♡

②さらに時間をおいてやってみたところ、イラストソフトの不具合、スマホの不具合などで散々な結果に……! スマホがあればできる副業とは良く言われるけど、なかなかにそんなカンタンなものではないことを痛感させられることしきりです(^_^;) 

 ノベルの挿し絵を描いてみたのですが、これもなかなかうまく行かず。主人公のクマキャラが悪役みたいに? いろんな表情もきちんと描き込んでいかないとキャラが確立しないことが改めてわかりました♡

③とりあえずここまでやってみたのですが、まだ判断するには時期尚早にしても、あれ、ニコ生ライブのほうが見てもらえてなかったか?? という疑問にぶち当たり、比較対象としてニコ生でもライブをやってみることにしました!
 せめて多少なりとも宣伝効果ぐらいはあってほしいというわがままなのですが、相変わらず気が変わりやすい我が性格にうんざりもしています(^_^;) すぐに効果を望むこと自体が間違っているのはこれまでの経験上でわかっているんですが……! 

 ほぼ一週間ぶり、なのか? また懲りずに舞い戻ってやってみたのですが、こちらはアクティブユーザー数が一番との人気アプリのためか、あまり通信状況が良くないままに不完全燃焼で7分あまりで勝手にライブが切られてしまいました…! はちゃ~。
 どのライブアプリも時間帯によってはかなり落差があるみたいですね? 通信状況、必ず一回は不良だと通知が来るので!

 また日をおいてやってみたのですが、誰にも見てもらえずに終了(^^;) ただしライブの記録はツイッターのタイムラインに乗るせいか、そちらでスキを付けてもらえました。う~ん、もっと精力的にやり込めばフォロワーとかも望めるのか??

 ※記事は随時に更新されていきます(^o^)