カテゴリー
DigitalIllustration Lumania War Record Novel オリジナルノベル SF小説 スピンオフ ニコ生 ファンタジーノベル ライブ配信アプリ ルマニア戦記 ワードプレス

ルマニア戦記スピンオフ「翼の折れた新型機」挿し絵⑤の製作工程

スピンオフの挿し絵、五枚目のヤツの作製課程を公開していきます。ちなみにニコ生だとかで動画配信もしています(^^) 

①まずはノベルの情景に合わせたおおよその構図、アタリをつけていきます。以下はノベルからの一部抜粋♪

 なにかモジモジとした部下たちの様子にちょっとした違和感を感じながらもコッバスは続ける。

「ん、まあそうやな? まるで設計思想が違う。その通りやろ。わしからしたらいっそ異次元やな! あの背中に背負った馬鹿デカいブースター、いわゆるロケット推進システムっちゅうやつか? あんなもんでムリクリ重たいアーマーを飛ばそうっちゅうんやから、あの空を! 二本の足で地べたを走り回るしか能がないこっちからしたらビックリ仰天の離れ業や。ただしうまいこと飛べたらの話やが。そうそう簡単なこっちゃあらへんのやろ。あれがおのれらみたいなペーペーの若造どもに押しつけられとるっちゅうことは?」

 鋭い指摘にギクリとした様で固まってしまう新人くんたちだ。
 これに案の定かとかすかなため息みたいなものを口の端から漏らす上官は、苦めた顔で視線を手元にあった端末パッド、およそ12インチほどの薄型のディスプレイに落とす。利き手に持ったスプーンの先端をその中に映る人型のロボット兵器の簡略図に当てて、コンコンと鳴らしながらにまた続けた。

「厳密にはジェットエンジンちゅうやつか? 既存のジェットフライヤーのそれなんかよりはなんぼか小型化されとるみたいやが、それが背中にまとめて四つ。あと補助的に足にもひとつずつあるんか? なんとも豪勢なこっちゃ! あと目立つのは……」

 パッドの中に投影される機体モデル図の胴体の中心あたりに銀色の匙の先端を当てて、意味深な視線を投げかける。

「ビーグルにはあんまり見かけへんような邪魔っけな装備が胴体の先っぽに取り付けられとったが、あれってのはいわゆるエネルギーフィールドの発生装置っちゅうことか? 一部では実用化にこぎ着けとるとはウワサには聞いとったが、そんなけったいなもんがわしらのビーグルにまでのう! マジでビックリや」

 結果が、以下のようになりますが、まだビミョーですかね?

 ちなみにニコ生ライブでは無音でやっているのですが、ちょっとやりずらいから色付けのあたりからやるほうが無難なのかなと思っています。地味な絵面ですからね~(^_^;)

②雑なアタリを元にして、さらに描き込んでみました。

 時間が無ければここでキリを付けてしまうくらいには描けているんですかね?
 基本的にざっと風味がわかればいいくらいに考えて、ここぞという時にはきっちり下絵にベタ塗りするくらいの感覚です。

 ③雑なアタリを元にして面倒くさいからといきなり下絵にはいります! まずは……

 まずは手前のキャラからですね!
 ちなみにノベルのパート2(スピンオフNo.1)の中盤くらいの情景描写です。
 イラストの鉄則は手前から決めていくことだとかで、それにならっています(^^) お次は、半分見切れてしまっている若手のパイロットくんですかね♥ アタリが雑に過ぎて苦労しそうなんですが(^_^;)

 ④今度は向かって右端のキャラの描き込み♪

 ニコ生ライブでライブ配信しながらやっているのですが、無音状態でやっているからどうにか慣れてきましたね!
 ただしスマホの画面をチェックする余裕はありません(^_^;)
 ベタ塗りするかは置いておいて、どうにかゴールが見えてきたのか? あとは残りのグレイハウンドのパイロットくんを描き込んで背景をテキトーに描き込めば、一応完了です(^^)

 細かく見れば雑なところだらけなのですが、とりあえずで下絵が完了! ただしこれに色付けするかまではかなりビミョーです。ノベルが進みませんからね(^_^;)